最近 志田未来に関するニュース

新ライダーヒロインで注目の大沢ひかるが大物すぎる!「今は仮面ライダーに夢中です。でもドリフが大好きなので…」

週プレNEWS / 2015年10月09日17時30分

いよいよ本格的ブレイク間違いなしの新時代ヒロインに直撃、ライダーヒロインへの意気込みから最近の私生活まで、その素顔に迫った。 * * * ―仮面ライダーの新ヒロイン役で早くも話題だけど、撮影はどうですか? 大沢 今、7、8話まで撮ったんですけど、随分と慣れましたね。 ―ライダーって、早朝から夜遅くまで撮影するって聞きますが…。 大沢 毎日朝5時から始まって [全文を読む]

イケメンに成長した加藤清史郎くん、濱田龍臣くんが話題に!気になる人気子役たちの「その後」

日本タレント名鑑 / 2016年05月26日12時55分

大手事務所のスターダストプロモーションに所属し、最近では『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日系)などに出演しています。 “まいんちゃん”こと福原遥さんは現役高校生 恋愛ドラマで主演するまでに 2009年から、NHK Eテレの子ども向け料理番組『クッキングアイドル アイ!マイ!まいん!』に主人公“まいんちゃん”として5年間出演した福原遥さん。10歳の時から始めた“ [全文を読む]

TBSドラマ『まっしろ』の志田未来がネット上で大人気 「可愛すぎる」「童顔なのにセクシー」

AOLニュース / 2015年03月17日22時00分

多くのファンが知っているように、6歳で子役としてデビューし、その後、成長と共に着実なステップを続け、最近ではオトナの女性としての魅力もしばしば垣間見せるようになった彼女。多くのファンが口にするその独特なかわいらしさを磨き、彼女がこれからも成長し続けてくれることに、ファンならずとも期待したいところだ。 文・久保田太陽 ■参照リンク ドラマ『まっしろ』 公式 [全文を読む]

大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年03月10日07時00分

最近では、女優としても映画やドラマなどに出演。今後の活躍が期待されるなかでの引退発表だった。 アイドル評論家の北川昌弘さんは「せっかくこれだけの知名度を得たのだから、それを捨てるのはもったいない気もします。学業優先で一時的に休業する子役はいますが、ここまでスパっと辞めるのは最近では珍しいのではないでしょうか」という。 これまで、活躍をしながら引退した子役の [全文を読む]

テレビ関係者が証言! 「先が見えない」「見込みが薄い」人気の若手女優3人

サイゾーウーマン / 2017年05月01日11時45分

最近では『レンタル救世主』(同)に出てましたが、あれは、同じ事務所・研音所属の主演・沢村一樹のバーターでねじ込まれたもの。最近は、『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』に本人役で出演し、その初日舞台あいさつで『本当にしんちゃんの映画に出るのが夢で……』と号泣して話題となったものの、結局、彼女の出番はほんの一瞬でした」(制作会社スタッフ) 子役か [全文を読む]

吉田里琴、福原遥、未来穂香も獲得!他事務所から有望株を引っ張る「研音」のスゴすぎる手腕

messy / 2017年04月10日21時00分

研音は移籍で有望株の女優を獲得する手腕に長けており、最近では吉川のほかに“まいんちゃん”こと福原遥(18)を「NEWSエンターテインメント」から、未来穂香(20)を「エヴァーグリーン・エンタテイメント」から獲得(未来は2014年8月に事務所を退社し矢作穂香と改名。2017年4月1日から研音に所属していることをブログで発表)。 過去には天海祐希(49)、菅 [全文を読む]

福原遥の「お下品シーン」に、ファン衝撃!?

