値段 なか卯に関するニュース

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

結論! 高額なローストビーフ重だが、その値段以上の感動が得られるメニューであることは間違いない。食うしかない! ■執筆・監修:Mr. Fox 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_ [全文を読む]

【極上】生うに丼が890円なのに激ウマすぎて笑った! なか卯に食べに行ってみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月02日06時00分

損したと思わせない価格、値段以上のうにとイクラの量、満足度の高いハイクオリティな味、そのすべてを達成し、客を「満足感あふれる心境」へと誘っているのだ。 ミニと並が用意されている 実際になか卯に食べに行ってみた。生うに丼の量はミニ(590円)と並(890円)が用意されていた。食券機で食券を購入し、店員に渡す。 ちなみに、なか卯で大人気だったローストビーフ重 [全文を読む]

味やコスパは?なか卯「生うに丼」・丼丸「うにいくら丼」食べ比べ

しらべぇ / 2016年11月09日17時30分

わずかに苦みが気になるが、値段と気軽さを考えれば充分に美味しいレベル。平日ランチタイムであれば、990円で小うどんか豚汁のセットにできるので、それを選ぶことをお勧めしたい。男性だと、丼ぶりだけではちょっと量が物足りない人もいるはず。うにの苦みも緩和されるので、セットで食べたほうがおいしくいただけるだろう。残念なのは、生うに丼のお持ち帰りがNGな点。具やガリ [全文を読む]

なか卯の「牛すき丼」 割安感あり和風牛丼を超える売れ行き

NEWSポストセブン / 2014年02月24日11時00分

値段は350円(並)。これまで290円だった「和風牛丼」よりも高くなった。しかし、現在は「和風牛丼」を超える売れ行きを見せているという。 「これまで『親子丼』(490円)や『カツ丼』(590円)を食べていた常連客からの注文が多いですね。丼物としての割安感があるのではないでしょうか」(都内の『なか卯』店員) なぜ“脱・牛丼”を図ったのだろうか。『なか卯』・ [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年 [全文を読む]

【検証】なか卯の「親子丼」が発売23年で初リニューアル! 新旧の親子丼を食べ比べてみた!!

ロケットニュース24 / 2017年07月27日14時04分

新親子丼は一体何が違うのか? さっそく、新旧の親子丼を食べ比べてみることにした! ・旧バージョンゲット 2017年7月27日11時から490円という値段はそのままに、鶏肉が25パーセント増量されるという親子丼。当然、リニューアル後に旧バージョンは購入できないため、まずは、当日の10時になか卯で旧バージョンを購入した。 その後、11時すぎに再びなか卯に行き、 [全文を読む]

【朗報】なか卯の「親子丼」がリニューアル!お値段そのまま鶏肉25%増量でよりお得に

えん食べ / 2017年07月26日09時00分

全サイズ値段はそのまま鶏肉が25%増量され、“どこをとっても鶏肉”のボリュームにパワーアップした。 鶏肉の量が増えたこと以外は何も変わらない。ふわっとろのたまごに、柔らかくも弾力のある鶏肉。ダシの効いた割り下のほどよい甘辛さで止まらなくなる味わいはそのまま。近年まれにみる、ただただお得なリニューアルとなっている。なか卯担当者によると、より多くの人に親子丼を [全文を読む]

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

松屋には各種定食に“Wサイズ”があり、定食に付く肉が倍になることで、値段が800円台~900円台になります。つまり、1000円程度のメニューは既にあるというわけですね。 それらWサイズ定食がオススメなのはもちろんですが、今回は“シングル”でサイドメニューやトッピングメニューと合わせてみました。 メニューは、「牛焼肉定食+ライス大盛り」(590円+60円) [全文を読む]

牛丼店が牛丼離れする背景 値下げの過熱で業界全体が限界に

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

客はすぐにその値段に慣れてしまい、目新しさを失ってしまう。 一方で店側は、一度下げてしまった値段は、なかなか上げることができない。そこへ昨今の食材価格高騰が追い討ちをかけ、結局、自分たちの首を絞めてしまう結果に繋がった。 直近の決算では各社とも赤字に転落。唯一、『松屋』を展開する「松屋フーズ」だけが増収だったが、主因は出店抑制のコスト削減によるものだった。 [全文を読む]

「吉野家・すき家・なか卯・てんや」“1人ちょい飲み”にオススメなのは?

女子SPA! / 2017年08月12日08時45分

瓶ビールは410円、生ビール350円、お茶割り系300円と、お酒のお値段は普通またはお手頃ぐらいの価格です。 吉呑みだけで食べられる牛すいうどんをオーダーしましたが、たまたま仕込みが間に合わなかったようで、残念ながら頂けませんでした。気を取り直して、紅生姜天150円と煮玉子100円をアテに、緑茶割りを頂きました。計550円。⇒【写真】はコチラ https: [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

来年1月ごろまでの期間限定で、1店あたり1日20食程度と数量も決まっているとはいえ、消費者からは〈普通の牛丼より脂身が少ない割に肉は柔らかく、値段通りの高級感が味わえた〉との感想が聞かれた。 すき家のライバル、「吉野家」も、すでに国会議事堂店と羽田空港国際ターミナルビル店の店舗限定で1240円の『牛重』を出して、普段あまり牛丼を食べないシニア層の注文を伸 [全文を読む]

なか卯、吉野家、すき家 牛丼依存脱却で好調ぶりをアピール

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

値段もセット内容も『吉野家』と同じで、580円(並)。一見、『吉野家』の二番煎じ的な戦略にも見えてしまうが、『なか卯』・『すき家』を展開する、「ゼンショーホールディングス(HD)」広報室の廣谷直也氏は、“元祖”を主張する。 「もともと弊社の屋号の由来は『すき焼き』で、創業の翌年から『すき焼き定食』を販売していました。その後、このメニューは中止と復活を繰り返 [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作戦を取ったのだろうが、逆に牛丼1杯の値段はその程度のレベルだと売る側が認めてしまったようなもの」 こう話すのは、ファストフード業界のコンサルタント。確かに、すき家を展開するゼンショーホールディングスの台所事情をみると、「なか卯」を含めた牛丼店の客数減に歯止めがかからず、2014年3月期には「はま寿司」など寿司部 [全文を読む]

フォーカス