土地 東京都に関するニュース

作家・柴田哲孝×大学教授・平野秀樹「中国の“日本占領”はここまで進んでいる!」

週プレNEWS / 2013年03月11日19時30分

その背後で蠢(うごめ)く得体の知れない力を追うと、その先に見えてきたのは中国資本による北海道の土地買収だった―。骨太な取材に基づく作品を数多く発表している柴田氏ならではのリアリティあふれる一冊だ。 一方、外資による日本の国土買収と日本の土地制度の甘さを、具体的なデータの積み上げと、自らが現地で目にし耳にした情報をもとに浮き彫りにした『日本、買います 消えて [全文を読む]

「土地活用プランナー(R)」の認定試験が2月19日に開催 ~受験者数は169名に大幅増加・次回は8月27日(日)を予定~

@Press / 2017年02月23日10時00分

公益社団法人東京共同住宅協会(所在地:東京都渋谷区)は、2017年2月19日(日)に土地活用の専門資格「土地活用プランナー(R)」の認定試験をTKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて開催しました。 土地活用プランナーホームページURL: http://www.tojukyo.org/ 相続税の増税や空き家問題を背景に、現在、土地活用の必要性は大変高いものとな [全文を読む]

顧客満足度No1獲得の『土地活用・賃貸経営ナビゲーション』サイトがリニューアル!~絞り込み機能強化で効率性アップ~

DreamNews / 2014年07月29日18時00分

デジタルメディアを運営している株式会社グローバルサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:守屋直樹)は、アパート・マンション経営や土地活用を検討しているオーナー向けの賃貸経営プラン比較サイト『土地活用・賃貸経営ナビゲーション』を2014年7月15日にリニューアルしました。顧客満足度”“参画企業社数”“サイトの使いやすさ・安心感”No1の情報サイトです。 [全文を読む]

探偵が調査。積水ハウスから63億円を騙し取った「地面師」の黒幕

まぐまぐニュース! / 2017年09月12日05時00分

大手住宅メーカー・積水ハウスが、東京・五反田にある元旅館「海喜館」の土地取引を巡り、詐欺師グループに63億円もの大金を騙し取られた巨額詐欺事件。週刊誌などでも報道されましたが、日本を代表する住宅メーカーで取引経験も豊富な同社が、なぜあっさりと詐欺グループの策略に乗せられてしまったのでしょうか。メルマガ『伝説の探偵』の著者でこの件に関する調査を進めてきた現役 [全文を読む]

現場で役立つ土地活用の専門資格!「公益社団法人認定資格 土地活用プランナー(R)」申込締切迫る

@Press / 2015年10月02日12時00分

公益社団法人 東京共同住宅協会は、今年度より土地活用の専門資格である「土地活用プランナー(R)」の運営を開始し、2015年11月10日(火)~11日(水)に第3回目の養成講座・認定試験を実施いたします。 当資格は、試験直前に養成講座が用意されており、受講後そのまま試験に臨むことができます。効率よく専門知識を身に付け、資格を取得することができますので、普段忙 [全文を読む]

あなたの街は何位? 「社長が住む街」最新ランキングが発表

IGNITE / 2015年05月11日21時07分

江戸時代、赤坂見附門が置かれたこともあり、大名や旗本の武家屋敷街、そして幕下藩士や町人たちの生活の場として街が発達した土地柄だ。明治時代には新政府の役人や公家が多く住み、近現代を通じてその時代をつくった人々が住んで来た街とも言える。■都心回帰は続く上記の港区赤坂以下、町村ベースランキングは下記のようになっている。1位 東京都 港区赤坂2位 東京都 渋谷区代 [全文を読む]

Valentine’s Special Chocolat Seleciton

NeoL / 2017年02月02日21時12分

山脈に囲まれた土地ならではの芳醇な果実味をお楽しみください。 ※他2粒は、 東京ブティックおすすめのショコラとなっております。 ※各種限定300セット オンライン限定イヴェールセレクション 7粒+タブレットセット ¥9,200(税込) ギフトとして、 さらにお楽しみ頂けるセットが登場。 7粒セットに、 1枚の板チョコレート(タブレットショコラ)をプラス。 [全文を読む]

