出来事 織田信長に関するニュース

歴史探訪!安土で信長に会いにいく

WEB女性自身 / 2017年02月22日17時00分

彼が安土に拠点を移したのは、彼の人生のだいぶ後半43歳の出来事だ。 そもそも戦国時代とは各地に「戦国武将」と呼ばれる武将がいて、国を乱立させ 天下統一を目指し陣地を取りあう、名の通り戦だらけの時代。 [全文を読む]

戦国武将の経営術。信長は「マネジメント力」でも日本を変えた

まぐまぐニュース! / 2016年10月24日04時30分

時代は腕力と狡猾さがすべてで、恋をしてやがて生まれた我が子であっても地侍の経済的都合で物としての扱いで他所の物品と交換されるという壮絶なことが日常の出来事として行われていました。 さらに述べるとこの時代、合戦を行うのは一般的に米の刈り入れが終わった後の農閑期であったのですが、その合戦に参加する地侍の楽しみは何かというとその仕組みがまた愚劣でそれは「焼き討ち [全文を読む]

4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に 歴史好きになってもらいたい…と、 進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入

PR TIMES / 2013年03月14日09時20分

進研ゼミ小学講座では、「時代」「出来事」「活躍した人物」など把握すべき要素も多く、苦手意識も持ちやすい歴史の学習をスタートするにあたって、自宅で自学自習で取り組む通信講座の教材においても、より楽しく興味を持って取り組んでもらえるようになってほしいと、毎年6年生4月号に独自の工夫を凝らした歴史の教材を投入しています。 昨年の4月号では、時代・出来事・人物が [全文を読む]

【おんな城主直虎】「故人」は白黒に 公式サイトの人物相関図に大きな変化

しらべぇ / 2017年03月12日10時00分

井伊直親の殺害は、その状況下で発生した出来事である。■バカ殿の「再評価」今後の『直虎』は、今川義元の子である今川氏真が巨大な壁として立ち塞がる。この氏真は「バカ殿」というイメージが強かった人物だが、今年の大河ドラマでは「主人公の強敵」となっているようだ。もちろんそれは悪役という意味だが、推理小説でもプロレスでも悪役は善玉以上に創造的である。先に物事を仕掛け [全文を読む]

『寄生獣』『ヒストリエ』の岩明均が原作として戦国時代を描く! 大絶賛相次ぐ、話題の本格時代劇マンガ『レイリ』レビュー!!

おたぽる / 2016年11月29日11時00分

もっとも岩明は『レイリ』に関して、「キャラクターを描きたい」のではなく、「歴史上のある出来事が書きたい」と語っている。その出来事というのが、冒頭の長篠の戦いから、武田家が滅び“甲州征伐”にいたるまでの約7年間という期間だろう。『レイリ』は長篠の戦いを前日譚として描き、その4年後から本編は始まっているので、史実に即していえば、武田家滅亡まで残り3年間程度と [全文を読む]

【古式銃のテクノロジー・前編】すべては「種子島」から始まった

FUTURUS / 2016年09月11日13時03分

「火縄銃伝来」という出来事は、どこの中学校でも必ず取り上げられるだろう。 1543年、後期倭寇のジャンク船に乗った3人のポルトガル人が種子島に上陸した。彼らはマスケット銃を所持しており、それを種子島の領主に見せた。このあたりは日本人なら誰しもが知っているであろう知識である。だがその銃を、地元の鍛冶職人がたった1年ほどでコピー生産してしまったことは意外と知ら [全文を読む]

【真田丸】戦国時代と大航海時代 「貿易の富」が戦乱を終わらせた

しらべぇ / 2016年08月21日05時30分

■ヨーロッパ人のアジア到達ポルトガル人のマカオ到達から4年後、日本では有田中井手の戦いという出来事があった。これはあの毛利元就の初陣として知られる合戦だが、ここで元就は敵将武田元繁を見事に討ち取っている。毛利の拡大はここから始まったのだ。もしここで元就が敗北していたら、その後の日本史は大きく変わっていたかもしれない。当時の中国地方は、尼子氏と大内氏が勢力を [全文を読む]

「学校で習った歴史」は本当?今ではウソな出来事3選

しらべぇ / 2016年04月28日05時30分

(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

あの織田信長が家臣にあっけなく滅ぼされる衝撃的な事件は、それだけでひとつの作品の題材にもなる歴史上の大きな出来事だ。しかし、本作における本能寺の変は、「敵は本能寺にあり」という明智のセリフ後、燃え盛る部屋の中で甲冑が崩れ落ちる様子と、有働アナの「天下統一を目前に、織田信長が死んだ」というナレーションのみ。あの大事件の描写が15秒足らずで終わる展開に、視聴者 [全文を読む]

織田信長の改革を「経営のイノベーション」として見ると?

まぐまぐニュース! / 2015年08月17日03時00分

この中で華々しい出来事が印象的ですが、そうでないけれども経営から見て最も大切なイノベーションがあります。1つは、コンセプトの導入です。もう1つは、組織改革です。 「天下布武」はコンセプトです。天下を布武することで統一するという宣言です。同時代では武田信玄の「風林火山」や徳川家康の「厭離穢土欣求浄土」が有名ですが、「天下統一」という目標を明確にし自身と配下 [全文を読む]

明智光秀 「本能寺」はカツラの恨みで決意したという説

NEWSポストセブン / 2017年04月03日16時00分

さらに信長の政策転換により、友好関係から対立関係となった四国の長宗我部氏との問題では、取次役であった光秀が板挟みとなるなど、67歳という高齢の身には堪える出来事が続いていた。信長に折檻されカツラを打ち落とされたその時、光秀は「本能寺」を決意したのかもしれない。 【PROFILE】桐野作人/1954年鹿児島県生まれ。歴史作家、武蔵野大学政治経済研究所客員研 [全文を読む]

