喪服 後藤真希に関するニュース

”極妻ファッション”が似合いすぎ?後藤真希の和服姿に見る可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年03月01日12時00分

そのせいか、「喪服再来」と興奮気味の反応も見られた。 後藤の喪服姿とは、2010年に亡くなった後藤の母・時子さん(享年55)の通夜・葬儀で着ていた和装の喪服のことを指すと思われる。時子さんの葬式では、モーニング娘。OG・辻希美(28)のミニスカート姿がバッシングされたことでも話題になったが、後藤の憔悴しきった顔を見て、「こんな時に不謹慎だけど、ゴマキの喪服 [全文を読む]

「辻希美とは違う」きゃりーがみせた大人対応に喝采が起きるワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日08時02分

喪服姿にナチュラルメイクといたって常識的な格好で弔問。その姿には、取材した記者からも『意外としっかりしている』と感心する声があがったほど」(スポーツ紙記者) きゃりーがこのように評価されるのには、理由がある。“反面教師”となる存在がいたからだ。元モーニング娘。の辻希美(29)である。 「2010年に元モー娘。の後藤真希(30)の母親の通夜に参列した辻は、黒 [全文を読む]

後藤真希、めまいがするほど魅力的な和服姿公開に「極妻」出演待望論が浮上

アサ芸プラス / 2016年11月15日05時59分

実は彼女は2010年に母親を亡くした際、喪服姿をマスコミにキャッチされているのですが、やはり極妻にしか見えないと言われました」(前出・週刊誌記者) ゴマキは第2子の妊娠を発表したばかり。仕事復帰したら、「極道の妻たち」新作に取り掛かってほしいものだ。 [全文を読む]

後藤真希結婚にドラマ関係者「ファンはセクシー路線望む」

NEWSポストセブン / 2014年08月11日07時00分

母親の葬儀での喪服姿が報じられた際には、不謹慎ながらもネット上には「美しすぎる」と賞賛の声があふれた。 しかし、なぜ芸能活動再開を決めた直後に入籍したのか。結婚がアイドルの人気ダウンに直結する時代ではないとはいえ、がっかりするファンが多いことも事実だろう。ある芸能関係者は「芸能活動再開は、結婚を決めたからこそ」と証言する。 「女性誌では、夫の年収は360万 [全文を読む]

久々に姿を見せた後藤真希、復帰について語らずも巻き起こる待望論

メンズサイゾー / 2014年04月08日18時00分

この日は全身黒の喪服姿でロングの茶髪という格好で参列し、報道陣からは復帰についての質問が飛んだが、会釈だけで質問に応じることなく会場を後にした。 1999年にモーニング娘。に加入後、すぐに人気が急騰し、モー娘。全盛期のまさに中心にいたといえる後藤。保田圭、市井紗耶香とのユニット「プッチモニ」でも活躍し、01年にはソロデビューを果たす。02年に卒業後もタレン [全文を読む]

フォーカス