組織 電通に関するニュース

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(後編)

ガジェット通信 / 2012年09月20日18時00分

ちなみにもし初期配属が東京本社だったら、組織が細かく分業されているうえに人数も多く、新人ができることなんて限られていたと思います。圧倒的に人数が少ない名古屋だからこそできたことだったのかもしれません。こうして空いた時間に自主的に書いた企画書は1年目に100本を超えます。今も思い出として大事にデータで保存してあります(笑)。 ―100本はすごい! そのバイタ [全文を読む]

洗脳広告代理店「電通」が画策するオリンピックと人類奴隷化計画! さらに宇宙人の存在を苫米地英人が語る!(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月26日07時00分

反米分子を捕まえるためにGHQが東京地検特捜部を作ったのと同じように、電通そのものは元々あった組織だけど、それまでは《日本軍のための組織》だったのを、《GHQのための組織》に一代で変わってしまったわけ。これと、『日本テレビ放送網』の正力松太郎にCIAが金を渡した話までが、ワンセットだから。《日本人を洗脳するためのシステム》の一部が、今の電通なんですよ」―― [全文を読む]

ISID、新組織「2020テクノロジー&ビジネス開発室」を設置

JCN Newswire / 2014年11月28日16時04分

■新組織設置の背景と目的■2020年に向けて、大規模なインフラ整備や都市開発が計画・検討されており、東京の都市構造や機能が大きく変わることが予想されます。またこれらの変化が、全国の企業や自治体において、持続的成長につながる新たな事業機会を創出することも期待されています。当社グループは、2011年度に開始した前中期経営計画、そして本年度より開始した新中期経営 [全文を読む]

データサイエンスに基づく消費者コミュニティの活用方法は? クオンが導き出した答え

ITライフハック / 2016年07月05日13時00分

クオン代表取締役社長 武田隆氏そのうちにmixiやFacebookを初めとしたSNSが急速に立ち上がっていき、「ソーシャルメディアでは作れない企業のオウンドメディアでコアなファン組織を作っていくという同社のビジネスがやりやすくなった」と武田氏。そのうちにBeachの開発予算がWeb構築費だけではまかなえなくなったので投資を呼び込もうと株式会社化を図ったの [全文を読む]

データサイエンスに基づく消費者コミュニティの活用方法は? クオンが導き出した答え<PR>

ITライフハック / 2016年07月05日13時00分

クオン代表取締役社長 武田隆氏そのうちにmixiやFacebookを初めとしたSNSが急速に立ち上がっていき、「ソーシャルメディアでは作れない企業のオウンドメディアでコアなファン組織を作っていくという同社のビジネスがやりやすくなった」と武田氏。そのうちにBeachの開発予算がWeb構築費だけではまかなえなくなったので投資を呼び込もうと株式会社化を図ったの [全文を読む]

東京五輪公式エンブレム問題はやはり電通主導だった! 社員2名“更迭“だけで、電通の責任は追及されないのか?

リテラ / 2015年10月03日19時00分

きのう2日、組織委員会は、エンブレム騒動をめぐって2人の人物の退任を発表した。エンブレムの制作を担当した、槙英俊マーケティング局長と、選考で審査委員を務めた企画財務局クリエイティブディレクターの高崎卓馬氏である。2人は、ともに東京五輪のマーケティング専任代理店である電通の出身で、組織委員会は2人の電通からの出向を解除した。表向き退任とはなっているが、もちろ [全文を読む]

電通の企業文化を体現する石井社長、社員過労死連発への責任感ゼロ…頑なに社内組織優先

Business Journal / 2016年12月28日21時00分

今年、業績を大きく落とした、成長機会を逃した、企業価値を大きく毀損した、危機的状況に際して拱手傍観してしまい窮地に陥る状況としてしまった、経営者としての倫理にもとった、社会に大きな損害あるいはリスクや不安を与え強く指弾された――などの残念な結果を残した経営者を顕彰する、「2016年 経営者残念大賞」。 本連載ではこれまで、第3位にシャープの高橋興三前社長、 [全文を読む]

