事務所 川栄李奈に関するニュース

AKB内の収入格差をメンバーが暴露! 「川栄李奈は私の倍以上もらってる」

メンズサイゾー / 2014年07月22日15時30分

川栄によると、同じグループながらそれぞれ違うプロダクションに所属するという独自の形態から、「事務所からもらっているので(給料は)違う」というAKBメンバーの収入。しかし、この日番組に出演した3人は、同じ事務所に所属しており、小嶋は「金額は知らないけど、(3人の収入は)全然違います」と告白。“おバカキャラ”で一躍ブレイクし、『バイキング』(フジテレビ系)の [全文を読む]

『下北沢ダイハード』川栄李奈の参加の裏に「光石研のプッシュ」が?

しらべぇ / 2017年07月28日16時30分

オファーのために企画書と台本を彼女の事務所に送った時、他の役は本人役なのでそこにはもう『光石研』と書いてあったんですよね。そうしたら、なんと川栄さんが光石さんに『光石さん、あれ出るんですか?』と話を振ってくれたそうで(笑) 結果、光石さんが現場でプッシュして、説得してきてくれたという…まさかの主演自らヒロインをスカウトしてきてくれました(笑)」――主役自身 [全文を読む]

能年玲奈、女優復帰の道は広末涼子がお手本に? エキセントリックなイメージをどう活かすか

リアルサウンド / 2016年07月14日06時10分

能年は前事務所との契約が6月に終了して独立したものの、その後の芸能活動を危ぶむ報道が相次いでいた。今回の対談では「何かに囚われるよりも、面白いことをしようという風に気持ちを切り替えられるようになりました」と、前向きな姿勢を見せている。 参考:松井珠理奈と川栄李奈、女優としては正反対? 『死幣』共演でそれぞれの実力発揮なるか 7月15日には主演映画『ホットロ [全文を読む]

有村架純の姉・グラドル、危険すぎる野外撮影会 無許可で条例違反、ファンと直接連絡…

Business Journal / 2015年06月26日23時00分

ただ実はこれ、公園事務所に無許可だそうです。大阪市の公園で金銭の授受が発生する撮影会を開く場合、事前に申請しなければならないという条例上の規定がありますが、許可を取っていません。市側も目くじらを立てて怒ることはないでしょうが、無許可で撮影をやらされる新井も内心は複雑でしょう」(出版業界関係者) さらにこの撮影会では、新井本人がファンと直接連絡を取り合うとい [全文を読む]

AKB48出身者、女優として評価高まる背景ーー前田敦子、川栄李奈、島崎遥香らはどう躍進したか

リアルサウンド / 2016年07月05日11時17分

これは演じている本人もえらいのだが、こういう仕事にNGを出さない事務所の攻めの姿勢にも関心する。 さすがに激しい濡れ場や脱ぐ場面はテレビでは難しいだろうが、おそらくいい作品と出会う機会があれば、躊躇なく脱ぐのではないかと思う。2000年代にジャニ―ズ事務所のアイドルたちがテレビドラマに俳優として進出して高い評価を受けたのは、宮藤官九郎を筆頭とした先鋭的なク [全文を読む]

浜崎あゆみや川栄李奈も被害者?avexの宣伝手法に悪評噴出のワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日13時05分

ほんの半年までは“恋愛禁止”アイドルだった川栄のインタビュー記事とは思えません」(前出の関係者) インタビュー記事には当然、双方の事務所チェックが入る。それゆえ、業界関係者は「この内容は確信犯」と見ているのだ。 ある芸能関係者は、川栄の所属事務所に注目してこう分析する。 「川栄が所属する『エイベックス・ヴァンガード』も、浅香の『A-team』も、同じ業界最 [全文を読む]

