松嶋菜々子 松下奈緒に関するニュース

篠原涼子、松嶋菜々子、天海祐希が次々大コケ! フジの新たな被害者と予想される人気女優

サイゾーウーマン / 2017年05月27日15時00分

この枠は篠原涼子、松嶋菜々子、天海祐希、北川景子といった大物女優が主演しても、ことごとく1ケタ台しか取れず、すっかり“爆死”枠として定着してしまったからだ。 同枠ドラマが最後に全話平均2ケタを取ったのは、2014年10月期『ディア・シスター』(石原さとみ&松下奈緒主演)で平均11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。翌15年1月期に、真木が主演し [全文を読む]

『Chef』大コケで……松嶋菜々子に続いて、天海祐希もフジテレビと絶縁へ!?

日刊サイゾー / 2016年11月22日11時00分

フジといえば、7月クールの主演ドラマ『営業部長 吉良奈津子』が爆死したことで松嶋菜々子が絶縁宣告したと伝えられていますが、もし打ち切りとなったら、天海がフジのドラマに出るのは、これが最後となるでしょう」 いまや「女優殺し」と呼ばれるフジテレビ。天海にも、その呪いがかけられてしまったようだ。 [全文を読む]

またコケる? 松嶋菜々子の3年ぶりの連ドラ主演を不安視する声

tocana / 2016年05月23日09時00分

松嶋菜々子が7月期のフジテレビ系連続ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(木曜午後10時~)で、3年ぶりに連ドラ主演を務めることが決まったが、早くもその視聴率が不安視されている。 松嶋といえば、伝説となった主演ドラマ『家政婦のミタ』(2011年10月期/日本テレビ系)を切り離しては語れない。同ドラマは全話平均25.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最 [全文を読む]

松嶋菜々子、主演ドラマのキャストを“総取っ換え”!? 動機は「低迷フジへの不信感」?

サイゾーウーマン / 2016年05月21日12時45分

現在、松下奈緒が主演する『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)を放送する木曜午後10時枠で、7月期は松嶋菜々子が『営業部長 吉良奈津子』で3年ぶりに連ドラ主演することが、20日に発表された。間もなく収録も開始されるというが、フジは業界関係者にも発表直前まで、「主演:松嶋菜々子」という一行情報しかオープンにしていなかったという。その裏側を探る [全文を読む]

唐沢寿明も遠藤憲一も断った!? 『刑事ゆがみ』浅野忠信は“真木よう子の二の舞い”を避けられるか

日刊サイゾー / 2017年08月23日20時30分

昨年7月期には、“高視聴率女優 ”と呼ばれていた松嶋菜々子が『営業部長 吉良奈津子』で主演するも、これも全話平均7.1%と不発。 以降も、天海祐希主演『Chef~三ツ星の給食~』、香里奈主演『嫌われる勇気』、桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』と立て続けに大コケし、放送中の『セシルのもくろみ』は現在、単話平均で3%台まで落ち込んでいる。 「いわゆる [全文を読む]

桐谷美玲がフジ4月期「木10」ドラマで主演決定! “爆死濃厚”でもオファーを断れないワケ

日刊サイゾー / 2017年01月26日21時00分

15年1月期から前クールまで、8期連続で1ケタ台が続いており、その間には北川景子、篠原涼子、松嶋菜々子、天海祐希らの大物に、ことごどく赤っ恥をかかせてきた。今クールの『嫌われる勇気』(香里奈主演)も、初回8.1%、第2話6.4%と低調で、まさに“鬼門”となっており、同枠での主演は役者側に大きなリスクがある状況だ。 [全文を読む]

香里奈、“魔の木10”ドラマ主演決定に「大爆死の予想しかできない」の声

アサ芸プラス / 2016年11月30日17時59分

昨年10月期の篠原涼子主演『オトナ女子』をはじめ、今年に入って広末涼子、内田有紀出演『ナオミとカナコ』、松下奈緒主演『早子先生、結婚するって本当ですか?』、松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』、そして現在オンエア中の天海祐希主演『Chef~三ツ星の給食~』と惨敗続き。果たして香里奈にこの悪い流れを阻止できるか、はなはだ疑問です」(テレビ誌ライター) 心理 [全文を読む]

天海祐希『Chef~三ツ星の給食~』4.9%に凋落!! 禁断の“5%割れ”で打ち切りも?

