大沢たかお 瀬戸康史に関するニュース

乃木坂46、大河ドラマ「花燃ゆ」登場で手に入れた“NHKへの貢献度”

アサ芸プラス / 2015年07月12日17時59分

「主人公が吉田松陰の妹という内容の渋さに加えて、“歴女ブーム”にあやかろうと、伊勢谷友介や大沢たかお、高良健吾、東出昌大、瀬戸康史などイケメン俳優を多数起用し、女性視聴者をかなり意識していたわけですが、結果的に作戦は功を奏しませんでした」(NHK関係者) そんな中、ここにきての人気アイドルの大量投入には疑問の声も多く噴出している。「一言でいえばテコ入れとい [全文を読む]

夫に運命の時が迫る!「花燃ゆ」第26回

Smartザテレビジョン / 2015年06月25日06時00分

そんな中、久坂の元に、長崎にいる義兄・小田村伊之助(大沢たかお)から、ある報せが届く。それは、イギリス・フランス・アメリカ・オランダの四カ国連合艦隊が長州を攻撃しようとしているというものだった。 目前には幕府軍・薩摩軍が迫り、一方で故郷は危険にさらされるという絶体絶命の状況。そんな中、長州軍の進退を決する軍議が開かれる。 必ず生きて戻ると約束して京に上っ [全文を読む]

中村昌也が池田屋に討ち入り! 「花燃ゆ」第25回

Smartザテレビジョン / 2015年06月18日06時00分

しかし、脱藩して京都入りしていた高杉には、藩に戻り次第獄につなぐという処分が下り、さらにその余波で文の義兄・小田村伊之助(大沢たかお)も長崎へ左遷されてしまった。 6月21日(日)放送では、文の元に久坂から帰郷を告げる手紙が届く。伊之助の次男を養子に迎え、新しい生活の第一歩を踏み出していた文は、親子3人での一夜を過ごす。しかし、穏やかな日々もつかの間、京都 [全文を読む]

あの名ぜりふをもう一度「花燃ゆ」BD&DVD化決定

Smartザテレビジョン / 2015年05月15日18時13分

松陰役の伊勢谷友介や松陰の盟友・小田村伊之助役の大沢たかおをはじめ、松陰の門弟・久坂玄瑞役に東出昌大、高杉晋作役に高良健吾、吉田稔麿役に瀬戸康史と実力派キャストをそろえている。 第壱集には第1回から第12回までを収録。松陰と伊之助の出会いや、脱藩の罪で囚人となった松陰の獄中でのエピソード、監獄を出て松下村塾を開き門下生が集まる様子、さらに文が久坂と恋に落 [全文を読む]

低迷する大河ドラマ、井川遥の妖艶な美貌で視聴率回復なるか

メンズサイゾー / 2015年02月03日10時00分

特に今年の場合は、男性キャストに大沢たかおさん(46)、要潤さん(33)、東出昌大さん(27)、高良健吾さん(27)、瀬戸康史さん(26)などがおり、"イケメン大河"とも言われていたため、松陰が獄中で特別な思いを抱いたといわれる妖艶な女囚を演じる井川さんの美貌は視聴者も楽しみにしていたことでしょう。 第4話のラストシーンでは、井川さんの白い指先が艶めかしく [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』プロデューサーが「イケメン揃えました」発言、「甘く見るな」「発想が安易」と批判殺到中

日刊サイゾー / 2015年01月20日00時00分

吉田松陰の末妹で、後に久坂玄瑞の妻となる杉文が主人公の『花燃ゆ』は、メインキャストに伊勢谷友介、大沢たかお、東出昌大、高良健吾、要潤、瀬戸康史といったイケメンを大量投入。4種類作成された宣伝用の2ショットポスターでは、「幕末男子の育て方」というキャッチコピーと共に、主演の井上真央が、大沢の手をつかんで見つめ合ったり、東出を膝枕したり、伊勢谷の頭をナデナデ [全文を読む]

フォーカス