パーク24を急成長させた「新たな課金方法」

プレジデントオンライン / 2017年01月18日09時15分

遊休地になってしまうのは、土地を入手しても不動産オーナーがその利用方法を決めかねている場合や、土地を購入しても建物を建てる予算がすぐには捻出できないケースなど事情は様々だ。不動産は所有しているだけで固定資産税がかかり、活用していなければ出費が伴う。 その一方、都市部では慢性的に駐車場が不足しており、国内ではおよそ2400万台分の駐車場が必要とされるが、現状 [全文を読む]

地方でも急増! アパート経営の落とし穴

プレジデントオンライン / 2017年03月16日15時15分

相続税は現預金をそのまま保有して相続した場合は、その額面に対して課税されるが、その現預金で不動産を購入してそれを相続した場合、土地は公示価格の80%程度、建物は建築費の40%から60%程度が相続税評価額になることで、額面よりも低い価額になる。とくにアパートなど貸家の土地建物の場合、以下のように評価される。 住宅地の自己所有の土地で賃貸アパートを経営してい [全文を読む]

つくば市初開催!忙しいサラリーマンの年収アップに!家賃収入+売電 W収入で高利回りの太陽光発電付き【戸建賃貸】投資セミナー

@Press / 2015年06月05日11時00分

(国土交通省平成17年調べ 土地問題に関する国民の意識調査)【収入源が2つ!家賃収入+売電収入 Wの収入で高利回り】賃貸経営は、家賃が主な収入になりますが、フィットの戸建賃貸は売電収入をプラスします。家賃だけではなく、売電収入も持つことによって、10%超えの高利回りを実現します。もし空室になった場合も、毎月の売電収入は入るので安心です。※収入シミュレーショ [全文を読む]

いま家は買うな? 不動産の「2022年問題」がチャンスに変わる理由

まぐまぐニュース! / 2017年05月30日16時41分

その後、1992年に同法が改正され、一部自治体が指定した土地の固定資産税は農地なみに軽減され、また相続税の納税猶予が受けられる「生産緑地制度」が適用されました。 生産緑地とは、住宅の建築が可能な市街化区域内の面積500平米以上の土地のことで、生産緑地の指定を受けると建築物を建てるなどの行為が制限され、農地としての管理が求められます。 生産緑地制度が適用さ [全文を読む]

2位は市川市…「待機児童が多い首都圏の自治体」圧倒的1位はアノ区!

BizLady / 2017年03月11日18時00分

全国的に見ても、待機児童が圧倒的に多いのはやはり人口が多く、地方都市に比べて土地は狭い東京都23区内という結果になりました! 今後発表される新年度のデータにも注目したいところです。 ■首都圏で待機児童数が少ない自治体はどこ? 東京都内や首都近県に住む人々にとって、女性の職場復帰が阻まれる可能性がある待機児童問題は深刻です。 首相官邸によると、平成24年末 [全文を読む]

"姥捨て特養"杉並区以外が距離をとる理由

プレジデントオンライン / 2017年05月19日09時15分

都市部で整備の土地を確保するのは難しいが、地方部であれば可能だ。今回、南伊豆町は土地を無償で貸し出している。特養の誘致によって、観光振興や雇用創出を見込んでいるからだ。 ところが「全国初」というこの取り組みは、まったく広がっておらず、現状では「日本唯一」となっている。なぜ杉並区は、頓挫が見込まれるこの計画を推し進めているのだろうか。 ■なぜ舟形町の計画は失 [全文を読む]

