彼女 植松聖に関するニュース

相模原障害者施設大量殺傷事件・植松聖容疑者を変えた? “大麻中毒”ヘルス嬢の存在

日刊サイゾー / 2016年07月29日21時00分

彼女がキャバクラに勤務していて、その店で知り合ったそうですが、そのあとで植松が『横浜のヘルスで働いてる』と、風俗嬢になったことを明かしていました」 こう話すのは植松容疑者の元友人で、のちに「貸したものを返さない」ということがあって絶縁したという。ただ、それまでは植松容疑者のことを「ウエッチ」と呼び、何度も一緒に遊んだと話している。その付き合いの中で紹介され [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】野田聖子議員 障害者施設殺傷事件の被告の言葉に怯える

TechinsightJapan / 2017年07月27日18時43分

27日のブログでは“1年たって”と題し、「復習のように、一斉にテレビで当時の様子、そして現在の遺族の言葉が流れる」たびに、彼女はそばでニコニコ笑っている我が子を抱きしめているそうだ。 また植松被告が未だ“障害者は役に立たない”“金ばかりかかる”と主張していることが伝えられると、野田氏は一瞬怯えるも「他人事ではない!」と奮い立つ。そして「この国は命を粗末にし [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(1)10分で10名を刺殺した殺意

アサ芸プラス / 2016年08月04日05時53分

「家の周りで、彼女と手をつなぎながら散歩している様子を何度か見ました。女性は黒髪で清楚な雰囲気。植松も短髪で『爽やかカップル』という感じでしたね」(中学の同級生) [全文を読む]

名古屋で拳銃立てこもり逮捕のイタリア人「大麻解禁運動家」だった?

日刊サイゾー / 2017年08月30日23時30分

でも、イタリア人が逮捕された途端、彼女は『あれは人違い』って言い出しました。名前もメリスって呼んでいたので同一人物だと思うんですけどね」(女性を知るクラブ経営者) カルロ容疑者は8月23日、自室ベランダで銃を片手にわめき散らす騒ぎを起こし、自室に約3時間立てこもった末に身柄を確保された。尿検査の薬物反応は陰性だったが、大麻所持の疑いもかけられている。また、 [全文を読む]

「相模原殺傷事件」遺族の言葉にメディアの意義を感じた

文春オンライン / 2017年08月15日11時00分

そこには彼女の、生きた笑顔があった。 長女は身長約140センチ、体重35キロと小柄で、父親のことを「ちち」と呼んだという。家族は両親と5歳年上の長男、2歳年下の次女。8年ほど前に母親にがんが見つかり、母親の入院と治療のため、長女は2012年7月にやまゆり園に入所。しかしその翌月に母親は他界した。そして今春、父親はがんと診断されたが、「もうすぐいくよ」と毎朝 [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(3)「津久井やまゆり園」での勤務態度

アサ芸プラス / 2016年08月06日09時53分

手取りは1万5000円前後で、2、3日したら見なくなったね」(前出・作業員) 同じく2月には「彼女を脅して金に換える」ことまでもくろんでいたという。「植松は当時つきあっていた恋人に、AV出演を強要する計画を立てていました。ただ、あまりかわいくなかったので、『整形させれば大丈夫。これで金入ってくるな』とにやけていました」(前出・同級生) 無抵抗な弱者だけを狙 [全文を読む]

「障害者には生きる価値がある!」難病で子を失った母が涙の激白

WEB女性自身 / 2016年08月04日06時00分

それでも彼女は妊娠の継続を決断。 医師からは「出産までたどりつける可能性は10%」と聞かされたが、昨年8月19日、夏海ちゃんは産声をあげた。心臓の壁に2つも穴があって、生後7カ月までは新生児集中治療室での入院生活を余儀なくされたものの、今年3月には退院までこぎつけた。 「担当の先生からは、1歳の誕生日を迎えられる可能性も10%ほどと説明されていました。でも [全文を読む]

フォーカス