結婚の絶対条件!? 妻夫木聡が掃除すべき「金銭問題」と「性的サービス」

日刊サイゾー / 2016年01月04日17時00分

ただ、妻夫木は所属事務所であるホリプロとの関係が良好でないといわれており、ファンクラブ閉鎖の理由はそっちにあるのではという声も多いんです。同事務所の小島瑠璃子が『収入が少ない』と暴露したように、ホリプロは『給料制』。事務所でもトップクラスの人気と実績を持つ彼なら、不満を持ってもおかしくないでしょう。マイコの母親が『妻夫木さんって、学歴もないし、収入もねえ… [全文を読む]

AKB48向井地美音&加藤玲奈、事務所移籍 高橋みなみ&小嶋陽菜が発表

モデルプレス / 2017年09月05日22時51分

【向井地美音・加藤玲奈/モデルプレス=9月5日】AKB48の向井地美音と加藤玲奈が、事務所を移籍することが分かった。元メンバーの高橋みなみ、小嶋陽菜が動画配信サービスにて5日よる10時より「AKB48事務所移籍メンバー発表SP」を配信し、発表。 2人がAKSより移籍するのは、高橋、小嶋らが所属する芸能事務所・プロダクション尾木のスタッフが新たに今年3月より [全文を読む]

AKB48メンバー“大量離脱”の背景と、からみ合う大手事務所の思惑とは

日刊サイゾー / 2016年03月29日13時00分

レコード会社ひとつを取っても、AKBはキングレコード、SKEはエイベックス、NMBは吉本興業系列、HKTはユニバーサルミュージックとバラバラですし、人気メンバーの所属事務所も太田プロや尾木プロ、バーニング系のサムデイなど別々。大手広告代理店や大手芸能プロダクションのケイダッシュの幹部も運営に絡むなど、もろもろの調整にいつも四苦八苦しています」 [全文を読む]

三船美佳・神田正輝、綾野剛、国生さゆり……なぜ“元日”に芸能スクープが集中するのか

おたぽる / 2016年01月12日12時00分

三船の“ファザコン”ぶりが露呈した形となったが、双方の事務所とも交際を否定している。 その他にもざっと挙げるだけでも、国生さゆりとメッセンジャー黒田破局危機(スポーツニッポン)、綾野剛と佐久間由衣熱愛(スポーツニッポン)、知念里奈と井上芳雄熱愛(デイリースポーツ)、田畑智子と岡田義徳の破局(ニッカンスポーツ)、NHK桑子真帆アナウンサーとフジテレビ谷岡慎一 [全文を読む]

2016年注目の若手女優 杉咲花、川栄李奈らの演技に期待集まる

NEWSポストセブン / 2016年01月02日07時00分

朝ドラ出演は前田敦子さんや大島優子さんも未経験で、AKB48卒業生初の快挙であり、所属事務所もAKBの運営会社AKSからエイベックス・ヴァンガードに移籍するなど、その可能性は広がる一方です。 「1000年に1人の逸材」「天使すぎるアイドル」と言われてから早2年。いよいよ橋本環奈さん(16歳)が女優業に本格参戦します。3月公開の『セーラー服と機関銃-卒業-』 [全文を読む]

元AKB48・川栄李奈“大出世“朝ドラデビューの裏側! “悪名高い“指原莉乃の二の舞回避か?

tocana / 2015年11月07日09時00分

だがその裏で、ある芸能事務所の関係者たちは、川栄の出世を悔しがっているという。「川栄はAKB48卒業にともない、AKSから沢尻エリカらが所属するエイベックス・ヴァンガードに移籍しました。AKBのメンバーは、最初のうちはAKSに所属し、その後はほかの事務所に移籍するというケースが多い。川栄の事務所移籍についても、2~3年前から各所で話題になっていたんですが、 [全文を読む]

封印された事務所役員の「AKB48盗撮事件」...マスコミだけでなく警察も隠蔽に協力か

リテラ / 2015年04月01日12時23分

それは、先週発売された「週刊文春」(文藝春秋)4月2日号がトップの扱いで報じた「AKB48盗撮事件 犯人は事務所〈元〉役員 15時間75本に及ぶ「動画」を入手」という記事。なんと、2005年からAKBの運営にかかわり、07〜10年にわたってAKBメンバーが多数在籍する芸能事務所「オフィス48」の取締役に就いていた人物・N氏(「文春」では実名)がAKBメン [全文を読む]

元AKB48・平嶋夏海、“夏肌”ムッチムチボディにファン興奮! “握手会タダ働き”発言で波紋?

