広告代理店 電通に関するニュース

電通「鬼十則」生みの親・吉田秀雄氏の素顔とは

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

公職追放令で職を失った新聞の元幹部社員たちが生活の糧に設立した広告代理店を電通社内に置かせた。仕事は毎月1回電通と会合して、昼食のもてなしを受けることだったという。《要するに吉田は戦後の混迷期に不遇をかこっていた先輩新聞人たちにいわば雨宿りの場所を提供した》(「同」) 興味深いことに吉田の人柄は、電通のライバルである博報堂の社史「HAKUHODO 120」 [全文を読む]

広告業界の企業研究、圧倒的な実力の電通が展開する、グローバル化、デジタル領域、東京五輪

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月25日12時00分

広告代理店の収益は、広告を出稿する企業と、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネットなどのメディアを仲介し、その広告料金による取引手数料と企画・製作費です。その収益の構成比は、従来はマス4媒体と呼ばれた新聞・雑誌・ラジオ・テレビの4つの柱が主力でした。しかし、近年インターネットが普及し、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末が利用されるようになったため [全文を読む]

五輪から選挙まで...電通の安倍政治への黒い関与を現役社員が暴露!「電通は乙武を都知事にする計画だった」

リテラ / 2016年06月26日12時00分

そして、やはりこの問題の影にちらつくのは、自民党の政党CMの売り込みに際してフジテレビを担当したという広告代理店・電通の存在だ。 この国内最大手の広告代理店は、これまでも自民党の選挙広報のほとんどを担い、日本の政治に深くコミットしてきた。2020年五輪の開催地誘致に際して、東京の招致委員会が少なくとも2億3千万円という巨額の賄賂を関係者に渡していた疑惑は記 [全文を読む]

洗脳広告代理店「電通」が画策するオリンピックと人類奴隷化計画! さらに宇宙人の存在を苫米地英人が語る!(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月26日07時00分

東京オリンピック絡みでスキャンダルが漏れかけている《洗脳広告代理店》は、どこからきた、何者なのか。メディアを牛耳るタブーを前に、苫米地氏の言葉はまだまだ加速してゆく!【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11466.html】■人民を洗脳する電通と日テレ、そしてオリンピック康芳夫氏(以下、康)「あと個人的に聞い [全文を読む]

人気の広告業界、大手広告代理店からインターネット広告まで、ギョーカイ人になるための業界研究

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月04日12時00分

マスコミとは何か? どのような現状にあるか? 広告業界の大手といえば、電通と博報堂のような総合広告代理店を思い浮かべる学生が多いでしょう。しかし、スマートフォンの利用拡大により、インターネット広告やモバイル広告を扱う代理店がめざましい成長を遂げています。広告代理店の事業は、スポンサーである企業から広告費をいただき、広告を制作し、さまざまなメディア(媒体)の [全文を読む]

2020年東京五輪開催で電通への就職志望者増加が確実と専門家

NEWSポストセブン / 2013年09月15日16時00分

誘致に深く関わった大手広告代理店・電通への就職を希望する学生が増えそうだ。「オリンピックの仕事をしたいです」で電通から内定は出るのか? 作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。 * * * 2020年のオリンピック開催地は東京に決まりました。これが就活に及ぼす影響、特にオリンピックに深く関わっている大手広告代理店電通への志望者が増えるかどうかについて [全文を読む]

なぜ東京ディズニーリゾートは、非正規2万人を組合員にしたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月21日04時30分

働き方改革に大きな焦点が当たるようになった一つのきっかけとして、大手広告代理店の電通の女性社員が長時間労働などを苦にして自殺したことが公になったことを挙げることができるでしょう。 このことで電通に強制捜査が入り、自殺社員の上司は労働基準法違反の疑いで書類送検され、当時の社長は辞任に追い込まれました。電通に対する世間の風当たりは強まりました。 電通は多大な [全文を読む]

広告業界ランキング!人気5社から始める業界研究

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年09月29日12時00分

日本の広告代理店業界では絶対王者といっても過言ではない、電通。それはテレビ局との太いパイプが理由です。しかしテレビ離れが進む現代に合わせ、ネット配信やonetooneマーケティングにも積極的に取り組んでいる印象です。今後もこの業界を牽引していくことは間違いなさそうです。第2位:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ人気ランキング2位につけたのは、博報堂/博 [全文を読む]

25年前と変わらぬ体質。電通が学ぶべきだったハインリッヒの法則

まぐまぐニュース! / 2016年12月08日18時00分

大手広告代理店「電通」に勤める女性新入社員の自殺。実は25年前にも電通は同様の事故を起こしていましたが、「表沙汰にならない」努力のみをした結果が生んだ今回の悲劇でした。無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では、このような事件を二度と起こさないために企業が知っておくべき「ハインリッヒの法則」が紹介されています。 ハイ [全文を読む]

電通、夜一斉消灯でも朝5時点灯?朝残業説を電通は否定…社員は「面倒で迷惑」と不満

Business Journal / 2016年10月28日06時00分

広告代理店最大手、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労により自殺に追い込まれた問題を受け、14日には東京労働局が従業員の労働実態を調べるため、同社への立ち入り調査を行った。 これを受け電通は、24日から東京・港区にある本社ビルにおいて午後10時に社内全館一斉消灯を開始した。しかし、25日付ニュースサイト「netgeek」記事などによれば、 [全文を読む]

