家来 織田信長に関するニュース

DVD『「織田信長に学ぶ閉鎖感を打破する“創”のリーダーシップ」臥龍経営塾 歴史や偉人に学び、明日の経営や志事に活かそう! 映像版:偉人に学ぶ臥龍セミナー 第10巻』が、Amazon DODで発売!!

DreamNews / 2016年11月25日17時00分

また、枠を外した大胆な発想ができるアイディアマンでもあり、黒人の家来(弥助)を側近としたり、兵農分離と呼ばれた専用の軍隊組織の編成、そしてミスを犯した家来に対しても失敗を上回る功績を残せば許す……などなど。これらの無駄を排した合理的な考え、既成概念を軽々と飛び越えてしまう無限の発想、そしてそれらがもたらす信長の人間的な魅力。現代社会のリーダーたちが今まさに [全文を読む]

本能寺の変で、巨大アフリカ人が戦っていた!織田信長の家来「弥介」?日本語も操る

Business Journal / 2015年09月14日06時00分

織田信長が、アフリカの黒人を家来にしていたことをご存じだろうか。 かつて、ある国会議員が長身の黒人を秘書にしていたことがあるが、信長は身長190センチもある黒人を常に従えて、周囲を驚かしていたのである。信長の側近が書いた『信長公記』には、以下のような記述がある。「きりしたん国より黒坊主、参り候。年の齢二十六、七と見えたり。惣の身の黒きこと、牛のごとく。彼の [全文を読む]

信長なら新国立競技場を500億円で作れる。堺屋太一氏の大胆な考察

まぐまぐニュース! / 2016年03月11日08時00分

それで家来の丹羽長秀に「この次は怪我人が出ないようにしろ」と命令したんです。 そうしたら奉行たちが集まって、道路を広げたらいいとか、橋を付け替えなきゃいかんとかいろいろ議論をして、「費用もかかるし、時間もかかるけれど、いかがいたしましょうか」と信長に具申すると、信長は 「おまえたちは馬鹿だな。混乱するのはみんながいっぺんに帰るからだ。それを分散させる手を考 [全文を読む]

『寄生獣』『ヒストリエ』の岩明均が原作として戦国時代を描く! 大絶賛相次ぐ、話題の本格時代劇マンガ『レイリ』レビュー!!

おたぽる / 2016年11月29日11時00分

九死に一生を得たレイリは岡部の元で暮らし4年、男性をも凌ぐ剣術を身に着け、岡部の家来衆の中で誰よりも強くなっていた。 レイリは戦場に行くことを強く望んでいた――主の盾となって戦い、そして死ぬことこそ、レイリが何よりも求めるものである。 ストーリーは、おおむね史実に基づいて進行、岡部をはじめさまざまな歴史上に実在した人物が登場。1巻の岩明によるあとがきによる [全文を読む]

朝ドラ『とと姉ちゃん』は『信長協奏曲』脚本家の元芸人にも期待!

週プレNEWS / 2016年04月12日06時00分

例えば、信長の家来が主人公の携帯電話を見て、『このすずりはなんですか?』と言ったり(笑)。わかりやすく、クスリと笑えるものを『とと姉ちゃん』でも盛り込んでくるはず。2話でも、さりげなく竹蔵に『安心してください』と言わせてますしね」 ところで、前作『あさが来た』では「びっくりぽん」という流行語が生まれたが、今回はどうだろう。有力候補は初回から常子が口にした [全文を読む]

『真田丸』 王道の大河ドラマはこうだという懐かしさ感じる

NEWSポストセブン / 2016年02月14日07時00分

その魅力とはどんな点なのだろうか? 大河ドラマの金字塔・平均視聴率超を叩き出した『独眼竜政宗』(1987年)や、『八代将軍吉宗』(1995年)、『葵 徳川三代』(2000年)の脚本を書いたジェームス三木さんは『真田丸』(三谷幸喜・脚本)について、「家来が主君に質問をする」や「武将同士が道や廊下を歩きながら喋る」など、「かつてはあり得なかった表現がぽんぽん出 [全文を読む]

「真田丸」の光秀は“きもい”? 大抜擢の作家を直撃

Smartザテレビジョン / 2016年01月31日07時19分

三谷さんに伺ったら今回は、“信長のことが好きで好きでたまらない家来” “お互いのことが分かり過ぎていて、面倒くさい関係になっている”というキャラクターだそうです。それを私が演じるんですから、ちょっと、今までいないタイプの光秀になるかもしれません。――実際に演じられてみていかがでしたか?信長に暴行されるシーンがあって。蹴られて転がって、首根っこをつかまれて欄 [全文を読む]

中間管理職は頭よすぎでもダメ!?明智光秀から学ぶ上司との関係

AOLニュース / 2014年09月03日17時00分

二人の溝は年月を重ねるほどに大きくなり、やがては信長が、他の家来の前で光秀を罵倒する場面も 珍しいものではなくなっていった。それこそ、現在で言うところのパワハラのオンパレード。そんな矢先に起きたのが、あの有名な本能寺の変である。 警備の薄い本能寺で、クーデターの発生を知った信長は、それが光秀によるものだと聞くと、すべてを悟ったように死を決した様子だったとい [全文を読む]

フォーカス