おたぽる / 2017年09月15日09時00分

途中から衣装代ということで1日(放送では金額が伏せられた)円……』と語ると、平嶋は驚きの表情を浮かべ、『私は事務所に入ってて固定給だったんで。握手会が何日あっても(給料は)変わんないから、タダ働きの気持ち』と説明。これに対してネット上では、『いくらなんでも、それは可哀そう』と、同情や驚きの声が飛び交っていました。一方、当時を知るファンの間では、『握手会、苦 [全文を読む]

窪田正孝、新田真剣佑との“超至近距離”撮影で考えていたことは?憧れのきっかけ「カノ嘘」トークも<僕たちがやりましたインタビュー>

モデルプレス / 2017年08月29日20時07分

母の勧めでスターダストプロモーションのオーディションを受け事務所入りし、2006年4月にフジテレビ系深夜ドラマ「チェケラッチョ!! in TOKYO」で初主演を務める。2012年6月「平清盛」に平重盛役でNHK大河ドラマにも初出演。2014年上半期放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」の出演で知名度を上げ、その後もTBS系ドラマ「Nのために」や「アルジャ [全文を読む]

低視聴率記録の『僕たちがやりました』原因は若手俳優の知名度不足か

デイリーニュースオンライン / 2017年08月26日07時05分

事務所としては、活動の軸を朝ドラに置いているでしょうから、本作で永野に対するイメージを崩さぬように気をつけているだけなのかもしれません」(同・関係者) 清純なイメージを保つことはできても、「低視聴率」を朝ドラマで引き継ぐことは避けいたところだ。 文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌 [全文を読む]

「目標は柴咲コウ」の元AKB48・前田敦子、後輩の追い上げに焦り噴出!?「現場でマネジャーを叱責」も

日刊サイゾー / 2017年04月07日11時00分

「それもこれも、基本的にはAKB48時代の名残と、事務所の力が大きいですよ。現に、彼女が主演した映画やドラマは、軒並み惨敗しています。今回の映画も、ヒロインは北川景子さんですからね。この数年で、彼女をヒロインにしても数字が取れないことは、はっきりと証明されてしまいました」(ドラマスタッフ) 一方、同じくAKBのエースだった大島優子が出演したドラマ『東京タ [全文を読む]

ヒット曲も知らない……前田敦子、AKB48との“完全決別”も女優業不調で行き場ナシ!?

日刊サイゾー / 2017年02月05日12時00分

「今は本気で女優として活躍したいと思っているのか、“基本的にAKB48時代に関することは聞いてほしくない”と、事務所に言っているそうです。ただ、卒業したとはいえ、せめてヒット曲くらいは押さえておくのが普通だと思うんですけど……」(バラエティスタッフ) 1月16日に放送された『中居正広VS芸能人50人!世代別クイズバトル ジェネレーションチャンプ』に(テレビ [全文を読む]

佐々木希に「演技が上手くなってる」の声が続出...“ダイコン女優“から評価激変のワケ

メンズサイゾー / 2016年06月12日18時00分

「もともと佐々木さんはモデル志望で演技に興味がなく、女優として売り出したい事務所の方針に従っていただけだった。本人に熱意がなければ上達するわけがない。演技力も熱意もないのにメインキャストに抜擢されるので風当たりは厳しくなり、一時は女優業のストレスで深刻な肌荒れになったこともあったようです。しかし、昨年出演した映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』 [全文を読む]

SJ・キュヒョンの恋愛感「僕は、別れを引きずるタイプ」

anan NEWS / 2016年05月30日20時00分

写真・五十嵐隆裕(SIGNO) スタイリスト・野友健二(takahashi office) ヘア&メイク・松本 順(辻事務所) インタビュー、文・小泉咲子 [全文を読む]

フォーカス