吉野家 なか卯に関するニュース

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年 [全文を読む]

~牛丼チェーンの5000人アンケート~ よく行く牛丼チェーンは1位すき家、2位吉野家、3位松屋! 一方、牛丼チェーンに行かない人は女性50%、男性25%!

PR TIMES / 2013年07月24日17時31分

◆男性に人気の「吉野家」、男女ともに選ばれる「すき家」、一方「行かない」人は41% よく行く牛丼チェーンについて聞いたところ、1位「すき家」37%、2位「吉野家」35%、3位「松屋」19%となり、「行かない」も41%を占めました。男女別にみると、女性は、1位「すき家」34%、2位「吉野家」27%、3位「松屋」13%となり、「行かない」も50%となりましたが [全文を読む]

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

吉野家、松屋、サンボ、すき家、牛丼太郎(現:丼太郎)、東京チカラめし、あらゆる牛丼屋が日本に存在するが、なか卯の存在を忘れてはならない。1969年にうどん屋としてオープンし、1974年に牛丼屋もオープン。その後店舗を拡大し、日本各地で愛される人気店となった。 良心的かつ激ウマ店 牛丼というと吉野家や松屋といった多店舗チェーンが頭に浮かぶが、なか卯のメニュー [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

少し前まで業績低迷に苦しんでいた牛丼チェーン最大手の吉野家と、ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド。扱う商品は違えど「安くて、早くて、そこそこ美味しい」という点では共通点の多い両社だが、吉野家が現在復活の兆しを見せ始めているのとは対象的に、マクドナルドはなぜ依然として業績低迷脱出の突破口を見いだせないでいるのか。今回はその差異を生じさせている要因を [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

現在、「吉野家」と「松屋」の280円(並盛り)が標準価格になっているが、「すき家」が12月20日から期間限定で240円に値下げすると発表したことで、業界内に激震が走っている。 「240円という最安値は、もはや他社が追随できないギリギリの価格。牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作戦を取ったのだろうが、逆に牛丼1杯の値段はその程度のレベルだと売る側が [全文を読む]

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

吉野家 近頃、牛丼の値上げを実施した吉野家。“デフレの象徴”とも言われていましたが、それだけ庶民の財布に優しい吉野家で1000円分使ってみると…。 メニューは、「牛ねぎ玉丼・大盛り」(650円)、「お新香・味噌汁セット」(130円)、「ポテトサラダ」(130円)、「のり」(60円)で、計970円です。マヨネーズもプラスしました。ネギや生玉子、紅ショウガ [全文を読む]

牛丼第3極狙う「東京チカラめし」は値下げより炒飯で勝負か

NEWSポストセブン / 2012年12月04日07時00分

3強の一角である「吉野家」が業界最安値となる“牛丼並盛り(常時)250円”の戦略店「築地吉野家 極(きわみ)」を急激に増やそうとしているからだ。「値引きキャンペーンを仕掛けるのはいつも新興勢力の『すき家』と『松屋』で、老舗の『吉野家』は『ウチはいたちごっこには加わらない』と静観する立場だったのに、今年は逆の展開になった。でも、牛丼を300円未満で食べるのに [全文を読む]

今年の水樹奈々×なか卯コラボはTVCM曲も!! 竹達彩奈×吉野家といい「丼好きと声優好きの層は被ってるのか」という疑問も

おたぽる / 2016年06月02日11時00分

ファンの中には、お肉大好き声優・竹達彩奈と吉野家とのコラボのインパクトが強い層も多いようで、「丼好きと声優好きの層は被ってるんだろうか」「声優は丼とのコラボ大好きだな」との声が上がっている。竹達の吉野家コラボの時には、初回限定版CDに「牛丼アタマの大盛100円引券」やバースデーライブ入場者全員に無料券が配布されるなどAKB48もびっくりの特典が。今のとこ [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

なか卯、吉野家、すき家 牛丼依存脱却で好調ぶりをアピール

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

先陣を切ったのは、老舗の『吉野家』だった。昨年12月5日、「牛すき鍋膳」と「牛チゲ鍋膳」を販売開始。その直前に開かれた戦略発表会では、<うまい・やすい・ごゆっくり>という新コンセプトに基づいたメニューだと発表。これまで譲ることのなかった<うまい・やすい・はやい>からの転換、つまりこちらも牛丼中心主義からの“離別”を強調したのである。 『吉野家』の「牛すき [全文を読む]

牛丼店が牛丼離れする背景 値下げの過熱で業界全体が限界に

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

吉野家の「牛すき鍋膳」、なか卯の「牛すき丼」、すき家の「牛すき鍋定食」──いま牛丼業界では、メニューに「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。業界が脱・牛丼を図った背景には、様々な事情がある。まずは、牛丼の「値下げ競争」が限界を迎えたことだ。 2000年以降、度重なる値下げ競争を繰り広げてきた牛丼業界。2009年12月には、『すき家』が「280円牛丼」 [全文を読む]

未経験の男子が好きなジブリキャラNo.1は?