日刊大衆 / 2016年11月21日01時00分

最近ではどんどん演技の幅を広げていまして、コントドラマ『ウレロ☆無限大少女』(テレビ東京系)ではドラマのキーとなる特殊能力者を演じていました」(アイドル誌ライター) 今回の第6話は、話題のシーン以外にも、志田未来とともに福原がラップを披露したり、ゲストとして新日本プロレスの獣神サンダー・ライガー(51)が登場したりと、コメディ的な見どころの多い放送となった [全文を読む]

土屋太鳳が語るキスシーン「慣れないですね…真剣すぎて記憶が飛んでしまいます」

週プレNEWS / 2016年09月01日11時00分

でも最近は、声が好きって言っていただくことが増えて、“このままの声でいいんだ”って自信を持てるようになりました。 ―アニメ『僕だけがいない街』では声優に挑戦して、絶賛されてましたね! 土屋 初めてのことだったので、難しかったです…。共演した高山みなみさんに声の出し方のコツを教えていただいて、絵の表情を見ながら発声練習してました。 ―声がイヤだったのに声優や [全文を読む]

【神回確実】『ケータイ大喜利』にラブライブ声優とラブライバーの出演決定! 飯田里穂、キスマイ宮田、志田未来と待望論続出!! まいんちゃんも出るよ

おたぽる / 2016年08月26日18時30分

巷の予想では、最近よくテレビに出演しており、子ども時代に『天才てれびくん』シリーズ(NHK)に出演していた、“りっぴー”こと飯田里穂予想が圧倒的だが果たしてどうなるのか。「誰がいつご出演かは、また追って発表しますね」とのことで、今後の続報を待とう。 そして「声のお題」が準備されているのも注目ポイント。『ケータイ大喜利』には、ゲストの芸能人が視聴者からの投稿 [全文を読む]

注目の美少女盛りだくさんの映画『青空エール』──アイドルファン的な見どころは、ここだ!

おたぽる / 2016年08月25日18時00分

最近は出演作も増え、さまざまな役を演じている彼女だが、真面目で一心にひとつのこと(今回の映画ではトランペット)に取り組む姿は、彼女の真骨頂とも言えるもの。 思いの届かない相手に対するけなげな演技も切なげで、彼女のファンならずとも心が惹きつけられることだろう。 ちなみに土屋といえば、丁寧に綴られるブログが有名であるが、今回の映画に関しても、演じたときの気持 [全文を読む]

斉藤由貴が志田未来を困惑させた「正しいお局の振る舞い」とは?

アサジョ / 2016年07月11日17時59分

斉藤は「最近、時間配分が間違ってると思ってる。私の人生はこんなはずじゃなかった。やることが多すぎる」「大河やって舞台やって、3児の母やって、どう考えたって無理がありますよね」と本音を吐露。ネット上では「聞いただけで大変」「想像するだけでムリ」などと同情の声が挙がっている。「斉藤はauのCMでもうすぐ50歳とは思えないキュートな表情を見せ、若い女性から反響 [全文を読む]

神木隆之介&志田未来の熱愛、異例の祝福ムードに包まれる

デイリーニュースオンライン / 2015年12月04日17時00分

「ここ最近誕生した話題の芸能人カップルといえば、年明けに結婚予定の片岡愛之助(43)と藤原紀香(44)。片岡の元交際相手だった熊切あさ美(35)との別れから物議を醸し、紀香の過剰な『熱愛アピール』も相まって、世間では異常なまでのバッシングにさらされています」(スポーツ紙デスク) 他にも電撃婚した堀北真希(27)と山本耕史(39)、資産2000億円と言われ [全文を読む]

清純派美女10人の“清廉性”をチェック「剛力彩芽は事務所のルールで…」

アサ芸プラス / 2015年08月15日09時57分

特に志田に関しては、最近出演したバラエティ番組で『恋愛は全然ですよ』だとか『好きになったりとかはしますけど、全然自分からは行けないですし、アピールもできないので‥‥。たぶん向こうも気づかずに終わります』などと、男性経験の乏しさをカミングアウトしていたほどです」(広告代理店関係者) 周囲の期待や努力に報いるべく、これからも“安売り”だけはしないでいただきたい [全文を読む]

関ジャム「アニソンは89秒」が大反響!

