すき家 なか卯に関するニュース

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

続いて業界3位の「すき家」が牛丼を280円。そして創業100年以上を誇る業界トップ、「吉野家」は期間限定でなんと250円。さらに「なか卯」、「牛丼太郎」も追随し、2004年2月にBSE問題が起こり、牛丼が全国から消えるまで、仁義なき値下げ競争が行なわれた。 この牛丼戦争から一歩抜きんでたのがすき家だ。すき家を運営するゼンショーは、かつて吉野家で働いていた小 [全文を読む]

5つの視点で比較する「牛丼御三家」 平均年収、店舗数……

ZUU online / 2017年08月03日17時50分

そこで、「すき家」「吉野家」「松屋」の各社をさまざまな角度から比較してみる。■(1)売上高:ゼンショー(すき家)に軍配すき家を運営するゼンショー 、吉野家 、松屋の松屋フーズ それぞれの経営状況の数字について、ゼンショーと松屋フーズは2017年3月期連結決算、吉野家は17年2月期連結決算からそれぞれ比較してみると、下記の通り。【会社:売上高/営業利益/純利 [全文を読む]

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

吉野家、松屋、サンボ、すき家、牛丼太郎(現:丼太郎)、東京チカラめし、あらゆる牛丼屋が日本に存在するが、なか卯の存在を忘れてはならない。1969年にうどん屋としてオープンし、1974年に牛丼屋もオープン。その後店舗を拡大し、日本各地で愛される人気店となった。 良心的かつ激ウマ店 牛丼というと吉野家や松屋といった多店舗チェーンが頭に浮かぶが、なか卯のメニュー [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

11月17日より1080円の『黒毛和牛弁当』を販売しているのは、大手牛丼チェーンの「すき家」だ。 来年1月ごろまでの期間限定で、1店あたり1日20食程度と数量も決まっているとはいえ、消費者からは〈普通の牛丼より脂身が少ない割に肉は柔らかく、値段通りの高級感が味わえた〉との感想が聞かれた。 すき家のライバル、「吉野家」も、すでに国会議事堂店と羽田空港国際タ [全文を読む]

なか卯の「牛すき丼」 割安感あり和風牛丼を超える売れ行き

NEWSポストセブン / 2014年02月24日11時00分

歴史は業界1位の『すき家』よりも古く、これまで『なか卯』の丼メニュー販売の3割を占めていた主力商品だった。 そんな“目玉”を捨ててまで、今回、「牛すき丼」の導入に踏み切ったのだ。いったい何が起きているのか──。まずは、試食してみるしかない。 名前の通り、すき焼き風の具材がご飯の上一面に敷き詰められている。メインは、従来の「和風牛丼」で使われていたものよりも [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年 [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

すき家やなか卯などとの牛丼低価格戦争、焼牛丼という新たなジャンルで切り込んできた東京チカラめしとの争いに自ら終止符を打ったかたちだ。吉野家の好調ぶりを見て、売り上げ不振が著しい東京チカラめし以外の競合他社はさっそく動き始めた。 前出の大手牛丼チェーン各社が苦しんでいた低価格戦争。どの企業もやめたい気持ちを持ちながら、競合他社の値下げに追随して値下げを繰り返 [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「豚肉」にあるようです。 松屋フーズの株価が急騰しているワケ 佐藤昌司です。牛丼店「松屋」などを運営する松屋フーズの株価が高騰しています。3月17日の終値は4,555円です(本稿執筆時)。昨年3月は概ね2,800円台で推移 [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

牛丼店が牛丼離れする背景 値下げの過熱で業界全体が限界に

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

吉野家の「牛すき鍋膳」、なか卯の「牛すき丼」、すき家の「牛すき鍋定食」──いま牛丼業界では、メニューに「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。業界が脱・牛丼を図った背景には、様々な事情がある。まずは、牛丼の「値下げ競争」が限界を迎えたことだ。 2000年以降、度重なる値下げ競争を繰り広げてきた牛丼業界。2009年12月には、『すき家』が「280円牛丼」 [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

現在、「吉野家」と「松屋」の280円(並盛り)が標準価格になっているが、「すき家」が12月20日から期間限定で240円に値下げすると発表したことで、業界内に激震が走っている。 「240円という最安値は、もはや他社が追随できないギリギリの価格。牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作戦を取ったのだろうが、逆に牛丼1杯の値段はその程度のレベルだと売る側が [全文を読む]

「吉野家・すき家・なか卯・てんや」“1人ちょい飲み”にオススメなのは?