ゆるキャラグランプリ1位爆進中の「家康君」が電通との関与疑惑が持ち上がる

秒刊SUNDAY / 2013年10月01日00時13分

現在暫定1位となっている浜松市のゆるキャラ「家康君」がどうやら大手広告代理店「電通」との関与が疑われているというのだ。もちろん家康君のプロモーションを電通が仕掛けることには何ら問題ないが、お金を払い宣伝活動をしてまで1位を獲ろうとする「サムライ精神」の無さがゆるキャラファンにとって納得がいかない問題だろう。 ―問題の発言土日のゆるキャラグルメフェスで改めて [全文を読む]

古舘伊知郎、報ステ降板で失ったもの

NewsCafe / 2016年01月08日16時00分

週刊誌などは早河洋テレ朝会長(72)が、古舘を守らなかったなどとも報じていますが、言論統制をしていたのは、広告代理店の電通だったんです」 なぜ電通は古舘を管理しようとした? 「『報道ステーションは』電通1社がスポンサー提供を握っており、発言権が強かった。ところが古舘は自分のカラーを出そうと少しずつ逆らっていました。怒った電通は台本まで管理し、古舘を追い込ん [全文を読む]

電通はあちゅう炎上事件と正論の言い方問題|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年02月02日11時40分

反対の観点からすれば、偏差値40以上の人というのは日本人全体の84.1%を占めるわけですから、多くの人たちに何かを訴求するのが仕事の広告代理店では実に当然の考え方になります。マーケットを偏差値40未満の奴らのことは知らん。 そういう含蓄のある話をしているのかもしれず、ただしはあちゅう女史の炎上脳(のようなもの)というか炎上体質というか、サービス精神が発揮 [全文を読む]

嵐・櫻井翔の弟、「電通入社」報道! 元電通幹部が語る「兄のコネ入社」疑惑の真相

サイゾーウーマン / 2016年12月23日11時45分

嵐・櫻井翔の弟が、大学卒業後の来年4月から、大手広告代理店・電通に入社予定だと報じられた。櫻井家といえば、父・桜井俊氏は、元総務事務次官を経て、現在は三井住友信託銀行の顧問に就任、長男・翔はトップアイドルグループ嵐のメンバー、長女は日本テレビ社員……と、錚々たる肩書が並ぶことで知られているが、次男が電通入社となれば、“華麗なる一族”のキャッチフレーズに、さ [全文を読む]

「クライアントからの無理難題は断れ!」 元電通コピーライター・前田さん

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月25日10時00分

大手広告代理店「電通」の新入社員の過労死問題に注目が集まる中、元電通コピーライターが書いたコラムが話題になっている。コラムのタイトルは「広告業界という無法地帯へ」(http://monthly-shota.hatenablog.com/entry/2016/10/20/214026)。執筆した前田将多さんは、昨年まで約15年間、主にコピーライターとして電通 [全文を読む]

データサイエンスに基づく消費者コミュニティの活用方法は? クオンが導き出した答え

ITライフハック / 2016年07月05日13時00分

このため「果実をマス市場全体に開いていくために、広告代理店とアライアンスを組んでいくのが次のフェーズとなっていく」と武田氏は語った。 ボトムアップで広がっていくユーザーコミュニティ■電通とのコラボレーションで「コミュラボ」をスタートそしてスタートしたサービスが「コミュラボ」だ。「消費者と深く繋がるための消費者コミュニティを担当し、そこでファンを育成してライ [全文を読む]

データサイエンスに基づく消費者コミュニティの活用方法は? クオンが導き出した答え<PR>

ITライフハック / 2016年07月05日13時00分

このため「果実をマス市場全体に開いていくために、広告代理店とアライアンスを組んでいくのが次のフェーズとなっていく」と武田氏は語った。 ボトムアップで広がっていくユーザーコミュニティ■電通とのコラボレーションで「コミュラボ」をスタートそしてスタートしたサービスが「コミュラボ」だ。「消費者と深く繋がるための消費者コミュニティを担当し、そこでファンを育成してライ [全文を読む]

世界のトヨタを上回る2兆4千億円。原発再稼働の流れに沿って息を吹き返す「原発広告」の特殊すぎる実態

週プレNEWS / 2016年06月07日06時00分

世界有数の地震大国である日本がなぜ54基もの原子力発電所を抱える原発大国となり、多くの日本人が40年以上も「原発の安全神話」を信じ続けてきたのか? 電力会社を中心とした「原子力ムラ」と大手広告代理店が一体となり、巨額の広告費を通じて「安全神話」の刷り込みやメディアの「支配」を続けてきた実態を、広告業界出身の本間龍(ほんま・りゅう)氏が著書『原発プロパガンダ [全文を読む]

東京五輪公式エンブレム問題はやはり電通主導だった! 社員2名“更迭“だけで、電通の責任は追及されないのか?

リテラ / 2015年10月03日19時00分

しかし、この2人が仮に「佐野氏ありきのデキレース選考」を主導していたとするなら、それは2人の個人的事情などではなく、バックに巨大広告代理店である電通の意志があることは明らかだ。本サイトでは、電通がいかに東京五輪に食い込み、広告利権を自らに集約させてきたかも指摘している。 電通タブーを抱えたマスメディアには報じることのできないこの記事を、以下に再録するのでぜ [全文を読む]

電通と博報堂はいったい何をしているのか 超エリート集団の実態とは

東洋経済オンライン / 2017年04月23日17時00分

今、広告代理店に逆風が吹いている。ネット上には、虚実入り交じった悪評が連日書き込まれる。なぜか。『電通と博報堂は何をしているのか』を書いたネットニュース編集者で、PRプランナーの中川淳一郎氏に聞いた。■とかく正体がわかりにくい――広告代理店は「ぬえ」的存在なのですか。一般企業でもなければメディアでもない。基本的にはコミュニケーションにまつわることをすべてや [全文を読む]

フォーカス