浅草 蔵前に関するニュース

浅草の隣・蔵前が“超絶おしゃれタウン”に激変! 毎月開催の人気イベント「月イチ蔵前」に行ってみた

ウートピ / 2014年08月15日18時00分

今、浅草のお隣、蔵前周辺が超おしゃれな街に、激変しているのをご存知だろうか。とくに、2012年に東京スカイツリーが開業以降、ここ数年で、20代、30代の若い人たちが古い建物などをリノベーションし、びっくりするほどハイセンスなアトリエ、ゲストハウス、カフェ、雑貨店などがぞくぞくと登場しているのだ。毎月第1土曜日には、蔵前の店主たちがそれぞれの店舗でワークショ [全文を読む]

浅草の職人とコラボした「身に着けられるアート展」開催!ハロウィーンには浅草で仮装行列も

PR TIMES / 2015年10月19日10時26分

10月31日には、仮装やフェイスペイントをして浅草方面までパレードする「下町ハロウィンナイト」も開催します。[画像1: http://prtimes.jp/i/9682/57/resize/d9682-57-254061-0.jpg ]【展示詳細】◎期間 : 2015年10月19日(月)~10月31日(日)月~水 10:00~19:00、木~土 10:00 [全文を読む]

10月7日(水) 割烹「草津亭」新装開店~江戸饗応料理の伝統を受け継ぎつつ、来店客の要望に柔軟に対応する、「遊び心」のある特別メニューも~

@Press / 2015年10月06日14時00分

創業143年の料亭「草津亭」を運営する株式会社草津亭(本社:東京都台東区浅草、代表取締役/六代目当主:藤谷 政弘)は、2015年10月7日、割烹として新装した店鋪「草津亭」を開店します。 草津亭は、明治5年(1872)、「草津温泉の湯の花を持ち帰って店を開け」という大黒天の夢のお告げにより、初代が文京区駒込神明町に温泉割烹を創業しました。その後、日本橋茅場 [全文を読む]

三浦展の「東京のつくられ方」散歩 第1回「日本橋に火力発電所があった頃(そしてフクシマへの途)」

週プレNEWS / 2013年08月22日06時00分

その翌年、千代田区麹町、同神田錦町、中央区銀座三丁目(旧・肴町)、台東区浅草(旧・千束村。今の吉原のソープ街の横)にも発電所はつくられた。これらはすべて小規模な火力発電所であった。 水力発電所をつくるには水源がいる。水源は東京から遠い。遠い所から送電するには、送電時のロスを少なくするための技術が必要だ。 しかし1887年の時点では、日本にはその技術が広まっ [全文を読む]

アパグループ台東区・浅草駅前にホテル開発計画発表

PR TIMES / 2016年07月21日12時25分

北海道から沖縄まで、アパホテルネットワークとして全国最大の372ホテル61,590室(建築・設計中、FC、パートナーホテルを含む)を展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、台東区・浅草駅前でホテル開発計画を発表した。本案件地の事業内容は、アパホーム株式会社(本社:石川県金沢市大和町1番5号 代表:元谷外志雄 [全文を読む]

多国籍化する浅草界隈、なぜ外国人旅行者増?地元発のグローバル戦略と、地道な努力

Business Journal / 2014年07月13日01時00分

東京スカイツリーが2012年に開業してから、浅草界隈の様相が急激に変わった。国内からの観光客ばかりではなく、海外からの旅行者も急増しているのだ。その背景を探ると意外なことが見えてくる。 安倍晋三首相は、日本経済再生戦略の一環としてクールジャパン(日本の文化やソフトの輸出促進政策)を掲げ、「クールな日本」を海外に売り込むために13年度予算で財政投資として50 [全文を読む]

住みたい街でひそかな人気の蔵前が不動産漫画に登場

Walkerplus / 2016年04月09日11時00分

都民でもあまりなじみのない蔵前駅は、都営大江戸線と浅草線が走り、浅草は隣駅で歩いてでも行ける距離にある下町。しかし、取材時にすれ違った、この周辺で働いているおぼしきおじさんが「蔵前もオシャレな街になってきたな」と話していたりと、新たな街の動きも見え始めている。5月には浅草の一大イベント「三社祭」などが行われ、春の散歩にも最適な「隅田川」など、蔵前駅の魅力を [全文を読む]

“自由人”平泉成がはるな愛にイタズラし放題!

