文庫本 本棚に関するニュース

【小物王のつぶやき】文庫本はずっとモバイルガジェットだった

citrus / 2017年05月09日20時00分

多分、あのサイズが良いのだ、文庫本は。ほぼ黄金比の長方形に、数センチの厚みのある直方体。これがモノとしてカッコいいから、机の上に置いて逆光で写真撮ったりするだけで絵になってしまう。これが新書だとマンガっぽいし、ハードカバーの単行本だと仰々しい。ペーパーバックの文庫本だからこその軽さと、そこに詰まっているであろう情報量のバランスが絵になるのだ。手に収まる感じ [全文を読む]

大画面スマホ時代はデジタル・ドクショが一気に快適に!大幅リニューアルで使える便利すぎる機能満載の電子書籍ストア「BookLive!」

ガジェット通信 / 2012年06月19日13時00分

通勤や通学などのちょっとした空き時間に文庫本や雑誌をカバンから取り出すのではなく、スマートフォンを取り出して読みたいときに読みたいものをサッと読むことができるのが魅力です。 特にスマートフォンの大画面化は、めざましく進んでおり、中でも今年は4月に5.3インチという大画面を搭載した「GALAXY Note SC-05D」が発売され、さらに先日発表されたばかり [全文を読む]

「白泉社文庫の本棚写真コンテスト」開催!スペシャルサイト7月15日オープン!!

DreamNews / 2014年07月15日17時00分

「白泉社文庫の本棚写真コンテスト」公式サイトhttp://www.hakusensha.co.jp/hb20th/contest.html白泉社文庫の本棚写真コンテストとは? 参加方法はツイッターでハッシュタグ「#白泉社文庫本棚」をつけてあなたの「白泉社文庫の本棚」写真をつぶやくだけ!#は必ず半角を入力してください! 投稿作の一部は本サイトでピックアップ [全文を読む]

クラウドファンディングプラットフォームの「ShootingStar」、提案型本屋の先駆け・札幌の『くすみ書房』“奇跡の本屋”プロジェクト開始

PR TIMES / 2013年08月30日19時24分

■プロジェクトURL http://shootingstar.jp/projects/188 札幌市厚別区大谷地(おおやち)に店舗を構える『くすみ書房』は、戦後間もない1946年に創業し、雑誌や単行本、文庫本だけでなく専門書も置き、街の本屋として地域に根づいてきましたが、周辺環境の変化により幾度となく閉店の危機にさらされてきました。多くの町の書店が同じ理由 [全文を読む]

<本フェチにはマネできない?>増殖する蔵書を「本棚一本」以上に増やさないテクニック

メディアゴン / 2014年11月07日19時05分

文庫本など、押し入れの段ボールの下のほうにあることが何となく思い出されていても、それを探す手間よりも買ってしまう方を選ぶ人も多いと思う。人生はあまり積極的ではないが、読書や本にだけは妙に積極的な友人がいる。彼の書法はとても素晴らしい。学びたいと思ってもなかなか真似できないその友人の方法とは、一年をひとつの期間に区切り、本を読み終わってから、一軍と二軍、三軍 [全文を読む]

今さらながらの紙脱却! 話題の電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル』を試してみた!

もぐもぐニュース / 2017年03月29日09時00分

画面は文庫本よりも若干小さいが強力にシャープな文字表示の電子ペーパーの読みやすさはクセになる!? アマゾンジャパンの『Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル』(ブラック・169 x 117 x 9.1 mm/205g・価格 税込18,280円※Amazonプライム会員は4,000円引・発売中)は、非常にコンパクト。画面サイズが文庫本[全文を読む]

ブックカバーという日本文化―中国紙

Record China / 2016年10月16日16時30分

ほとんどの人が読んでいるのがペーパーバックの文庫本で、大きさは持ち運びやすいA6サイズ(105mm×148mm)だ。そして、その本にはブックカバーがしっかり付けられている。そのため、読書をしている人を見かけると、「どんな本を読んでいるのだろう」と、興味津津になる。(文:賈文■《■は女へんに亭》済南日報掲載) ブックカバーは日本特有の文化の一つで、その歴史は [全文を読む]