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 / 2016年08月23日11時50分

狭さも課題の豊洲新市場 土壌汚染工事終了後も有害物質が検出 そもそも豊洲市場が建設されている土地は、1956年から88年まで東京ガスが石炭から都市ガス製造を行う工場跡地だったため、その土地と地下水を汚染してしまいました。発がん性があるベンゼンは43,000倍、シアン化合物(青酸カリ)は860倍など、環境基準値を大きく上回る汚染された土壌がそのまま残されま [全文を読む]

「土地情報レポートLite」 を期間限定で無料提供開始

@Press / 2015年04月16日17時45分

戸建住宅の地盤調査・建物検査を手掛けるジャパンホームシールド株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:斉藤 武司)は、地盤調査・解析実績が100万棟を突破したことを記念し、土地ごとの自然災害時の特性をまとめた「土地情報レポートLite」を2015年4月16日から8月末までの期間限定で無料提供します。 「土地情報レポート」は、自然災害時における土地の特 [全文を読む]

土地活用セミナー「土地活用革命!!狭小地でも高収益を実現する寄宿舎シェアハウス」10月5日(日)に東京国際フォーラムで開催

@Press / 2014年10月01日10時30分

東京都内を中心に「寄宿舎シェアハウス(※)」を展開する株式会社スマートライフ(本社:東京都中央区、代表取締役:佐藤 哲也)は、「寄宿舎シェアハウス」による土地活用を提案するセミナーを10月5日(日)に東京国際フォーラムで開催いたします。 従来の土地活用では、戸建住宅やパーキングへの利用しか叶わなかった狭小地でも「寄宿舎シェアハウス」を活用すれば、高い収益を [全文を読む]

次の敵は石原慎太郎。「小池劇場」第二シーズンの絶妙なシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年02月10日05時00分

豊洲市場について「汚染された土地を購入したのは違法だ」と、都に対し「石原元知事に土地代金約578億円を請求すること」を求めた住民訴訟。小池知事は、これまで石原氏に賠償責任はないと言い張ってきた都の方針をあっさり変え、石原追及の姿勢に転じた。 さすがというべきか。まず小池知事は公開ヒアリングを自尊心の高い石原氏に求めた。予想通り拒否されると、今度は質問状を [全文を読む]

茨城初出店!つくばエリア最大級の不動産情報館「いえとち本舗 つくば店」誕生、全国38店舗展開中

@Press / 2015年11月27日10時30分

「いえとち本舗 つくば店」http://www.fit-station.jp/tsukuba/【土地・住宅購入者向け手頃価格のワンストップ型サービスショップ】従来、不動産探しは、お客様が不動産会社に行き希望条件を伝え、条件に合う物件を提案するというものが一般的でした。しかし、気に入った土地を見つけるまでに時間がかかり、土地が決定しても次は住宅メーカーを探し [全文を読む]

日本の森買い漁る中国 水資源確保が中国の異民族支配の手法

NEWSポストセブン / 2012年06月18日07時00分

本誌6月15日号の「中国が極秘に領事館建設用地として新潟で5000坪の土地を購入していた」という記事は大反響を呼んだ。だが、本誌が報じたのは中国による日本領土購入の氷山の一角にすぎない。 その一方で東京都による尖閣諸島購入について、丹羽宇一郎・在中国大使が、英紙インタビューで、「日中間に重大な危機をもたらす」と発言。そこには、領土が国の根幹をなすものとの意 [全文を読む]

人口減少時代 無造作に住宅建てず「倉庫」で土地活用 業界初 『建売(たてうり)倉庫(そうこ)』の販売を2018年3月スタート ~借主確定のため購入時から家賃が発生する不動産投資~

DreamNews / 2017年09月05日13時00分

■人口減少時代の今、無造作にアパートやマンションを建てず、『建売倉庫』で有効に土地活用する 現在、東京都心や郊外で特にアパートやマンションは供給過多の状態です。人口減少に伴い空き住宅が増加しているにも関わらず、居住地に適さない工場跡地に無造作に住宅を建築してきたことが要因になっています。一方、工場・倉庫を探している人は多く、当社の『建売倉庫』のビジネスモデ [全文を読む]

フォーカス