小田和正 矢沢永吉に関するニュース

【エンタがビタミン♪】ゆず、絶頂期に味わった“挫折”明かす。「地元のヤマハピアノ教室に飛び込んだ」

TechinsightJapan / 2015年05月21日13時20分

ゆずの2人が、音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』の中で小田和正とコラボした時に挫折感を味わったことを明かした。当時の彼らはヒット曲を連発する人気グループとなっていたが、その時の感覚を「山の頂上にいるつもりが、霧が晴れたら小田さんという大きな山があった」と表している。 ゆずの北川悠仁と岩沢厚治が5月17日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に [全文を読む]

矢沢永吉、初のオールタイムベストで18年10ヵ月ぶりの1位獲得、しかも歴代最年長1位記録樹立!

okmusic UP's / 2013年05月21日04時00分

これまでアルバムの最年長首位記録は、小田和正『どーも』(2011年4月発売)の63歳7ヵ月で、シングルは秋元順子「愛のままで…」(2008年1月発売)の61歳7ヵ月。小田和正の持つ歴代記録を2年1ヵ月ぶりに塗り替えると同時に、自身初の同記録1位となった。 また、自主レーベル・GARURU RECORDSからの発売となった今作で矢沢は、ソロアーティストとし [全文を読む]

「引退をにおわせる作戦も!」矢沢ビジネス健在──なぜ今"永ちゃん節"がメディア席巻なのか

日刊サイゾー / 2012年07月25日08時00分

「今、スタジアムクラスの会場を満員にできる還暦世代は、矢沢のほかには小田和正、沢田研二くらい。さだまさしや松山千春などのフォーク勢も中クラスの会場を細かく回って稼いでますが、ロックやポップス畑は元気ないですね。ユーミンはここ数年、声が以前ほど出なくなったこともあって、客のコンサート離れが進んでいる。欧米ではシニアマーケットがどんどん成長しているのに、日本の [全文を読む]

矢沢永吉、初オールタイムベストで首位獲得!歴代最年長1位の記録も樹立

AOLニュース / 2013年05月21日20時00分

なお、これまでアルバムの最年長記録は、小田和正『どーも』(2011年4月発売)の63歳7ヵ月。シングルは秋元順子「愛のままで...」(2008年1月発売)の61歳7ヵ月だ。今回矢沢は、小田和正の持つ歴代記録を2年1ヵ月ぶりに塗り替える結果となった。 また、自主レーベル<GARURU RECORDS>からの発売となった今作で、矢沢はソロアーティストとして史上 [全文を読む]

小田和正の全国ツアーがいよいよスタート!

okmusic UP's / 2016年05月01日16時30分

小田和正の全国ツアー『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」』が4月30日(土)の静岡エコパアリーナにて初日を迎えた。【その他の画像】小田和正5月2日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:4月18日~4月24日)で初登場1位にランクインしたベストアルバム『あの日 あの時』をかかえての今回のツアーは、同 [全文を読む]

70年代フォークソングが再評価? 音楽ライターが選ぶ日本の伝説的なフォークミュージシャン3名

tocana / 2015年04月28日10時00分

オススメのアルバムは小田和正に衝撃を与えたとも言われている名曲『悩み多き者よ』が収録された『君は英雄なんかじゃない』(72年)や、『バイバイグッドバイサラバイ』(73年)、『グッド・タイム・ミュージック』(74年)、『僕の古い友達』(75年)など。ライブも素晴らしく、鳥肌の立つ演奏は必見だ。一時期は体調を崩していたが、現在もライブ活動を続けている。 実は彼 [全文を読む]

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和正 5位:坂本龍一 6位:稲葉浩志(B’z) 7位:長渕剛 8位:さだまさし 9位:矢沢永吉 10位:櫻井翔(嵐) 11位:加山雄三 12位:井上陽水 12位:中島みゆき 14位:谷村新司 15位:桜井和寿(Mr.Children) 16位:氷室京介 17位:aiko 1 [全文を読む]

興行チケット二次流通のチケットストリート、「2014年:熱い!ライブ指数ランキング」を発表 もっとも熱いアーティストは、『嵐』に決定!

PR TIMES / 2014年12月26日12時56分

●『小田和正』『松田聖子』『矢沢永吉』など、50歳以上のアーティストも活躍40代以上に絶大な人気を誇る50歳以上の「レジェンド」アーティストも活躍。年間を通して多くの公演を精力的にこなし、多くのファンの支持を集めた。●来年2015年の注目はズバリ、『Hey! Say! JUMP』と『EXO』動員規模に対してファン視点での「熱い!ライブ指数」が大きく上昇した [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

「今年はいつになくショボイ」NHK『紅白』、美輪明宏が隠し玉に選ばれた理由

サイゾーウーマン / 2012年12月05日13時00分

NGを出したアーティストとして挙げられているのは、小田和正、小泉今日子、山下達郎、B'z、井上陽水だ。 「彼らは長年オファーを断り続けているアーティストですが、今回逆にOKが出たのは吉川晃司と布袋寅泰のユニット・COMPLEX、そして桑田佳祐の2組となっています。また、テレビ露出がほとんどないMISIAも確定しているようですが、いずれも話題性としてはイマイ [全文を読む]

フォーカス