東京五輪招致で1億6千万円の“裏金“に「電通も関与」とイギリス紙報道! だが国内メディアは一言も電通に触れず

リテラ / 2016年05月12日20時52分

しかも、報道を否定する五輪組織委や政府のコメントを垂れ流すなど、早くも"火消しモード"になりつつある。 そして、今回のガーディアンのスクープには、国内メディアが全く触れようとしない、もうひとつの疑惑がある。それが、この裏金疑惑に、大手広告代理店・電通が関与していたのではないかという疑惑だ。 電通といえば、招致活動から東京五輪に食い込み、招致決定後は東京五輪 [全文を読む]

AIでわかった!大谷翔平の知られざる「弱点」 電通とNHKが仕掛けるスゴイ野球中継とは

東洋経済オンライン / 2017年04月08日08時00分

テクノロジーを起点に、広告にとどまらない作品やサービスなどを生み出す組織だ。今回のように、外部の会社やアーティストと協力してプロジェクトを進めることもある。■300万球超のデータを解析電通ラボが開発を進めるのは、AIを活用した解説システム「ZUNO(ズノさん)」。名前の由来はもちろん「頭脳」だ。ズノさんは各打席で投手の配球を予測することに加え、チームの勝敗 [全文を読む]

ハコより先にコンテンツを考える、「建築は、コン築へ」

Forbes JAPAN / 2016年08月24日08時30分

組織という「ハコ」からつくるのでなく「コト」、つまりプロジェクトや人材づくりから始める。組織や企業自体がプロジェクトとなって成長していくイメージです。ちょっと飛躍しすぎでしょうか。建築からコン築へ。ハコ発想からコト発想へ。ちょっとした違いのようですが、結果はずいぶん違ってくるようです。どこかの国の競技場の設計もコト発想で考えていたら、もっと面白かったかもし [全文を読む]

エンブレム問題、森喜朗の“共犯“は組織委にいる「電通」社員!? 背後に五輪利権を支配する巨大広告代理店の思惑が

リテラ / 2015年09月10日23時31分

東京五輪のエンブレム盗用問題は、ここにきてようやく佐野研二郎氏だけでなく組織委員会や審査委員の責任を追及する動きが出てきた。永井一正審査委員長、武藤敏郎組織委事務総長、そして、審査委員に無断で佐野氏の修正案にダメ出しをして、最終案を採用決定していたことが発覚した森喜朗組織委会長。 だが、このエンブレム問題にはもうひとり、その責任を問われるべき人物がいる。そ [全文を読む]

電通と博報堂はいったい何をしているのか 超エリート集団の実態とは

東洋経済オンライン / 2017年04月23日17時00分

──名は体を表さずの組織ですか。組織名はよくわからないカタカナやナンバー表示だったりする。たとえば今のように話題の動画を作りたいというニーズが膨らめば、部署は増えていく。電通はテレビや新聞に強い。博報堂は伝統的に出版広告が得意。出版社の宣伝部と仕事をする出版営業局、これはわかりやすい。ところがある時期に公共ニーズが増え、ある県の役所を担当する部署が第13局 [全文を読む]

「企業留学」のススメ 僕がNHKを飛び出して知ったこと

Forbes JAPAN / 2017年03月02日08時00分

「働き方改革」の議論が高まる中、兼業や副業、出向など他の企業や組織に行くことが推奨される世の中になってきました。かく言う僕もかつてNHKを飛び出して”企業留学”していたことがあります。その行先は、大手広告代理店の電通です。NHKには「国内派遣」という研修制度があります。これはNHKにいては得られないスキルや知見を、他の企業や団体で実際働きながら学び、本来の [全文を読む]