電子書籍オリジナルの出演者スペシャルコメント収録! 「NHK連続テレビ小説 あまちゃん(1)~(26)」配信開始

PR TIMES / 2013年11月26日13時04分

なお、1冊あたり文庫本と同じくらいの分量があるのに、サクサク読めて、次の巻が待ち遠しくなること必至です。価格は158円(税込)。各巻にはそれぞれ電子書籍オリジナルの出演者のスペシャルコメントを収録。まずは、お気に入りのエピソードの週をお試し感覚で買われてはいかがでしょうか。 <電子版ならではのおトクなポイント> ・1週間単位のエピソードが1冊に! 思い出 [全文を読む]

京都で話題の“雑誌を体感する空間”「MAGASINN KYOTO」ってどんなところ?

&GP / 2016年09月24日21時00分

トイレの前の廊下には、袋とじの文庫本が売られている。袋に書かれたキーワードだけで本を選ぶという「スノウショベリング」の斬新な商品で、袋の中身は岩崎さん自身も知らない 「ハイレベルなホテルのようなサービスを提供できるわけではないですし、1日1組限定なので、むやみに幅広い層にアプローチしようとは思っていません。この空間では、地元の人が1階でコーヒーやビールを [全文を読む]

シニア向けプロモーションを実現する通販媒体サービス「日本直販メディアプラン」の提供を開始

PR TIMES / 2016年01月29日11時29分

「カタログ同送プラン」の第一弾として、一度は読みたい日本の文豪シリーズ1,000作品以上を収録した文庫本サイズの電子書籍端末「シニアの本棚」を、日本直販顧客向けに販売開始しました。100セット以上の販売を予定しています。 日本直販は38年の歴史をもつ老舗総合通販ブランドです。シニア層を中心とした850万人の会員をもち、全媒体を取りそろえている点が特長です [全文を読む]

ついにKindle読書が本格普及中!モテテク・エロ本をコッソリ…秋の夜長の利用法

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月20日17時00分

■荷物にならない最近、女の子の間で小さいバッグが流行していましたが、普段のバッグでも、文庫本一冊入れるだけで結構なスペースをとります。Kindleなら、スマホの中に本が何冊も入っているので、何冊同時並行に読んでも問題なし!さらに、学生ってキャンパスが移動になったり、4年経ったら就職で引っ越したりと、短期での引っ越しが多いもの。紙の本だと引っ越しの時の本の整 [全文を読む]

話題の「おふろカフェ」でハロウィンイベント!入浴しながら謎解きに挑戦も

しらべぇ / 2015年09月19日06時00分

■マイブックは入浴しながら読書可能今回の謎解きミステリーゲームで配られる、文庫本サイズのブックレットももちろん露天風呂と共に満喫できる。■人気のラウンジもミステリーの舞台に!ここで人気のあるスペースのひとつが暖炉のあるラウンジ。ハロウィン期間中はかぼちゃ・ほうきなどが飾られており、謎解きミステリーのストーリーの舞台にもなっている。このエリアには大きな本棚も [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

柴川淳一[郷土史家]* * *本棚に三島由紀夫と太宰治の文庫本があった。有名な話だが、鰻屋の二階だかで、三島由紀夫が太宰治に向かって「僕は貴方が嫌いです。」と言ったというエピソードを思い出した。三島は太宰に喧嘩を売っているのか? というわけでもなく、「あなた(太宰)の文学が嫌いだ」という文学論争を吹っ掛けたのだとかいうのが事実らしい。しかし、文学について無 [全文を読む]

Amazon.co.jpバイヤー厳選 今月の注目ランキング! 春の新生活 家具ランキング

PR TIMES / 2012年03月26日09時28分

日本人は昔から床での生活習慣がある為、改めて安心できるライフスタイルとして人気が高まっているようです 1位 山善(YAMAZEN) 文庫本収納ラック 本棚カラーボックス ¥1,800 (メーカー名:山善) 2位 市場 emo.Table EMT-1796 テーブル ¥11,000 (メーカー名:市場) 3位 【Amazon.co.jp限定】カウチソファ A [全文を読む]

フォーカス