森川葵 坂口健太郎に関するニュース

有村架純主演で話題の月9ドラマ主題歌を手嶌葵が生披露

dwango.jp news / 2016年01月15日19時18分

13日、都内で『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第1話の完成披露試写会&舞台挨拶が行われ、“いつ恋”が誇るキャスト陣――有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎が登壇し、イベントの最後に主題歌を担当した手嶌葵が登場し「明日への手紙」を歌唱した。キャストに見守られながら、ドラマの映像をバックに歌唱をし、ドラマとリンクした楽曲の世 [全文を読む]

“月9”有村架純と森川葵、新宿駅前にサプライズ登場

Smartザテレビジョン / 2016年01月12日07時30分

1月11日、東京・新宿駅東口新宿ステーションスクエアに、1月クールの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)に出演する有村架純と森川葵がサプライズ登場した。 この日、朝11時から夜6時の間に同ドラマに出演する有村、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎の等身大パネルが設置された。 “等身大パネルと一緒に写真が撮れる [全文を読む]

坂口健太郎が初フォトブックで見せた“普段見られない僕”【画像あり】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月13日17時30分

本書では、写真家・川島小鳥と巡る台湾の旅のストーリーをはじめ、女優・森川葵、菊池亜希子とのファッションページなどを収録。また、現在では見ることのできない『MEN’S NON-NO』での過去の写真や同誌人気料理連載「ごはんラボ!」からの厳選レシピなど、特別付録ページも満載。まさに、永久保存版の一冊となっている。 出来上がった感想を聞かれると、「自分でも見て [全文を読む]

塩顔男子・坂口健太郎に「俺も好きな顔」と迫った大御所おじさん

messy / 2016年04月19日22時00分

今年の1月クールの月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)では、飄々としたチャラい感じの男子(中条晴太)を演じながら、ずっとひとりの女子(森川葵扮する市村小夏)に片思いしている姿が印象的だった。 小夏ちゃんには他に好きな人(高良健吾扮する曽田練)がいて全然振り向いてもらえないものの、晴太くんの不器用な一途さ&さりげない優しさ [全文を読む]

『いつ恋』最終話はなぜ“ファミレスでの会話劇”で幕を閉じた? 脚本家・坂元裕二の意図を読む

リアルサウンド / 2016年03月28日06時10分

劇団の衣装作りに参加することで新しいスタートを切った市村小夏(森川葵)は、今まで支えてくれた中條晴太(坂口健太郎)と恋人となる。 どれもとってつけたような結末だ。しかし、ここは役者の名演と映像の力で何とか乗り切ったように見える。物語の尻つぼみ感は否めない。だが、そんな欠点を補うくらい、北海道までやってきた練が音とファミレスで再会する場面は素晴らしかった。 [全文を読む]

誰もが生きづらさを抱える世の中で――思い出はなんのためにあるのか?『いつ恋』第9話

日刊サイゾー / 2016年03月16日15時00分

晴太(坂口健太郎)が小夏(森川葵)を連れていった芝居で公演している劇団まつぼっくりは、かつて小夏がモデルに憧れていたころに路上でチラシを配っていた、あの劇団だ。運送会社の社長が練に餞別を渡し「こじの菓子折りは、来月分から引いとくからね」と冗談を言う場面を見れば、練に相談もせず給料から天引きして貯金をしていた昔を思い出すし、5年前にはウソばかりついていた先 [全文を読む]

<若者いじめの現実を描く>ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に期待

メディアゴン / 2016年03月02日07時30分

有村架純さんと高良健吾さんを中心に高畑充希さん、西島隆弘さん、森川葵さん、坂口健太郎さんの6人の若者の群像劇なのですが、このドラマの背景設定には脚本家の徹底的な意志が貫かれているように受け取れます。有村架純さんは北海道のさびれた町で女手ひとつで育ててくれた母を亡くし、恩ぎせがましい養父と寝たきりの養母と暮らしているという役どころ。ドラマはいきなりのようにシ [全文を読む]

月9『いつ恋』同世代そろい和気あいあい「男女の隔たりなく…」

WEB女性自身 / 2016年02月29日06時00分

私が演じる木穂子は、恋人の練(高良健吾)の所有権は自分が持っているというギリギリのところでつないでいたのに、小夏(森川葵)にズバッと言われて、練と音(有村架純)がアイコンタクトを取った瞬間に 終わったな と。演じていて、本当につらくて、リハから結構泣いちゃいました」 そう語るのは、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系・月曜21時〜) [全文を読む]

忘れられない苦しさと、忘れようとする苦しさ――帰る場所はどこにあるのか?『いつ恋』第6話

日刊サイゾー / 2016年02月25日19時00分

彼女だけではない、練(高良健吾)も、木穂子(高畑充希)も、朝陽(西島隆弘)も、小夏(森川葵)も、晴太(坂口健太郎)もまた、東京にいる。あれから5年がたった今でも、彼ら彼女らは第5話までと同様、まだ帰る場所を探している。 第5話までと第6話からの変化を象徴しているのが朝陽だ。介護施設の現場で働いていた彼は、今は本社に戻り、音と付き合っている。一見すると第5話 [全文を読む]

『いつ恋』音はなぜドラマ名を口に? 脚本家・坂元裕二が描く「リアリズム」と「ドラマの嘘」

リアルサウンド / 2016年02月22日07時10分

練の恋人・日向木穂子(高畑充希)、練に片思いをしている杉原音(有村架純)、同じ介護施設で働いている音のことが好きな伊吹朝陽(西島隆弘)、練と同郷の幼なじみで練のことが好きな市川小夏(森川葵)、小夏の恋をかなえてあげたい中條晴太(坂口健太郎)。 ふとした偶然から、静恵おばあちゃん(八千草薫)の家に、練たち6人がそろう。はじめは楽しく食卓を囲んでいた練たちだが [全文を読む]

