買収 電通に関するニュース

広告業界の企業研究、圧倒的な実力の電通が展開する、グローバル化、デジタル領域、東京五輪

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月25日12時00分

また、電通では2013年3月に英国のイージズ・グループを買収、新しいグローバル体制の確立のために「電通イージス・ネットワーク社」をロンドンに立ち上げました。海外進出を積極的に展開しています。投資家向けのアニュアルレポート(2015年)には、「世界で11,000以上のクライアントに43,000以上のプロフェッショナルがサービスを提供」「海外事業構成比は51% [全文を読む]

五輪から選挙まで...電通の安倍政治への黒い関与を現役社員が暴露!「電通は乙武を都知事にする計画だった」

リテラ / 2016年06月26日12時00分

やはり電通が買収行為だけなく五輪招致全体をコーディネートしていたわけだが、さらに興味深いのは、中村氏がこんな"五輪招致の舞台裏"まで暴露していることだ。 2013年、ブエノスアイレスで開かれたIOC総会での最終プレゼンでのこと。例の滝川クリステルの「おもてなし」や、他でもない、安倍首相が高らかに宣言した「アンダーコントロール」発言について、「こうしたプレゼ [全文を読む]

五輪とFIFA、「ふたつの裏金」に絡む電通のキーマン

まぐまぐニュース! / 2016年06月02日20時00分

これが、投票権を持つIOC(国際オリンピック委員会)委員への買収工作資金なのかどうか。 招致委員会の中核組織だったJOC(日本オリンピック委員会)の説明では、電通に太鼓判を押してもらったので契約を結び、コンサル料を支払ったと言う。 だが、どんなコンサルだったのか、その内容を明かさないのは、いかにもウソっぽい。電通がからんでいるならなおさら怪しい。FIFA( [全文を読む]

広告業界ランキング!人気5社から始める業界研究

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年09月29日12時00分

昨年度には英国のイージスグループを買収し、総売上の51%が海外事業部が占めるなど海外展開も進んでいます。日本の広告代理店業界では絶対王者といっても過言ではない、電通。それはテレビ局との太いパイプが理由です。しかしテレビ離れが進む現代に合わせ、ネット配信やonetooneマーケティングにも積極的に取り組んでいる印象です。今後もこの業界を牽引していくことは間違 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 ボーダフォン電撃買収で見せたむき出しの闘志(1)

アサ芸プラス / 2012年09月20日10時54分

「『通話料0円』のどこがいけないんだ!」 球団買収でブランド力を倍増させ、経営力の弱っていた外資系携帯電話会社・ボーダフォンを買収。「売ってナンボだ!」を掛け声に怒濤の攻勢に出たが、内外の反発も激化した。それでも業界に風穴をあけ続けていく「不屈の闘志」秘話。 これはエース端末になる! 2006年の春、電通から独立してクリエイティブエージェンシー「シンガタ」 [全文を読む]

PwCが日本のデジタルサービスを本格化:デジタルクリエイティブ施設を開設へ

DIGIDAY[日本版] / 2016年11月11日09時50分

日本でもアクセンチュアのIMJ買収、電通・博報堂DYによる「デジタル」の設立、マーケティングソフトウェア企業の参入と新しいエコシステムがダイナミックに形成されはじめた。 同時にクライアントサイドでは、IoT、AIなどのバズワードに代表されるトレンドのなか、製造業を中心とした日本企業にいわゆる「デジタルディスラプション」に対する危機感が露わになり、企業活動の [全文を読む]

東京五輪の裏金=賄賂疑惑はやはり「電通」が仕掛人だった! マスコミが沈黙する中、電通側キーマンの実名が

リテラ / 2016年05月18日21時00分

これが開催地決定の票の"買収"にあたると疑われている。ガーディアンの報道直後、フランス検察当局は問題の金銭授受を確認したと発表した。 現在、日本のマスコミはこのBT社の所在地がアパートの一室であることからペーパーカンパニーではないかと報じているが、しかし一方で、ガーディアンが指摘していた、BT社のある重大な事実についてはほとんど触れようとしない。 それは、 [全文を読む]

新聞各紙は「五輪買収」疑惑をどう報じたか? そこに電通の名は?

まぐまぐニュース! / 2016年05月17日20時00分

票集めのために買収工作を行った疑惑が浮上している。 竹田会長によれば、招致決定2ヶ月前の2013年7月に開かれ、IOC委員が多く集まる陸上世界選手権の場を「決戦の場」と考え、電通に実績を照会した上で、ブラック・タイディングズ社と契約。IOC委員の動向と情報収集を委託し、対価として約9,500万円、五輪招致成功後の10月に約1億3,500万円、併せて約2億3 [全文を読む]

東京五輪に巨額の「裏金」疑惑。電通の名も浮上 ー英紙

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日20時00分

【スクープ】東京五輪招致に裏金疑惑 招致委員会、IOC委員を買収&“電通”も関与…英紙報道 ⇒ マスゴミ、“電通” についてはスルーし報道 https://t.co/xqB0OmGYqI pic.twitter.com/mToP73AWck — 正義の見方 (@honmo_takeshi) 2016年5月12日 上記のように、すでにSNS上ではガーディア [全文を読む]

人気の広告業界、大手広告代理店からインターネット広告まで、ギョーカイ人になるための業界研究

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月04日12時00分

2013年にイギリスのイージス・ネットワークを買収し、積極的に海外展開も進めています。マス4媒体では他社を圧倒的に引き離す実績があります。また、スポーツのイベントにも強く、2020年に開催される東京オリンピックでもマーケティング選任代理店に指名されました。平均年収は、1,192万円(平均39歳)です(『就職四季報 2016年版』東洋経済新報社)。電通に追随 [全文を読む]

