2軍 斎藤佑樹に関するニュース

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

【2013年】1試合0勝1敗 防御率13.50 【2014年】6試合2勝1敗 防御率4.85 3年目の2013年、右肩痛の影響で2軍スタートになると、ボロボロの状態に。2013年は大谷翔平がデビューした年でもあり、一気にスターが入れ替わった印象もある。 ちなみにこの年のはじめ、当時ロッテのグライシンガーが「大谷? ハンカチーフガイと同じでマスコミが騒いで [全文を読む]

「あるぞ!松坂大輔VS斎藤佑樹」甲子園を沸かせた「伝説」がパ・リーグの優勝を懸けて激突!注目の対決実現の「日取り」

Business Journal / 2016年09月08日10時00分

直近は7月28日の西武戦で先発も3回2/3で3四球、6安打5失点と炎上して2軍行きを命じられていた。 しかし、ここにきてクローザーとして21試合連続無失点中だったマーティンが左足首を捻挫。シーズン絶望の可能性もあり、その影響もあって日本ハム投手陣はスクランブル状態。最近の試合では、安定していた中継ぎ陣が打ち込まれることも増えてきた。 従って、斎藤の出番はあ [全文を読む]

4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ

アサ芸プラス / 2016年12月01日09時58分

「今季の斎藤は8月を2軍で暮らすなど、登板数はわずか11試合に留まりました。もはや名実ともに彼の立ち位置は2軍選手であり、実力面で見れば1軍契約の年俸はもらいすぎでしょう。他のチームでは3年前のドラフト1位投手が2軍最低年俸ギリギリの450万円でサインした例もあり、斎藤の厚遇ぶりが目立ちますね」 斎藤はここ3年間で勝ち星を2勝、1勝、ゼロと減らしており、来 [全文を読む]

日ハム・斎藤佑樹が女子アナと合コン?“夜遊び王子”へ向けられる冷視線

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日09時05分

1年目に1軍で6勝を挙げて以来、年々尻すぼみの結果に落ち込みがちで、1軍と2軍を行ったり来たりする日々が続いている。また、シーズンオフになると"絶口調"になってメディアを賑わせる"宣伝部長"になる有様だ。 それでも今月5日には今年初めての1軍昇格を果たし、2点先行された7回にさっそく登板。ランナーを背負って満塁になるも、ソフトバンクの本多雄一(31)を遊ゴ [全文を読む]

紅白戦でボコボコも……日ハム・斎藤佑樹投手が持つ「今年引退」でも大丈夫な“才能”とは

日刊サイゾー / 2016年02月17日00時00分

2013年からは2軍と1軍を行ったり来たり(ほとんど2軍のイメージだが)。1軍に上がればボコボコに打たれて降板という姿をもう何度となく見せられてきた。6年目の今年もその流れを払拭できないスタートに、ネット上では「もう引退しろよ」「監督もはっきり言ってやってくれ」「痛々しい」という声。これまで斎藤は「カイエン青山(テレビで青山のポルシェに心奪われた発言をし [全文を読む]

1軍初昇格の巨人・辻内 イジられ役だったから伸び悩んだ説

NEWSポストセブン / 2012年08月22日16時01分

入団7年目となる今年は2軍で7試合連続無失点を記録し、8月16日に初の1軍昇格を果たしたが、22日、登板機会がないまま2軍降格となった。 オリックスとの競合の末、抽選で当たりくじを引いた堀内恒雄前監督の“置き土産”とまで称されたスター候補はなぜ、ここまで伸び悩んでしまったのだろうか。野球担当記者が語る。 「辻内は、巨人の2軍でイジられ役だったんです。練習中 [全文を読む]

斎藤佑樹が楽天にボコられ大炎上!もう“過去の栄光”にしがみつくしかない!?

アサ芸プラス / 2017年02月22日17時59分

決め球がないので接戦での中継ぎでは余計に使いづらいですし、このままでは敗戦処理か、もしくは2軍行きが妥当だと思いますね」(前出・スポーツ紙記者) ファンの声も辛らつで、「『復活』って実績のある人に使う言葉」「もう辞め時だね」と散々だ。中には、斎藤がクビにならないためのアイデアを書き込むネット民もいる。「甲子園を沸かせたようにオリジナルのハンカチをマウンドで [全文を読む]

黒木瞳初映画監督「娘はどうなった」、斎藤佑樹が弱音、桂文枝不倫相手の本性……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月27日13時00分

