価格 なか卯に関するニュース

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

1,190円のメニュー そんな人気のなか卯だが、現在販売している「ローストビーフ重」が衝撃的な価格で大きな注目を集めている。なんと、特盛サイズの単品価格が1,190円なのである! 常に食べられるメニュー かつてなか卯では、期間限定メニューの「特うな重」単品が1,190円で発売されていたが、今回のメニューは期間限定ではなく常に食べられるメニュー。食べたいと [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

主要食材の米国産牛肉の仕入れ価格が低下したことなどにより、原価率が前年同期より1.7ポイント改善したことが増益に貢献しました。 ところで、牛丼の近年の仕入原価は安定しないという特徴があります。牛丼に使われる肉は主に米国産の牛バラ肉(ショートプレート)が使われるのですが、近年の輸入価格は大きく変動しています。 農畜産業振興機構の調査によると、米国産ショートプ [全文を読む]

【極上】生うに丼が890円なのに激ウマすぎて笑った! なか卯に食べに行ってみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月02日06時00分

「満足感あふれる心境」へと誘う 今回、なか卯が開発した生うに丼は890円という価格ながら、本格的な居酒屋や海鮮丼屋で1000円以上してもおかしくないレベルに仕上げ、客を満足させている。 損したと思わせない価格、値段以上のうにとイクラの量、満足度の高いハイクオリティな味、そのすべてを達成し、客を「満足感あふれる心境」へと誘っているのだ。 ミニと並が用意され [全文を読む]

第4弾は「黒毛和牛重」、なか卯がプレミアム重シリーズを続ける理由

マイナビニュース / 2017年09月14日17時08分

価格は並が税込790円、大盛が同850円。テスト販売が非常に好調なことから、当初の販売予定を前倒しており、なか卯は大きな期待を寄せる。 黒毛和牛重は、国内の牛肉と、甘みとまろやかなコクが特徴となる黒みりんを使用した一品。商品には「こだわり温たま」が付き、たまごと絡めて食べることで、すき焼きのような味わいを楽しむことができる。 黒毛和牛重の前評判は高い。なか [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年3月期連結決算の売上高は、前期に比べて8.8%増の4544億 [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

●牛丼低価格戦争の終焉 昨年後半から「牛すき鍋膳」(並盛580円)を中心とした高価格帯商品を販売し、業績や株価が回復基調にある吉野家。すき家やなか卯などとの牛丼低価格戦争、焼牛丼という新たなジャンルで切り込んできた東京チカラめしとの争いに自ら終止符を打ったかたちだ。吉野家の好調ぶりを見て、売り上げ不振が著しい東京チカラめし以外の競合他社はさっそく動き始めた [全文を読む]

【朗報】なか卯の「親子丼」がリニューアル!お値段そのまま鶏肉25%増量でよりお得に

えん食べ / 2017年07月26日09時00分

価格は並サイズ税込490円(リニューアル前と同じ)。 1994年に発売されて以来の人気メニューがリニューアル。全サイズ値段はそのまま鶏肉が25%増量され、“どこをとっても鶏肉”のボリュームにパワーアップした。 鶏肉の量が増えたこと以外は何も変わらない。ふわっとろのたまごに、柔らかくも弾力のある鶏肉。ダシの効いた割り下のほどよい甘辛さで止まらなくなる味わいは [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

ネット上では、〈魚介類を使ったダシで牛丼の甘みが増し、クセになりそう〉との声があがるなど評判は上々だが、本家の牛丼専門店では、定番メニューの脇で1000円を超える高価格商品にも力を入れ、新たな顧客ニーズを満たそうという動きが広がっている。 11月17日より1080円の『黒毛和牛弁当』を販売しているのは、大手牛丼チェーンの「すき家」だ。 来年1月ごろまでの [全文を読む]

なか卯の新作「ローストビーフ重」がコスパ高すぎ!しっとりジューシーなお肉がメチャうま

えん食べ / 2016年09月08日15時30分

価格はミニ490円、並790円、特盛1,190円、いずれも税込。テイクアウトも可能です。 これは、牛肉を「真空調理」し、低温でじっくりと加熱することでしっとりやわらかく仕上げた“本格ローストビーフ”をご飯の上に贅沢に盛り付けた新メニュー。お重に入って提供されます。 お肉にとろりとかけてあるのは、醤油、みりん、日本酒などを合わせ、コショウをきかせたオリジナル [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

第一位は「牛丼価格乱高下。来るか!? 一杯500円時代!!」。 牛丼店の周辺は今年、とりわけにぎやかでした。2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム [全文を読む]

牛丼第3極狙う「東京チカラめし」は値下げより炒飯で勝負か

NEWSポストセブン / 2012年12月04日07時00分

これまで激しい値下げ競争で顧客の奪い合いをしてきた牛丼業界だが、低価格路線もついに行き着くところまできた。3強の一角である「吉野家」が業界最安値となる“牛丼並盛り(常時)250円”の戦略店「築地吉野家 極(きわみ)」を急激に増やそうとしているからだ。「値引きキャンペーンを仕掛けるのはいつも新興勢力の『すき家』と『松屋』で、老舗の『吉野家』は『ウチはいたちご [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

CMで芸能人が一家を演じる「牛丼家族」そのままに、すき家は家族層へ向けたマーケティングやトッピングの豊富さ、ミニからメガまで選べる選択肢の広さ、そして牛丼再発売後にも圧倒的な低価格化を実現させ、店舗数を爆発的に増やしていく。2004年度の決算では、連結売上高でゼンショーが初めて吉野家を抜き、業界トップに立った。 その背景にあるのが積極的なM&Aである。2 [全文を読む]

「吉野家・すき家・なか卯・てんや」“1人ちょい飲み”にオススメなのは?