日刊大衆 / 2017年05月13日06時05分

最近のアニソンは、Aメロ、Bメロ、サビにCメロに大サビと、アニメ本編への期待感をあおるため、89秒の中にとんでもない工夫がほどこされています。今クールも50本以上の新作アニメが放送されてますが、耳に残るような仕掛けを取り入れた曲が本当に多いですよ」(アニメ誌ライター)――今後は、秒数まで意識して聴いてみては? [全文を読む]

2017年は「23歳の酉年美女たち」に大注目!

日刊大衆 / 2017年01月04日16時00分

2015年11月に田中哲司(50)との二人芝居『オレアナ』で女学生を演じたり、2016年7月は『母と惑星について、および自転する女たちの記録』で母親役の斉藤由貴(50)にも負けない、迫力のある演技を見せたりと、最近は舞台にも活躍の場を広げている。また、ドラマ『レンタル救世主』(日本テレビ系)ではラップに初挑戦。これまでの“清純派”イメージをくつがえすような [全文を読む]

美山加恋、天才子役から実力派女優へ 『ラーメン大好き小泉さん』再ブレイクを考察

リアルサウンド / 2016年12月29日08時42分

また、最近はミュージカルや声優など新たなものにも挑戦している。そんな、美山加恋の魅力について考察してみよう。参考:ももクロ脱退から5年、早見あかりが女優として開花したワケ イメージに捉われない役作りの強み■『僕と彼女と彼女の生きる道』凛ちゃんで大ブレイク 美山加恋を一躍有名にしたのが、2004年の『僕と彼女と彼女の生きる道』。奇しくもこの年末はSMAP特集 [全文を読む]

本格女優として歩み始めた“まいんちゃん”こと福原遥「なんか私、ぶっ飛んだ役ばかり演じてる気がする(笑)」

週プレNEWS / 2016年11月13日15時00分

―ドラマに映画に忙しい日々を送っていますが、休みがあると何をしてるんですか? 福原 最近、誕生日にカメラを買ってもらったので、空を撮ったりしてます! ―カメラ女子ですね! 福原 まだ成り立てですけどね(照)。元々、スマホで空の写真を撮って、空の表情を残しておくのが好きで。晴れだったり曇ってたり夜空だったり、地方の空だったり。あとは、家族で旅行へ行った時に [全文を読む]

濱田岳、中井貴一にまさかの暴言!?「うっせーバカ」

Movie Walker / 2016年10月08日15時05分

本作で立てこもり犯を演じた濱田は、自身が出演するテレビCMの話題に触れ、「最近はまさかりを担いではしゃいでいるだけだったので、僕にできるのかなと思いましたが、思い切り立てこもらせていただきました」と撮影を振り返った。 撮影では中井を怒鳴りつけるシーンもあったという濱田。「ある種割り切って、思い切りやろうと思って臨んだら、ついついアドリブで『うっせーバカ』 [全文を読む]

戦争は人々からなにを奪ったのかーー『とと姉ちゃん』小橋家の苦しい生活が伝えるもの

リアルサウンド / 2016年07月04日08時00分

軍国主義のおじさんという意味では類型的な存在なのだが、息子が出兵しており最近手紙が届かないという事情を、近所のおばさんに語られることで、単純な悪役ではなく、組長には組長の事情があるのだと見せている。息子の戦死の知らせが届いた後、茫然と歩く組長の姿を見ると、彼もまた戦争の犠牲者なのだと痛感する。 [全文を読む]

ブランニューガールズ連続インタビュー(4) 14歳の妊婦役が超話題になった、若き演技派女優・山口まゆ(15歳)

週プレNEWS / 2016年01月07日11時00分

最近、ハマってることなんかありますか? 山口 この頃、ピアノを毎日弾いてます。小さい頃から家でよくお母さんがクラシックを流してたので、クラシックが大好きなんです。4歳からクラシックバレエを習い始めて、小学校1年生からはピアノも習ってました。 ―クラシック音楽が常に身近にあったんだ。 山口 そうなんです。ピアノは今は習ってないんですけど、家でテスト勉強してる [全文を読む]

フォーカス