高校 森川葵に関するニュース

内藤瑛亮監督の新境地!『ドロメ』 リアルな青春描写の秘密を聞いた!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月30日23時16分

最新作『ドロメ【女子篇】』『ドロメ【男子篇】』で描かれているのは意外にも、高校生同士のリアルで青臭い会話のやり取りや初々しい男女の交流……!そんなリア充どもが次々と泥の妖怪に襲われていくホラー映画なのだが、登場人物たちがイケイケでリア充すぎるわけでもなく、親近感があるキャラクターたちだ。そんな今までの内藤監督作にはない、ほのぼのとした雰囲気が続く『ドロメ【 [全文を読む]

同一人物!?変幻自在に役になりきる若手女優・森川葵に「新世代カメレオン女優」の呼び声

AOLニュース / 2015年12月06日12時00分

高校の裏生徒会書記を演じる『監獄学園』では金髪のぱっつん。新人OL役の『イオンウォーター』では耳を出したベリーショート。役の年齢にも幅があるが、実際は20歳だ。『Seventeen』モデルから女優デビューした森川葵は、以前から作品ごとに髪形や色を変えることで知られていた。主演映画『チョコリエッタ』では坊主頭にしている。近い時期に撮影した『渇き。』では坊主頭 [全文を読む]

スター候補生集結!「オモ高」初回のハーモニーは?

Smartザテレビジョン / 2015年07月17日08時00分

7月17日(金)、芳根京子主演ドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)がスタートする。次代を担うスターキャストが勢ぞろいする、合唱に打ち込むキラキラ輝く高校生の青春ストーリーが幕を開ける。 【第1話】香川から東京の表参道高校へと転校してきた真琴(芳根)は、以前から合唱に打ち込んでいたこともあり、合唱の名門校・表参道高校でも活動する気満々だった。 しかも、か [全文を読む]

清野菜名、森川葵ら“女神”たちの魅惑の写真が初公開!

Smartザテレビジョン / 2016年08月26日07時02分

そして森川は、高校卒業後に上京した泉一が出会った村田俊太郎(ムロツヨシ)率いる「劇団 和洋折衷」の先輩団員を演じる。それぞれが泉一の人生の要所に現れ、良くも悪くも泉一の人生に転機をもたらす、重要な役どころとなっている。「撮りたい画を実現するため、キャスティングには非常にこだわりました。女優陣が美人だらけだと指摘されたのですが、これも私のこだわりゆえでしょう [全文を読む]

山崎、菅田、土屋…今旬の俳優&女優たち かつては学園ドラマの生徒の一人だった

日本タレント名鑑 / 2016年05月19日13時55分

山崎さん、菅田さんはじめ今旬の俳優、女優が多数出演していた伝説のドラマ『35歳の高校生』山崎さんは、米倉涼子さん扮する35歳の女性が高校生になるという設定の『35歳の高校生』(日本テレビ系、2013年放送)にも生徒役で出演。演じた阿久津涼は、いつも白い大きなヘッドフォンで音楽を聴いていてクラスの動きに“我関せず”という態度を見せながら、裏でクラスを牛耳っ [全文を読む]

森川葵、イケメン小関裕太に「色気がない」と辛口発言

Movie Walker / 2016年03月26日17時51分

『ドロメ【男子篇】』、『ドロメ【女子篇】』は、高校演劇部の合宿を舞台に、同じ時間軸で進行する男子、女子の物語を、男子側と女子側という2つの視点から、2本の作品として描いた新感覚のホラー映画。『ライチ☆光クラブ』(公開中)の内藤瑛亮監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】 [全文を読む]

森川葵、ゆうばりのお寿司が美味しすぎてアヘ顔に!?

