ファッション 篠原涼子に関するニュース

今ではスタンダードになってる物も!?“ドラマから流行したモノ・コト”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月03日09時55分

あの人と同じ格好がしたい!「真知子のストール」「リカの紺ブレ」「青島のモッズコート」ドラマからブームになったファッション。古いもので言えば、家庭にお風呂がない時代に、「番組放送時間になると銭湯の女湯がガラガラに」と話題になった『君の名は』の「真知子巻き」でしょう。ストールを頭から首にかけて巻くのが大流行しました。映画版の主演女優である岸惠子さんが、寒さ避 [全文を読む]

週末は違う自分に変身したい! 洋服の色で憧れの人に近づく幸せカラーセラピー

i無料占い / 2014年07月19日20時00分

そんな篠原涼子のようなタイプになりたいのなら、ファッションに青を取りいれましょう。青は、副交感神経を刺激し、冷静さと集中力が増す色。大人のイメージを強く出したいなら、セルリアンブルーやコバルトブルーがおすすめ。さわやかさをプラスするなら、シアンがグッド。ただし、男性の視線を意識するなら、青が強すぎると、近づきにくい印象を与えます。白を加えて、「純粋さ」を演 [全文を読む]

最も好きなキャリアウーマン主人公は?25.1%が天海祐希演じるあの女性が一番と回答!

しらべぇ / 2015年03月21日19時00分

アメリカ帰りでファッションも洗練されている彼女。警視庁という男性社会内でも毅然とした態度で業務を遂行します。何事にも妥協せず振舞う彼女に、憧れの念を持つ人が多いことに納得するのではないでしょうか。 「刑事は演技」をモットーに凶悪事件を解決していくプロフェッショナルな彼女の信念は、業務に取り組む上での哲学として興味深い示唆を与えます。 ■ 上位にランクインし [全文を読む]

NO.1美容誌『美的』編集長が語る、読者が求める”大人の色っぽさ”とは

Woman Insight / 2014年12月24日20時30分

WI 読者のメイクへの関心が高まった背景には何があると思いますか? 兵庫 実は、メイクだけでなく、ヘアやアクセサリー、ファッションなども含めた全体の雰囲気だったりと、なりたいと描いている理想の「女性像」に近づきたいということに関心が高いようなんです。ナチュラルやヌーディメイクは、比較的誰にでも似合うので、「ヌーディカラーの何をつけたらいいの?」と、あまり [全文を読む]

【ファッション雑誌No.1企業】宝島社から月刊美容誌『&ROSY』 3/23創刊!35歳からの品格美容!表紙は篠原涼子さん!

PR TIMES / 2017年03月14日12時47分

ブランドアイテム付録は、「コスメデコルテ新・美白美容液」と「ポーチ」の2点セット! ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、30代・40代の大人世代をターゲットにした美容誌『& ROSY(アンド ロージー)』を2017年3月23日に月刊誌として創刊します。『& ROSY』は、弊社初の美 [全文を読む]

<「オトナ女子」がおもしろくない理由>完璧なキャリアウーマンに都合の良すぎる物語展開では誰も共感できない

メディアゴン / 2015年11月08日10時30分

細身のパンツにヒール、ジャケットをわざとめくり上げて手首を強調したファッション、髪を無造作にかきあげる色気のある姿に思わずどきっとさせられる。・・・というぐらい、まるで生活感のない亜紀のキャリアウーマン像だ。「こんな人、実際のアラフォーにいる訳ないだろう!」とツッコミを入れたくなる。もちろん、おもしろくない原因は、主人公のリアリティのなさだけではない。スト [全文を読む]

なぜ『オトナ女子』に共感できないのか? 同世代ライターが分析

リアルサウンド / 2015年11月05日07時03分

その結果、「自分磨きのためにしていること」として、20歳代は「ネイル、ボディ、ヘアのお手入れ」、30歳代は「ファッション」、40歳代以上は「身体によい食生活を心がける」が第1位となった。また、「自分磨きの目的」に「自分に自信を持つ」が1位、「人間としての成長」が2位となった。ここで注目したいのは、40代以上の結果として1位と2位の差異が世代間で1番少なく、 [全文を読む]

