演技 安達祐実に関するニュース

安達祐実、久々のドラマ復帰に「可愛すぎる」の声が殺到! “狂気の母“役でさすがの演技力も発揮

メンズサイゾー / 2016年11月25日18時05分

「安達祐実がめっちゃ可愛すぎるんだけど」「最近の安達祐実は普通に可愛い」「安達祐実って本当に顔若いままで可愛いよね、演技も上手いしさ」「ストーリーがヤバいから安達祐実の可愛さだけが救い」などと美貌を絶賛する声が相次いだ。 さらに同回はシリーズでも「屈指の後味の悪さ」といわれるストーリー展開だったが、安達に関しては「怖すぎるサイコ回だったけど、安達の演技のお [全文を読む]

全裸で花魁役に挑んだ心境を告白!「あなたが思っている安達祐実は、実は安達祐実じゃないかもしれない」

週プレNEWS / 2014年11月01日06時00分

公式ビジュアルブック『安達祐実 秘花』(小社刊)ではオールヌード初披露したことでも話題を呼んだ彼女を直撃した! ■こんな安達祐実、どうですか? ―公開される『花宵道中』では遊女を演じ、とても大胆な演技で……。まどろっこしいんで直球で聞きます。 安達 はい(笑)。 ―劇中でのヌードが話題を呼んでいます。脱ぐことに躊躇(ためら)いはありませんでしたか? 安達 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安達祐実が瀬戸康史を絶賛「人間的にバランスがとれている」

TechinsightJapan / 2015年11月01日21時25分

それもそのはず、安達祐実はブログで彼の演技や人柄を絶賛。「姉のような気分でいさせてもらってます」と明かしている。 俳優集団D-BOYSによる演劇ユニット公演・Dステの第17回公演『夕陽伝』で主演を務める瀬戸康史を安達祐実が陣中見舞いした。瀬戸が10月30日に『瀬戸康史(koji_seto0518)ツイッター』でツーショットとともに「またゆっくり、ご飯行きま [全文を読む]

2014年、役者魂を見せつけた日本の女優たちのヌードシーンをピックアップ!

Movie Walker / 2014年12月27日17時00分

自らの体をさらけ出した女優たちの入魂の演技によって、印象深い名シーンが数多く誕生した。今回はその中から、映画表現として高い評価を得た作品&ヌードシーンをピックアップする。 男女の複雑な恋愛模様を描く映画『海を感じる時』(公開中)に主演した市川由衣は、これまでアイドル的な立ち位置だった女優人生の転機となる本格的な濡れ場に挑戦。冷淡な恋人に一途な愛を捧げるヒロ [全文を読む]

『花宵道中』ビジュアルブックでオールヌードを初解禁! 安達祐実「少女でも、大人でもいいって言葉に救われたんです」

週プレNEWS / 2014年09月23日15時00分

日本を代表する演技派女優 ■映画『花宵道中』公式ビジュアルブック 『安達祐実 秘花(ひめか)』 前半の劇中写真と後半の撮り下ろし写真で構成。テーマは、「遊女」と「少女」。芸歴30年女優の裸の生きざまを、映画に先駆けて解禁する(集英社/1800円+税、発売中) 【http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_p [全文を読む]

天海祐希主演『緊急取調室』が視聴率16.1%で大逆転! テレ朝ドラマの“媚びない”強さ

日刊サイゾー / 2014年01月24日20時30分

放送後には、視聴者から「脚本もキャストも、クオリティが高い」「舞台演劇を思わせるような密室劇だが、演技が素晴らしく飽きさせない」「気持ちいいシーンが多い」「専業主婦の苦悩と、仕事を持つ母の心理戦に涙が出た」といった声が。さらに第3話にゲスト出演した安達の演技を絶賛する声は多く、「とにかく、安達祐実の演技がすごかった」「安達祐美って、こんなに演技うまかった [全文を読む]

初の花魁役演じた安達祐実 ヌードシーンと濡れ場の心情語る

NEWSポストセブン / 2014年09月12日16時00分

私ももの心ついた時には芸能界で演技をしていて、そのことに疑問を抱いたこともなければ、反発を覚えたこともなかった。 でも、朝霧が半次郎(淵上泰史)と出会って恋をして、自分の置かれた状況に葛藤して生きていくように、私も年をとってさまざまな経験をするにつれて、子役や女優である前に、ひとりの人間だと考えるようになっていきました。 もちろん仕事は違いますが、朝霧と私 [全文を読む]

『明日、ママがいない』賛否両論も、芦田愛菜には高評価 「安達祐実超え」の声も

AOLニュース / 2014年01月17日16時53分

15日に第1回が放送された芦田愛菜主演のドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)に対し、芦田愛菜の演技を絶賛する声が殺到。ただし、その煽情的な内容から、放送中止を求める声があがるなど、わずか1話にして波乱含みの展開となっている。 『明日、ママがいない』は、児童養護施設が舞台のドラマ。『高校教師』や『家なき子』で話題を集めた野島伸司脚本のこのドラマは、里 [全文を読む]