女子SPA! / 2017年08月12日08時45分

すき家(呑みすきセットA 焼き鳥セット560円) 「呑みすきセット」は4種類ほどありますが、今回は一番安い焼き鳥セットにチャレンジしました。 スーパードライの小瓶が可愛すぎて(褒めてない)、ソッコー飲み干すレベルでしたが、牛丼はあんなに素早いのにセットのおつまみにはなかなか店員さんは苦戦しているようでした。いかんせん、遅かった。⇒【写真】はコチラ htt [全文を読む]

なか卯、吉野家、すき家 牛丼依存脱却で好調ぶりをアピール

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

そのニーズに応えられたことを、評価していただいた結果だと思っています」 『すき家』も追撃する。2月14日から、「牛すき鍋定食」など、鍋定食3商品の販売を開始した。値段もセット内容も『吉野家』と同じで、580円(並)。一見、『吉野家』の二番煎じ的な戦略にも見えてしまうが、『なか卯』・『すき家』を展開する、「ゼンショーホールディングス(HD)」広報室の廣谷直也 [全文を読む]

牛丼業界、値下げ競争で疲弊~「すき家」のゼンショー、なぜ食品スーパー積極買収に活路?

Business Journal / 2014年01月04日01時00分

牛丼チェーン最大手の「すき家」を運営するゼンショーホールディングス(HD)が、スーパーの買収に積極的だ。昨年11月1日、栃木県足利市を中心にヤマグチスーパーを展開する山口本店(足利市)を買収した。食品スーパー8店舗を経営し、2013年2月期の売上高は46億円。買収価格は3億6500万円。昨年10月にマルエイ(千葉県市原市)を傘下に収めており、これで食品スー [全文を読む]

~牛丼チェーンの5000人アンケート~ よく行く牛丼チェーンは1位すき家、2位吉野家、3位松屋! 一方、牛丼チェーンに行かない人は女性50%、男性25%!

PR TIMES / 2013年07月24日17時31分

◆男性に人気の「吉野家」、男女ともに選ばれる「すき家」、一方「行かない」人は41% よく行く牛丼チェーンについて聞いたところ、1位「すき家」37%、2位「吉野家」35%、3位「松屋」19%となり、「行かない」も41%を占めました。男女別にみると、女性は、1位「すき家」34%、2位「吉野家」27%、3位「松屋」13%となり、「行かない」も50%となりましたが [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

【安部】店舗数はすき家のほうが多い。ブランドとはそういうものです。 【弘兼】実は僕と吉野家との付き合いは非常に長い。勤めていた松下電器(現・パナソニック)をやめて、フリーになった頃、新橋のガード下にあったデザインスタジオでテレビコマーシャルの絵コンテを描くバイトをしていました。そのとき、仕事終わりにいつも、新橋の吉野家で牛丼を食べて帰っていました。197 [全文を読む]

すき家のスーパー買収「目指すのは外食のユニクロ化」と識者

NEWSポストセブン / 2013年10月22日07時00分

大手牛丼チェーンの「すき家」である。 すき家を展開するゼンショーホールディングス(HD)は、一大外食企業として業態の多角化に余念がない。「なか卯」(牛丼&うどん)、「ココス」(ファミレス)、「ビッグボーイ」(ハンバーグ)、「華屋与兵衛」(和食)、「はま寿司」(回転寿司)、「モリバコーヒー」(コーヒー)……。これらすべてがゼンショーグループと聞けば、改めて驚 [全文を読む]

牛丼第3極狙う「東京チカラめし」は値下げより炒飯で勝負か

NEWSポストセブン / 2012年12月04日07時00分

「値引きキャンペーンを仕掛けるのはいつも新興勢力の『すき家』と『松屋』で、老舗の『吉野家』は『ウチはいたちごっこには加わらない』と静観する立場だったのに、今年は逆の展開になった。でも、牛丼を300円未満で食べるのに慣れ切った消費者にとっては、10円や20円の違いでは響かない。品質保持と企業体力からいっても250円は限界を超えている」(業界関係者) 捨て身の [全文を読む]

【衝撃】吉野家が革命的な牛丼を発売! その名も「サラシア牛丼」を食べてみた

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年07月18日06時00分

松屋、なか卯、サンボ、すき家など、人気の牛丼屋が多数出現しても、「やっぱり牛丼は吉野家だよな!」と絶賛する人が消えることはない。松屋マニアでさえ「松屋は大好きだけど、牛丼だけは吉野家に敵わない。味噌汁だけは松屋の勝利だが」と言っているほどである。 サラシア牛丼きたああああ! そんな吉野家が、満を持して新たな革命的牛丼を発売! その名も「サラシア牛丼」である [全文を読む]

フォーカス