最終回 篠原涼子に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

要は、真矢の恐怖政治は愛情の裏返しで、最終回で全て明かされるという構成。いわゆる「アンチクライマックス」の手法ですね。そして、もう1つの劇薬が、2011年の『家政婦のミタ』。松嶋菜々子演ずる笑わない家政婦・三田灯が主人公。こちらも『女王~』同様、物語の前半は彼女の過激な行動に視聴者は驚かされるが、それも全て意味があり、おかげでバラバラになりかけた家族は絆を [全文を読む]

人気主演女優「W涼子」の好感度対決!

NewsCafe / 2013年07月01日15時00分

4月スタートのドラマが次々と最終回を迎えるなか、やはり注目度が高かったのは「35歳の高校生」(AX系)と「ラスト・シンデレラ」(CX系)だろう。3年ぶりの同クールドラマとなった米倉涼子と篠原涼子の"W涼子"対決が話題を集めた。平均視聴率はそれぞれ13.2%と15.2%…今回は僅差ながら篠原涼子の主演ドラマに軍配が上がったようだ(ともにビデオリサーチ調べ)。 [全文を読む]

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

最終回の視聴率は37.2%。中島みゆきが歌う主題歌『空と君のあいだに』もミリオンセラーとなり、翌年には続編も作られた。 95年の『星の金貨』も聴覚を失ったヒロインを酒井法子が好演。初回視聴率7.2%から最終回23.9%と驚異の伸びを見せ、こちらも主題歌の『碧いうさぎ』が大ヒット。同じく翌年、続編が作られた。 90年代、氏家社長の強力なリーダーシップのもと、 [全文を読む]

鈴木砂羽のブチギレ報道はマジだった?不自然すぎた「オトナ女子」最終回

アサ芸プラス / 2015年12月22日17時59分

12月17日に放送された篠原涼子主演のドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)最終回の視聴率が、9.2%だったことがわかった。同ドラマは、全放送視聴率1ケタという厳しい結果に終わった。「篠原といえば、主演ドラマを軒並みヒットさせる視聴率女王だと業界では呼ばれていましたが、今回『オトナ女子』の失敗で、そのイメージがついに打ち砕かれることとなりました。この結果に、 [全文を読む]

キョンキョンに篠原涼子に浅野温子!センチな秋にしっとり楽しめる大人の恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年10月24日14時45分

平均視聴率は23.6%、最終回では36.7%という視聴率を記録しました。 主人公で建設管理会社の万年係長、星野達郎役を武田鉄矢さんが演じ、ヒロインでオーケストラのチェリスト、矢吹薫を浅野温子さんが演じました。武田鉄矢さんの同作でのセリフ「僕は死にましぇん」は、同年の新語・流行語大賞(大衆部門・金賞)となり、主題歌のCHAGE&ASKA「SAY YES」は、 [全文を読む]

“ドラマの女王”篠原涼子がフジテレビを救う!? 主演秋ドラマで「再生」なるか

日刊サイゾー / 2015年09月15日20時30分

13年に出演した『ラスト・シンデレラ』(同)でも独身女性の悲哀と恋愛をコミカルに演じて、最終回の視聴率は17%を超えたことから“数字”も持っている。最近でもトリンプの『天使のブラ』CMで披露した美しい谷間が絶賛されるなど様々な場面で支持を集め、特に女性からの好感度が高い篠原の力で、フジとしてはなんとか視聴率を稼ぎたいのが本音ではないでしょうか」(同) ヒッ [全文を読む]

『ガリレオ』勝ち逃げ、嵐・櫻井も猛追! 『雲の階段』惨敗の4月期ドラマ視聴率

サイゾーウーマン / 2013年06月28日13時00分

初回22.6%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を獲得後、4週連続で20%台を維持するなど相変わらずの人気を見せつけたが、最終回は19.1%。初回を超える高視聴率は出せなかったが、平均視聴率19.9%で今期1位に輝き、6月29日に公開となる映画『真夏の方程式』に向けて良い足がかりとなった。 2位は、篠原涼子・三浦春馬・藤木直人がメイン出演した『ラス [全文を読む]

篠原涼子のラスト・シンデレラ 女たちの熱い支持集める理由

NEWSポストセブン / 2013年06月20日07時00分

そしていよいよ6月20日木曜日が最終回。ラストに向かって盛り上がるか、と期待したわりに……先週の第10話の内容は、ご都合主義的な残念な展開でした。 突然、チンピラがヒロイン・桜にからんでくる。そこへ、身をなげうって助けに入った凛太郎(藤木直人)。桜の心は凛太郎へ傾く。ところが、凛太郎にNYへの転勤命令が。彼の背中を追いかけNYへ行くのか、それとも15歳年 [全文を読む]

勝因は「女性向けAV」!? 米倉&篠原“W涼子”対決は『ラスト・シンデレラ』の勝利

サイゾーウーマン / 2013年06月14日13時00分

2010年の『ナサケの女~国税局査察官~』(テレビ朝日系)、『黄金の豚‐会計検査庁 特別調査課‐』(日本テレビ系)以来、3年ぶりの同クールドラマとなった米倉涼子と篠原涼子の“W涼子”対決だが、最終回を前に勝敗が見えてしまったようだ。米倉主演の『35歳の高校生』(日本テレビ系)の第9回視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、ついに一桁を記 [全文を読む]

嵐 新CMで仲良しっぷりを披露。篠原涼子主演の月9「民衆の敵―」が3位にランクイン! 【視聴熱】9/20デイリーランキング

ザテレビジョン / 2017年09月21日18時33分

■ ドラマランキング 「コード・ブルー―」最終回が根強い人気!篠原涼子主演の月9も話題に1位 コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON/2位 僕たちがやりました/3位 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~…10月16日(月)スタートの篠原涼子主演ドラマ。AAAが担当する主題歌「L [全文を読む]

「コード・ブルー3」最終回は16・4%!自己最高で有終の美“月9”7作ぶり期間平均2桁

スポニチアネックス / 2017年09月19日09時03分

俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めたフジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)が18日に30分拡大で最終回を迎え、平均視聴率は16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。初回の16・3%を0・1ポイントながら上回り、自己最高をマーク。有終の美を飾った。全1 [全文を読む]

高橋一生の生声が聞ける「旅するコール」、いよいよ最終回へ!

