注文 なか卯に関するニュース

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

封印を解いて感動 注文から3~4分でできあがったローストビーフ重。しっかりと高級感ある器に入れられており、「なか卯」と書かれたフタで封じられている。 この封印、解いた瞬間に衝撃を受けたのは言うまでもない。 無心になって食いまくった ライスが見えないほどギッシリと敷き詰められたローストビーフ! まさにローストビーフ! これぞローストビーフ! 上から見てもロ [全文を読む]

【極上】生うに丼が890円なのに激ウマすぎて笑った! なか卯に食べに行ってみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月02日06時00分

ダメ押しでたっぷりとイクラ 注文から約5分ほどで、生うに丼が登場。そこには、ガッツリと金色(?)に輝くうにが盛られており、ダメ押しでたっぷりとイクラがぶっかけられていた。 えっ!? 量だけ見ても890円のレベルではない気が……。食べる前だが、見た目だけ評価するなら1000円してもおかしくない量と美しさ。 何から何まで完璧に近い なにより驚かされたのが、見 [全文を読む]

なか卯の「牛すき丼」 割安感あり和風牛丼を超える売れ行き

NEWSポストセブン / 2014年02月24日11時00分

「これまで『親子丼』(490円)や『カツ丼』(590円)を食べていた常連客からの注文が多いですね。丼物としての割安感があるのではないでしょうか」(都内の『なか卯』店員) なぜ“脱・牛丼”を図ったのだろうか。『なか卯』・『すき家』を展開する、「ゼンショーホールディングス(HD)」広報室の廣谷直也氏が語る。 「創業40年を迎え、業態の見直しをしました。初心に [全文を読む]

【衝撃】吉野家が革命的な牛丼を発売! その名も「サラシア牛丼」を食べてみた

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年07月18日06時00分

正直、よほどヘルシー志向じゃないと注文しないんじゃないかと不安になる価格。 味は同じだと吉野家が告知 だが、店内で客を観察してみたところ、けっこうな数の客がサラシア牛丼を注文していた。もしかして、新しい美味しい牛丼と勘違いしているんじゃあないか!? なぜなら、サラシア牛丼は普通の牛丼と同じ味だからである。あくまでヘルシー成分のサラシアが入っているだけで、味 [全文を読む]

「ソードアート・オンライン」×「なか卯」、アスナの店内放送も

Walkerplus / 2017年02月03日17時03分

今回のキャンペーンでは、期間中になか卯の全店舗で対象商品を注文すると描き下ろしのオリジナルカードがプレゼントされる。第1弾は2月8日(水)の11時から2月21日(火)まで、第2弾が2月22日(水)の11時から3月14日(火)までとなっている。 ともに、レアカードを含む全6種。第1弾と第2弾でカードの絵柄は変更される。 また、期間中にキャンペーンサイトから [全文を読む]

ふわとろ卵でカキフライを包んだ「牡蠣とじ丼」、なか卯に!広島産カキを使った期待の新作

えん食べ / 2016年10月05日06時30分

注文が入ってから揚げることで、衣のサクサクとした食感と磯の香り、じわじわと口に広がるうまみが楽しめるとか。 あわせて、ご飯、みそ汁、小鉢などが別で付く「カキフライ定食」(税込890円)も用意される(一部の店舗をのぞく)。こちらは持ち帰り不可。 [全文を読む]

ポイントは語呂合わせ? 意外と知らない飲食チェーンのサービスデー

週プレNEWS / 2015年09月07日06時00分

特典は毎回違うが、過去には「特撰ヒレステーキ」(ドリンクバー付き)で1575円など 【オリジン弁当】(毎月19日)毎月19日の「食育の日」にちなんで、惣菜・サラダがセール価格に 【ケンタッキーフライドチキン】(毎月28日)「に(2)わ(8)とりの日」で、オリジナルチキンとクリスピーのセット1450円を1000円に 【松屋】毎月28日「まつ(2)や(8)の日 [全文を読む]

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

こちらでは、定食を注文しました。 松屋には各種定食に“Wサイズ”があり、定食に付く肉が倍になることで、値段が800円台~900円台になります。つまり、1000円程度のメニューは既にあるというわけですね。 それらWサイズ定食がオススメなのはもちろんですが、今回は“シングル”でサイドメニューやトッピングメニューと合わせてみました。 メニューは、「牛焼肉定食+ラ [全文を読む]

吉野家の“吉呑み”と全面バトル? 「なか卯」の居酒屋新業態「呑み卯」の実力とは!

週プレNEWS / 2014年12月11日06時00分

まずは生ビールと「甘辛軟骨煮」(300円)、「牛すき皿」(300円)を注文。気になる味だが、なかなか本格的でお酒が進みそう。安さを考えれば、間違いなく“アリ”だ。 それにしても、なぜなか卯が居酒屋を? 営業推進部部長、須田壮一氏に聞いた。 「ランチタイムに比べ集客力が弱まるディナータイムを充実させる一案として、ニーズが高まっている“ちょい飲み”の営業を試 [全文を読む]

なか卯、吉野家、すき家 牛丼依存脱却で好調ぶりをアピール

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

加えて注文すると、店員から「少しお時間をいただきます」と一言添えられた。これまでの『吉野家』ではなかった言葉だ。待つこと5分、固形燃料を使った卓上コンロで、グツグツ煮え立つ鍋が運ばれてきた。 山盛りになった「牛丼」よりやや厚めの肉、そして味の染み込んだ豆腐、白菜、白ネギ、玉葱、平打ち麺が入っている。これにご飯、生卵、漬物がセットで付いてくる。口にした瞬間「 [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

すき家のライバル、「吉野家」も、すでに国会議事堂店と羽田空港国際ターミナルビル店の店舗限定で1240円の『牛重』を出して、普段あまり牛丼を食べないシニア層の注文を伸ばしている。 デフレ回帰、輸入牛肉の価格低下といった経営環境を考えれば、牛丼チェーンは再び“低価格競争”に突入してもおかしくないのだが、いまは様子見といったところ。一体なぜなのか。外食ジャーナ [全文を読む]

【贅沢】うどん、中華、かつ…チェーン店で1000円分食べると楽しく美味しい!

しらべぇ / 2015年01月10日21時00分

そんな丸亀製麺で約1000円分注文すると… メニューは、「おろし醤油うどん」(340円)、「えび天」(140円)、「いか天」(110円)、「明太子おむすび」(130円)、「知床いくらおむすび」(200円、期間限定メニュー)で、計920円です。 うどん、天ぷら、おむすびと、誰もが好きなメニュー3種をこの金額で存分に楽しめるとは、素晴らしいですね、丸亀製麺! [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

「吉野家がゆっくり食べられるメニューを出しているのは、会社帰りのサラリーマンの“チョイ飲み需要”も狙い、ビールを注文してもらって客単価を上げようという戦略がミエミエです。 例えば、中華食堂の『日高屋』はキリンの生ビールを安価で提供し、客はまず餃子をつまみに生ビールを1杯、それから食事をする人が増えたために客単価が上がって業績は絶好調。吉野家もそれと同じよ [全文を読む]

フォーカス