Movie Walker / 2016年02月27日17時35分

本作は、高校演劇部の合宿を舞台に、同じ時間軸で進行する物語を男子、女子の2つの視点から描いた青春ホラー。昨日、同様にゆうばり映画祭でワールドプレミア上映された『ドロメ 女子篇』と対をなす仕上がりとなっている。 昨日の舞台挨拶に引き続き登壇した小関は「女子篇を見た後に男子篇を見るとわかる部分が結構ある」とコメント。森川も「男子編は基本、女子篇のネタあかしで [全文を読む]

森川葵、ゆうばり映画祭で「こんなこと初めてでした」と秘話を明かす

Movie Walker / 2016年02月27日12時15分

『ドロメ』は、高校演劇部の合宿を舞台に、同じ時間軸で進行する物語を男子、女子の2つの視点から描いた新感覚の青春ホラー。本日27日(土)には、『~女子篇』と同じくゆうばり映画祭にて『~男子篇』がワールドプレミア上映され、3月26日(土)に2作品が同時公開される。【Movie Walker】 [全文を読む]

TBS金曜ドラマに日本ドラマ界の次世代スターが集結

Smartザテレビジョン / 2015年06月05日06時00分

TBSでは7月期の金曜ドラマとして「表参道高校合唱部!」を放送することが決定。スタート日は7月17日(金)となった。本作は、青春真っただ中の高校生たちが「合唱大好き!」という型破りなヒロインと出会い、『合唱』に巻き込まれていくうちに、本当に輝ける場所を見つけていく青春ストーリーになっている。ヒロインを含めた高校生のメーンキャストは、オーディションで選抜。演 [全文を読む]

これぞ勝利の方程式!北川景子主演ドラマが「仰げば尊し」に蹴散らされたワケ

アサジョ / 2016年07月27日14時45分

なにしろTBSでは昨夏の『表参道高校合唱部!』が平均視聴率5.9%の爆死でしたから、またもや高校の音楽系部活動をテーマにしたことで『正気なのか!?』との声もあがっていたほどです」 その「表参道高校合唱部!」と今回の「仰げば尊し」では、イケメン俳優が多数出演している点が共通している。その両者に大きな視聴率の差が生まれるた原因は何なのだろうか。前出のテレビ誌ラ [全文を読む]

小関裕太、初の“ゆうばり”に「アットホームですね」

Smartザテレビジョン / 2016年02月28日00時00分

開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」で、高校演劇部の合宿を舞台に、同じ時間軸で進行する男子と女子の物語を2つの視点、2本の作品で描く新感覚ダブルアングルムービー「ドロメ」【男子篇】【女子篇】のそれぞれ主演俳優・小関裕太、森川葵が、2作品の舞台あいさつにそろって登場。本作の監督を務める内藤瑛亮も登場し、トークを盛り上げた。 2月26日の【 [全文を読む]

小関裕太&森川葵らが「ドロメ」で“ゆうばり”参戦!

Smartザテレビジョン / 2016年02月23日23時12分

本作は高校演劇部の合宿を舞台に、同じ時間軸で進行する男子と女子の物語を2つの視点、2本の作品として描く新感覚のダブルアングルムービー。 男子篇の主演を「ごめんね青春!」('14年TBS系)で注目を浴び、熱狂的なファンを持つ小関が、女子篇の主演を“月9”「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)に出演中で、さらに活動の場を広げる注目の若 [全文を読む]

芳根京子・志尊淳・吉本実憂らが出演し話題を呼んだTVドラマ「表参道高校合唱部!」が小説化

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月06日15時00分

芳根京子、志尊淳、吉本実憂、森川葵といった若手俳優たちが合唱部員を演じ、爽やかな感動を呼ぶ作品として話題を呼んだ、2015年放送のTVドラマ「表参道高校合唱部!」。2016年2月4日(木)、同ドラマの小説版『表参道高校合唱部! ~涙の数だけ強くなれるよ~』が刊行された。 歌の力が奇跡を起こす感動ストーリー「表参道高校合唱部!」。物語は、香川県の小豆島から、 [全文を読む]

2015年TBS夏ドラマで「ツイッター話題数」第1位!人気ドラマ『表参道高校合唱部!』が待望のノベライズ! 2月4日(木)発売!!