サイゾーウーマン / 2016年11月05日12時45分

1月期の広末涼子&内田有紀主演『ナオミとカナコ』は全話平均7.5%、4月期の松下奈緒主演『早子先生、結婚するって本当ですか?』は全話平均5.6%、7月期の松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』は全話平均7.1%と散々な結果。今期も第4話で5%割れとあって、全話平均もかなり低水準になるのではないでしょうか。フジの木曜午後10時枠といえば、かつて『白い巨塔』『 [全文を読む]

EXILE・岩田剛典の大根・棒演技が「笑える」と酷評、“顔だけ男”の需要低下?

messy / 2016年11月03日17時00分

緊張感漂うサスペンス、かつ菅野美穂や松嶋菜々子など実力派女優に囲まれての演技ということで、今まで以上の確かな演技力が求められているのだが、JSBファンでさえ「岩ちゃん相変わらずかっこいいけど演技は下手だなぁ」「岩田剛典って検索すると『岩田 演技 下手』が1番に出てくる……否めないけどさあ(苦笑)」「怖いドラマなのに岩ちゃんのシーンもはや笑えるww」といった [全文を読む]

フジは天海祐希も潰してしまうのか? 4年ぶり連ドラ主演決定も不安要素いっぱい

日刊サイゾー / 2016年08月26日15時00分

現在、放送中のフジ「木10」ドラマ『営業部長 吉良奈津子』は、“高視聴率女優”の松嶋菜々子が主演しているにもかかわらず、視聴率は5、6%台を記録するなど爆死しており、松嶋としては立つ瀬がない状態だ。 同枠では、昨年10月期、同じく“高視聴率女優”の篠原涼子が『オトナ女子』で主演したものの、視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同=全話平均)と [全文を読む]

長身女優ブーム到来か!?菜々緒、三吉彩花、佐久間由衣・・・ドラマで重宝される背景とは

AOLニュース / 2015年11月29日12時00分

だが1990年代半ばから、キャンペーンガール出身の山口智子やモデル出身の松嶋菜々子、江角マキコと170㎝以上の女優のドラマが相次ぎヒット。彼女たちの成功に続こうと、モデルから女優への転身が増えた。それに伴い、長身の女優も目につくように。年齢でなくドラマで活躍した時期でいえば、第二世代に当たるのが2000年代半ばにブレイクした天海祐希、小雪、伊東美咲ら。第三 [全文を読む]

史上最悪の朝ドラヒロインを生み出した、モンスター級の毒母

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月28日12時10分

朝ドラのヒロインといえば、これまでも『純情きらり』の宮崎あおい、『ゲゲゲの女房』の松下奈緒、『ひまわり』の松嶋菜々子など、数多の女優を輩出してきた“清純派”の登竜門だ。関連情報を含む記事はこちら しかし、かつて、「史上最悪な朝ドラ・ヒロイン」として問題行動を起こしていた女優をご存知だろか? それは、現在バラエティ番組で「男が好き」「デート=セックス」など大 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

阿須田家の父・恵一(長谷川博己)が三田さん(松嶋菜々子)に言う。「最後の業務命令です。笑ってください」。「承知しました」そう言って、ついに笑顔を見せる三田。みんなは涙が止まらない──。 4位は「傷だらけの天使」(日本テレビ・74~75年)。亨(水谷豊)はカゼを悪化させ、たった1人で亡くなる。何も知らずに戻った修(萩原健一)。ドラム缶風呂に亨の亡骸を入れ、リ [全文を読む]

182cm大林素子熱愛報道 長身女性への偏見なくなったとの声

NEWSポストセブン / 2012年05月22日16時00分

長澤まさみ、篠田麻里子(AKB)、新垣結衣が168cm、小雪、榮倉奈々は170cm、天海祐希は171cm、松嶋菜々子、浅尾美和が172cm。一昨年の紅白の司会をした松下奈緒は174cmである。ちなみに大林の後輩で日本のバレー界を背負う木村沙織は184cmだが、いずれもそのサイズに戸惑っている様子は感じられない。 「高い身長の女が好きだ、という男は増えてる [全文を読む]

「またバーニングのゴリ押しか」NHK朝ドラ新ヒロインに夏菜をねじ込んだ"太いパイプ"

日刊サイゾー / 2012年04月04日08時00分

「同ドラマの脚本を担当するのは、昨年、松嶋菜々子を主演に起用した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が最終回で40.0%を記録するなどしたヒットメーカーの脚本家・遊川和彦氏。夏菜は2月の最終オーディションで10分間のカメラテストでの演技後、遊川氏から『君、シャットダウンだね』と言われたことを告白し、『もう遊川さんからボロクソに言われて、泣きそうになってボロボロ [全文を読む]

フォーカス