ザテレビジョン / 2017年08月22日10時10分

そんな高橋の生声が24時間楽しめるキリン「氷結」の「高橋一生の旅するコール」最終回が、8月22日からスタートした。今回の「ヴェネツィア」篇では、「ヴェネツィア」が発祥で桃とスパークリングワインのカクテルとして有名な「ベリーニ」を高橋がリポートする様子が楽しめる。また、同日より「ベリーニ」を「氷結」流にアレンジした「キリン 旅する氷結 ピーチアモーレ」を発 [全文を読む]

推理不可能? 嵐・相葉『貴族探偵』、裏のNHKニュースにも大差で視聴率惨敗していた!

Business Journal / 2017年06月29日20時00分

26日に迎えた最終回(第11話)は、放送時間の15分拡大という特別扱いを受けたが、そんな局側の配慮も虚しく、視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまり。それでも第10話の8.0%に比べれば随分健闘したほうで、全11回の放送の中では初回の11.8%に次ぐ視聴率となったが、結局2ケタに乗せたのはこの1回のみ。 全話通しての平均視聴率は8. [全文を読む]

トップは北川景子の出世作、TBSが高畑裕太のネット配信見送り、遊川和彦氏のヘビーなオチ……夏ドラ視聴率ランキング

日刊サイゾー / 2016年09月27日00時00分

続々と最終回を迎えた夏ドラマ。視聴率をランキング形式で振り返ります。■トップは北川景子の出世作『家売るオンナ』 まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区/クールまたぎの連ドラは除く)。1位『家売るオンナ』(日本テレビ系)11.6%2位『仰げば尊し』(TBS系)10.5%3位『刑事7人』(テレビ朝日系)10.3%4位『はじめまし [全文を読む]

北川景子『家売るオンナ』最終回13.0%で民放トップも、足早展開に視聴者びっくり「1話カットされた!?」

日刊サイゾー / 2016年09月16日00時00分

北川景子の出世作と評判の連続ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)の最終回(14日放送)。平均視聴率は、自己最高となる13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。全10話の期間平均は11.6%で、放送中の民放連ドラでトップとなりました。 これまで、美人ゆえの無表情からか、「大根女優」の名を欲しいままにしてきた北川。開始当初は、主人公の独特なキ [全文を読む]

石原さとみ、木村文乃、篠原涼子 ドラマで登場名キスシーン

NEWSポストセブン / 2015年12月26日07時00分

主演を務めた月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)では、恋人役の僧侶(山下智久・30)とキスをしようとすると必ず邪魔が入るという「寸止めキス」で最終回まで視聴者を焦らし続けた。 その「寸止め」はラストシーンでも繰り返された。クリスマスイブにツリーの前で、山下が石原にプロポーズ。婚約指輪をはめた石原に山下が顔を近づけると、雪がチラつき始 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】篠原涼子を猫のマッシュが訪問。『オトナ女子』の“ちくわ”が目的?

TechinsightJapan / 2015年12月17日20時55分

ドラマが最終回を迎えることから、マッシュが陣中見舞いに来たようだ。 エキゾチックショートヘアのマッシュはヘアメークアーティスト・岡野瑞恵さんの愛猫である。岡野さんと交流の長い女優の石田ゆり子が名付け親となった。12月17日、『マッシュ mash1126a Instagram』に「ちくわのかぁちゃん、中原亜紀に会ってきたんだ」とその1枚が投稿された。 獅子舞 [全文を読む]

「オトナ女子」篠原涼子&江口洋介がクランクアップ

Smartザテレビジョン / 2015年12月17日10時00分

12月17日(木)に最終回を迎える篠原涼子主演ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)で、クランクアップの模様が届いた。 同作は、いくつになっても“女子”であることを諦めない40歳の独身女性・中原亜紀(篠原涼子)、大崎萠子(吉瀬美智子)、坂田みどり(鈴木砂羽)の3人が、脚本家の高山文夫(江口洋介)や社長の栗田純一(谷原章介)といったダメ男に振り回されながら、幸 [全文を読む]

篠原涼子、主演ドラマ壮絶爆死で「私、脱ぐよ」「もっと胸を出す」と焦りまくり

アサ芸プラス / 2015年12月09日17時59分

篠原サイドが『もうフジには出ない』と言っているという話も聞きますし、ここまでコケたら、全部フジのせいにするしかないでしょう」 せっかくなので、最終回までにもうひと肌脱いでもらいたい気もするが‥‥。 [全文を読む]

篠原涼子、主演ドラマで変わらぬ“自然体エロス“! 衰え知らずの美貌で男女を魅了

メンズサイゾー / 2015年12月04日17時30分

インナーの中でふくらむ胸を見た男性ファンらは、その刺激的な姿を絶賛し、「最終回まで見逃せない」などのコメントを寄せた。この日の回では、篠原の投げキッス姿や江口洋介(47)に押し倒されてキスをされるシーンなどもあり、多くの視聴者が興奮を覚えたようだ。 制作発表の際に「女性にとって明日への活力になるドラマにしたい」と篠原が語ったように、主に女性視聴者をターゲッ [全文を読む]

フォーカス