週プレNEWS / 2013年02月21日18時00分

「アウトドアは嫌いだけど、チャムスとかアウトドア系ブランドは大好きです」(イラストレーター・34歳)というこだわりを持つ者もいるが、「女性からどう見えるか」といった視点はあまりなさそうだ Q3:好きな牛丼チェーンは? 1位…吉野家 86票 2位…すき家 74票 3位…松屋 32票 4位…なか卯 5票 5位…東京チカラ飯 2票 「吉野家の『焼味豚丼 十勝仕立 [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

■「牛丼=吉野家」その原点に立ち返る 【弘兼】先ほど通ってきたエントランスには、吉野家と並んで讃岐うどん店「はなまる」のロゴが見えました。同じグループだと初めて知りました。うどんやそばに嗜好がある僕ら団塊の世代が年を取るにつれ、そのニーズも高まるのではないでしょうか。 【安部】ええ、まさに。基本的には人口数の多い層の嗜好がマーケットをつくります。団塊の世代 [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「豚肉」にあるようです。 松屋フーズの株価が急騰しているワケ 佐藤昌司です。牛丼店「松屋」などを運営する松屋フーズの株価が高騰しています。3月17日の終値は4,555円です(本稿執筆時)。昨年3月は概ね2,800円台で推移 [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

なぜ吉野家は券売機を置かないのか? 吉野家のうんちくを語ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月15日11時30分

ここは吉野家、味の吉野家、牛丼一筋80年~♪ 街を歩いていてオレンジの看板を見かけると、このCMソングが心に聞こえる。近所に吉野家なんてなかった田舎の子どもにとって、牛丼は「キン肉マンが好きな食べ物」でしかなかった。あれから35年以上が過ぎ、吉野家は牛丼一筋115年を越え、牛丼屋はどの街にもあって当たり前の存在となった。いや、一筋ではなくなってしまったか… [全文を読む]

吉野家の“吉呑み”と全面バトル? 「なか卯」の居酒屋新業態「呑み卯」の実力とは!

週プレNEWS / 2014年12月11日06時00分

「大手居酒屋チェーンの店舗開発担当には顔なじみが多いのですが、複数の人から冗談交じりに『(呑み卯の展開は)お願いだからやめてくれ』と言われました」(須田氏) ひとつ気になるのは、牛丼チェーン「吉野家」が注力する居酒屋業態「吉呑み」に、店名も業態も似ていることだが……。 「ここだけの話、かなり意識しています(苦笑)。吉呑み1号店のオープンは、まさに弊社が呑 [全文を読む]

店舗数減少の「東京チカラめし」 再編背景を運営会社が解説

NEWSポストセブン / 2014年03月02日07時00分

吉野家の「牛すき鍋膳」、なか卯の「牛すき丼」、すき家の「牛すき鍋定食」──。いま牛丼業界では、メニューに「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。さらにここにきて、瞬く間に勢力を広げて牛丼業界に衝撃を与えていた『東京チカラめし』に、急ブレーキがかかっていることも、“牛丼依存見直し”の遠因になったとされている。 『東京チカラめし』は、個室式居酒屋の『東方見 [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

すき家のライバル、「吉野家」も、すでに国会議事堂店と羽田空港国際ターミナルビル店の店舗限定で1240円の『牛重』を出して、普段あまり牛丼を食べないシニア層の注文を伸ばしている。 デフレ回帰、輸入牛肉の価格低下といった経営環境を考えれば、牛丼チェーンは再び“低価格競争”に突入してもおかしくないのだが、いまは様子見といったところ。一体なぜなのか。外食ジャーナ [全文を読む]

【贅沢】うどん、中華、かつ…チェーン店で1000円分食べると楽しく美味しい!

しらべぇ / 2015年01月10日21時00分

吉野家 松屋 名代 富士そば なか卯 今回は、うどん・とんかつ・中華のチェーン店で約1000円食べるとどうなるか、実際に食べて確かめてきました。 ●讃岐釜揚げうどん丸亀製麺 人気の讃岐うどんチェーン、「丸亀製麺」です。日本ではもちろん、ハワイでも大人気なことで知られています。そんな丸亀製麺で約1000円分注文すると… メニューは、「おろし醤油うどん」(3 [全文を読む]

フォーカス