エピソード 織田信長に関するニュース

【今日のインサイト】今日は「裏切りの日」。9割の女子が経験している「裏切られた!」瞬間

Woman Insight / 2015年06月02日06時00分

というわけで、朝から不穏な話題で恐縮ですが、最近の女子の「裏切られた」エピソードについて、ウーマンインサイト編集部が20~30代の女子50人に独自に調査した結果を発表します! Q.「裏切られた」と思ったことはありますか? YES 88% NO 12% なんと! 衝撃の9割近くが「裏切られたことがある」と回答。 「裏切り」はもはや日常茶飯事……? 明智光秀も [全文を読む]

憑依芸人・ロバート秋山 なりきれてない織田信長役に注目

NEWSポストセブン / 2017年03月22日16時00分

説明しようにも、とても一言では説明できません! このドラマで面白いのは、キテレツな設定ながら、本物信長が「これはホント」と言い出す自分のちっちゃなエピソードがすべて史実ということ。戦国武将といえば、男色も珍しくなかったはず。大河ドラマでは絶対に出てこないこんな話もでてきたりして? もうひとつ面白いのは、先日、初のオフィシャルブックまで出した『世界のYOKO [全文を読む]

天才・織田信長の判断を狂わせた 義弟との戦い 『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』

PR TIMES / 2013年12月12日09時22分

戦国武将のエピソードを電子書籍で手軽に楽しめます20~30分で読み切れる手軽な電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】の人気シリーズ「英傑の日本史」の最新刊は、織田信長の盟友から一転して敵対した浅野長政をテーマにした『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』。そして、信長の知られざる兄や甥にスポットを当てた『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信行・津田信澄・津 [全文を読む]

本能寺の変の真実に迫れ! 37万部のベストセラー歴史書とソーシャル・シミュレーションゲームがコラボ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月06日15時00分

開催期間:2016年2月2日(火)~ 2016年5月31日(火) 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ ●著者監修のゲーム内イベント開催! 「100万人の信長の野望」では、2月10日(水)~2月17日(水)にかけて開催される、各ステージのボスを倒しストーリーを進めるエピソードイベントにて、著者・明智憲三郎監修のコラボレーションイベント「本能寺の変 4 [全文を読む]

「他人の話は聞かない」は信長と同じ!?小栗旬の自己中ぶりがドン引きレベルに

アサ芸プラス / 2016年02月04日17時59分

次々と飛び出る小栗旬の度を超えた自己中エピソードに視聴者がドン引きだ。 1月27日放送のバラエティ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、小栗は主演映画「信長協奏曲」の共演者たちと出演。番組では、他人が自分を評価して、人間を5つのタイプに分類する「タイプ分け診断」企画が行われた。 小栗は共演者の一人である山田孝之の診断の時、「(山田は)行動が読めな [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

『峠』に出てくる河井の性格を表すエピソードも印象的で心に残りました。まだ書生だった頃の河井が、江戸の町を歩いていると吉原の方向で、鐘を鳴らす音が聞こえてきた。河井は瞬時にその方向へ走り出し、馴染みの女性の元へと駆けつけます。司馬さんは、このエピソードを単に女性を心配した姿だけを描くのではなく、河井の行動力の源が陽明学にあることの証明として書いています。 [全文を読む]

オンラインコミュニティプラットフォーム「Salonde」にて、「榎本秋の大河・歴史うんちく街道」有料オンラインサロンを開設

PR TIMES / 2017年02月03日16時47分

[画像: https://prtimes.jp/i/1661/1003/resize/d1661-1003-667456-0.jpg ]◆榎本秋の大河・歴史うんちく街道大河ドラマや歴史ドラマを観ることがさらに楽しくなる、歴史の背景やエピソードなどが満載のサロンです。もともと大河や歴史ドラマが好きな方はもちろん、興味はあるけれど観たことがない方にも気軽にお楽 [全文を読む]

世界で一台のIngressバス「NL-PRIME」が名古屋で運行決定! 名古屋市・常滑市・南知多町の魅力ある観光資源を周知します

DreamNews / 2017年01月26日14時00分

「信長攻路 桶狭間の戦い 人生大逆転街道」はこのエピソードにあやかり、現代の人々にとって重大な決断を迫られた時や悩みを抱えた時に、信長の信念に想いをめぐらせながら歩くことで、新たな挑戦に向けた前向きな気持ちが得られる道として名古屋市が設定しました。(※2)ミッション…特定の条件をクリアしていくことによりMISSIONバッジがもらえるスタンプラリー的機能(※ [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

実際に、親友の故尾崎豊の形見のギターを蹴った知人と殴り合いになり、鼻骨および肋骨を骨折させるほどのパンチを繰り出して書類送検されたというエピソードを持つ。もし世が世なら、吉川も後世に名を残す素晴らしい武将になっていたかもしれない。 「吉川晃司がNHKの大河ドラマ『天地人』で織田信長役として出演した際は、関連本のインタビューにて親戚に“吉川家の敵を演じるのか [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】出川哲朗、小学生の“尊敬する人”で信長や龍馬と名を連ねる

TechinsightJapan / 2016年02月04日21時00分

そんななかで小学生が“尊敬する人”を書いた際に出川の名前があったというエピソードを明かしている。視聴者が芸能人に抱く疑問を、MCの東野幸治が本人に直接確かめるというトーク番組『1周回って知らない話』(日本テレビ系)が2月3日に放送された。「なぜリアクション芸人になったのか?」という疑問のもとゲスト出演したのが出川哲朗だ。彼がウッチャンナンチャンたちと劇団S [全文を読む]