PR TIMES / 2016年02月04日10時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7512/310/resize/d7512-310-604663-1.jpg ]昨年夏、TBS系で放映された『表参道高校合唱部!』。芳根京子、志尊淳、吉本実憂、森川葵といったフレッシュな若手俳優たちが合唱部員を演じ、爽やかな感動を呼ぶ作品としてクチコミで大評判になりました。この人気ドラマがノベライズされ、 [全文を読む]

桜井日奈子、マーシュ彩、蒼波純……2016年にブレイクしそうな若手女優5選

リアルサウンド / 2015年12月31日07時07分

個人的には『表参道高校合唱部!』や『先輩と彼女』と、相次いで主演作が発表された芳根京子に注目し続けた1年であったが、いずれも来年以降さらなる活躍が期待できる女優として、チェックし続けていきたい。参考:広瀬アリス、なぜ『釣りバカ日誌』ヒロインに? 好調ドラマ版に見る、ツンデレ演技の色気 アイドルグループやモデル、グラビア界など、様々な方面から女優業への道を切 [全文を読む]

【オモ高訪問】堀井新太「高校生と年の差は感じない」

Smartザテレビジョン / 2015年09月11日05時15分

ドラマ「表参道高校合唱部!」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の出演者にリレー形式でインタビューするSmartザテレビジョンオリジナル連載企画。 第8回は、野球部時代は自分の気持ちを表に出せず本音を隠していたが、真琴(芳根京子)をはじめとする合唱部に背中を押され、自分に正直になることができた大輔を演じる堀井新太を直撃。 後編では、この秋に挑戦し [全文を読む]

連ドラ『民王』が、なんだかスゴいぞ!

Business Journal / 2015年08月02日06時00分

●直球勝負の青春ドラマ、『表参道高校合唱部!』 “オリジナル脚本のドラマ”と聞けば、どこか応援したくなる。池井戸潤の小説が原作の『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)も、往年の人気アニメを実写化した『ど根性ガエル』(同)も結構だが、ゼロから物語を生み出そうとするオリジナル・ドラマは、テレビならではの楽しみだからだ。 『表参道高校合唱部!』(TBS系)の主 [全文を読む]

菅田将暉と本郷奏多がバンド結成!?

Smartザテレビジョン / 2015年05月21日19時33分

長崎から上京して下宿生活を送る雅志は、志望していた公立高校の音楽科に落ち、私立の普通科に通っている。第1話は、雅志が2年に進級するところからスタート。クラスメートの菊田(泉澤祐希)や樫山(間宮祥太朗)と親しくなる雅志だが、一方でバイオリンの練習には身が入らないでいた。そんなある日、クラスメートの洋子(森川葵)に片思いした樫山のため、雅志はラブソングを代作す [全文を読む]

さだまさしの自伝的小説を菅田将暉主演でドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2015年03月23日19時33分

友人、先生、アルバイト先のおじさんなどさまざまな人に囲まれて、一人の少年が青年へと成長する姿を、高校・大学時代を中心に描く。 主演の菅田の他、本郷奏多、泉澤祐希、間宮祥太朗、森川葵ら若手実力派俳優も出演。また彼らを取り囲む人々に熊谷真実、西田尚美、遠藤憲一らが名を連ねる。 [全文を読む]

「他の役者に取られたら悔しい」菅田将暉、出演映画で感じた青春

WEB女性自身 / 2015年01月19日09時00分

ロードムービーというのにも興味がありましたし」 物語は、不機嫌そうな顔をして心を開かない少女・チョコリエッタこと知世子(森川葵)と、高校の映画部の先輩・正宗(菅田)の“居場所探し”の旅。さまざまな出来事や人々に遭遇しながら、正宗にとっては知世子を主人公にして映画を撮る旅なのだ。「抽象的な表現になってしまうけれど、撮影中は自分がどんどん壊されていく日々でした [全文を読む]

フォーカス