週刊新潮 鳥越俊太郎に関するニュース

鳥越俊太郎候補に”文春砲”! 女子大生とのスキャンダルが炸裂 週刊新潮は「無節操の履歴書」

ガジェット通信 / 2016年07月20日21時15分

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6379 同じく7月21日発売の『週刊新潮』(7月28日号)も 「岸惠子」にバラ100本! 政策がボケボケ! 76歳「鳥越俊太郎」無節操の履歴書 と、やはり鳥越氏の特集記事を組んでいる。 ――業界の先達に対して甚だ失礼だが、演説は下手、政策はピンボケ、健康や体力に不安の状況で、よくぞ [全文を読む]

流行語大賞に異変あり?例年よりも”サヨク偏向”が減少した背景

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日12時01分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

妄言連発の鳥越俊太郎が選ぶ「流行語大賞」とは何なのか

デイリーニュースオンライン / 2016年10月08日12時05分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

小池百合子都知事と台湾、知られざる「深い関係」

まぐまぐニュース! / 2016年08月04日04時45分

● 小池百合子當選東京知事 林佳龍:台日合作猛爆性發展鳥越氏当選なら東京はどうなっていたか ところで、今回の都知事選では、野党統一候補であった鳥越俊太郎氏について週刊文春や週刊新潮で「淫行疑惑」が報じられ、鳥越陣営が両誌を刑事告発するという一幕がありました。台湾でもこのスキャンダルは大きく報じられています。 ● 東京都知事候選人 被爆性醜聞 鳥越氏は都知 [全文を読む]

【都知事選】鳥越俊太郎のボロ負けで消滅が危惧される「国民的イベント」とは?

tocana / 2016年08月02日08時00分

選挙期間中、14年前に起こした女子大生への淫行疑惑を「週刊文春」と「週刊新潮」に相次いで報じられ、両誌を刑事告訴することとなった。 「選挙期間中ということもあるが、ジャーナリストなのに自分の口で疑惑に対する説明を行わなかった時点で、その資質に疑問符が持たれた。ほかにも具体的な政策をまったく示せなかった点など、一部の熱狂的支持者をのぞいて、大きなマイナスポイ [全文を読む]

鳥越俊太郎「否定する方法がない」の弁明に「じゃあなぜ告訴!?」の追及殺到!

アサ芸プラス / 2016年08月01日17時59分

7月28日、東京都知事選に立候補したジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、「週刊新潮」が掲載した女性問題について答えた。 鳥越氏側は、前週の「週刊文春」に続いて「週刊新潮」も刑事告訴。記事の内容については「誰かがこういうことがあったと言っている話で、打ち消しようがない。悪魔証明で、否定する方法がない」としたものの、女性と交際男性と3人で会う場を設けたことについて [全文を読む]

結末やいかに…「“乱闘”都知事選」ドブ板特報!(1)鳥越俊太郎にまとわりつく数々の不安

アサ芸プラス / 2016年07月30日09時55分

このスキャンダルは、発生当時に『週刊新潮』が取材に動いていたが、最終的に記事は見送りとなっています」(政治部デスク) 20日、JR蒲田駅前で演説を行った鳥越氏に対し、集まった記者から、「ジャーナリストでしょ? 答えてください」と詰め寄られると、鳥越氏は取り囲んだ側近スタッフにガードされたまま無言で立ち去るのだった。スタッフの一人を追及すると、「たとえ記事が [全文を読む]

「そもそも政治家向いてない」の声多数! テレビ出演の鳥越俊太郎氏が「女性問題」も「政策方針」も矛盾だらけで呆然

Business Journal / 2016年07月28日19時00分

前週の「週刊文春」(文藝春秋)、さらに細かく報じられた28日発売の「週刊新潮」(新潮社)にスクープされた女性スキャンダルを「事実無根」と一蹴した。 番組で鳥越氏は記事について「例えば舛添さんの(公私混同)問題なら行った、行ってないとかの証拠があるが、この話は誰かがこういうことがあったと言っている話で、打ち消しようがない。悪魔証明で、否定する方法がない」と発 [全文を読む]

都知事選出馬・鳥越氏に女性トラブル浮上?相次ぐ“醜聞報道”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日12時05分