30代メンバー中心のAAA 10代からの人気が衰えない理由

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月21日09時26分

アイドル好きに多い、コッテリファッションやヤンキーファッションも少ない。 結成12年ともなれば極端なオタク、オバサンも増えていくものだが、そういった偏ったタイプも少ない。観客は皆ツアー専用の箱型ライト(2600円)を購入。ライトは演出側が遠隔操作、曲によってすべて同じ色、同じタイミングで点灯し、一体感があって楽しそうだ。この日はテーマ曲を歌う10月スタート [全文を読む]

井川遥 宮沢りえから篠原涼子にママ友鞍替えの理由

NEWSポストセブン / 2017年06月09日16時00分

しかもどちらも旦那さんがファッション関係。昔からよく都内のワインバーで、不規則な生活が多い旦那さんを持つ苦労を語ったり、時には酔っ払ってストレスを発散していました。でも、井川さん、そんなに芸能界のママ友づきあいが広い人じゃないですよね、もともとは。それが今はときめく4人で“最強”のママ友軍団ですよ。今回の発言は単純に驚きましたよ」(芸能関係者) 特にプライ [全文を読む]

お手本にしたい有名人は…20代「石原さとみ」、30代「篠原涼子」、40代「松嶋菜々子」がそれぞれ1位!女子力が高いと思うのは「料理上手」な人で61.3%!

@Press / 2016年10月26日13時00分

ワールド・モード・ホールディングス株式会社(以下 ワールド・モード 代表取締役 加福真介)に属する人材会社iDA(アイ・ディ・アクセス 代表取締役 加福真介)は、ファッション・コスメ業界や働く人の意識の動向について、いち早く把握をするために独自で調査を行っております。今回は2016年8月9日(火)~13日(土)の5日間、女性300人を対象に、「女子力に関す [全文を読む]

好発進!石原さとみが「校閲ガール」で“ほんわか”から“バリバリ”に脱皮

アサジョ / 2016年10月11日09時59分

原作は、宮木あや子氏の小説「校閲ガール」で、ファッション誌の編集者を目指していた河野悦子(石原)が、校閲部に配属されたことから巻き起こるコメディードラマだ。 放送される“水10”枠はこれまで、篠原涼子主演の「ハケンの品格」や菅野美穂主演の「働きマン」、北川景子主演の「家売るオンナ」などの“お仕事ドラマ”で高視聴率をたたき出している。 石原も「『ハケンの品格 [全文を読む]

松田聖子や篠原涼子 下着CMに大物タレント続々出演の背景

NEWSポストセブン / 2016年06月28日16時00分

様々なデザインの下着を身に着けてじゃれ合うメンバーの姿が「下着はファッション」との認識を与えたのだ。 そのため、男性誌のHなグラビアはNGだが、女性誌や下着CMはOKというタレントも多い。佐々木希(28)も『anan』(マガジンハウス刊)で大胆な下着姿を披露し話題になった。 その先駆者となったのが女優の篠原涼子(42)だ。2014年、トリンプ「天使のブラ」 [全文を読む]

まさに…美魔女!実年齢に驚く「40代女性芸能人」3位森高千里を上回る1位は

WooRis / 2016年01月28日17時00分

メイクやファッションで飾るよりも、まずは美肌を徹底的に意識してみると、若々しい上に透明感あふれる美魔女になれそうです。■ 年齢不詳の美魔女を目指すならインナービューティが鍵「私も彼女たちみたいに、イイ意味で年齢不詳の美魔女になりたい!」と願う女性は、日々の食生活に気をつけてインナービューティを意識してみては?近年は“スーパーフード”ブームですから、美容や健 [全文を読む]

