見所 浅草に関するニュース

浅草に“日本感”たっぷりのスポットが4月5日にオープン!古き良き時代の下町歳時記を再現するオープニングイベントを開催

@Press / 2014年04月03日13時00分

URL: http://www.jidaiya.biz/meiji-edo/index.html■オープニングイベント概要期日:2014年4月5日(土)内容:10:00~ 開所清祓い(浅草神社神官による催行) 10:30~ 木遣り(地元浅草の鳶頭による謡い) 11:00~ お抹茶振る舞い(無料) ※予約なしで参加可能 お琴の生演奏付き見所:近年では下町でも [全文を読む]

手ぶらでOK! フォトジェニックな着物姿でお花見&街歩きを楽しもう

Woman.excite / 2016年03月12日15時00分

これからの時期は浅草寺のしだれ桜や、おいらん道中が練りあるく「浅草観音うら一葉桜まつり」(2016年4月9日開催、雨天順延)など見所もたっぷり。<着物レンタル店情報>・京都きものレンタルwargo京都に6店舗、浅草、大阪に1店舗ずつを構える着物レンタル店。着物からバッグ、足袋、ぞうり、かんざしなどの小物まで一式レンタル&着付けまでついて、ウェブ決済なら2, [全文を読む]

【タイ】東京有数の観光地でタイ人らに人気のゲストハウス

Global News Asia / 2015年06月20日11時00分

雷門や浅草寺といった見所だけでなく、周囲にはたくさんの歴史ある商店や飲食店が立ち並んでいる。 昨今の日本への観光客は中国人(もしくは中華系人)が多いようだが、東南アジアから訪日する旅行者も増加している。特に約2週間までの滞在であれば入国ビザが免除になるタイ人が続々と訪れており、2015年5月には8.1万人が訪れている(日本観光局 6月17日発表の推計値)。 [全文を読む]

CMも話題 人力車が走る街によく当たると評判の宝くじ売り場

NEWSポストセブン / 2014年05月22日16時00分

■京都(京都府) 世界遺産の登録数が17件と日本一を誇る京都は、四条通や嵐山など見所がいっぱい。京都駅から人力車で観光ルートを回るのは定番のコースとなっている。 そんな京都のツキ売り場は『京都駅ビルチャンスセンター』。昨年の『年末ジャンボミニ』で1等7000万円、今年の『グリーンジャンボ』でも1等・前後賞合わせて5億円を出すなど、波に乗っている。 「人力 [全文を読む]

Tokyo Crazy Kawaii Taipei 7/25よりチケット発売開始、イベント詳細発表!!

PR TIMES / 2014年07月25日12時31分

昨年開催のパリでは12億円以上のパブリシティ獲得! リアルな日本を世界に発信しローカライズするイベント「Tokyo Crazy Kawaii」第2弾2014年9月12日(金)~14日(日)開催のTokyo Crazy Kawaii Taipeiのチケット発売が開始しました!見所コンテンツ、出演アーティスト第2弾も発表!日本のKawaii文化を世界各国のライ [全文を読む]

たい焼き訪ねて三千里(匹)〜目と目が合ったらミラクルが起きた♪

ガジェット通信 / 2017年02月04日06時45分

ミラクルです! 写真:さくらいしょうこ 【イワイサトシが驚いた】魅惑のビジュアル派たい焼き6選 本書『東京のたい焼き ほぼ百匹手帖』には東京都23区を中心に厳選された、102匹のたい焼きグラビアも見所。言われて初めて気が付く方も多いと思いますが、世の中のたい焼きの姿は異なっており、そのフォルムにはお店の個性と歴史が表れています。今回はイワイさんが驚いた個性 [全文を読む]

迷惑行為でお金稼ぎ・過激化する動画配信者についてどう思う? 『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』ひろゆき氏インタビュー

ガジェット通信 / 2017年01月06日09時00分

本作の一番の見所と言えば、危険な指令に「やめときゃいいのに」挑んでいく若者達の狂騒と緊迫。なぜ彼らはやってしまうのか? そして、このゲームはいつか現実世界に登場するのか? 今回は「2ちゃんねる」開設者で現在「4chan」管理人、「ニコニコ動画」など様々なウェブサービスを生み出してきた西村博之(ひろゆき)氏に映画や若者のネット文化について聞いてみました。 [全文を読む]

週末プチトリップにも。東京から1時間、意外と知らない静岡の美味5選

TABIZINE / 2016年12月06日10時00分

ここは東御門、巽櫓、家康が植えたというミカンの木など見所満載ですが、美味しい「静岡のお茶」がいただけるスポットでもあるんです。 それは紅葉山庭園の茶室。駿府城公園内の紅葉山庭園では四季折々の自然を感じた後、茶室で優雅にお茶をいただくのがオススメ。ゆったりとした時間の流れが、なんとも心地よい空間。静岡と言えば「お茶」が有名ですが、ここでは「足久保煎茶、日本平 [全文を読む]

