うつけ 織田信長に関するニュース

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

その常識破りの言動から、若い頃から「うつけ(まぬけ)」と呼ばれ、快進撃を続けたそのカリスマ性の高さを見れば、納得の結果かもしれません。続いて2位にランクインしたのは、ご存知の通り、今年のNHK大河の主役に取り上げられた真田幸村。戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下として活躍し、大坂夏の陣では、徳川家康をあと一歩まで追い詰めた猛将ぶりが人気を得たのか、1 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

信長といえば16~18歳の頃に奇行が目立ったことから、「大うつけ(大バカ者の意)」と呼ばれていた。この「うつけ」、実は演技だったとされるが、明智氏はその理由もこれまでの定説とはズレていると指摘する。「うつけを演じたのは、弟に注がれた母の愛情を取り戻したかったからなどと言われていますが、そんな甘い時代ではない。本当の理由は暗殺防止なんです」 そのことに明智 [全文を読む]

信長から学ぶ、企業「戦国時代」統一のための正しい「仕事の流儀」

まぐまぐニュース! / 2016年07月26日15時00分

毛利元就は孫氏の兵法をはじめとする兵学書を徹底的に読み浸っていたそうで、信長は兵学書を読んでいないような雰囲気があるのですが「うつけ」を演じた様子などは楚の「荘王の故事」そのままです。 兵法書はマネジメント書に通じるものですが、生き死の修羅場を経験してきた武将にとってはその理解は「生もの」の知識だったと思われます。戦国武将にとって、戦に勝つことは命がけの成 [全文を読む]

宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演千秋楽「龍真咲ラストデイ」ライブ中継 開催決定!!

PR TIMES / 2016年07月14日16時19分

時に「うつけ者」「魔王」と呼ばれながら、己を貫き通した織田信長を、同時代の群像と共に描くロック・ミュージカル『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』。歴史的ヒーローに新たなスポットを当てる意欲作に、どうぞご期待ください。 さらに龍真咲の魅力を存分に引き出すシャイニング・ショー『Forever LOVE!!』では、個性豊かな月組メンバーが一丸となって、エネ [全文を読む]

「テレビ局制作」という挑戦は成功するか? 放送枠の今後を占う『信長協奏曲』【第一話レビュー】

おたぽる / 2014年08月09日23時45分

平成のチャラ男から戦国のうつけ者へ。ノリと度胸で生き延びることができるのか!? 1シーズンに1作品は、信長テーマのアニメが放映されている気がする今日このごろ。この戦国乱世にまた一つ名乗りを上げたのが本作。信長と入れ替わるサブロー役の宮野真守さんは『ノブナガ・ザ・フール』でもオダ・ノブナガを演じており、これは狙ってるキャストのか偶然なのか、悩むところです。 [全文を読む]

10月4日からテレビ放送開始のアニメ『信長の忍び』 U-NEXTにて同日最速配信スタート

@Press / 2016年10月04日11時00分

うつけと呼ばれる彼こそ後の…、そう、織田信長である。そんな青年を慕う少女がひとり。信長の夢に魅せられた彼女は笑顔で言った。 「私、信長様の忍びになります!!」目指すはひとつ、天下布武のみ!! ど天然帰蝶、パシリ秀吉、ツンデレねね、ツッコミ光秀、死にかけ半兵衛、脇を彩る豪華キャラと共に、本格戦国ギャグアニメ、はじまりはじまり~!!【株式会社U-NEXT】株式 [全文を読む]

映画『信長協奏曲』 秀吉を演じる山田孝之の「暗黒」が見所

NEWSポストセブン / 2016年01月27日07時00分

とりあえず、どっかり殿様席に座ったものの、「え、マジで?」などと武将としての常識も風格もゼロのサブローは、帰蝶に「うつけ」と呼ばれる始末。しかし、血みどろの戦いを経ても「やっぱ平和が一番でしょ」などと戦国の常識にとらわれないサブローは不思議に家臣たちをまとめ、快進撃を続けて行く。 映画版では、いよいよ信長が明智光秀に急襲される「本能寺の変」が描かれる。ポ [全文を読む]

織田信長、伊達政宗、前田利家…戦国武将たちが食べていた「男性パワー」の源

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時59分

うつけ者」と呼ばれた織田信長は好奇心が旺盛で、新しいもの、珍しいものは何でも食べたと言われる。当時、ポルトガル人によって日本に玉ねぎが入ってきたときもさっそく食した。 「当初、玉ねぎは薬として用いられていたが、“男性力”を上げる効果の凄まじさから“媚薬の中の媚薬”と言われ、信長のお気に入りだった。玉ねぎは新陳代謝や疲労回復を促進し、血液をサラサラにする効 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『信長協奏曲』にハマる人、ハマれない人。展開やキャストに賛否。

TechinsightJapan / 2014年11月05日14時45分

信長の正室・帰蝶(濃姫)役を柴咲コウが務めており、信長が実は影武者のサブローだと知らずに「このうつけ」と厳しく当たりながらも、人柄に魅かれていく姿を好演。また、信長の家臣に池田恒興(向井理)、柴田勝家(高嶋政宏)、前田犬千代(藤ヶ谷太輔)といった豪華キャストを配し、田原伝次郎から木下藤吉郎を名乗って信長の家臣となる謎の男を山田孝之が務める。他にもゲスト的に [全文を読む]

小栗旬、向井理、藤木直人、山田孝之…豪華俳優人が演じる月9初の“時代劇”『信長協奏曲』って?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月13日05時50分

サブローがなりかわった信長は思い切り高校生的発想で、周囲を「信長様はうつけになった」とどん引きさせる。政略結婚で一緒になった帰蝶は「でえと」という言葉を覚えるし、下々たちをまとめるのに「りいだぁ」を決めたり。桶狭間の戦いでは家臣に「よく食べて、よく寝といてね!」とだけ言い残し、寝てしまう。果たしてこれがどうやって、あの大勝利につながるのか、心配のあまりペ [全文を読む]

フジテレビ開局55周年記念プロジェクト『信長協奏曲』からアニメキャストの宮野真守、梶裕貴、水樹奈々が『声優グランプリ』表紙に登場!

PR TIMES / 2014年07月08日09時30分

まさに夏のおともにうつけ、いや、うってつけの1冊と言えそうだ。 声優グランプリ8月号 定価:1,260円(税込) 05587-08 7月10日発売 編集長:広島順二 創刊 1994年11月 発行:主婦の友インフォス情報社 発売:主婦の友社 声優グランプリHP http://www.st-infos.co.jp/tabid/72/Default.aspx 声 [全文を読む]

フォーカス