両親 金正恩に関するニュース

【無慈悲過ぎ】12年間死んだと思われていた男性、何と北朝鮮に拉致されていた!!

秒刊SUNDAY / 2016年09月02日13時32分

デイビッドさんの両親はこの驚くべきニュースを聞いて次のように語っています。 「私たちは彼が生きていることは知っていた、私たちはこれからも息子を取り戻すために戦い続けなければいけない」 デイビッドさんの両親両親は消息を絶った息子を探すために12年間決死の努力を行っています。 中国はデイビッドさんが死亡したと述べていましたが、彼の遺体は見つかることがなかっ [全文を読む]

「お金も実力のうち」朴大統領友人の娘、馬術の国家代表選抜戦でも違いを見せつける=韓国ネット「世界に恥をさらすな」「そのお金は私の両親が…」

Record China / 2016年11月09日08時10分

私の両親を恨んで」とネット上に投稿して批判を浴びた崔氏の娘が、2年前の馬術の国家代表選抜戦でも、他の選手と「出発点」が違っていたことが明らかとなった。 仁川アジア大会の国家代表選抜戦で、ほとんどの選手が1頭、多くても2頭の馬を携え出場する中、崔氏の娘であるチョン・ユラ氏は4頭の馬で出場した。馬1頭を持つ選手は1ラウンドに1回ずつ、計3回の試合に出場すること [全文を読む]

茶髪解禁は体制崩壊の前兆? 北朝鮮レストラン従業員集団亡命事件に見る、美女たちの“異変”

日刊サイゾー / 2016年06月14日22時00分

北は事件を「南朝鮮の諜報機関による拉致」と断定し、美女軍団の両親のインタビューを対外宣伝用ウェブページの「わが民族同士」にアップした。 このうち、キム・ソルギョンさん(22)の両親と叔母が動画で登場し、涙ながらにソルギョンさんを返してほしいと訴えている。父親のボクナムさんは、「リラックマ」の写真立てに娘の写真を入れて自室に飾り、溺愛ぶりをアピールする。ま [全文を読む]

中国の李源潮・国家副主席 訪朝で大歓待を受けた理由は名前

NEWSポストセブン / 2013年08月07日07時00分

李氏の名前の「源潮」は北朝鮮支援を意味する「援朝」と発音がほぼ同じで、両親が北朝鮮の勝利を祈って名前を付けたという曰わくがある。 これについては、北朝鮮側も十分に知っており、李氏が2011年6月、中国共産党組織部長兼党政治局員の肩書きで中国代表団を率いて訪朝、当時の最高指導者、金正日総書記と会談した際、金総書記の後継者と目されながらも、まだその存在があまり [全文を読む]

金正恩氏 脱北者に激怒し中国国内で韓国人拉致を指示か

NEWSポストセブン / 2016年06月11日07時00分

さらに、北朝鮮メディアは従業員らの両親や親戚らを取材し、「子供らは亡命するような人間ではなく、韓国政府に拉致されたのだ。すぐに返してほしい」などと涙ながらに懇願する模様を報じている。 この4月の事件のあと、5月初旬にも中国・西安市で北朝鮮が運営するレストランから新たに複数の従業員が失踪したとのニュースが伝えられており、北朝鮮当局は脱北者が増加する事態に神経 [全文を読む]

集団脱出の北朝鮮従業員は「柳京ホテル所属、党・機関の子ども」と確認=韓国ネット「韓国政府の制裁が効いている」「すぐに大規模な処刑が…」

Record China / 2016年04月12日18時40分

このまま続ければ、北朝鮮は必ず崩れる!」 「脱北した子どもたちの両親が心配…」 「すぐに大規模な処刑が行われるのでは?」 「孤立した独裁政権が崩れる前に、国民たちが慌てて国を脱出している」 「まだ始まりに過ぎない。数カ月後には北朝鮮国民の大量脱出事件が発生するだろう」 「もし朝鮮半島が平和的に統一されても、金正恩一家は必ず拘束しなければならない」 「朝鮮半 [全文を読む]

北朝鮮学生のラッキーアイテムは敵国アメリカの1ドル紙幣

デイリーニュースオンライン / 2014年12月14日07時50分

両親がお守りに米ドル紙幣をプレゼント 金正恩時代のアイコンであるモランボン楽団のお披露目講演(2012年)には、ミッキーマウスやロッキーなど「米帝」を代表するコンテンツが登場。首都・平壌ではミッキーマウスをはじめとするディズニーグッズを目にすることも珍しくないが、最近の学生達は「ラッキーアイテム」として、なんと米1ドル紙幣をこっそり持つというのだ。 彼ら [全文を読む]

金正恩氏「狂気の粛清」の真意 自分に復讐の刃向かせぬため

NEWSポストセブン / 2014年02月04日07時00分

まだ幼い子供も大人同様に銃殺され、張家に嫁いだ女性は強制的に離婚させられた上、実の両親ともども山奥の僻地に追放された──。 2011年12月、金正日総書記の死去を受け、正恩氏は翌年4月に党第1書記、国防委員会第1委員長などに就任し、北朝鮮の最高指導者となった。その間、後見人として若き指導者を支えてきた張氏が電撃失脚したのは昨年11月。これが、怒濤の粛清劇の [全文を読む]

