板野友美 菊地あやかに関するニュース

AKB48・板野友美 卒業発表「インタビュー中に卒業への想いが強くなった」

リッスンジャパン / 2013年02月02日12時00分

AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の公開初日舞台挨拶が1日、都内にて行われ、その中で、板野友美がAKB48からの卒業を発表した。舞台挨拶には高橋栄樹監督を始め、AKB48から高橋みなみ、渡辺麻友、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野 [全文を読む]

増田有華ラストステージ、河西智美まさかの卒業発表。第2回「AKB48紅白対抗歌合戦」は紅組の勝利!

週プレNEWS / 2012年12月20日17時00分

(取材・文・撮影/関根弘康) 紅組 キャプテン篠田麻里子、大島優子、小嶋陽菜、松井玲奈、山本彩、指原莉乃ら81人 白組 キャプテン高橋みなみ、板野友美、渡辺麻友、柏木由紀、峯岸みなみ、松井珠理奈ら65人 ■第2回AKB48紅白対抗歌合戦 セットリスト 紅『チーム紅推し』 白『ワッショイ白!』 紅『それでも好きだよ』(島崎遥香) 白『君は僕だ』(渡辺麻友) [全文を読む]

8年前の招待状…AKB48劇場10周年イベントに前田敦子や大島優子らも参加

dwango.jp news / 2015年12月06日23時18分

■参加メンバー: 42名 現役メンバー(19名) 小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ、小林香菜、梅田彩佳、宮澤佐江、多田愛佳、柏木由紀、渡辺麻友、北原里英、指原莉乃、横山由依、入山杏奈、加藤玲奈、高橋朱里、松井珠理奈、木崎ゆりあ、山本彩、宮脇咲良、田名部生来、仲川遥香 1期卒業生(10名) 板野友美、浦野一美、大江朝美、大島麻衣、駒谷仁美、佐藤由加理、篠田 [全文を読む]

【動画】サマンサタバサ社員の「恋するフォーチュンクッキー」が可愛すぎると話題

AOLニュース / 2013年08月18日00時22分

このサマンサタバサVer.は、ともちん(板野友美)、ぱるる(島崎遥香)、あやりん(菊地あやか)がプロモーショナルモデルを務めているという縁もあって製作されたもの。 まずはそのMVをご覧あれ! <関連動画はこちら> バッグで有名なサマンサタバサだが、いまやジュエリーや洋服のブランドも展開し女性に絶大な人気を誇る一大ブランド・グループ。そのサマンサタバサグル [全文を読む]

大島優子は「共喰い」。集英社文庫『ナツイチ』キャンペーンでAKB48の読書感想文・課題図書が発表!

週プレNEWS / 2013年06月26日04時00分

■チームA 伊豆田莉奈/「言えないコトバ」益田ミリ 入山杏奈/「鉄道員」浅田次郎 岩田華怜/「終末のフール」伊坂幸太郎 大島涼花/「永遠の出口」森 絵都 川栄李奈/「蒼い時」山口百惠 菊地あやか/「年下の女友だち」林真理子 兒玉遥/「平成大家族」中島京子 小林茉里奈/「幸福論」アラン 佐々木優佳里/「ハニー ビター ハニー」加藤千恵 佐藤すみれ/「六花の [全文を読む]

AKB48、上海移籍の宮澤に“親友”大島が涙のエール

リッスンジャパン / 2012年10月25日01時00分

○AKB48チームK「RESET」千秋楽公演日時: 2012年10月24日出演: 秋元才加・板野友美・内田眞由美・梅田彩佳・大島優子菊地あやか・田名部生来・中塚智実・仁藤萌乃・野中美郷藤江れいな・松井咲子・峯岸みなみ・宮澤佐江・横山由依・大森美優 [全文を読む]

AKB48、新体制を11月1日よりスタート、新公演開始まで“ウェイティング公演”を実施

リッスンジャパン / 2012年10月08日02時00分

10月22日(月) チームB「シアターの女神」公演10月24日(水) チームK「RESET」公演10月25日(木) チーム4「僕の太陽」公演10月29日(月) チームA「目撃者」公演AKB48 - アーティスト情報<AKB48・新チーム体制>◯チームA伊豆田莉奈、入山杏奈、岩田華怜、大島涼花(※昇格)、河西智美川栄李奈、菊地あやか、小谷里歩(※NMB48チ [全文を読む]

AKB岩佐 演歌デビュー曲「無人駅」MV公開 初回盤DVDにはAKBメンバー25人から お祝いコメントも

リッスンジャパン / 2012年01月17日10時00分

●「無人駅」PV(ショートVer.)(www.youtube.com/watch?v=k3XKz63ODrw)●岩佐美咲 CDデビュー お祝いコメント from AKB48 収録メンバー<Team A>多田愛佳 / 大家志津香 / 小嶋陽菜 / 指原莉乃 / 高橋みなみ / 仲川遥香 / 中田ちさと / 仲谷明香 / 前田敦子 / 前田亜美 / 松原夏海< [全文を読む]

フォーカス