女優 鳥越俊太郎に関するニュース

徳島新聞女性クラブ~石田純一・鳥越俊太郎・吉行和子・冨士眞奈美・金美齢が登場!

PR TIMES / 2015年01月23日11時52分

[画像: http://prtimes.jp/i/4519/22/resize/d4519-22-683115-0.jpg ] ◇会員期間:平成27年4月~平成28年3月末日(1年間) ◇対象:18歳以上の女性 ◇年会費:1万800円(税込み) ◇講演会・トークショー(各回14時~) 第1回=石田純一(俳優)5/23(土) 第2回=鳥越俊太郎(ジャーナリ [全文を読む]

鳥越俊太郎氏の“排除”で今年の「流行語大賞」は、あのワードで決まり!?

日刊サイゾー / 2016年11月21日13時00分

公式サイトには、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)の名前だけが記載されている。 鳥越氏は今年7月の東京都知事選挙に民進、共産、社民、生活等の推薦を受けて出馬。威勢だけは良かったが、途中から「原発再稼動反対」や「核放棄 [全文を読む]

流行語大賞に異変あり?例年よりも”サヨク偏向”が減少した背景

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日12時01分

(注2)別のペア…サッカー日本代表の長友佑都と女優・平愛梨のカップル。 (注3)30の言葉…言葉というか、単なる名称の場合も多い。 (注4)<〜自衛権><ダメよ〜>… 並べて読ませることを狙った。 (注5)厳しい批判…筆者もその一人。 (注6)鳥越俊太郎…妄言に関しては<神ってた>。 (注7)野党共闘…<ゲス不倫>みたいなもの。 著者プロフィール コンテ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ベッキー出演OKなら“流行語大賞”に「ゲス不倫」「センテンススプリング」の可能性も

TechinsightJapan / 2016年11月07日19時30分

『ユーキャン新語・流行語大賞』の選考委員会は姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、鳥越俊太郎(ジャーナリスト)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、箭内道彦(クリエイティブディレクター)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)の7人で構成される。 増田英彦はもし「小池劇場」が選ばれたならば小池百合子都知事が出席して、鳥越俊太郎さんが [全文を読む]

都知事選出馬・鳥越氏に女性トラブル浮上?相次ぐ“醜聞報道”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日12時05分

今回の文春報道に加え、同日発売の『週刊新潮』(新潮社)も毎日新聞時代に女優の岸惠子(83)と噂になった過去に触れている。 ライバルの小池百合子元防衛相(64)、増田寛也元総務相(64)と熾烈な場外舌戦を繰り広げている最中に飛び出した今回のスキャンダル。選挙戦への影響はどう及ぶのか。 「鳥越氏には以前から女性の噂がつきまとっていただけに多少の醜聞は陣営にとっ [全文を読む]

<都知事選>泡沫候補だけを集めたテレビ討論会の可能性

メディアゴン / 2016年07月13日07時50分

行き詰まり系には他に、元プロレスラー、元学校の先生、元女優、元歌手、元オリンピック選手、元小説家などがいる。これは過去の「話題の立候補者たち」の顔を思い浮かべてみれば分かる。さて、テレビ放送による公開討論会は候補者同士が意見を交わし合う、一方的な意見陳述ではない分、候補者のことがよく分かる、選ぶ参考になる。これはぜひ、どんどんやって欲しい、というのが筆者の [全文を読む]

<内輪感満点の流行語大賞>「トリプルスリー」や「アベ政治を許さない」って流行りましたか?

メディアゴン / 2015年12月02日07時30分

選考委員長の鳥越俊太郎氏、室井滋氏(女優・エッセイスト)などは、流行の何に関わり、何が判断できるというのか。俵万智氏(歌人)は「かつての流行語だ」というぐらいしか存立理由がない。姜尚中氏(東京大学名誉教授)に至っては、「資本主義にまみれた流行語なんてモノを審査しては、先生の思想に反しませんか?」と心配になるくらいだ。年末恒例の行事とはいえ、所詮は民間企業が [全文を読む]

あの女優や作家、お笑い芸人も! 著名人35名がおすすめするマンガ作品 計5300冊の期間限定ポイント増量キャンペーンを実施!

PR TIMES / 2013年09月10日17時26分

【特集ページURL】「屋根の上のマンガ読み」http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/special_yaneue.asp【インタビュー掲載 著名人一覧】(敬称略)齋藤孝(明治大学文学部教授)風間トオル(俳優)林家木久扇(落語家)鳥越俊太郎(ジャーナリスト)なぎら健壱(シンガーソングライター・タレント)荒俣宏(作家・博物学者 [全文を読む]

真矢ミキ「川谷絵音はウツボカズラ」発言が物議

日刊大衆 / 2016年10月12日13時00分

女優の真矢ミキ(52)が10月4日放送の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で、「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)が当時未成年だった新恋人と飲酒デートをしていた件に触れ痛烈に批判。「ウツボカズラみたい」と川谷をたとえたことがネットで大きな話題になっている。 この日、番組で真矢は、川谷を「ウツボカズラみたいじゃないですか」と表現。共演し [全文を読む]

流行語大賞審査員の鳥越俊太郎 「ましゃロス」を強く推した

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

「ユーキャン新語・流行語大賞2015」の審査員を務めた女優の室井滋さんと、漫画家のやくみつるさんが、今年の流行語大賞の裏側を語り合った。 室井:やくさんはどんな言葉に注目されてましたか? やく:やっぱり「爆買い」、それと「ドローン」「白紙撤回」。 室井:私も「爆買い」は大本命。単なる流行に留まらずこれからも残っていく言葉だと思う。あとは地元が富山なので「北 [全文を読む]

フォーカス