今回の文春報道に加え、同日発売の『週刊新潮』(新潮社)も毎日新聞時代に女優の岸惠子(83)と噂になった過去に触れている。 ライバルの小池百合子元防衛相(64)、増田寛也元総務相(64)と熾烈な場外舌戦を繰り広げている最中に飛び出した今回のスキャンダル。選挙戦への影響はどう及ぶのか。 「鳥越氏には以前から女性の噂がつきまとっていただけに多少の醜聞は陣営にとっ [全文を読む]

鳥越俊太郎「デタラメ家系図」発覚で「廃業モノの大失態」の声

アサ芸プラス / 2016年05月20日17時59分

5月19日に発売された「週刊新潮」がジャーナリストの鳥越俊太郎氏を糾弾した。 記事によると、昨年7月、NHKの人気番組「ファミリーヒストリー」に出演した際、自身のルーツを示すものとして紹介された家系図が全くのデタラメだったというのだ。 同番組では、鳥越氏の親戚が提供した家系図に基づき「大友宗麟の家臣だった鳥越興膳」が鳥越氏の祖先であると紹介。「関ヶ原で敗れ [全文を読む]

【民進党代表選】”二重国籍”騒動で揺れる蓮舫氏をムリヤリほめてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年09月10日12時05分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

【尖閣問題】”戦争反対”を叫んだ人たちのトンデモな内輪モメ

デイリーニュースオンライン / 2016年08月13日15時05分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

「都民見下し、逃げ続けた」鳥越俊太郎氏、真の苦難はこれから? まだ眠る「スキャンダルネタ」と穴だらけの知識

Business Journal / 2016年08月01日10時00分

「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)による女性スキャンダル連発によって、一躍時の人となってしまった。悪い意味で。 鳥越氏は敗戦の弁において「選挙戦中には、私のまったく事実無根のことを報道されて、週刊誌の選挙妨害に近いかたちで、そういう影響もあったと思いますけれども、基本的にはやはり、私の力不足ということがおそらくこの結果につながっていると思いま [全文を読む]

鳥越氏の出馬は”反日”の策略?中国人が見た東京都知事選

デイリーニュースオンライン / 2016年07月27日14時05分

さらに『週刊新潮』(新潮社)の情報によると、15年7月に放送されたNHK『ファミリーヒストリー』の番組内で、鳥越氏は「戦国大名・大友宗麟の家臣、鳥越興膳」の末裔であると紹介されていたのですが、後にそれが誤認であることが判明したのです。僕はNHKのずさんな報道に憤りを感じると同時に、局内の左派的な一派が鳥越氏の印象を良化させるために、あえて捏造放送に踏み切 [全文を読む]

淫行疑惑・鳥越俊太郎氏は「血筋」もニセモノ!? 何もかも穴だらけな現状と「過去」

Business Journal / 2016年07月21日10時00分

第一報を報じた『週刊新潮』(新潮社)がNHKに取材したが、うやむやになったまま話は終わったんです。鳥越氏は騒動発覚前に雑誌のインタビューで自身が鳥越興膳の子孫であることを語っており、NHKからその真実を聞かされていなかったようで、後に祖先が違う事実を認めています。これはずさんな取材をしたNHKに非があることですが、ジャーナリストが自身のことをロクに知らない [全文を読む]

都知事選出馬・鳥越俊太郎の“女性問題“を内調が安倍官邸の指示で内偵開始!? 既に週刊誌にリークの動きも

リテラ / 2016年07月13日22時00分

パイプのある『週刊新潮』か『週刊文春』にこっそりリークするというやり口でしょうね」(週刊誌記者) [全文を読む]

民進・共産連合も大惨敗…SEALDsよ、今すぐ学校へ帰れ!

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日13時05分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

「高市発言」を批判したテレビキャスターたちの”甘えの構造”

デイリーニュースオンライン / 2016年03月05日09時00分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

まったく流行ってない「流行語大賞」を選び続ける”サヨク”への提言

デイリーニュースオンライン / 2015年12月05日08時00分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

奥田が来るか、佐野が来るか!? 2015年流行語大賞はこうなる!

デイリーニュースオンライン / 2015年10月04日09時00分

週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

フォーカス