人気 浜田省吾に関するニュース

浜田省吾ソロデビュー40周年記念を記念し歴代ツアーパンフレット22タイトルを電子書籍にて完全復刻!

PR TIMES / 2016年09月13日13時42分

世代や性別を超えて、今なお絶大な人気を誇り続ける彼の輝かしい足跡をあらためて振り返るべく、1983年から2015年までに行われたON THE ROADをはじめとする様々な公演のツアーパンフレット22タイトルを、半永久的に劣化しない電子書籍(デジタル・パンフレット)として現代に蘇らせます。 今回のアリーナツアーでしか手に入れることが出来ないこの「ダウンロード [全文を読む]

【プロ野球】球春到来を盛り上げる”野球をテーマ”にした往年の名曲

デイリーニュースオンライン / 2016年02月15日16時00分

現在でも高校野球の応援曲の定番として根強い人気を誇っている。 この曲を作詞した阿久悠は、映画化された小説「瀬戸内少年野球団」、夏の甲子園期間中にスポーツニッポン紙上で連載していた「甲子園の詩」、西武ライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た」の作詞など野球との縁が深い。 ■恋のナックルボール(大瀧詠一) 自身では「君は天然色」「幸せな結末」、楽曲提供で松田聖 [全文を読む]

歌手注力の和田アキ子は浜田省吾、サザンに続いて復活できる? 関係者「おそらく無理でしょう」

日刊サイゾー / 2015年09月27日09時00分

11月18日に7年ぶりにリリースするオリジナルアルバム『WADASOUL』(ユニバーサルミュージック)には、リードトラックとしてm-floのVERBALとのコラボ曲「THE MUSIC feat. VERBAL」や、第57回グラミー賞で4冠を達成した世界的人気歌手、サム・スミスのヒット曲「Stay With Me」のカバーを収録することを発表。9月17日に [全文を読む]

カラオケで男の株が上がる! OLたちがキュンキュンする曲とは…

週プレNEWS / 2017年04月07日15時00分

『週刊プレイボーイ』本誌の人気連載『帰ってきたOL萌え萌え倶楽部 VOL.334』。毎回、旬なお題にOLたちが答えてくれた大アンケートから厳選してお届けしております。 歓迎会の時期は、2次会でカラオケに行く機会も多いはず。ということでOLちゃんが異性に歌われたらキュンキュンする曲をご紹介! ●ひまわりの約束 秦基博さんは女子ウケが抜群にいいのですが、私はな [全文を読む]

日本を超え世界でも破竹の勢いを誇るONE OK ROCK。ファン待望、2日間だけのスペシャルなステージで繰り広げられる圧巻のパフォーマンスをWOWOWで放送!

PR TIMES / 2016年09月12日13時32分

そんな彼らが2014年の横浜スタジアム以来2年ぶりの単独ライブ会場として選んだ渚園は、これまでに浜田省吾(1988年)、B'z(1993年・2003年)、TUBE(1996年)、サザンオールスターズ(1998年)といった、人気・実力ともに傑出したアーティストのみが単独ライブを行なってきた会場。それは、現在のONE OK ROCKが前述のそうそうたる顔ぶれに [全文を読む]

ONE OK ROCK渚園ライブの模様を放送!

Smartザテレビジョン / 2016年09月12日12時49分

この場所はこれまでに、浜田省吾('88年)、B'z('93年・'03年)、TUBE('96年)、サザンオールスターズ('98年)といった、人気・実力ともに傑出したアーティストのみが単独ライブを行なってきたステージ。それは、現在のONE OK ROCKが前述のそうそうたる顔ぶれに匹敵するパワーを有していることを証明していると言える。 11月、この2日間だけの [全文を読む]

マキタスポーツ、「LIVE@マキタスポーツ」のスペシャルゲストに藤巻亮太、Creepy Nuts登場

okmusic UP's / 2016年07月31日16時00分

【その他の画像】藤巻亮太マキタスポーツが自らの本拠地と考えている音楽でエンターテインメントを追求したステージと、多彩なスペシャルゲストを迎えることで人気を博すこのライヴ。これまで、吉田山田、石崎ひゅーい、奇妙礼太郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、YOU、ディーンフジオカ、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)など、マキタの広大な交友関係がうかがえる多彩なゲストを迎 [全文を読む]

ガルパンおじさんの購買力は腐女子に匹敵!?『ガルパン』ドラマCDがオリコン3位の快挙を達成!

おたぽる / 2016年05月18日21時00分

『抱かれたい男1位に脅されています』(リブレ出版)は桜日梯子が描いた人気BLコミックが原作。そのドエロな内容と、小野友樹、高橋広樹、川原慶久、島﨑信長、井口祐一といった人気声優が揃ったこと、特製イヤホンホルダーや描き下ろし小冊子が特典として付いたことで、もともと期待されていたドラマCDではあったのだが、それでも男性からは「BLがオリコン1位で草生えるwww [全文を読む]

若手スターの不在はいつまで続く? 2016年の音楽業界は「新たな指標が求められる」年に

日刊サイゾー / 2016年01月03日09時00分

ジャニーズもまた、昨年はいろいろと波紋を呼ぶ事態もあったものの、大勢では変わらぬ人気を維持するはずだ。ムーブメントが落ち着きつつある嵐や、メンバー脱退のあったKAT-TUNにとっては試練の年となりそうだが、Kis-My-Ft2やHey!Say!JUMPは、これから本格的な絶頂期へと向かうのではないか。 昨年は先述したように、ベテラン・ミュージシャンの活躍も [全文を読む]

フォーカス