松田聖子 堀ちえみに関するニュース

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

松田聖子に河合奈保子、中森明菜、小泉今日子、菊池桃子、薬師丸ひろ子……。『あまちゃん』でも描かれ、今、改めて脚光を浴びている80年代の芸能界。それは“アイドル黄金時代”と呼ばれた時代だ。 当時、どれだけアイドルの人気があったのか? そのひとつの基準になるのが、若者に大きな影響力を持っていた歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)の登場回数だろう。 毎週木曜日の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】きゃりーぱみゅぱみゅの“聖子ちゃんカット” 「超絶きゃわいい!」と大反響

TechinsightJapan / 2016年12月28日13時40分

メイクやファッションも当時の雰囲気を取り入れながら、現代風“松田聖子”に変身したきゃりーの姿に「聖子ちゃんカットなのにオシャレに見えるのはさすが!」とファンも絶賛している。 1980年代を代表するアイドル・松田聖子が、厚めの前髪を目の上ギリギリでカットしサイドはレイヤーを入れて後ろに流していたヘアスタイル、いわゆる“聖子ちゃんカット”が若い女性の間で大流行 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

扉を開いたのは、何と言っても松田聖子である。どれだけ「ぶりっ子」と揶揄されようとも、聖子は一貫して“アイドルである私”を崩さなかった。また、それを可能とするだけの歌手としての実力があり、セールスにおいてもシングルの連続1位記録を樹立する。 同じ80年には河合奈保子や岩崎良美、柏原芳恵も続き、70年代後半の「アイドル冬の時代」を一瞬で終わらせたのだ。 そして [全文を読む]

【男性に質問】アイドルのカレンダー貼ってた? 40~60代全てで名前が挙がった人とは?

しらべぇ / 2015年11月05日17時00分

」「雛形あきこ」など【30代】「中山美穂」「酒井若菜」「持田香織」「内田有紀」「相川七瀬」「広末涼子」など【40代】「浅香唯」(2人)「薬師丸ひろ子」「伊藤つかさ」「Wink」「松田聖子」「本田美奈子」「岡田有希子」「中森明菜」「斉藤由貴」「河合奈保子」「菊池桃子」「柏原芳恵」「今井美樹」「細川ふみえ」など【50代】「山口百恵」(7人)「天地真理」(4人) [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(3)秀美は“ボーイッシュな女の子路線”で行こう

アサ芸プラス / 2013年08月07日10時00分

作曲とプロデュースを担当したのは、松田聖子のデビュー三部作を仕掛けた小田裕一郎である。 「聖子に比べれば歌はそれほど上手じゃない。では、どういう形にイメージを作り込んでいこうか考えた」 デビュー曲はオーソドックスなアイドルポップスだが、真価が問われる2作目に何を持ってくるか。アイドル史において、古くは山口百恵が「青い果実」で性典路線に転じ、松田聖子は「青い [全文を読む]

なんてったって「ママドル」男は知らない最新勢力図! 「離婚&デキ婚」波乱万丈

アサ芸プラス / 2012年09月28日10時59分

そういった彼女のタフな生き方が現代の女性たちにウケているのでしょう」(女性誌記者) 元祖ママドル・松田聖子(50)も、今年6月に慶応大学医学部准教授と、3度目のゴールインを飾っている。 「50歳になっても男性との情事が尽きないのはさすが。昨年末には娘・沙也加とセット売りでの『紅白』共演を果たしました。もう25歳になった娘のために“豪腕”を発揮するのも、ママ [全文を読む]

ガンダムファンにはおなじみ 歌手・森口博子の実力

NEWSポストセブン / 2016年11月19日07時00分

その後の歌手人生において、本当に色々なことがあった彼女だが、松田聖子と共に、いまも歌い続けている数少ない“アイドル”の一人だ。 その「82年組」に「追いつき、追い越せ」でデビューした女性アイドルは、なぜか「バラドル」として活躍する者が多い。「おニャン子クラブ」の台頭で、音楽ランキングの主役は彼女たちになり、その一方で、『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系) [全文を読む]

聖子・明菜・キョンキョン…あの<黄金アイドル>の蔵出し秘話をプレイバック!(2)

アサ芸プラス / 2016年03月30日09時57分

ただ依頼しただけではなく、由貴さんがオーディションで歌った5曲を録音して、それを2人に聴いてもらったんです」 松田聖子の「夏の扉」に「SWEET MEMORIES」、原田知世の「時をかける少女」、あみんの「待つわ」、そして中島みゆきの「悪女」だった。「2人とも、あみんの『待つわ』が心に響いたと言うんです。彼女は歌声が澄んでいて、表情も豊か。ジャンル分けでは [全文を読む]

膳場貴子の男は「東大卒が条件」、奥菜恵だけじゃない魔性の“バツ2”女たち

アサ芸プラス / 2015年09月10日05時59分

ほかにも、松田聖子や国生さゆり、堀ちえみなど、元アイドルにもバツ2女性は多い。「離婚は1回すると抵抗がなくなるといいますが、繰り返す人は何度も繰り返す傾向にあります。それが仕事面にどう影響を与えるかは業界によりけりと言えますが、女性有名人のほうがしたたかに生き延びている気がします」(週刊誌記者) キャスターといいアイドルといい、熟してからこそ“女の武器” [全文を読む]

【TBSオンデマンド】「8時だョ!全員集合」大ヒットにつき追加配信!

PR TIMES / 2014年01月16日15時14分

その一部を紹介すると・・・相本久美子、アグネス・チャン、浅野ゆう子、アン・ルイス、石川さゆり、石川秀美、五木ひろし、伊藤麻衣子、井上順、岩崎宏美、岩崎良美、内山田洋とクールファイブ、大里えり、大滝裕子、太田裕美、柏原よしえ(現・柏原芳恵)、角川博、河合奈保子、河上幸恵、北原由紀、木元ゆうこ、桑江知子、研ナオコ、小出広美、越美晴、小林幸子、小柳ルミ子、サーカ [全文を読む]

竹内まりや、提供曲を集めたデビュー35周年記念コンピレーション作品いよいよ発売!

okmusic UP's / 2013年11月30日00時30分

■アルバム『Mariya's Songbook』2013年12月4日発売【初回盤】WPCL-11618/9/¥2,940(税込)【通常盤】WPCL-11666/7/¥2,940(税込)<収録曲>■Disc-1 Mariya's Songbook1. みんなのハッピーバースデイ(芦田愛菜)/2. リンダ(アン・ルイス)/3. ファースト・デイト(岡田有希子) [全文を読む]

竹内まりや、デビュー35周年を記念したコンピレーションアルバム発売決定

okmusic UP's / 2013年09月25日10時00分

■アルバム『Mariya's Songbook』2013年12月上旬発売予定 <収録予定曲> アン・ルイス/リンダ(1980) 河合奈保子/けんかをやめて(1982) 堀ちえみ/待ちぼうけ(1982) 薬師丸ひろ子/元気を出して(1984) 岡田有希子/ファースト・デイト(1984) 中森明菜/駅(1986) 中山美穂/色・ホワイトブレンド(1986) 牧 [全文を読む]

フォーカス