「襲われた人にしか見えない」篠原涼子の執拗なバスト見せに視聴者が困惑

アサ芸プラス / 2015年11月07日17時59分

篠原が劇中で見せるファッションも「参考になる。マネしたい」と女性視聴者たちの注目ポイントとなっているが、一方で胸元を執拗に開けた着こなしについてネット上では常に議論が交わされている。 例えばこんなシーンがある。ゆったりとした白シャツ姿で出社するキャリアウーマン役の篠原。抜け感とトレンドを意識してか、谷間露出ギリギリまで大胆に前ボタンをオープン。それだけでも [全文を読む]

篠原涼子、「オトナ女子」での谷見せブラウス姿に「まるで花魁の着こなし」

アサ芸プラス / 2015年11月02日09時59分

さらに気になるのは、篠原演じる中原亜紀のファッション。正面を向っていても、胸の谷間がはっきりと見えるUネックのカットソーや常に第3ボタンまで外しているシャツブラウス姿に「こんなにだらしない恰好で出勤する人はいない」「白シャツを背中側に引っ張り過ぎてて、まるで“花魁”のような着こなし」など、働く女性からは総スカンを喰らっている。 これでは“イタイ女”ではなく [全文を読む]

20~30代男子に聞いた!「アラフォー女子が“篠原涼子”に見える瞬間」

アサジョ / 2015年11月01日17時58分

仕事をおろそかにしてファッションや美容にこだわったり、男性にすぐに何でも頼ったりするのは、好感度の高い“オトナ女子”じゃなく、ただの“コドモっぽい女子”ということになります」 オトナとしてキチンとした上で、たまに女っぽいもろさや素直さを見せることこそが、年下男子のココロをつかむ篠原涼子的アラフォーなのかもしれない。 [全文を読む]

かつてオリコンを埋め尽くした「小室ファミリー」 最も人気だったのはあの人!

しらべぇ / 2015年03月08日08時00分

また、当時安室奈美恵はファッション面でも女性からの絶大な支持を集め、「アムラー現象」と呼ばれる流行も。 彼女のファッションを模倣する人たちを指す「アムラー」は、1996年の「新語・流行語大賞」のトップテンに入賞。当時は、街にミニスカート・茶髪・細眉・厚底ブーツの女性が溢れかえっていました。 ■2位は小室哲也自身も参加しているglobe 2位のglobeは [全文を読む]

『ラスト・シンデレラ』三浦春馬に女性たちから大絶賛の評価

NEWSポストセブン / 2013年05月17日16時00分

主人公は、篠原涼子(39才)演じるファッションに無頓着で色気も皆無の39才“オス化女子”。夫とのセックスレスに悩む専業主婦(大塚寧々・44才)、超肉食系でバツイチ独身のスポーツインストラクター(飯島直子・45才)という2人の親友とともに人間模様を展開していくラブコメだ。 そして、女性視聴者にとっての見どころはなんといっても三浦春馬。24才のプロのBMXライ [全文を読む]

社会学的に解き明かす、人気ママタレの条件は「夫の職業」にあった

週刊女性PRIME / 2017年09月02日10時00分

主な著書に『文化移民ーー越境する日本の若者とメディア』(単著、新曜社、2008)、『現代エスノグラフィー』(共編著、新曜社、2013)、『ファッションで社会学する』(共編著、有斐閣、2017)。専門は社会学。調査現場に長期間、参加して観察やインタビューを行う研究法を用いる。日本や海外の文化、メディア、若者、ジェンダーなどについてフィールド調査をしている。 [全文を読む]

打ち切り濃厚『セシルのもくろみ』でも真木よう子の業界評価が上昇のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年08月21日11時45分

内容に関しても、真木演じる平凡な主婦がモデルとしてファッション業界で成りあがるというストーリーだが「もともと真木がガリガリで共感しにくい」「演出が古臭い」「女がよく怒っているだけのドラマ」といった酷評がネット上では上がっている。しかし、このような状況でも、真木の今後のキャリアにマイナス影響は少ないだろうという声がある。 「酷評の標的となっているのは、キャ [全文を読む]

フォーカス