金正恩氏の年上妻 金氏が一目惚れした後2年の交際経て結婚

NEWSポストセブン / 2012年01月15日07時00分

金総書記の妹の金敬姫・党軽工業部長の夫で、正恩氏の実質的な後見人である張成沢・党行政部長が夫人選びに関与し、党への忠誠度や学業成績、容姿、両親や親戚の党への貢献度などを総合的に考慮し、この女性を正恩氏の夫人候補として金総書記に推薦した。 正恩氏がこの女性を一目で気に入ったため、ほぼ2年間の交際を経て昨年春に結婚。「金総書記もこの女性をみて『(3番目の妻の [全文を読む]

北朝鮮、路上生活の子を減らした金正恩の力 父のやり方を変え、農業改革で食糧事情改善

東洋経済オンライン / 2017年03月30日07時00分

北朝鮮では、両親がおらず路上で生活する10代前後の子どもたちを、「コッチェビ」と呼ぶ。コッチェビという言葉が出始めたのは、1980年代だと思われる。同国ではかなり前から路上生活をする子どもたちが存在していた。コッチェビの子どもたちは、ほぼ1人で生活することが多かったが、1980年代半ばから食糧難が広がるにつれてコッチェビが続出。群れをなして街を徘徊するよう [全文を読む]

「喜び組」の定年は25才 口にするのも…な酷い罰ゲームも

NEWSポストセブン / 2017年03月06日11時00分

「このほか特別配給があり、祝日などには食料や布施など、一般市民には手に入りにくい品が両親など家族に届けられます。ただし将校だから高待遇というよりは、口止め料と考えるのが正しいと思います。実際喜び組に選ばれた段階で、『活動内容を口外しない』という誓約書を書かされるといいます」(惠谷さん) それも当然。活動実態は、口外がはばかれる内容だからだ。その実態について [全文を読む]

金正男氏殺害、おじ「こうなると思っていた」―韓国メディア

Record China / 2017年02月18日09時40分

朝鮮戦争勃発後、妹の恵琳氏は両親とともに北朝鮮へ。ソン氏は一人韓国側に残ったという。 聯合ニュースの電話取材に対し、ソン氏は「早くからこうなると分かっていた。正男氏が頻繁にメディアに出るようになったため、心の準備はできていた」と話した。正男氏と会ったことはないが、00年初めにモスクワに滞在していた恵琳氏と偶然電話で話す機会があったといい、「今はすべてのこと [全文を読む]

北朝鮮からエリート層の脱出急増、「より良い人生の機会、暮らし求め」と韓国政府

Record China / 2016年08月07日16時30分

「科学技術大国」を目指す北朝鮮で将来を嘱望された数学の秀才とされ、両親は数学教師。親類には朝鮮人民軍の幹部もいるという。韓国の専門家は「国際社会の制裁により北朝鮮が孤立しており、世界を舞台に自分の才能を生かせないと考えたかもしれない」ともみている。 これに対し、北朝鮮は国内の締め付けを強化している。中国・海外網によると、4月のレストラン従業員の集団脱北に [全文を読む]

韓国青少年の半分以上が「家庭内暴力」を経験、刃物で脅すケースも=韓国ネット「韓国に火病患者が多い原因」「怒鳴ることもだめなの?」

Record China / 2016年07月16日06時00分

その他、「両親のせいでやけどを負った」「刃物で脅された」「首を絞められた」との回答もあったという。また、暴力により鼻血が出る、顔にあざができるなどの身体的被害を受けた人は146人(13.7%)に上った。 キム研究員は、「家庭内暴力が原因で家出や学業を中断したケースを含めると、数字はもっと高くなる」と説明。「青少年が不合理な家庭内暴力に苦しまないためには、 [全文を読む]

北朝鮮交渉でカヤの外? 飯島勲参与の気になる発言 プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.52

東京ブレイキングニュース / 2014年07月15日20時00分

3月に横田めぐみさんの両親がモンゴルでめぐみさんの娘のキム・ウンギョンさんと面会した時に飯島参与は「外交カードとしては、失敗の策かもしれない」とコメントしていた。首相側近がなぜこの発言? 私は、この飯島参与のぶ然としたコメントの意味は「面会の件は、飯島参与には一切知らされていなかった」、「反対したのに意見を聞いてもらえなかった」、「自分の持っている北朝鮮の [全文を読む]

官邸 北朝鮮が返す拉致被害者は有本恵子さんとの感触を掴む

NEWSポストセブン / 2014年07月14日07時00分

それを知らされた有本さんの両親は上京して、安倍首相の父で自民党幹事長だった安倍晋太郎氏に助けを求めた。その時、父の秘書として訴えを聞いたのは安倍首相その人である。 北朝鮮側にすれば、そうした経緯から、「有本さんを帰国させる用意がある」とほのめかせば、たとえリストに載せる拉致被害者が1人だけでも、安倍首相は乗ってくると計算したのではないか。 ※週刊ポスト20 [全文を読む]

横田めぐみさんが脱北者に託した「両親への手紙」(1)“二代目ミスターX”が接触

アサ芸プラス / 2014年06月12日09時56分

とらわれの身となった彼女が、北朝鮮でひそかに両親にしたためた手紙があった事実をスクープ。託された人物が、その悲痛な文面を証言した。 スウェーデンの首都ストックホルムで行われた、日本と北朝鮮による外務省局長級協議。5月29日、「拉致問題の全面的な再調査実施」で合意したと、安倍晋三総理(59)は発表した。その内容はおおまかに、次のようなものだった。 ●北朝鮮は [全文を読む]

フォーカス