試験 立命館大学に関するニュース

2015年開始 ビジネス統計検定

PR TIMES / 2014年10月03日16時08分

累計受験者数340万を超えるマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)を実施・運営する株式会社オデッセイ コミュニケーションズ(本社 東京、社長 出張勝也)は、2015年よりビジネス分野の新しい資格試験「ビジネス統計検定」を開始します。ビジネスにおけるデータの活用がますます重要になるなかで、一般のビジネスパーソンにも統計の知識や分析スキルが求められ [全文を読む]

ノエビアグループ×立命館大学 土壌肥沃度とオーガニック植物の収穫量や品質の関係性を解析第68回日本生物工学会大会にて発表

@Press / 2016年09月28日11時00分

【研究の成果】 婦人病の漢方薬で利用されているホッカイトウキ(図1)を対象に試験を実施しました。SOFIXに基づき、土壌中の炭素、窒素およびリンの量や微生物活性を改善した結果、土壌肥沃度の上昇に応じて収穫量が増えました(図2)。また、ホッカイトウキ中の有用成分であるリグスチリド※2およびブチリデンフタリド※3についても、土壌肥沃度に準じて高まりました。以 [全文を読む]

立命館守山とISID、クラウドとSNSを活用した アダプティブラーニング(適応学習)の実践プロジェクトをスタート

JCN Newswire / 2014年05月15日18時55分

■学校での導入計画■対象学年: 初年度 中学1年159名、高校1年304名(次年度以降各年度の新入生に1人1台順次導入)対象科目: 英語・数学の2教科2014年度5月: 環境設定、教員への研修(iPad活用について)、生徒への情報モラル研修6月: 生徒へのiPad配布、iPadの機能や操作方法についての学習教員への研修(RICSの使用方法について)7月初旬 [全文を読む]

利用者は2・3倍に…立命館大で“学食の100円朝食”が話題

WEB女性自身 / 2014年01月08日07時00分

これが学業の妨げになることを懸念し、父母教育後援会が『なんとかしないと!』と、この100円朝食を発案したのです」(立命館大学父母教育後援会事務局・宗重信也さん) まずは’13年の10月21日から10日間、試験的に「100円朝食」を実施した。 「すると、朝の食堂の利用者が300人を超え、導入前の2.3倍に増加しました。一方で、併設するコンビニの利用者数も減ら [全文を読む]

ベネッセとグローバル化を推進する国内3大学が共同で外国人留学生と幼児・小学生との英語交流イベントを開催

PR TIMES / 2013年12月13日15時08分

2013年1月に発足した政府の教育再生実行会議では、「グローバル人材育成」を重要なテーマとして設定しており、5月に出された第3次提言では、国際化を断行する大学(「スーパーグローバル大学」)の重点的支援、大学入試や卒業認定におけるTOEFL等の外部検定試験の活用、小学校の英語学習の実施学年の早期化や教科化などが盛り込まれました。このように、初等教育から大学 [全文を読む]

「あいちゃれ2016 -第6回立命館大学 全国高校・大学ソフトウェア創作コンテスト-(ICT Challenge+R)」最終選考会を開催

PR TIMES / 2016年11月23日10時28分

高校版では、参加者がエントリーしたソフトウェアの審査結果を、情報理工学部のAO選抜入試(総合評価方式)に直結させており、満点評価を得た生徒は、AO選抜入試(総合評価方式)の試験項目の一部を免除しています。これまでに、高校版「あいちゃれ」を通じて、合計13名(2011年度3名、2012年度2名、2013年度3名、2014年度2名、2015年度3名)が入学し [全文を読む]

立命館大学 Ritsと自称し関西No.2私大に迫る勢い見せている

NEWSポストセブン / 2013年04月14日16時00分

学生気質も変化してきて、昔は「早稲田→明治→法政」という硬派大学ラインで第三志望の学生が多かったのですが、今はAO入試や推薦入試など一般試験以外で、第一志望で入る学生が増えてきました。だから昔みたいなコンプレックスを持っている学生は少ない。東京私学の就職では「MARCH(マーチ=明治、青山学院、立教、中央、法政の総称)」から上かより下かで2極化が進んでいる [全文を読む]

立命館大、AO 選抜入試が一部免除されるソフトウェア創作コンテスト 「あいちゃれ 2014」

インターネットコム / 2014年11月12日19時30分

高校版と大学版で構成されており、高校版では、コンテストの結果を、情報理工学部の AO 選抜入試に直結させており、ファイナリストに選出された生徒およびチャレンジ賞を受賞した生徒は、AO 選抜入試の試験項目の一部が免除される。 コンテストを通じ、発想力、技術力などの能力を持った高校生を発掘し、同学に興味を促すことが目的。 今年は、高校版で全国から過去最多の50 [全文を読む]

赤本アンケート「受験を支えてくれたアイテムは何ですか?」 第3位「甘いお菓子」、第2位「これまで使ってきた参考書」、 第1位は…

PR TIMES / 2013年11月19日09時26分

第2位 参考書・ノート・赤本 「試験会場にも持って行く」という人が多かったのが、これまで使ってきた参考書・ノート類です。大事なのは、ボロボロになるまで使ったということ。「これだけやったのだから大丈夫!」という自信につながるグッズです。赤本は机の上など目につく場所に置き、士気を鼓舞するといった使い方もされています。 [全文を読む]

自著で大暴走! 元フジテレビ長谷川アナの“懲りない男”ぶりがスゴい!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月10日11時30分

この採用試験について、長谷川は“顔・声・自己紹介”の3つで「受かる人と受からない人はわかる」と綴る。顔重視というのは視聴者の誰もが察しがつく採用基準だが、受かった本人が得意げに語る話か? という気もしなくもない。だが、長谷川いわく、彼が受けた年は実況ができるアナを欲していたかったらしく、「表現すること」にこだわりがあったから内定を獲得したのだという。ただ、 [全文を読む]

センター過去問、国語の平均演習年数は11年分! 難関大学合格者のとった対策とは?

PR TIMES / 2013年05月16日14時34分

「大学入試シリーズ」(通称“赤本”)でおなじみの図書出版・教学社(京都市左京区)は、難関大学入学者を対象に、センター試験の過去問演習に関する調査を実施しました。大学入試センター試験は、志願者数が57万人を超える大学入試最大の試験です。独特の問題形式をもつため、過去問が特に重要とされますが、難関大合格者は実際には何年分解いていたのでしょうか。【調査概要】調査 [全文を読む]

フォーカス