植松 植松聖に関するニュース

刺青彫り師に弟子入りした植松容疑者 皆殺しを口にして破門

NEWSポストセブン / 2016年08月02日16時00分

7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」をたった1人で襲い、死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした植松聖容疑者(26)。 昨年1月、ツイッターで植松は背中一面の刺青の写真を掲載し、〈会社にバレました。笑顔で乗り切ろうと思います〉とツイート。それから5か月後の昨年6月には〈副業を始める〉と宣言した。 [全文を読む]

リア充だった植松聖 両親の反対無視で刺青増やし関係悪化

NEWSポストセブン / 2016年08月02日07時00分

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」をたった1人で襲い、死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした植松聖容疑者(26)。日本の戦後犯罪史上、最悪の事件を起こした“稀代の殺人鬼”はどんな人物なのか。大学時代の友人が語る。 「植松は、バーベキューや飲み会を活動内容とする『オールラウンドサークル』に所属していた。会うと [全文を読む]

植松容疑者「政治団体を作って日本を良くする」と語っていた

NEWSポストセブン / 2016年08月04日07時00分

7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」をたった1人で襲い、死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした植松聖容疑者(26)。 植松は小学校の図工の教師をしていた父親の影響か、「幼少の頃から父親と同じ小学校の先生を目指していた」(近隣住民)というが、夢だった教員の採用試験に合格することができなかった。 [全文を読む]

相模原障害者施設大量殺傷事件・植松聖容疑者を変えた? “大麻中毒”ヘルス嬢の存在

日刊サイゾー / 2016年07月29日21時00分

相模原市の大量殺人事件で逮捕された植松聖容疑者に、交際相手とみられるひとつ年下の風俗嬢の存在が浮上している。この女性は、植松容疑者と「大麻」と「入れ墨」の共通点があるという。 「4年ぐらい前に付き合っていた女性がいて、顔は若い頃の鈴木京香さんに似た感じでした。彼女がキャバクラに勤務していて、その店で知り合ったそうですが、そのあとで植松が『横浜のヘルスで働い [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(2)凶行直前に周囲を探した理由

アサ芸プラス / 2016年08月22日05時53分

Xと植松容疑者の関係も奇妙に見えたという。「植松の3歳下だと言っていましたが、すごく崇拝していて、植松は『Xさん』と呼び、Xは『植松』と呼び捨て。食事中にXの口元に食べかすが付いていたら、植松が拭いてあげるんです」 XはAさんに福島県出身で中学の時に相模原市に引っ越し、最終学歴は中卒だと説明。だが、Xのフェイスブックには、横浜市在住で学歴として私立大学の記 [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(1)「安楽死を変えるために革命」

アサ芸プラス / 2016年08月21日05時53分

元職員の植松聖容疑者が逮捕されて幕引きと思われたが、驚愕の情報を入手! 植松容疑者は危険なグループに所属し、「黒幕」が神奈川県内で「第2の大量殺人」を計画しているというのだ。犯行を持ちかけられた告発者の証言を、独占スクープで届ける──。「相模原で起きた事件を知った時、初めは同姓同名の人物が捕まったんだ、という印象でした。犯人が送検された映像をニュースで見る [全文を読む]

犯罪者と同姓同名で二次被害 間違われた本人に直撃したら…

しらべぇ / 2016年07月29日07時00分

犯人の植松聖容疑者は元職員で、「施設を辞めさせられて恨んでいた」とも話しているという。しらべぇ編集部では、植松容疑者の画像が出回る前に、Facebookの画像にモザイクを入れられ出回っていた「二次的被害者である植松聖さん」に取材を試みた。■とばっちりの誹謗中傷にQ.Facebookで「朝から電話が止まらないけど僕は何もしていないからね」と書き込まれていまし [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.16(9)19人を刺殺した植松聖の黒幕とは?

アサ芸プラス / 2017年01月05日09時52分

殺人鬼の名は、植松聖(26)。襲撃した相模原市の傷害福祉施設の元職員だった青年だ。犯行は約45分間で計19人を刺殺し、26人に重軽傷を負わせた。殺されたのはいずれ障害者で、戦後最悪の大量殺人であった。 事件直後に、この事件の闇の深さを示す驚愕の新証言を報じた。「私は植松聖と『黒幕』に『第2の大量殺人』を持ちかけられていた」(16年8月18日・25日合併号 [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(3)ドラッグを飲み込み豹変した

アサ芸プラス / 2016年08月23日05時53分

漫画には植松容疑者の刺殺事件を想起させるセリフもあった。〈単なる犯罪じゃない 崇高な目的が流血をあがなう〉〈資格を持つ者には手段として殺しも許される〉 Aさんを脅す時にもこんな場面があったという。「グループの入会を断り続けていると、Xはバッグから新聞紙にくるまれたものを見せ、『マカロフPMを持っている』と拳銃の存在をにおわせてきました。『罪と罰』にも同じ拳 [全文を読む]

相模原45人殺傷事件「容疑者の母」は血まみれホラー漫画家

WEB女性自身 / 2016年08月03日06時00分

皆さまにいろいろご迷惑をおかけしてしまって、申し訳ありません」 九州に住む植松聖容疑者(26)の親族は、涙声でそう話した。 19人が刺殺され26人が重軽傷を負った、知的障害者施設「津久井やまゆり園」での殺傷事件。犠牲者の多くはベッドに横たわったまま殺害され、植松容疑者の行動は、足跡の血痕を辿ることでわかるほどだった。 1990年に東京都日野市で生まれた植松 [全文を読む]