オトナ女子でも気軽に入れる東京おしゃれ銭湯5選 ひとりきりで贅沢な時間を満喫♡

ウートピ / 2016年08月30日20時08分

――ペンギンの給湯口! 早く見てみたい!(開店時間の15時まであと1時間……)山本:そして、最大の見所は「キングオブ縁側」の異名を持つ、縁側から眺める庭園。湯上りに縁側に並べられたベンチでのんびりくつろぐ。古き良きものに魅力を感じる大人の女性におすすめの銭湯No.1です。――おお! これが噂の「キングオブ縁側」。ああ、なんか癒されるなあ。本当に温泉宿に来ち [全文を読む]

【連載】国内一人旅でおすすめの旅先は?/第5回「日光~鬼怒川温泉を巡る旅」

TABIZINE / 2016年06月17日12時00分

また、歴史的建造物や自然が作り出した美しい見所も満載で、ひとり旅をしても退屈しません。 “見ざる、言わざる、聞かざる”の三猿で有名な世界遺産の「日光東照宮」 まず日光に行ったら、訪れたいのが「日光東照宮」。東武日光駅からバスに乗ると、約15分で到着します。徳川家康を神聖化して祀っているこの神社は、世界遺産だけあり、サルをはじめとする動物の木彫像や社殿のおび [全文を読む]

代官山・nOOKSTORE2周年イベントに26店舗が集結、限定アイテムやフリマも

TABROOM NEWS / 2015年10月09日21時40分

2周年記念の限定アイテムも発売されるなど見所いっぱいのヌークストアの2周年イベントは3日間限定。さらに参加店舗はそれぞれ出店日が決まっているので、下記インフォメーションでチェックしてお出かけください。 ヌークストアのオリジナルブランド「nOOKANDCRANNY(ヌークアンドクラニー)」と「KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)」がコ [全文を読む]

白黒のかわいいあの子に癒される 今「パンダカフェ」が人気

Daily Beauty Navi / 2014年12月15日09時00分

パンダ好きはもちろん、そうでなくても思わず笑顔になること間違い無し! 愛知県名古屋市東区の「Panda Cafe」もパンダファン必見! このお店の見所は、可愛いパンダの絵がお皿に描かれたデザートプレート。オーダーすればパンダ柄と一緒に好きなメッセージも入れられるから、女子会や誕生会にもオススメ! 東京都台東区浅草の「パンダカフェ 茶の花」は、子連れOKの親 [全文を読む]

100種類以上のオリジナルまいたけメニューに舌鼓秋だ!きのこだ!雪国まいたけフェア 2014in戸越銀座開幕

DreamNews / 2014年11月28日18時00分

■開催日:2014年11月20日(日)~30日(日) ■場所:戸越銀座商店街 ■住所:〒142-0041 東京都品川区戸越1-15-16 戸越銀座商店街会館 ■アクセス:東急池上線「戸越銀座」駅、 都営浅草線「戸越」駅から徒歩1~2分■「戸越銀座商店街 × 雪国まいたけフェア 2014」見所参加40店舗での期間限定オリジナルまいたけメニューの提供。 【行 [全文を読む]

“グルメの街”戸越銀座×雪国まいたけ秋だ!きのこだ!雪国まいたけフェア 2014in戸越銀座2014年11月20日~11月30日で毎日開催

DreamNews / 2014年11月10日15時00分

■開催日:2014年11月20日(日)~30日(日) ■場所:戸越銀座商店街 ■住所:〒142-0041東京都品川区戸越1-15-16 戸越銀座商店街会館 ■アクセス:東急池上線「戸越銀座」駅、都営浅草線「戸越」駅から徒歩1~2分■「戸越銀座商店街 × 雪国まいたけフェア 2014」見所1)参加40店舗、100種類上の期間限定オリジナルまいたけメニューの [全文を読む]

~JRA60周年記念イベント~ 競馬と歌舞伎の意外な共通点とは。 案内人は市川海老蔵 「馬と歌舞伎」を開催

PR TIMES / 2014年10月10日15時56分

「馬と歌舞伎」の見所や楽しみ方の他に、歌舞伎と競馬の意外な共通点や、歌舞伎における「馬」の役割・位置付けなどについてもお話頂く予定です。■トークショーイベント 「サラブレッドトークショー~武豊×市川海老蔵~」<日時:2014年10月28日(火)13:30~14:30、場所:本館1F中央ホール>JRAジョッキー武豊騎手と歌舞伎界のサラブレッド市川海老蔵さんに [全文を読む]

懐古主義に超私的系、なかには反グルメ系も!…… 進化するグルメエッセイのいま

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月04日07時20分

流行や価値観など時代性が現れるのも見所のひとつといえる。古くは1954年刊行の『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』(暮らしの手帖社)。海外渡航が珍しかった当時、パリで生活していた著者が、日々の食事にまつわるエピソードをまとめ評判を呼んだ。オムレツをはじめ、目新しい西洋料理にはじめて触れた瞬間の驚きや憧れが、ひしひしと伝わってくる。近年ならば、角田光代の [全文を読む]

フォーカス