電通西日本が電通グループ初の「HubSpot」の正規認定パートナー企業に。地域のBtoB企業の営業活動支援の強化

PR TIMES / 2016年12月27日19時14分

電通西日本はこのようなBtoB企業や、新たな案件創出を目指すBtoB企業に対し、事業規模に応じた戦略設計、目的に応じたMAの選定と導入、運用、組織構築コンサルティングに加え、集客面で重要なメディアプラン及び記事コンテンツや動画制作、また展示会企画運営の改善プランの業務を開始する。MAツール「Hubspot」販売及び導入支援を開始株式会社電通西日本(代表取締 [全文を読む]

五輪とFIFA、「ふたつの裏金」に絡む電通のキーマン

まぐまぐニュース! / 2016年06月02日20時00分

招致委員会の中核組織だったJOC(日本オリンピック委員会)の説明では、電通に太鼓判を押してもらったので契約を結び、コンサル料を支払ったと言う。 だが、どんなコンサルだったのか、その内容を明かさないのは、いかにもウソっぽい。電通がからんでいるならなおさら怪しい。FIFA(国際サッカー連盟)の汚職事件でも、電通は疑惑の渦中にいた。そして、疑惑の中心人物であっ [全文を読む]

エアビーアンドビー創業者を輩出 「美大のハーバード」の意外な授業

Forbes JAPAN / 2017年05月23日15時00分

自らビジネスをスタートアップする人、スタートアップに参加する人、ディズニーやNASAなどの大組織でインハウスデザイナーになる人もいれば、デザインコンサルで働く人までさまざまだ。卒業生のひとり、NYのスタートアップ、リトルビッツ(littleBits)でデザイナーとして働くライアン・マザーは「RISDで学んだことで、一番役に立っているのは『comfort w [全文を読む]

<会社は誰のもの>電通・ユニクロ・東芝・慶應大学…労働者を無視?

メディアゴン / 2017年03月02日07時30分

労組の中央組織・連合は「大手企業の労組がこうした要求をした例は聞いたことがない」(担当者)としており、異例の労使交渉が注目を集めそうだ。労使の交渉は正社員のことしか考えてていないことが多いのに、KDDI労組のすばらしい決断である。筆者はフリーランスで働いているから、資本家の立場も、経営者も、労働者もひとりで兼務している。そのことを考えたときに一番大切にした [全文を読む]

電通の過酷と賢い組織のあり方

クオリティ埼玉 / 2016年11月17日11時40分

愚かなリーダーは元的思考しかできないから、法のまえに屈して、暗愚とともに組織を崩壊させてしまう。特別な使命をもった人間をどれだけつくれるか。これが組織浮沈の鍵だ。 少し飛ぶが、かって教師聖職論を日教組はけって労働者となった。教師こそ、特別の使命をもった特別職だ。日教組はその後ますます凋落して、先日はその委員長まで素行の最悪さを雑誌でかかれて辞職。正しく、己 [全文を読む]

サイダス、日本最大級人事向け展示会「HR EXPO」で新製品を発表 ~活用事例からグローバルトレンドまで一挙公開~

@Press / 2016年07月12日10時30分

Log Bookはスキル育成・チェッカーとしての機能、またSuccession Planは組織内の次世代リーダーの異動や育成計画を支援する機能を持つツールです。 Log Book : http://www.cydas.com/products/log-book/ Succession Plan: http://www.cydas.com/products/ [全文を読む]

【セミナーレポート】電通iX(アイエックス)「デジタルマーケティング成功の鍵は、プラットフォーム戦略と組織作りにある」プライベートセミナー開催

PR TIMES / 2015年12月01日09時55分

株式会社電通iX(代表取締役社長:得丸英俊、本社:東京都中央区)は2015年11月26日(木)にプライベートセミナー「デジタルマーケティングの成功の鍵は、プラットフォーム戦略と組織作りにある」を開催しました。ご挨拶 代表取締役社長 得丸英俊まず初めに、弊社代表取締役社長得丸より、2016年1月1日電通iXから電通アイソバーに社名変更になることに関してのご報 [全文を読む]

フォーカス