東山紀之が新春時代劇で織田信長に「運命と思った」

Smartザテレビジョン / 2015年08月21日08時12分

本能寺において明智光秀の急襲を受け、最期を迎えたのはあまりにも有名なエピソードだ。 物語は、天下人へと駆け上がっていく信長と、信長に憧れと嫉妬の念を持つ関白・近衛前久との対決を縦軸に進んでいく。また、武家と朝廷の対立に巻き込まれながら信長と深い関係に陥っていく親王夫人・勧修寺晴子や、明智光秀、羽柴秀吉、徳川家康など信長の周囲を取り巻く人間ドラマを交えつつ、 [全文を読む]

サプライズの元祖!?千利休が戦国大名に行った驚きたっぷりの”おもてなし”とは

Woman Insight / 2015年02月23日20時00分

さあ、彼のサプライズあふれるおもてなしエピソード集を、『和樂』3月号よりご紹介します! 【1】派手好きな秀吉に、シンプルな美を提示する剛胆さ。「朝顔の茶の湯」 数ある、千利休と豊臣秀吉のエピソードの中でも最も有名な話です。 ある人が、「利休の家の庭に朝顔が見事に咲いている」と、秀吉に申し上げました。当時はたいへん珍しく貴重な花だった朝顔を見に行こうと、秀 [全文を読む]

月9『信長協奏曲』を“食”視点で倍楽しむ!信長が好んだ食と豪快エピソード

しらべぇ / 2014年10月15日08時00分

エピソードとしては、信長に上品な京風料理を作ったところ、まずいと評価され、作った料理人が手打ちにされかけたとか…。もう一度料理を作る機会をもらい、塩辛い田舎風の味付けの料理を出したところ、信長は喜んで食べたそうです。 当時の武将たちは共通して、早食いと塩分過多の傾向があったようです。戦時でパパッと食事をすませようとした結果でしょうか。そのため、高血圧による [全文を読む]

ネットの話を深掘り! 時代劇に甲冑作りを捧げた男達

おたくま経済新聞 / 2017年04月21日16時00分

そして今回の話の中では映像甲冑に関わるこんなエピソードも聞くこともできました。 「映像で作る甲冑は実は2つ作ってるんです」 これは制作会社に依頼されてというわけではなく、納品するものとは別に「何かあった時のため」と「研究用」を兼ね自主的に作り残しているのだとか。「ある映画の場合だとラストに有名俳優が甲冑を蹴るシーンがあって壊れないか心配で心配で(笑)」な [全文を読む]

今度は天下人!? ロバート秋山さんが”小河ドラマ”で織田信長を演じる

ガジェット通信 / 2017年03月20日09時00分

『連続時代劇 織田信長』の撮影現場にタイムスリップした織田信長が 「本当の自分はこんな人物ではない!」 と脚本を勝手に書きかえてしまい、マニアックでスケールの小さい、笑えるエピソードばかりの“小河(しょうが)ドラマ”を創りあげるという壮大(?)なストーリーをロバート秋山さん、三宅弘城さん、松井玲奈さんら個性的なキャラクターが演じている。 果たしてどのよう [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/4702/177/resize/d4702-177-149533-0.jpg ] 「武将の末裔」シリーズの第一弾は「子孫52人の秘話と秘宝」、第二弾は「平成の陣」で真田家VS徳川家。そして第三弾の今回は子孫が語る名刀の(秘)事件 [全文を読む]

正親町天皇と織田信長が対立した「蘭奢待切り取り事件」

NEWSポストセブン / 2017年02月28日16時00分

その意味で両者は一見、“持ちつ持たれつ”の関係であったが、信長は正親町天皇からの度重なる無心に業を煮やし、東宮である誠仁親王の元服費用を求められた際は、質の悪い悪銭を進上し抗議の意を示したというエピソードもある。 そんな両者の争いが鮮明になったのが、天正2年(1574年)に起きた「蘭奢待切り取り事件」だ。蘭奢待は聖武天皇の遺宝とされる香木で、東大寺正倉院 [全文を読む]

綾瀬はるか、艶やかな着物姿で血だらけエピソードを告白!「足がボコボコ」

Movie Walker / 2017年01月14日13時32分

綾瀬のほんわかとしたエピソードトークに会場からも笑いが起きていたが、大御所俳優の近藤も綾瀬の魅力にメロメロだったとか。「みたらし団子をもらって。ええ子やなと思った」という近藤だが、そのみたらし団子が「カチカチだった」と話す。 出来立てのものが時間を経て固まってしまっていたようだが、綾瀬は「私も食べたらすごく固くて。こんなみたらしがあるのか!と思った。この [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】加賀の至宝「山中漆器」に出会う

GOTRIP! / 2016年12月23日05時00分

豊臣秀吉は華美な碗を求め続け、その結果侘び寂びを追求する千利休と対立したという有名なエピソードがあります。秀吉自身も彼の上司だった織田信長も、より良い器のために巨万の富を投じたというのは不動の歴史的事実。そしてそれを生み出す職人たちは、激動の時代を切り開く鍵を常に握っていました。 ・古きを訪ね新しきを知る 田中さんは天正年間以来の伝統技術を受け継ぎ、なお [全文を読む]

綾瀬はるか、“天然”コメント連発に「あざとすぎる」

日刊大衆 / 2016年12月17日23時00分

「12月10日に公開が始まった映画『海賊と呼ばれた男』で共演した、吉岡秀隆(46)も綾瀬の天然エピソードを完成舞台あいさつで暴露して話題になっていましたね。綾瀬は現場に入る前、リンスとコンディショナーの違いについて力説していたようで、“リンスはあっさり、コンディショナーはこってり”と意味不明なコメントを残したそうです。デビュー当時からフワッとした独特な雰 [全文を読む]

フォーカス