障害者46人殺傷の植松聖被告に異変! 被害者への謝罪の言葉を口にするも、専門家は「新たな段階に入った」と指摘

tocana / 2017年03月08日08時00分

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月、入所者46人を殺傷した元職員の植松聖被告が“新バージョン”に突入した。戦後最悪の大量殺人事件。殺人罪などに問われる同被告は極刑が確実視されているが、焦点は「障害者は不幸をつくることしかできない」「障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えること」と考える同被告の判断能力の有無だった。 当局は異例とも言える5 [全文を読む]

相模原大量殺傷事件で佐藤優が警鐘!「世の中の極端な人たちを刺激して、もっと恐ろしい危険性が…」

週プレNEWS / 2016年08月25日06時00分

事件を起こした植松聖(さとし)容疑者は「障害者は、家族にとっても負担があるし、生きていても経済的に人を煩(わずら)わせて意味がない。だから、いないほうがいい」という思想で凝り固まっていました。 しかし、今回の事件を起こしたことによって、植松容疑者自身も「精神障害者」ということになってしまった。これは論理学でいう「ラッセルのパラドックス」です。「障害者はい [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(2)大学デビューで墨を入れる

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時53分

植松容疑者の父は小学校教師、母はホラー漫画を描いていた漫画家だった。高校卒業後、父と同じ小学校教員を目指し、2008年に帝京大学初等教育学科に現役合格して入学。近所の住民にはうれしそうに、「子供が好きなので学校の先生になりたいんです!」 と抱負を語っていた。大学4年時の11年には、小学校で教育実習も行っている。「孫が学校で授業を教わっていて、放課後には鬼ご [全文を読む]

植松容疑者 4年前から育っていた心の闇、両親も止められず

WEB女性自身 / 2016年08月03日06時00分

(写真:植松聖容疑者のツイッターより)「聖くんの事件を言うなら、究極の弱い者いじめだよね。以前、隣同士でトラブルがあっても、聖くんは私のようなうるさいオヤジには『すみません』を連発するだけ。まったく抵抗しないんです。強い者には従う、そういう意味では、彼自身が弱い子に見えるんです、私には」と話すのは、植松聖容疑者(26)の隣人男性だ。 神奈川県相模原市内の障 [全文を読む]

相模原「やまゆり園」凶行!仲間がいる・・・ネットで広がる植松聖の偏見・差別

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月28日11時51分

危険なのは犯罪者の差別思想がネット社会で簡単に拡散されることです」ヘイト書き込みのまとめサイトで拡散殺人罪などで起訴された元施設職員の植松聖被告(27)は、取り調べにも「障害者なんていなくていい」と供述していて、偏見に変化は見られない。「クローズアップ現代+」あての手紙にはこう書いてきた。「3年間勤務することで、彼らが不幸の元であると確信を持つことができま [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】野田聖子議員 障害者施設殺傷事件の被告の言葉に怯える

TechinsightJapan / 2017年07月27日18時43分

殺人などの罪で起訴された元職員の植松聖被告が、マスコミからの手紙を通じた取材に応じた内容が伝えられるなか、重い障害を抱える子を持つ衆議院議員の野田聖子氏が自身のブログで複雑な胸のうちを吐露している。 今年の4月から特別支援学校の小学部に入学した、野田聖子氏の長男。夫婦で協力して通学に同伴し、放課後のデイサービスや学習塾と保育園時代とは毎日のスケジュールが変 [全文を読む]

相模原事件から1年--------植松被告の思想と、安倍自民党の障害者切り捨て・差別排外主義との関係を改めて問う

リテラ / 2017年07月26日14時29分

殺人及び殺人未遂で起訴された元職員の植松聖被告だが、横浜地裁で始まるはずの裁判は、まだ公判前整理手続きすら始まっていない状態で、真相解明にはまだまだ時間がかかりうそうだ。 しかし、ひとつだけ改めて指摘しておかなければいけないのは、この相模原事件がいまの安倍政権の障がい者切り捨て政策や排外主義と差別を丸出しにする社会状況とけっして無関係ではないということだ。 [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(3)「津久井やまゆり園」での勤務態度

アサ芸プラス / 2016年08月06日09時53分

3年前まで植松容疑者と一緒に遊んでいた女性が振り返る。「当時はクスリをやっていた話は聞いたことはありません。グループの中ではお笑い担当でしゃべりがうまく、ノリノリで場を盛り上げていました」 植松容疑者が通っていた相模原市内のクラブのスタッフもこう語る。「最後に来たのは、3年ほど前。ここはセキュリティチェックが厳しいので、大麻を持ち込んでいたらすぐにわかりま [全文を読む]

相模原障害者施設大量殺傷事件「植松はヒーロー」とツイートした人物の“生の声”を聞いた

日刊サイゾー / 2016年08月05日21時00分

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、19名が殺害された大量殺人事件の植松聖容疑者をヒーロー視する声が後を絶たない。神奈川県警には「いつ植松に面会できますか?」という問い合わせが重なっており、その中に「労いの言葉をかけたい」とか「応援してるので、差し入れしたい」といったことを述べる者がいたというのだ。 事件は、就寝中の重度障害者を次々に刺し殺 [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(1)10分で10名を刺殺した殺意

アサ芸プラス / 2016年08月04日05時53分

神奈川県警に殺人未遂などの容疑で緊急逮捕されたのは、元職員の植松聖容疑者(26)だ。出頭時に乗っていた乗用車から、血の付いた結束バンドや、血に染まった3本の刃物が見つかり、現場からも刃物2本が押収されている。 植松容疑者は、2月15日に大島理森衆議院議長の住む公邸を訪れ、警備の警察官に手紙を手渡していた。そこには、〈作戦内容 職員の少ない夜勤に決行致しま [全文を読む]

フォーカス