Smartザテレビジョン / 2015年07月04日12時00分

彼らが目指すのは、東京都内で最古の寺院・浅草寺の門前町としてにぎわう“浅草”だ。 平泉とはるなは、浅草駅の一駅前に当たる都営浅草線・蔵前駅から散歩をスタート。そして、戸田と勝俣はこちらも浅草の一駅手前である東武伊勢崎線・とうきょうスカイツリー駅から出発する。 夕方、浅草寺の雷門前での待ち合わせまで、2組がのんびり歩いてゴールの浅草までの旅を満喫していく。 [全文を読む]

アパグループ 浅草「雷門」にホテル用地取得

PR TIMES / 2016年04月06日12時57分

北海道から沖縄まで、アパホテルネットワークとして全国最大の367ホテル60,226室(建築・設計中、FC、パートナーホテルを含む)を展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、台東区浅草雷門で台東区内7棟目のホテル開発用地を取得した。取得会社はアパマンション株式会社となる。 本案件地は、東京メトロ銀座線・都営浅 [全文を読む]

浅草観光のあとは隅田川散歩でふらりと・・一級品の“Sake”と日本が誇る“Teppanyaki”が楽しめるお店「食堂&呑み ボン花火」「焼くろ澤」 11月7日(土)台東区・駒形、隅田川沿いにOPEN

DreamNews / 2015年11月04日12時30分

毎夏恒例の江戸の風物詩、「隅田川花火大会」花火見物の食事スポットとして、絶好のロケーション!群馬県の一級畑で作られる、地元酒造のオリジナル日本酒を販売!生産者、酒蔵、酒屋、そして店舗、お客様、という全てをつなげていく想いの集まった日本酒「KIZUNA」の裏舞台にスタッフみんなで稲刈りから参加!12月頃に新酒がお目見え!春、秋と季節をつなぎ「ボン花火」で提供 [全文を読む]

ものづくりの町で遊ぶ「モノマチ」今年も開催! 190組の店舗・工房が参加

TABROOM NEWS / 2016年05月23日21時37分

「モノマチ」はものづくりの盛んな御徒町~蔵前~浅草橋にかけての地域にあるショップや工房190組が参加する多店舗同時開催イベント。今回で8回目を迎え、恒例企画として広く知られてきています。前回の第7回モノマチではのべ10万人が来場したそう。 期間中は参加店舗で配布されている「モノマチ歩きマップ」を片手に気になるお店めぐりが楽しめるほか、ワークショップなどの [全文を読む]

【都内】まるで海外!日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選

TABIZINE / 2016年06月16日12時00分

[アンビカショップ] スケロクダイナー(浅草) (C) facebook/SUKE6 DINER アメリカのダイナーのように開放的な店内。そして日本ならではの繊細なパンを味わえるのが、2015年春にオープンしたばかりのsuke6 diner(スケロクダイナー)です。インテリアやメニュー表はおそらくアメリカのそれを模しているのでしょうが、本場を凌ぐお洒落っ [全文を読む]

新ブランド誕生 『MyCUBE by MYSTAYS 浅草蔵前』2016年6月01日 Grand Open!

PR TIMES / 2016年02月01日14時12分

MYSTAYSブランドから派生した新しい宿泊のかたち(株)マイステイズ・ホテル・マネジメント(本社港区、代表取締役社長麻野篤毅)は、展開する3ブランド(ホテルマイステイズ、フレックステイイン、マンスリーレジステイズ)に加え、2016年6月1日に新ブランドとなるホテルが手掛ける新しい「CUBE」型宿泊施設「MyCUBE by MYSTAYS 浅草蔵前」の運営 [全文を読む]