女子SPA! / 2017年08月12日08時45分

瓶ビールは410円、生ビール350円、お茶割り系300円と、お酒のお値段は普通またはお手頃ぐらいの価格です。 吉呑みだけで食べられる牛すいうどんをオーダーしましたが、たまたま仕込みが間に合わなかったようで、残念ながら頂けませんでした。気を取り直して、紅生姜天150円と煮玉子100円をアテに、緑茶割りを頂きました。計550円。⇒【写真】はコチラ https: [全文を読む]

なか卯に親子丼×うなぎの最強メニュー!「うな玉親子重」がおいしそう

えん食べ / 2017年07月25日09時00分

並サイズのみ、価格は990円(税込)。 なか卯人気の親子丼とうな重を組み合わせたボリュームメニュー。うなぎはじっくりと焼いて蒸し上げ、こだわりのタレでつけ焼きを繰り返すこと3回。香ばしくふっくらとした食感に仕上げられているそう。ふわふわとろとろ食感の親子丼と盛り合わせられ、うな重・親子丼・合わせ食べの3通りが楽しめるのだとか。 このほか「うな重」(並790 [全文を読む]

【衝撃】吉野家が革命的な牛丼を発売! その名も「サラシア牛丼」を食べてみた

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年07月18日06時00分

普通の牛丼との差は100円! サラシア牛丼は税込み価格で480円! 普通の牛丼は380円! その差は100円! われわれ一般庶民にとって100円はかなり大きな金額。正直、よほどヘルシー志向じゃないと注文しないんじゃないかと不安になる価格。 味は同じだと吉野家が告知 だが、店内で客を観察してみたところ、けっこうな数の客がサラシア牛丼を注文していた。もしかし [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

肉の品質低下、価格の値上げ、過剰出店による赤字店の増加です。店舗が増え、米国産の牛肉が不足し価格が高騰してしまった。そして値上げをして、一部にフリーズドライという研究中の、いわば乾燥冷凍加工肉を使うようになった。それで味が落ちて、それまでのお客様が離れてしまったのです。 【弘兼】吉野家のキャッチフレーズである、「うまい」「やすい」「はやい」のうち、先の2つ [全文を読む]

ピリ辛の胡麻だれで味わう「5種野菜の冷やし担々うどん」、なか卯に--ゆず胡椒が隠し味!

えん食べ / 2017年04月22日19時00分

価格は並590円(税込)。テイクアウトも可能。 これは、なか卯の定番人気メニュー「冷やし担々うどん」に、5種の野菜(紅芯大根、きゅうり、ニンジン、青ねぎ、大根)をたっぷりのせたもの。特製の肉みそと、ゆず胡椒の隠し味がさわやかな“ピリ辛”の特製胡麻だれで仕上げられている。 [全文を読む]

脂がのった国産ぶりを、こってり漬けタレで味わう「鰤丼」がなか卯に--おろし生姜でさっぱりと!

えん食べ / 2017年01月12日12時00分

価格は並790円、ミニ490円、いずれも税込。 これは、ホカホカのご飯の上に、特製の漬けタレで仕上げた鰤の切り身をたっぷりと敷き詰めた漬け丼。漬けタレは醤油をベースに黒みりんを加え、まろやかさと甘さ、とろみがプラスされているそう。 脂がのった国産ぶりと、漬けタレのこってりとしたコクのある味わいでご飯がすすむとか。お好みで、別添えのおろし生姜を添えて。 [全文を読む]

本ずわい蟹のほぐし身を卵でとじた「カニとじ丼」、なか卯に!紅ズワイカニのむき身も2本入り

えん食べ / 2016年12月06日08時30分

価格は690円(税込)。 このメニューは、10月に発売された「牡蠣とじ丼」に続く『プレミアム卵とじ丼』シリーズの第2弾。カニ味噌を使った特製のタレに本ずわい蟹のほぐし身を加え、卵でとじることで、カニのうまみと風味を閉じ込めてある。 さらに紅ズワイカニの脚もむき身で2本入っており、しっとりとしたカニ肉の食感が楽しめるそうだ。 [全文を読む]

ふわとろ卵でカキフライを包んだ「牡蠣とじ丼」、なか卯に!広島産カキを使った期待の新作

えん食べ / 2016年10月05日06時30分

並サイズのみ、価格は690円(税込)。持ち帰りも可能。 これは、なか卯の『卵とじ丼』シリーズの新商品。大粒の広島県産カキフライ3個に和風だしを合わせ、卵でとじて“ふわとろ”に仕上げてあるそう。 牡蠣は産卵期を終え、うまみを蓄えた“一番おいしい時期”に水揚げされたものを使用。注文が入ってから揚げることで、衣のサクサクとした食感と磯の香り、じわじわと口に広がる [全文を読む]

フォーカス