スタメン 読売ジャイアンツに関するニュース

【プロ野球】「ここぞの場面」で頼れる男たち。各球団で最も途中出場が多かったスーパーサブは?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日17時05分

※成績はスタメン時も含む ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■セ・リーグのスーパーサブたち 広島東洋カープ 赤松真人(34歳・外野手) 途中出場:89試合(代打4/代走48/守備37) 打率.368(19打数7安打)/0本塁打/3打点/12盗塁 読売ジャイアンツ 寺内崇幸(33歳・内野手) 途中出場:52試合(代打9/代走 [全文を読む]

“好調”楽天に今江が復帰!巨人は橋本の昇格で岡本が抹消 21日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月21日15時59分

スタメン争いが激化!? 楽天は21日、負傷により登録抹消となっていた今江年晶を選手登録した。 登録名を変更して心機一転の今シーズン、開幕戦から猛打賞の活躍を見せるなどチームの開幕ダッシュに貢献した今江。4試合で打率5割を超える成績を残していたが、4月7日に登録抹消となっていた。 その後もチームは好調を維持。特に打線が活発でスタメンには打率3割オーバーが [全文を読む]

オコエ瑠偉が語っていた冷静な自己評価「あれだけファンの方に応援していただいて、つらいっすね…」

週プレNEWS / 2016年05月02日06時00分

4月3日、高卒ルーキーながら「2番・センター」でプロ初スタメン出場を果たした試合直後、まだシャワーも浴びていない彼が発した初々しい発言に今後の期待もますますふくらむはずだ! *** 楽天期待のルーキー、オコエ瑠偉がホームのKoboスタ宮城で先発デビューを飾った4月3日、仙台の最高気温は19.3℃に達した。まるで初夏を思わせるような陽気に誘われ、バックスク [全文を読む]

【プロ野球】12球団の「代打1番手」選手誰だ? 一打に賭ける男たちの2016年を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日17時05分

今オフの大補強のあおりを受けて、スタメンから溢れた選手から切り札は現れるのか? ■パ・リーグ各球団の「代打1番手」成績 北海道日本ハムファイターズ 矢野謙次:代打出場34試合 打率.179(28打数5安打)/1本塁打/8打点/5四死球/出塁率.294 福岡ソフトバンクホークス 吉村裕基:代打出場32試合 打率.179(28打数5安打)/2本塁打/8打点/4 [全文を読む]

阪神のレジェンド鳥谷、年俸4億円のお荷物化…ミス尽くしで高校生以下でもスタメン外せず

Business Journal / 2016年05月20日07時00分

プロ野球・阪神タイガースの鳥谷敬選手が窮地に陥っている。 鳥谷の現在(5月18日時点/以下同)の成績は、打率.248、本塁打2、打点18。開幕直後には25打席連続ノーヒットで自己ワースト記録を更新し、併殺打8は読売ジャイアンツの村田修一選手と並んでセントラル・リーグのトップである。 これまで、打順は1番や3番が定位置だったが、今季は一時7番に降格するなど、 [全文を読む]

DeNA退団騒動の“問題児”中村ノリはどうなる?他球団移籍で現役続行は絶望的?

Business Journal / 2014年09月27日01時00分

特に9月に入ってからは1割3分8厘と大不振で、13日のジャイアンツ戦ではスタメンを柳田殖生に譲ったほど。『もし中村がいたら……』と考えるファンも少なくない。スタメンじゃなくても、代打として控えるだけで相手は脅威だと思います」 チーム事情を考えれば一軍昇格してもおかしくないが、一向にお呼びはかからない。 「2年前にも、自分が打席に立っているときに一塁走者が盗 [全文を読む]

坂本・阿部VS原監督「内部抗争」勃発寸前で巨人連覇に黄信号

NEWSポストセブン / 2014年05月11日07時00分

5月1日のヤクルト戦、坂本はスタメンから外された。 「試合前の練習中、原監督から“勇人!”と呼ばれてしばらく話をしたかと思うと、打撃練習をしないままベンチ裏に引っ込んでしまいました」(巨人担当記者) 開幕からフル出場を続け、チーム3位の高打率を残していた坂本のスタメン回避は、それだけでも大きなニュースだったが、記者たちの関心はもう一つあった。彼が2009年 [全文を読む]

ヤクルト・大引が抹消、西浦を登録 7日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年07月07日15時06分

6日の中日戦ではスタメンを外れ、代走として出場した。 なお、大引に代わって西浦直亨が登録された。 <7月7日の公示情報> ※再登録=7月17日以降 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 58 高野圭佑 / 投手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 25 田中和基 / 外野手 ■ 広島東洋カープ -登録- 53 戸田隆矢 / 投手 =抹消= 62 今井 [全文を読む]

「優勝確率0%」巨人、高橋由伸監督の理解不能な「最悪」采配に酷評噴出

Business Journal / 2017年06月05日20時00分

交流戦が始まり、代打要員からスタメンに復帰させたと思ったら、2日のオリックス戦からは4番に起用。プロ野球の世界では、4番バッターは敗戦の全責任を背負う存在です。 それまで、プライドを傷つけられるような使われ方が続いたにもかかわらず、長い連敗の最中でいきなり4番に起用されるプレッシャーは尋常ではないでしょう。勝負どころでホームランを打つなど、その期待に結果で [全文を読む]

打率1割台の異常な不振…巨人・長野久義、ことごとくチャンス潰し完全にチームのお荷物に

Business Journal / 2017年04月18日17時00分

14日の中日ドラゴンズ戦では4三振を喫し、翌日からは初のスタメン落ちしました。昨シーズンは4番を任せるなど、長野を信頼する姿勢を見せていた高橋由伸監督のこの決断に、巨人ファンからも『打つ気がしない』『一度、2軍に落としたほうがいい』という声が出ています」(スポーツライター) 走・攻・守の三拍子そろった外野手として2009年のドラフト1位で巨人入りした長野 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・高山と巨人・重信の運命付けられた”ライバル関係”

デイリーニュースオンライン / 2016年02月27日15時00分

4月5日から始まる巨人対阪神3連戦(東京ドーム)に、2人がスタメンで名を連ね、その日がプロとして初対決する“運命の日”となることを期待してみたい。 まろ麻呂企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。「野球をよりわかりやすく、より面白く観るには!」をモットーに、日々書き綴っている。 【関連 [全文を読む]

女子アナと交際・結婚のプロ野球選手、なぜ軒並み絶不調?広島・堂林、巨人・小林&長野

Business Journal / 2015年11月09日22時00分

東京ヤクルトスワローズとのCS・ファイナルステージでは、4試合中スタメンはわずか1試合と、原監督の信頼を得られなかった。 12歳年上の下平アナと結婚した長野は、自己最低の打率.251に終わり、巨人が優勝を逃した戦犯ともいわれている。ヤクルトとのCS・ファイナルステージでは、5番打者として4番・阿部の後ろを任されたものの、打率.154と大ブレーキだった。阿部 [全文を読む]

フォーカス