選考 電通に関するニュース

電通アイソバー、キャンペーン・アジア誌が選ぶ「デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」銀賞、「ニュー・ビジネス・ディベロップメント・チーム・オブ・ザ・イヤー」金賞に輝く

PR TIMES / 2016年12月06日14時24分

【電通アイソバー結果詳細】 ■デジタルエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本) 銀賞:電通アイソバー ■ニュービジネスディベロップメントチーム・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国) 金賞:電通アイソバー ソーシャルメディアマーケティングチーム ■エージェンシーヘッド・オブ・ザ・イヤー(日本/韓国) 次点:得丸英俊、 電通アイソバー ■アカウントパーソン・オブ・ [全文を読む]

「日本の起業家ランキング2017」 ベスト10の全貌

Forbes JAPAN / 2017年01月12日08時00分

「日本の起業家ランキング2017」トップ10の選考理由とは––。[授賞式レポートはこちら]第1位 山田進太郎 / メルカリ山田進太郎:1977年、愛知県生まれ。早稲田大学在学中に「楽オク」の立ち上げに携わる。卒業後、ウノウ設立。「フォト蔵」などのサービスを立ち上げる。2010年Zyngaに売却、世界一周を経てメルカリ創業。選考理由:日本唯一のユニコーン企業 [全文を読む]

ヤングカンヌ PR 部門 日本代表募集中!

PR TIMES / 2016年02月16日12時20分

3 月 1 日(火) 電通ホールにて勉強会開催決定カンヌライオンズ 2016 における、ヤングライオンズコンペティション(通称ヤングカンヌ)PR 部門の日本代表選考のエントリー募集にあたり、審査員による事前勉強会を開催します。ヤングライオンズコンペティションとは、30 歳以下(従来の 28 歳以下から今年より引き上げられました)の 2 名で各国の代表チーム [全文を読む]

東京五輪公式エンブレム問題はやはり電通主導だった! 社員2名“更迭“だけで、電通の責任は追及されないのか?

リテラ / 2015年10月03日19時00分

エンブレムの制作を担当した、槙英俊マーケティング局長と、選考で審査委員を務めた企画財務局クリエイティブディレクターの高崎卓馬氏である。2人は、ともに東京五輪のマーケティング専任代理店である電通の出身で、組織委員会は2人の電通からの出向を解除した。表向き退任とはなっているが、もちろん事実上の更迭である。 槙氏は、公式エンブレムの公募開始前に佐野研二郎氏をふく [全文を読む]

<奨学金という名の学生ローン>「緩やかな基準で選考」する奨学金こそ害悪

メディアゴン / 2016年07月19日07時30分

本人の成績及び経済状況により選考される。そして、「第二種奨学金(利息付)」は、対象は上記と同じであるが、「利息付」で一定額を貸し付けるというもの。本人の成績及び経済状況により選考されるとあるが、第一種の選考基準よりも「緩やかな基準」で選考されるのだという。筆者にはこの「緩やかな基準で選考」に大きな問題があると考える。【参考】学校の「一斉授業」は人生の貴重な [全文を読む]

東京五輪の裏金=賄賂疑惑はやはり「電通」が仕掛人だった! マスコミが沈黙する中、電通側キーマンの実名が

リテラ / 2016年05月18日21時00分

ディアク親子は五輪開催地の選考及び投票に強い影響力をもっており、国際オリンピック委員会(IOC)委員を兼任していたラミン氏は「アフリカ票」の取りまとめ役。つまり、招致委員会→BT社のハン氏(電通の紹介)→パパマッサタ氏→ラミン氏と金が渡り、開催地票の操作につながったと見られているのである。 [全文を読む]

【外資系・金融・総合商社・大手企業】インターンシップ面接通過のための極意

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年08月27日12時00分

大手企業の競争率も高まることから、選考結果の明暗を分けるのは事前準備ではないでしょうか。企業にとっては選考期間が短縮された分、優秀な学生の取り合いになることを危惧しているようです。ここで、インターンシップ面接を通過するために、面接官が見るべきポイントをまとめてみました。面接官はどこを見る!?インターンシップ面接で評価されるポイント インターンシップ面接では [全文を読む]

全国の中高生を対象とした日本有数のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」を開催へ

ITライフハック / 2016年07月06日10時00分

その後、二次選考会を行い10作品に絞った後、10月23日(日)に決勝大会で二次選考を勝ち抜いた10組によるプレゼンテーションを行い、外部から招いた審査員が優秀作品を選出し表彰する(於:D2Cホール)。なお、優勝者にはiMac(もしくはMacbook Pro)、準優勝者には最新型タブレット端末が賞品として贈呈される。また、審査員の審査とは別に特別企業賞を設け [全文を読む]

東京五輪招致で1億6千万円の“裏金“に「電通も関与」とイギリス紙報道! だが国内メディアは一言も電通に触れず

リテラ / 2016年05月12日20時52分

ディアク親子は五輪開催地の選考に関与していたと見られている。ラミネ氏は、13年まで国際オリンピック委員会(IOC)の委員を兼任しており、また、息子のパパマッサタ氏も国際陸連でマーケティングコンサルタントを務めていた。つまり、五輪開催地の投票に強い影響力を持つ人物なのだ。また、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が1月に公表した報告書によれ [全文を読む]

なぜプロセスを公開しない?五輪エンブレム問題に潜む「デザイン業界の闇」

しらべぇ / 2015年08月28日06時00分

白紙となった新国立競技場の設計案は、ファイナリストに残った応募者・作品とも公開されているのに対して、エンブレムの公募では、「104点の応募者・応募作品」「次点に残った2つのデザイン案」「選考会での得票数」「佐野氏の原案」いずれも未公表。この違いは、何が原因なのか? 世間とかけ離れた「広告業界の常識」なのだろうか?■結果発表前に「入選作品」が公開される海外広 [全文を読む]