ペンとインクがある生活♡ 持っているだけで所作が美しくなる大人のたしなみ

ウートピ / 2017年02月12日11時00分

カキモリ(東京都台東区蔵前) 最寄り駅:都営浅草線・都営大江戸線『蔵前』駅下車 徒歩約3分 営業時間:(平日)12時〜19時 (土日祝)11時〜19時 月曜定休(祝祭日の場合はopen) カキモリ インクスタンド 最寄駅、営業時間:同上 オーダーインク:制作時間約45分/税抜2500円/1瓶33mLつき ※要事前予約 はな [全文を読む]

新ブランド誕生『MyCUBE by MYSTAYS 浅草蔵前』2016年6月1日 Grand Open!

@Press / 2016年06月01日11時30分

株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:麻野 篤毅)は、ホテルが手掛ける新しいCUBE型宿泊施設として、新ブランドとなる『MyCUBE by MYSTAYS』(マイキューブ バイ マイステイズ)浅草蔵前を、2016年6月1日にグランドオープンいたしました。「MyCUBE」は、全国に68棟10,001室のホテル運営実績が [全文を読む]

話題のBean to Barチョコレート、いよいよ日本上陸です!

&GP / 2016年03月05日11時00分

浅草線・蔵前駅からは徒歩約5分というなかなかの好アクセスで、今も昔ながらの老舗店や下町職人気質を漂わせるユニークなロケーションです。 木のぬくもりでクラフトマインドを表現した建物の外観。写真では見えないが、目の前に公園を臨む心和むロケーションも魅力 店舗1階はチョコレートファクトリーとスタンドがメイン。店に入ると目の前にはライブ感あふれるファクトリーの風景 [全文を読む]

暴排条例も関係なし!? 某有名祭りDVDから見える警察と暴力団の親密関係

東京ブレイキングニュース / 2015年07月31日16時00分

この祭りの舞台となった浅草界隈では「あのDVD見た?」と一部ではかなり話題になっているようだ。敬礼をしている警察署は蔵前署だという事が関係者への取材によって判明している。 「やっぱり蔵前署とヤクザは昭和の頃からの馴れ合いだね」とDVDを見た浅草の同好会の会長は言う。一方では暴力団への取り締まりをきつくして、一方では制服警察官が暴力団へ敬礼をする。目線でお [全文を読む]

浅草の職人と4人のアーティストによるコラボレーションイベント開催!

PR TIMES / 2015年05月18日10時21分

参加作家の多くは台東区東浅草の家賃0円クリエイターズシェアハウスTOLABL(トラブル)をきっかけに出会い、今回の展示に繋がりました。【1+4 hands(ワンフォーハンズ)とは】 音楽に合わせて数メートルの帆布に4人のアーティストが同時にライブペイント。台東区の複合ものづくりイベント「モノマチ」の期間中である24日まで同店内に展示された後、地元職人の手に [全文を読む]

おかずにもデザートにも。種類豊富、売り切れ御免のマフィンに注目!

Daily Beauty Navi / 2015年02月18日09時00分

都営浅草線の蔵前駅の出口を出てスグ、ほんとスグです!ここで食べられるのは、外はカリッと、中はしっとり、大きめサイズのアメリカンスタイルのマフィン。大きく分けて『デザートマフィン』と『おかずマフィン』の2種類があります。 『さつまいも&シナモンナッツ』 ほんのり甘く煮詰めたさつまいも、ふんわり香るシナモンとナッツの香り。驚くほどホロホロ崩れる生地ですが、口の [全文を読む]

戦前の香りを感じられるお好み焼き屋に行ってきた。浅草「染太郎」で感じる昭和ノスタルジー

GOTRIP! / 2015年02月12日05時39分

東京・浅草。江戸時代、今の蔵前に米蔵が設置されたことから浅草の繁栄は始まったとされています。 当時、蔵前に設置された米蔵では、日本全国から集められた食用米や江戸城で働く武士たちの給料としての米などが保管されており、これを守るために大勢の警備員が配置され、下級役人が周辺に多く暮らしていました。 また、武士の給料は米で支給されており、米の現金化を行う札差とよば [全文を読む]

フォーカス