堀ちえみ 河合奈保子に関するニュース

アナログタロウが選ぶ、なつかしのアイドルコンピAL発売

dwango.jp news / 2014年07月30日19時55分

[収録楽曲]1. 水色の恋 / 天地真理2. 純潔 / 南 沙織3. 芽ばえ / 麻丘めぐみ4. 渚のシンドバッド / ピンク・レディー5. 夏のお嬢さん / 榊原郁恵6. くるみ割り人形 / 石川ひとみ7. ジュリーがライバル / 石野真子8. 涼風 / 岩崎良美9. まちぶせ / 石川ひとみ10. スマイル・フォー・ミー / 河合奈保子11. 夏色のナ [全文を読む]

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

また、堀ちえみがドラマ『スチュワーデス物語』で大ブレイク。加えて84年デビューの菊池桃子や荻野目洋子らの新人も注目されて、この時期、80年代前半デビューのアイドルたちは絶頂期を迎えた。 そして1985年以降は、おニャン子クラブが台頭。社会現象にもなるほどのブームを巻き起こし、1988年にはついに中森明菜を抑えて工藤静香が年間シングル売り上げ6位にランクイ [全文を読む]

【男性に質問】アイドルのカレンダー貼ってた? 40~60代全てで名前が挙がった人とは?

しらべぇ / 2015年11月05日17時00分

」「雛形あきこ」など【30代】「中山美穂」「酒井若菜」「持田香織」「内田有紀」「相川七瀬」「広末涼子」など【40代】「浅香唯」(2人)「薬師丸ひろ子」「伊藤つかさ」「Wink」「松田聖子」「本田美奈子」「岡田有希子」「中森明菜」「斉藤由貴」「河合奈保子」「菊池桃子」「柏原芳恵」「今井美樹」「細川ふみえ」など【50代】「山口百恵」(7人)「天地真理」(4人) [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

堀ちえみ、松本伊代、石川秀美、早見優と、キラ星のごとく同じ時代に飛び出したのだ。 この時代まで、アイドルの多くは「歌手」を意味していたが、別の潮流も生まれた。それは薬師丸ひろ子・原田知世・渡辺典子の「角川三人娘」である。彼女たちの可憐な姿を観たいと劇場は超満員になり、その流れは宮沢りえの「ぼくらの七日間戦争」まで受け継がれていった。 さらに忘れてならないの [全文を読む]

竹内まりや、デビュー35周年を記念したコンピレーションアルバム発売決定

okmusic UP's / 2013年09月25日10時00分

■アルバム『Mariya's Songbook』2013年12月上旬発売予定 <収録予定曲> アン・ルイス/リンダ(1980) 河合奈保子/けんかをやめて(1982) 堀ちえみ/待ちぼうけ(1982) 薬師丸ひろ子/元気を出して(1984) 岡田有希子/ファースト・デイト(1984) 中森明菜/駅(1986) 中山美穂/色・ホワイトブレンド(1986) 牧 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】南原清隆がバレンタインの話題でお詫び 広瀬すずの名に「申しわけございません!」

TechinsightJapan / 2016年02月13日11時55分

意外にも堀ちえみ、柏原芳恵、河合奈保子といった80年代アイドルは20位までにも入らぬ圏外で、久本雅美が「若い女性が好きなんだって」と答えた綾瀬はるかが見事に1位となる。進行の有吉弘行に「50代の男が何が綾瀬はるかだよ~!」と言われて南原は「いいじゃないか! もらいたいんだよ!」「欲しいよ!」とつい本音を明かす。 その南原が「石原さとみちゃん」と名を挙げて [全文を読む]

【TBSオンデマンド】「8時だョ!全員集合」大ヒットにつき追加配信!

PR TIMES / 2014年01月16日15時14分

その一部を紹介すると・・・相本久美子、アグネス・チャン、浅野ゆう子、アン・ルイス、石川さゆり、石川秀美、五木ひろし、伊藤麻衣子、井上順、岩崎宏美、岩崎良美、内山田洋とクールファイブ、大里えり、大滝裕子、太田裕美、柏原よしえ(現・柏原芳恵)、角川博、河合奈保子、河上幸恵、北原由紀、木元ゆうこ、桑江知子、研ナオコ、小出広美、越美晴、小林幸子、小柳ルミ子、サーカ [全文を読む]

竹内まりや、提供曲を集めたデビュー35周年記念コンピレーション作品いよいよ発売!

okmusic UP's / 2013年11月30日00時30分

■アルバム『Mariya's Songbook』2013年12月4日発売【初回盤】WPCL-11618/9/¥2,940(税込)【通常盤】WPCL-11666/7/¥2,940(税込)<収録曲>■Disc-1 Mariya's Songbook1. みんなのハッピーバースデイ(芦田愛菜)/2. リンダ(アン・ルイス)/3. ファースト・デイト(岡田有希子) [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(3)秀美は“ボーイッシュな女の子路線”で行こう

アサ芸プラス / 2013年08月07日10時00分

松本伊代、堀ちえみ、中森明菜、小泉今日子、早見優が新人賞レースを争い、秀美も、後に夫となる薬丸裕英がいたシブがき隊も輪の中にいた。 秀美は同年の4月に「妖精時代」をリリースする。作曲とプロデュースを担当したのは、松田聖子のデビュー三部作を仕掛けた小田裕一郎である。 「聖子に比べれば歌はそれほど上手じゃない。では、どういう形にイメージを作り込んでいこうか考 [全文を読む]

フォーカス