めざせヤングカンヌ! PR部門 エントリー受付中 3月17日に「世界で通用するPR」勉強会開催決定

PR TIMES / 2015年03月05日11時06分

2015年のカンヌライオンズにおける、ヤングライオンズコンペティション(以下ヤングカンヌ)PR部門の日本代表選考のエントリー募集にあたり、審査員による事前勉強会を開催します。 ヤングカンヌとは、28歳以下の2名で各国の代表チームを組み、カンヌ現地で与えられた課題に対し、24時間内に作品を提出するコンペティションです。各国より提出された作品の中から、ゴールド [全文を読む]

電通、ドンキ、佐川、仁和寺・・・「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月01日14時00分

●「ジャニーズ事務所をノミネートして」の声もノミネート企業の選考に際しては、約30社から長時間労働やパワハラの有無などの基準に沿って絞ったという。厚労省記者クラブで開かれた発表会見で、内田聖子委員(NPO法人アジア太平洋資料センター事務局長)は、マネージャーと会社のトラブルをきっかけに、SMAPが解散することになったことから、「ジャニーズ事務所をノミネート [全文を読む]

第35回やまとごころ勉強会~世界に誇る”マンガデザイン”に学ぶインバウンドプロモーション戦略~開催のお知らせ

DreamNews / 2015年05月20日18時00分

2015年より広告電通賞審議会選考委員を務める。 【略歴】 1981年 3月 上智大学法学部法律学科卒業 1981年 4月 株式会社電通入社 第3クリエーティブ局コピーライター 1982年 4月 株式会社電通 銀座第四営業局 1985年 5月 株式会社電通 雑誌局 2004年 4月 有限会社ターゲットメディア・ソリューション設立 大学講師・企業での研修、講 [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

──ボクが『宝島』で『VOW』の投稿選考主任という名の使い走りをしていた時期に、ちょうど『宝島30』のトラブルで宝島社が右翼に銃撃されたことあったじゃないですか。 安齋 ああ、あったあった! ──あれ、ボクがちょうど『VOW』で『宝島』編集部に出入りしてた時期なんですよ。それで、銃撃の翌日にお使いで『宝島』に行ったら、いきなり「伏せて!」って言われて。「 [全文を読む]

第33回「東京広告協会 白川 忍賞」は鏡 明氏(ドリル)に決定

PR TIMES / 2013年12月19日19時09分

第33回(平成26年)「東京広告協会 白川 忍賞」選考委員会が12月6日に開かれ、鏡明氏((株)ドリル エグゼクティブ・アドバイザー、一般社団法人全日本シーエム放送連盟国際委員会委員長)に同賞が贈呈されることが決まった。贈賞は平成26年2月21日(金)、丸の内・東京會舘で開かれる第86回東京広告協会定時総会の席上行われる。 公益社団法人東京広告協会の第33 [全文を読む]

電通・資生堂・SBが組んだ「汐留女子会」が就活の流れ変える

NEWSポストセブン / 2013年11月24日16時00分

よく、採用担当者が語るのは、女性の方が就活に堅実に取り組むこともあり、選考では彼女たちの方が男性たちよりも優秀に見えるという声をよく聞きます。ただ、いまだに結婚出産による退職などを懸念し、ずっと働く男性に下駄を履かせて評価するという動きもありました。 昨年くらいから男女を公平に選考し(建前では当たり前のことなのですけど)、内定者におけるシェアも女性が、5割 [全文を読む]

「殺人的企業」電通、東京五輪で独占的巨額利益は許されるのか?電通のための東京五輪

Business Journal / 2017年01月11日06時00分

選考は、労働問題に詳しい弁護士や大学教授によるもの。1991年と2013年にも社員が過労自殺・過労死したことが受賞理由に挙げられ、「何人もの労働者がこの企業によって殺された。電通は日本を代表する大企業である。それは輝かしい意味ではない。社会的に決して許されない人権侵害を続けた代表的企業である」と賞状が読み上げられた。 電通の新入社員・高橋まつりさんが長時間 [全文を読む]

ブラック企業大賞に電通、「過酷で人権侵害の状況を放置し続けてきた」

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月23日16時01分

選考理由として、「過酷な状況を放置し続けてきた。日本を代表する人権侵害の企業だ。強い怒りを込めて授与する」と読み上げられた。 ウェブサイトでの投票数で選んだ「WEB投票賞」には、2011年以降パワハラによる自殺が相次いだ日本郵便が選ばれた(5958票)。日本郵便は特別賞にも選ばれた。また、ブラックバイト賞には、元従業員がアルバイト学生を殴るなど刑事事件にも [全文を読む]

電通が新人女性社員の「過労自殺」で隠蔽工作の事実が! 過去にもパワハラによる社員の自殺で責任逃れ

リテラ / 2016年10月10日22時30分

広告業界の論文コンクールで1年生ながら最終選考に残るほど優秀な人でした。電通に就職が決まって『週刊朝日じゃなくてゴメンなさい』って言われたけど、みんなで本当に喜んだのに。だいたい9月に失恋してそれが原因で12月に自殺するなんておかしいでしょう」 [全文を読む]

【大胆予想!】2020東京五輪・開会式を手がけるクリエイターたち

ガジェット通信 / 2016年08月13日14時00分

皆さんの「この人こそ開会式にふさわしい!」という声も、ひょっとすると選考材料になるかもしれません。せっかく巨額のお金をかけてやるのですから、日本のエンタメ力を世界に発信できる開会式にしたいものですね。 画像出典:Getty Images(1,2,4) 松竹(3) ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: 荏谷美幸) ※あなたもガ [全文を読む]

フォーカス