神奈川県 神奈川大会に関するニュース

JCNとJ:COMが夏の高校野球地方大会の放送を拡大

PR TIMES / 2013年07月01日15時06分

また、神奈川大会は、JCN、J:COMを含む神奈川県内全ケーブルテレビ局11社が連携し(注)、平塚球場(神奈川県平塚市)で開催する3回戦から5回戦までの全10試合を生中継するほか、その他の球場の試合もダイジェスト版として、神奈川県内約230万世帯にお届けします。 両大会ともに、中継スタッフ、他球場のダイジェスト番組の取材スタッフも各社で編成し、共同で番組 [全文を読む]

“清宮ロス”を吹っ飛ばす! 高校野球バカ芸人が熱トーク「見逃せない選手はこんなにいる!」

週プレNEWS / 2017年08月07日10時00分

『報知高校野球』でコラムも連載中!! ●早出明弘(そうで・あきひろ) 1977年4月13日生まれ、神奈川県出身。横浜高校の大ファン。甲子園に行く選手たちを新幹線のホームまで見送りに行くほど ●酒井貴裕(さかい・たかひろ/アンゲラー) 1986年4月15日生まれ、北海道出身。学生時代はサッカー部だったが、野球大好き。球児たちの細かい情報に詳しい [全文を読む]

神奈川・横浜と大阪・履正社の2回戦は「事実上の決勝戦」か!?優勝候補同士の決戦に思い出される横浜・松坂とPL学園の『伝説の延長戦』

Business Journal / 2016年08月14日08時00分

神奈川大会で記録した14本塁打は、神奈川県の大会記録。中でも増田、村田、公家はそれぞれ3本の本塁打を放つ高校生離れした打力を有している。全国でも屈指の激戦区である神奈川大会を圧倒的な力で勝ち抜いてきただけに、下馬評では横浜を優勝候補の筆頭に挙げる関係者も少なくない。 この両校が2回戦で当たってしまうのは、なんとも惜しい気もする。だが、この試合を「事実上の [全文を読む]

J☆Dee’Z、新曲が『2016tvk高校野球神奈川大会』の中継テーマソングに大抜擢!

okmusic UP's / 2016年06月20日18時30分

昨年にはGLAYの「HEROES」、一昨年にはキマグレンの「最後の夏」がこのテーマソングを務めており、J☆Dee’Zは歴代高校野球神奈川県大会テーマソング史上、最年少グループとしての大抜擢となった。 新曲「Dream Arch」は、夢を追いかける人・仲間への応援ソング。強豪校がひしめく全国屈指の激戦区である神奈川大会に出場する選手や、応援している家族や友 [全文を読む]

女子中高生ボーカル&ダンスユニットJ☆Dee’Z(ジェイディーズ)、新曲『Dream Arch』が「2016tvk高校野球神奈川大会中継テーマソング」に決定!

PR TIMES / 2016年06月20日14時18分

昨年にはGLAYの「HEROES」、一昨年にはキマグレンの「最後の夏」がこのテーマソングを務めており、J☆Dee’Zは歴代高校野球神奈川県大会テーマソング史上、最年少グループとしての大抜擢となった。 新曲「Dream Arch」は、夢を追いかける人・仲間への応援ソング。強豪校がひしめく全国屈指の激戦区であるこの神奈川大会に出場する選手や、 応援している家 [全文を読む]

あの夏、甲子園の主役は俺だった! 80年優勝投手・愛甲猛が語る「野球漬けのなか、スキあらば必死に遊んだよ」

週プレNEWS / 2014年08月17日06時00分

――高校野球の指導者としての姿も見てみたいです! ■愛甲猛(あいこうたけし) 1962年生まれ、神奈川県出身。横浜高校の左腕エースとして1980年夏の甲子園で優勝。同年秋にドラフト1位でロッテに入団し、4年目の野手転向後一軍に定着。96年に中日移籍後は代打で活躍した。著書に『球界の野良犬』(宝島社)などがある。 (取材・文/キビタキビオ 取材協力/寺崎 [全文を読む]

鎌倉学園 横浜にコールド勝ちで4強 新倉はサイクル安打「配球とかを読みながら打った」

スポニチアネックス / 2017年09月20日19時13分

◇秋季高校野球球神奈川県大会準々決勝 鎌倉学園15―8横浜(2017年9月20日 保土ケ谷) 鎌倉学園が今夏神奈川大会覇者の横浜を8回コールドで破り、4強に進出した。 3番の新倉将大外野手兼投手(2年)が8回にコールドを決める右越え適時二塁打を放ち、サイクル安打を達成。3回に及川から高校初アーチとなる左越えソロを放つなど大車輪の活躍だった新倉は「僕は投手を [全文を読む]

