入れ墨 植松聖に関するニュース

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(2)大学デビューで墨を入れる

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時53分

親しい友人には、「入れ墨があるからプールに入れなくて困った」 とコボしているが、隣人もこう話す。「自宅前の路上にゴザを敷いて、海パン姿になってビキニを着た女性と体を日に焼いていました。背中には般若の入れ墨があって驚きましたね」 高校時代から一転、大学生になってから髪の色を染め、服装も派手になった。高校の同級生が明かす。「グループの仲間が次々と入れ墨を彫った [全文を読む]

植松容疑者 4年前から育っていた心の闇、両親も止められず

WEB女性自身 / 2016年08月03日06時00分

髪を染めたり、入れ墨をしたのは大学2年か3年のころだと思います。自慢気に見せられましたね。田舎では仲間うちで楽しくやっていたけど、大学でいろんなところから来た学生と出会って、自分を強く見せたかったのかなと思いましたね」(前出・地元の友人) 冒頭の証言をしてくれた隣家の住人も、入れ墨のことはよく覚えていた。 「最初は金魚だけだったのに、2人目の彫師が背中まで [全文を読む]

相模原障害者施設大量殺傷事件・植松聖容疑者を変えた? “大麻中毒”ヘルス嬢の存在

日刊サイゾー / 2016年07月29日21時00分

この女性は、植松容疑者と「大麻」と「入れ墨」の共通点があるという。 「4年ぐらい前に付き合っていた女性がいて、顔は若い頃の鈴木京香さんに似た感じでした。彼女がキャバクラに勤務していて、その店で知り合ったそうですが、そのあとで植松が『横浜のヘルスで働いてる』と、風俗嬢になったことを明かしていました」 こう話すのは植松容疑者の元友人で、のちに「貸したものを返さ [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(2)凶行直前に周囲を探した理由

アサ芸プラス / 2016年08月22日05時53分

「Xの背中には桜柄の入れ墨があり、『闇金の人が見せるために入れている。だから俺も入れた』と見せてきました。仕事は覚醒剤や麻薬を扱う売人で、自分のバックには、『山菱の指定されていない方がついている』と話していた」「山口組」を匂わせたようだが、現実の組員がこのように名乗ることはない。ばかりか、偽称した者を許すこともない。 7月5日にXから呼び出された時も、防犯 [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(1)「安楽死を変えるために革命」

アサ芸プラス / 2016年08月21日05時53分

開襟シャツの首元からは入れ墨が見えていました。自己紹介では、『私が植松です。安楽死を変えるために革命の活動をしています』と言いました。仕事を聞くと、『無職で革命活動でお金をもらっている』と。それで私にもグループに入るように勧誘してきて、活動資金のために100万円を払うように求めてきたのです」 続いて植松容疑者は、Xをリーダーとするグループ「安楽死を変える革 [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(3)「津久井やまゆり園」での勤務態度

アサ芸プラス / 2016年08月06日09時53分

昨年1月には入れ墨を入れていることが発覚。「業務中は利用者に見えないように」と厳重注意を受けても、短いシャツを着て威嚇するように施設を歩いていた。今年2月に入ると、「障害者は死んだほうがいい」「重度障害者の大量殺人はいつでも実行できる」 と、常軌を逸した差別発言を同僚に繰り返すようになり、園から注意を受けると開き直って2月19日にみずから退職する。「危険人 [全文を読む]

フォーカス