記者B デビュー2年目、開幕投手で勝利して「今は持ってるではなく、背負ってます」、その後2軍に落ち、どんなに打ちこまれても「内野の間を抜ける当たりに関しては良しとしている」とか、独自の理論を展開してマスコミをにぎわせていましたが……。デスクY 俺の中では、なかなか1軍に上がれなかった時(今もだけど)の「一軍復帰の条件? それも曖昧。0点に抑えることだと思う [全文を読む]

黒木瞳初映画監督「娘はどうなった」、斎藤佑樹が弱音、桂文枝不倫相手の本性……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月26日13時00分

記者B デビュー2年目、開幕投手で勝利して「今は持ってるではなく、背負ってます」、その後2軍に落ち、どんなに打ちこまれても「内野の間を抜ける当たりに関しては良しとしている」とか、独自の理論を展開してマスコミをにぎわせていましたが……。デスクY 俺の中では、なかなか1軍に上がれなかった時(今もだけど)の「一軍復帰の条件? それも曖昧。0点に抑えることだと思う [全文を読む]

広瀬すず“芸能界のイチロー”賛辞にネット民が「それは違う」と一斉に反発

日刊サイゾー / 2016年03月02日00時00分

彼女はおかっぱしか似合わないようですね」(芸能ライター) 「持っている」のフレーズで思い浮かぶのは、年齢的に衰えの目立つイチローの他に、ハンカチ王子こと日本ハムの斎藤佑樹は2軍暮らし、ACミランに所属する本田圭佑も、最近こそ復調の気配が見えるものの、長くチームのお荷物と化していた。広瀬は映画のヒットという形で“持っている”ことを証明できるだろうか。 [全文を読む]

2年ぶり勝利の“ハンカチ王子”日本ハム・斎藤佑樹、今季引退・転職も考えていた……

日刊サイゾー / 2014年08月01日22時00分

故障や結果が出ない中での2軍暮らし。考えていたのは、やはり「転職」だったようだ。 「実は、斎藤が今オフにも引退するんじゃないかと、少し前までテレビ局関係者の間で話題だったんです。それもそのはず、斎藤はあらゆるメディアに知り合いがいる。そこで、もし引退するなら、キー局や大手広告代理店がこぞって“転職先”として名乗り出るという話があったんです。本人も、まったく [全文を読む]

「セ・リーグを背負ってほしい」ダルビッシュが“マエケン”前田健太に託した想い

日刊サイゾー / 2014年07月18日15時00分

ルーキーイヤーこそ2軍からの出発だったが、持ち前のコントロールのよさやストレートの伸びが評価され、2年目からエースナンバーである背番号18を託されると、1軍のローテーションピッチャーに昇格する。4年目となる10年には最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の投手3冠と共に、投手にとって最高の栄誉となる沢村賞を受賞し、その才能を一気に開花させたのだ。 そしてこの年、 [全文を読む]

中日ドアラ ナゴヤドーム移転時に「置いていくか」の声出た

NEWSポストセブン / 2013年09月29日07時00分

ところが2011年6月、スランプに陥ったドアラはバク転が「成功率.182」まで低下し、「チームの士気にかかわる」として2軍降格を通告された。「いい経験だと思ってしっかり調整したいと思います。何かしら得るものがあるのではないかと」と斎藤佑樹ばりのコメントで再起を誓ったドアラは、2週間後に見事、一軍復帰を果たした。 最近も、トレーニング中に左手中指を骨折し、医 [全文を読む]

日ハム・大谷が大人気 鎌ヶ谷商店街で「大谷盛り」パスタも

NEWSポストセブン / 2013年01月21日16時00分

13日には、日本ハムの2軍本拠地である千葉県の鎌ヶ谷スタジアムに約700人のファンが殺到した。 球場から寮までの道にも約300人のファンが殺到。練習後には、「自分も小さい頃にもらってうれしかったから」と40分以上かけての即席サイン会の大サービス。商店街でも、名前にちなんだ「大谷盛り」(大盛り)なるパスタが登場していた。 撮影■丹羽敏通 ※週刊ポスト2013 [全文を読む]

不調のソフト出身日ハム大嶋匠に「自業自得」とソフト関係者

NEWSポストセブン / 2012年06月28日07時00分

オープン戦では話題となったものの、現在は2軍選手。6月20日現在の成績は55打数8安打の打率.145と不調だ。 「変化球が全然打てない」との悩みを持ち、さらには守備(捕手)でも変化球の球種を予測することが難しい。まさに八方塞がりの状況なのだ。スポーツジャーナリストが語る。 「古巣のソフトボールに戻ろうにも、“将来の日本代表の4番として目をかけてやったのに野 [全文を読む]

フォーカス