横浜 県大会でコールド負け センバツ出場は絶望的 4投手で15四死球の大乱調

スポニチアネックス / 2017年09月20日18時38分

◇秋季高校野球球神奈川県大会準々決勝 横浜8―15鎌倉学園(2017年9月20日 保土ヶ谷) 今夏神奈川大会覇者の横浜が鎌倉学園に8回コールド負けを喫し来春のセンバツ出場は絶望的となった。 4投手で継投も15四死球と大乱調。平田徹監督は「投手が点をとられずぎた。勝負の厳しさを教えてもらったし、良い勉強をしたと思って私自身も1から謙虚な気持ちでチームを作り直 [全文を読む]

慶応が藤嶺藤沢を下し4強進出 大学日本代表・善波監督の長男・力も活躍

スポーツ報知 / 2017年09月20日15時04分

◆秋季高校野球神奈川県大会 ▽準々決勝 慶応4―2藤嶺藤沢(20日・サーティーフォー保土ヶ谷) 慶応が藤嶺藤沢を接戦で下し、ベスト4に進出した。 攻撃型上位打線が機能した。2―2の9回、1番・宮尾将(2年)が四球で出塁した無死一塁から、2番・大川裕也(2年)が右翼線へ決勝の三塁打。続く奥村拓馬(2年)の右犠飛で大川が生還した。殊勲打の大川は「(県大会に入っ [全文を読む]

変わりゆく高校野球ーー今どき“ヒップホップ好き”球児たちの甲子園ファッションとは?

週プレNEWS / 2017年08月13日13時00分

でも最近では髪を伸ばしている球児を見かけなることが少なくなった気が…? 田澤「丸刈りじゃない強豪校といえば、神奈川県の慶応義塾高(今夏、神奈川大会敗退)ですね。ここはもう、“エンジョイベースボール”の名で知られる通り、丸刈りじゃないことがチームカラーとして定着しています。 実は90年代に“脱・丸刈り”が広まりかけた時代があるんです。仙台育英(宮城代表)や天 [全文を読む]

伝説の優勝投手・愛甲猛が夏の甲子園全48試合をガチンコ解説。“ネット甲子園”の魅力

日刊SPA! / 2017年08月08日08時44分

でもまあ、どんなに時代が変わっても、高校野球の泥臭さはいつまでも変わらず残っていてほしいね!」 【愛甲 猛氏】 ’62年、神奈川県生まれ。第60回大会ではエースとして優勝投手に。その後、ロッテ、中日で活躍。ニコ生での「野良犬野球解説」が話題に ※現在発売中の『週刊SPA!』8/8発売号では「99回目 夏の甲子園マニアック観戦ガイド」を掲載中!! [全文を読む]

愛甲猛氏が母校横浜高校へ辛口エール「まだまだ物足りない」

NEWSポストセブン / 2017年07月21日16時00分

夏の高校野球、全国最多となる189チームが出場する神奈川県予選には、今年もタレントが揃っている。 中学時代にU 15日本代表の主将を務め、今秋のドラフト上位候補でもある外野手の増田珠(しゅう)を擁す名門・横浜は、昨秋と今春の神奈川大会はいずれも準優勝。2年前に監督を退任した渡辺元智氏が1月に終身名誉監督の立場からも離れ、改めて新体制の船出となる。 34歳の [全文を読む]

片瀬海岸東浜に期間限定の海カフェ「J:COM×SHONAN LICENSE」今年は番組と連動した「ご当地カレー」を7月15日より提供開始!

PR TIMES / 2017年07月14日15時00分

今年もジェイコム湘南が地元企業と協力! 株式会社ジェイコム湘南(J:COM 湘南、本社:神奈川県横須賀市、代表取締役社長:牟田口 新一郎)は7月から8 月末までの2か月間、片瀬東浜海岸に期間限定の海カフェ「J:COM×SHONAN LICENSE」をオープンします。「J:COM×SHONAN LICENSE」は、地元企業である株式会社湘南ライセンスとの共同 [全文を読む]

東海大相模の全国制覇を称える緊急特番が決定!

Smartザテレビジョン / 2015年08月21日17時14分

tvkでは神奈川県勢としては17年ぶり7度目の全国制覇を成し遂げた同校の栄誉をたたえ、8月30日(日)に「東海大相模高校野球優勝特番」(仮)を放送する。 エースの小笠原慎之介投手は、清宮幸太郎(早稲田実業)、オコエ瑠偉(関東第一)らと並び、高校野球100年の記念大会を大いに盛り上げた。最速151キロ、地方大会では自責点ゼロと、高校No.1サウスポーで、仙台 [全文を読む]

“甲子園バカ”芸人たちが本気で予想する今大会の優勝チームは?

週プレNEWS / 2015年08月05日06時00分

非常に楽しみです! ●発売中の『週刊プレイボーイ』33号では、さらにこの“甲子園バカ”芸人たちが注目の選手、監督たちのベンチサイド秘話などを語り尽くしているのでお読みください! ●早出明弘(そうであきひろ) 1977年4月13日生まれ、神奈川県出身。人力舎高校野球観戦部の一員。横浜高校の大ファンであり、マニアでもある ●藤田憲右(ふじたけんすけ・トータルテ [全文を読む]

フォーカス