東京はもう“夢のある街”じゃない? 『いつ恋』登場人物たちのリアリティ

リアルサウンド / 2016年02月15日07時10分

小夏(森川葵)のように「どこにでもいる子になりたくない」からと、必死でしがみつこうとする者もいるが、多くの人々は、そんな幻想は信じていない。曽田練(高良健吾)の職場の先輩で、ことあるごとに「小室哲哉のブレーンだった」と言う佐引穣治(高橋一生)の痛々しい姿は、東京に夢を見た若者たちの、なれの果ての姿だ。 そんな中、最後に残されたささやかな夢は、やはり恋愛なの [全文を読む]

有村架純の母役で満島ひかりが“再登場”

Smartザテレビジョン / 2016年02月15日06時00分

15日(月)放送の第5話では、音と練(高良健吾)をはじめ、音を思う朝陽(西島隆弘)、練を思う木穂子(高畑充希)、小夏(森川葵)、そんな小夏を見守る晴太(坂口健太郎)と6人の思いが交錯し、ついに大きな事件が起きる。 そして22日(月)の第6話で、6人それぞれにとって本当に大切にしたいものとは、本当に守りたいものとは、皆がそれぞれに決断を迫られる。満島ひかりの [全文を読む]

手嶌葵「明日への手紙(ドラマバージョン)」(フジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」主題歌)「dヒッツ」独占先行配信開始!

PR TIMES / 2016年02月01日12時23分

有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎という今もっとも旬な若手俳優陣を迎え、東京という街に飲み込まれそうになりながらも必死に生きようとする若者たちのリアルな恋を丁寧に描く本格ラブストーリー。ドラマ・プロデューサーの「手嶌さんのあの“声”こそが、このドラマの世界に必要」という思いを込め、昨年リリースされたアルバムに収録されていた楽曲を、新 [全文を読む]

SMAP大ファンのAAA・西島隆弘が「メンバーに聞きたいこと」とは?

AOLニュース / 2016年01月19日21時00分

この日は、番組の人気コーナー「ビストロSMAP」に、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演する有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎が登場した。 西島はSMAPの大ファンだそうで、コンサートはチケットが取れず2002年に行われた「Drink! Smap!Tour」に唯一行けたという。「(2002年が)唯一チケッ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高畑充希「すきな人たち」 “新月9”共演者ショット公開

TechinsightJapan / 2016年01月19日12時01分

男女6人の複雑な恋愛模様を描く同ドラマ、主要キャストは高畑をはじめとして主人公を演じる高良健吾と有村架純、他にも坂口健太郎や森川葵、AAAの西島隆弘と全員が20代である。年齢が近いこともあるのだろうか、6人は自然な笑顔で仲の良さを感じさせ、フォロワーからは「素敵な写真」「メンバー最高すぎ」と称賛の声が寄せられた。 また第一話の放送終了後は同局のバラエティ [全文を読む]

「SMAP×SMAP」緊急生放送で5人からメッセージ

Smartザテレビジョン / 2016年01月18日14時44分

有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎が一堂に会する。 [全文を読む]

高畑充希の「手ブラ好きと?」にAAA西島が挙手!?

Smartザテレビジョン / 2016年01月14日02時31分

1月13日、月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)の完成披露試写会と舞台あいさつが行われ、有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎が登壇した。 同ドラマは坂元裕二の脚本で、悩みや困難を抱えながらも東京で前向きに生きていく地方出身の若者6人を描く本格ラブストーリー。 有村は冒頭で「完成披露のこの日のことばか [全文を読む]

AAA・西島隆弘 月9連続ドラマの主要キャストとして出演決定!

dwango.jp news / 2015年12月17日23時58分

有村架純・高良健吾の主役2名に加え、高畑充希・坂口健太郎・森川葵、そこに西島隆弘という、今をときめく若手俳優陣での群像ラブストーリー。キャスト発表からかなりの期待が寄せられている、来期大注目のドラマだ。 歌手としての活動はもちろん、映画や大河ドラマでも迫真の演技を披露し、俳優としての出演の評価が非常に高い、彼。 特に2009年公開の映画「愛のむきだし」で [全文を読む]

有村&高良月9主題歌に手嶌葵!Pも「あの声が必要」

Smartザテレビジョン / 2015年12月14日21時52分

有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎という旬な若手俳優陣が、東京という街に飲み込まれそうになりながらも、必死に生きようとする若者たちのリアルな恋を紡いでいく。 今回主題歌を担当することが決まった手嶌は、村瀬健プロデューサーが“歌声”にほれ込んだそうで、「人から見たら過酷すぎる境遇にありながら、決して暗くならずに明るく前向きに生きてい [全文を読む]

有村架純×高良健吾 話題の新月9主題歌は手嶌葵に

dwango.jp news / 2015年12月14日12時22分

有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎という今もっとも旬な若手俳優陣を迎え、東京という街に飲み込まれそうになりながらも必死に生きようとする若者たちのリアルな恋を丁寧に描いていく。そんな、作品をさらに彩り豊かする主題歌が、このたび発表となった。主題歌に決定したのは、聞き手の心が震える神秘的な歌声の女性シンガー手嶌葵が歌う『明日への手紙』。 [全文を読む]

フォーカス