【例文あり】先輩の実例を紹介!大手広告代理店に受かるための志望動機の書き方と具体例

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年11月24日12時00分

最近では、業界6位のネット広告企業「オプト」への出資を拡大したり、サイバーコミュニケーションズの完全子会社化、英国の大手広告代理店の買収などを進めています。テレビや雑誌、新聞広告が落ち込みを見せる中でネット広告は未だ拡大傾向にあります。既存の媒体だけでなく、アドテクにも興味を示し知識を深めていく必要がありそうです。広告の仕事とは?広告と一口に言っても、仕事 [全文を読む]

日本に潜む「第2のグーグル」

プレジデントオンライン / 2017年05月22日09時15分

実際、東大発のロボットベンチャー「SCHAFT」は、グーグルに買収されました。 2つ目は、アニメーションやゲームの分野です。日本が優れているのは、技術だけではありません。注目したいのは、コンテンツづくり。独特のマンガ文化が社会に浸透しているので、コンテンツのレベルがとても高いのです。 3つ目は、ハードです。一時期、大事なのはソフトで、ハードは儲からないとい [全文を読む]

デロイトがデジタル領域に新ユニット:今週のデジタルマーケティングサマリー

DIGIDAY[日本版] / 2016年09月23日14時50分

■Amazonが自然言語処理スタートアップを買収 Amazonは9月21日に「Angel.ai」の共同ファウンダー・CEOのナビッド・ハザード氏を新ボット製品担当として迎えた。前日には、Googleが自然言語処理のAPIを提供する「API.AI」のチームを同様に雇い入れている。2社とも会話しながらECなど問題解決を図れるプロダクト開発を目指しているようだ [全文を読む]

黒いカネまみれの東京五輪…実行部隊・電通は莫大な利益、驚愕の巨額賄賂工作の実態

Business Journal / 2016年07月30日06時00分

「近年、国際オリンピック委員会(IOC)は開催地決定をめぐりIOC委員の買収や不正が相次いだことを受けて、綱紀粛正に乗り出していました。その矢先に発覚したのが、JOCが東京五輪開催を『黒いカネ』で買ったという疑惑です。そして、日本の新聞やテレビはこの事実を黙殺しましたが、『ガーディアン』の記事には買収工作の実行部隊として『電通』の名前が何度も出てきます。そ [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(2)

アサ芸プラス / 2012年10月02日10時54分

【関連記事】 孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(1) 孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(3) 孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(4) 孫正義 長者日本一への⑦決断 ボーダフォン電撃買収で見せたむき出しの闘志(1) 孫正 [全文を読む]

ホリエモン×ひろゆきがDAZNと比較して指摘する日本企業の問題点とは

週プレNEWS / 2017年03月20日10時00分

メディア関連で日本の企業が世界規模で動いたのって、日本経済新聞社がイギリスの新聞社「フィナンシャル・タイムズ・グループ」を買収したくらいでしょ。 あとは広告代理店の電通がイギリスの広告大手「イージス・グループ」を買収したとか。 ひろ 日本の企業が大きな決断をできないのって、決定権を持つ50~60代の人たちの影響が大きいと思います。この世代の人たちは、自分が [全文を読む]

東京五輪招致不正疑惑、海外からは厳しい視線 露呈する政府、招致委、電通の対応のずれ

NewSphere / 2016年05月15日10時45分

2020年東京五輪の招致運動に絡み、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会から当時のIOC委員の息子が経営するコンサルティング会社の秘密口座に、多額の資金が流れたとされる買収疑惑で、フランス検察当局が12日、該当口座に招致委員会から約2億2000万円の入金があったことを確認し、捜査中であることを明らかにした。疑惑は、英紙ガーディアンが前日に特ダ [全文を読む]

ISID、日本初のFinTech産業拠点「Fino Lab」を三菱地所・電通と協業し大手町エリアに開設

JCN Newswire / 2016年01月15日13時15分

大手金融機関が買収・提携等を通じてこれらのサービスを自社に取り込んだり、政府が積極的な支援策を打ち出すなど、いわば金融イノベーション創造のためのエコシステム(生態系)が形成され、グローバルな金融競争力の源泉ともなっています。日本でも昨今FinTechが大きな注目を集めていますが、先進各国に比べてスタートアップの創業・成長環境が整っておらず、数年以上も遅れて [全文を読む]

総合商社ランキングから始める業界研究! それぞれの企業の特色、志望の決め手とは?

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月17日12時00分

2014年には、サケの養殖と加工で世界3位のノルウェーの企業セルマックを1459億円で買収して子会社化しました。資源市況の変化に対応し、非資源領域への投資を行っています。コンビニエンスストアのローソンを傘下に置き、ローソンで販売されている「焼さけハラミ」というおにぎりの一部には、セルマックによるサケが使われています。第3位:丸紅 旧安田財閥が戦後の財閥解体 [全文を読む]

五輪の各種独占権を持つ電通 東京五輪特需で株価の上昇期待

NEWSポストセブン / 2013年09月09日07時00分

英広告大手イージス社買収を要因とする2014年3月期業績の増収減益予想や、最大1100万株の新株発行と2900万株の自社株売却による需給悪化を懸念した売りが出て、株価は一時急落したが、それも底を打ったと思われる。 急落により割安感が高まったことに加えて、五輪の特需が期待されることや、ネット選挙解禁なども株価に好材料なので、今後、堅実な上昇が見込まれそうだ [全文を読む]

フォーカス