定食 なか卯に関するニュース

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

吉野家は定食メニューも充実しているため、さまざまなバリエーションで“1000円贅沢”が体験できるでしょう。またチャレンジしたいところです。 ■松屋 続いて松屋。こちらでは、定食を注文しました。 松屋には各種定食に“Wサイズ”があり、定食に付く肉が倍になることで、値段が800円台~900円台になります。つまり、1000円程度のメニューは既にあるというわけです [全文を読む]

なか卯、吉野家、すき家 牛丼依存脱却で好調ぶりをアピール

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

2月14日から、「牛すき鍋定食」など、鍋定食3商品の販売を開始した。値段もセット内容も『吉野家』と同じで、580円(並)。一見、『吉野家』の二番煎じ的な戦略にも見えてしまうが、『なか卯』・『すき家』を展開する、「ゼンショーホールディングス(HD)」広報室の廣谷直也氏は、“元祖”を主張する。 「もともと弊社の屋号の由来は『すき焼き』で、創業の翌年から『すき焼 [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

定食やカレーなどの多様なメニューを誇り、どんなものにもみそ汁を付けるのがウリの牛丼界ナンバー2「松屋」が、300店舗達成記念として、牛めしを400円から290円に値下げしたことに端を発す。 翌年にはダイエー系列でかつ丼や和定食を出しコアなファンを掴んでいた「神戸らんぷ亭」も牛どんを290円へ。続いて業界3位の「すき家」が牛丼を280円。そして創業100年以 [全文を読む]

なか卯の「目玉焼きベーコン朝定食」がよりおいしくなって復活!

Walkerplus / 2017年06月30日07時00分

人気を誇った朝定食が復活。 丼ぶりと京風うどんの「なか卯」は、「目玉焼き ベーコン朝定食」(390円)を、7月6日(木)から販売開始する。 ベーコン、目玉焼き、のり、ミニサラダ、ライス、みそ汁というシンプルで、どこかなつかしい朝定食。2012年に販売した際に人気となったベーコンが、よりおいしくなって復活する。 自社製のベーコンは、豚肉1枚1枚に塩を塗りこむ [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

主力の「松屋」で販売する「プレミアム牛めし」や定食メニューが好調でした。主要食材の米国産牛肉の仕入れ価格が低下したことなどにより、原価率が前年同期より1.7ポイント改善したことが増益に貢献しました。 ところで、牛丼の近年の仕入原価は安定しないという特徴があります。牛丼に使われる肉は主に米国産の牛バラ肉(ショートプレート)が使われるのですが、近年の輸入価格 [全文を読む]

ふわとろ卵でカキフライを包んだ「牡蠣とじ丼」、なか卯に!広島産カキを使った期待の新作

えん食べ / 2016年10月05日06時30分

あわせて、ご飯、みそ汁、小鉢などが別で付く「カキフライ定食」(税込890円)も用意される(一部の店舗をのぞく)。こちらは持ち帰り不可。 [全文を読む]

ポイントは語呂合わせ? 意外と知らない飲食チェーンのサービスデー

週プレNEWS / 2015年09月07日06時00分

特典は毎回違うが、過去には「特撰ヒレステーキ」(ドリンクバー付き)で1575円など 【オリジン弁当】(毎月19日)毎月19日の「食育の日」にちなんで、惣菜・サラダがセール価格に 【ケンタッキーフライドチキン】(毎月28日)「に(2)わ(8)とりの日」で、オリジナルチキンとクリスピーのセット1450円を1000円に 【松屋】毎月28日「まつ(2)や(8)の日 [全文を読む]

【贅沢】うどん、中華、かつ…チェーン店で1000円分食べると楽しく美味しい!

しらべぇ / 2015年01月10日21時00分

最もメニュー選択に悩みましたが、スタンダードに定食を食べることにしました。 「おろしヒレカツ定食・ご飯大盛り」で、税込1069円です。みんな大好きとんかつですから、そりゃ美味しくないわけがありません。大口でとんかつとご飯をかっこむ快感は、クセになりますね。 今回は、以上の3店を紹介しました。みなさんも、日頃お世話になってるチェーン店で、自分流の贅沢セットを [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

吉野家が「牛すき鍋膳」でうまくいき始めるのを見るやいなや、まず、すき家は吉野家と同金額で「牛すき鍋定食」を投入した。広告でも「すき家の牛丼」「すき家のどんぶり」というメッセージをやめ、「牛すきからすき家が始まった」というメッセージを打ち出し始めた。トレンドに乗り高価格帯商品を投入することで、収益構造を改善したい気持ちがありありと見える。 また、なか卯は通 [全文を読む]

牛丼店が牛丼離れする背景 値下げの過熱で業界全体が限界に

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

吉野家の「牛すき鍋膳」、なか卯の「牛すき丼」、すき家の「牛すき鍋定食」──いま牛丼業界では、メニューに「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。業界が脱・牛丼を図った背景には、様々な事情がある。まずは、牛丼の「値下げ競争」が限界を迎えたことだ。 2000年以降、度重なる値下げ競争を繰り広げてきた牛丼業界。2009年12月には、『すき家』が「280円牛丼」 [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

吉野家は米国産牛肉にこだわった牛丼を強みとしているし、松屋は牛丼以外の定食が人気で、牛丼屋というより定食屋チェーンという業態になってきた。すき家は牛丼の上に色々なものをトッピングできる自由さが特徴だ。また、すき家は都心のサラリーマンや独身男性を主なターゲットとする吉野家、松屋に対して、主に郊外に立地し、家族向けのメニューが中心という違いがある。 さらに、す [全文を読む]

店舗数減少の「東京チカラめし」 再編背景を運営会社が解説

NEWSポストセブン / 2014年03月02日07時00分

吉野家の「牛すき鍋膳」、なか卯の「牛すき丼」、すき家の「牛すき鍋定食」──。いま牛丼業界では、メニューに「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。さらにここにきて、瞬く間に勢力を広げて牛丼業界に衝撃を与えていた『東京チカラめし』に、急ブレーキがかかっていることも、“牛丼依存見直し”の遠因になったとされている。 『東京チカラめし』は、個室式居酒屋の『東方見 [全文を読む]

フォーカス