【おんな城主直虎】46歳の阿部サダヲが13歳の家康に 大河でよくある「中年っ子」の例

しらべぇ / 2017年02月12日10時00分

武田氏の滅亡は、信繁の少年期に起こった出来事である。もちろんそれは、真田信之を演じた大泉洋にも当てはまる。堺と大泉は同い年で、学年も一緒だ。役者とキャラクターの年齢差に違和感を感じた視聴者も、もしかしたらいたのではないか。だがキャラクターの成長を経るにつれ、それぞれの俳優としての個性が徐々に発揮されるようになった。「加齢」というものをどう表現するかも、子役 [全文を読む]

2016年を象徴する言葉「ポスト・トゥルース」とは?

プレジデントオンライン / 2017年01月22日11時15分

ポスト・トゥルースの16年に起こったさまざまな出来事は、一見、グローバル化に対する反動のように見える。しかし、世界のさまざまな国、地域が相互依存を深めるという流れ自体は、変わるとは思えない。 むしろ、グローバル化の中での今後の新しい秩序への模索が、世界規模で始まったということだろう。そんな中で、既存の価値や権威が問い直されていくのがポスト・トゥルースなの [全文を読む]

綾瀬はるか、艶やかな着物姿で血だらけエピソードを告白!「足がボコボコ」

Movie Walker / 2017年01月14日13時32分

ヒロインを演じた綾瀬は真夏の撮影での印象的な出来事として、「アブ、ブヨ」と告白。「一瞬のうちに、足が8か所くらいボコボコになって。かゆくて眠れない日々を過ごしました」と虫刺されに悩まされたと言う。 堤によると「綾瀬さんだけ」と綾瀬だけが虫に好かれてしまったそうで、堤は「ボリボリ血だらけになるまで掻いていた」と暴露。綾瀬は照れ笑いをうかべつつ、「やっと今、ち [全文を読む]

綾瀬はるか、“天然”コメント連発に「あざとすぎる」

日刊大衆 / 2016年12月17日23時00分

終始、綾瀬のボケが炸裂した会見となったが、最後に綾瀬は「本能寺の変という、歴史上最も大きな出来事を、ハラハラドキドキに“それなりに”描いています」とコメント。これにも「それなりって!」と激しいツッコミを受け、綾瀬も慌てて「いい意味で、“それなりに”です」とフォローしていた。 「12月10日に公開が始まった映画『海賊と呼ばれた男』で共演した、吉岡秀隆(46) [全文を読む]

綾瀬はるか、31歳、天然キャラに「痛々しい」の声 視聴率惨敗『精霊の守り人』には「放送続けるの?」

おたぽる / 2016年12月14日19時00分

「映画『本能寺ホテル』は、戦国武将・織田信長が非業の最期を遂げた、『本能寺の変』をテーマに描いた歴史ミステリーということなのですが、会見の最後にPRコメントを求められた綾瀬は、『本能寺の変という歴史の中の大きな出来事を笑いあり、面白く、ハラハラドキドキに“それなりに”描いています』とコメント。すぐさま、堤をはじめとした共演者たちから『それなりに?』とツッコ [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】浜松城が「徳川の時代」をもたらした

GOTRIP! / 2016年11月25日02時00分

静岡県はもともと戦国歴史スポットが多い地域ですが、大河ドラマの中心地に選定されたという出来事はやはり町の空気を明るくさせます。 そして浜松市のシンボルといえば、やはり浜松城です。 ・浜松は重要拠点 浜松、すなわち遠州地域は日本の動脈のようなところです。 動脈を切断すれば、人は死んでしまいます。それと同じで、東海道は東京と大阪を接続する一大街道。その只中に [全文を読む]

道路交通法:歴史の途上:真田幸村のアナザーフィクション

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年11月09日09時00分

<幸村> 何じゃ? <佐助> 道路交通法が制定されるのは遠い未来の出来事となりますので、今は教習所に通わなくてもいいかもしれません。 <幸村> じゃあ、もう乗っていい? <佐助> 徳川側の武将は無免許運転だそうです。 <幸村> いや、それは人としてキツイかも。もうプライドの問題。 <佐助> この下剋上の時代、しかもこのテイ自体フィクションなので、何でもア [全文を読む]

真田幸村か!?織田信長か!? 社長になってほしい戦国武将にツイッター投票!100名様に賞品が当たる「『社長にしたい戦国武将』投票キャンペーン」をスタート!

PR TIMES / 2016年11月07日16時40分

ご応募いただいた方の中から抽選で100名様に、戦国武将や戦国時代の出来事などが空前絶後のボリュームで掲載されている『戦国手帳2017』が当たります。仕事で、プライベートで、大活躍する一品です。 戦国武将×ビジネスをより楽しむことのできるキャンペーンにご期待ください!キャンペーン応募はこちら→https://www.historychannel.co.jp [全文を読む]

草なぎ剛「嘘の戦争」に藤木直人ら追加キャスト決定!

Smartザテレビジョン / 2016年11月03日05時00分

'15年に同局で放送された「銭の戦争」のオールスタッフが再集結した本ドラマは、幼い頃に家族を殺された主人公・浩一(草なぎ)が詐欺師となり、事件当夜に起こった出来事の真実に迫っていく復讐(ふくしゅう)劇となっている。 今回、草なぎ演じる詐欺師・浩一と敵対する社長役に藤木直人、浩一との三角関係を繰り広げる相棒の女詐欺師役に水原希子と社長令嬢で女医役の山本美月 [全文を読む]

フォーカス