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

同ドラマでの、演技が得意でない役柄とは裏腹に、その高い演技力で定評があります。 愛らしいキャラでバラエティでも注目の寺田心くん その下の世代では、バラエティなどにも登場する寺田心くん(7歳)。この心くんも芦田愛菜さんに憧れてこの世界を志したとのこと。TOTO、サッポロ一番などのCMで注目され、月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』にも出演し、話題になり [全文を読む]

安達祐実の母親が、娘の初恋相手とまさかの...!

tocana / 2015年03月13日08時30分

安達曰く、『家なき子』時は12歳だったこともあり、"泣きの演技"がまったくできなかったという。それでも、主役に抜擢される。安達は、「裏の力が働いたんでしょうね」と笑って振り返るが、安達が泣く演技ができないため、現場は大変だったようだ。 「監督とかプロデューサーとかが『お前は本当にダメだな』って」となり、目薬を使って泣く演技をこなしていたという。さらに、犬 [全文を読む]

ヌード披露の安達祐実 「子役」イメージからの脱皮に葛藤抱えた

NEWSポストセブン / 2014年09月11日07時00分

2009年には離婚も経験したが、大人の女としての喜びや悲しみ、苦しみを演技に滲ませることができなかったという。「いちばん苦しかったのは16才~20代前半くらいかな。年相応に見てもらえない容姿が、ただコンプレックスでしかありませんでした。でも20代後半ごろから、容姿も含めて素の自分を認めてくれる人が少しずつ周囲に現れるようになりました。 [全文を読む]

安達祐実、写真集『私生活』を語る「私は芸能人である前に、ひとりの人間だと知ってもらいたかった」

週プレNEWS / 2013年09月04日17時00分

1994年、ドラマ『家なき子』での演技で一躍脚光を浴び、以後、女優としての道を本格的に歩み始める。同作の『同情するなら金をくれ!』のフレーズはその年の新語・流行語大賞にも選ばれ、社会現象となった。今年、芸能生活30周年を迎える。 発売記念握手イベント開催 9月14日(土) 東京・文教堂書店渋谷店、15時開始予定 詳細は書店ホームページでチェック! http [全文を読む]

『警視庁ゼロ係』小泉孝太郎のKY役に反響 松下由樹&安達祐実の強烈キャラも健在

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年07月22日12時50分

昨年に続き、KY警視・小早川冬彦役の小泉、巡査長・寺田寅三役の松下由樹、事務職として働く本条靖子役の安達祐実らの演技を絶賛する声とともに、豪華ゲスト陣やいきなりの“前後半展開”などに引き込まれたという声が上がっている。 21日放送の第1話では、頭脳明晰のKY警視・小早川(小泉)がある日、東京オリンピック競技場建設予定地で遺体を発見。殺害方法が作家・風間のデ [全文を読む]

まさかiTunesにあると思いませんでしたベスト 〜女性アーティスト編〜

okmusic UP's / 2017年06月12日18時00分

凄絶な演技力をそのまま歌唱力に振り切ったような気迫は、かつて放送禁止歌とされていたこの歌のルーツをそのまま背負ったような痛切さすら感じさせます。■3. 「Canary Canary」(’04)/ジェーン・バーキン & 井上陽水 [全文を読む]

「あざとさすら演技」「唯一無二」寺田心は「名子役か迷子役か」を100名に大調査!

サイゾーウーマン / 2016年03月05日16時00分

演技もさることながら、おかっぱヘアと天使のような笑顔、また愛くるしいしゃべり方で、見る者を魅了している。しかし一方で、ネットではたびたび「あざとい」と批判が出たり、1月に放送された『VS嵐 2016賀正新春豪華2本立てSP』(フジテレビ系)でのババ抜き最弱王決定戦「BABA嵐」では、自ら対戦相手にカードを見せたり、逆にカードを盗み見たりするなどして、炎上騒 [全文を読む]

20年ぶりとなる映画主演作で証明 安達祐実は「上手い」ではなく「すごい」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月16日05時50分

オールヌードの体当たり演技もすごいが、何よりも、顔がすごい。飴玉を喜ぶ童女のような顔と、酸いも甘いも噛み分けた花おいらん魁のセンターとしての顔。2つの顔を両立させることができたのは、この人だけだったのではないか? 公式Facebookにて、本作のメガホンを執った豊島圭介による「花宵道中監督日記」が公開されている。初挑戦の時代劇ゆえ、戸惑いもあった。だが、映 [全文を読む]

安達祐実が初ヌードで濡れ場に挑戦! 花魁役の新境地で子役イメージからの脱皮に自信

週プレNEWS / 2014年09月02日15時00分

かつての「少女」のイメージからは想像できない妖艶(ようえん)な演技に、豊島監督も「覚悟を決めて現場に来ていたので、その凄(すご)みみたいなのが表情に出ている。普段の演技も上手いのは知ってのとおりですが、本当に恋をした感じというか、濡れ場も上手い!」と、絶賛しきりだった。 『花宵道中』は11月8日から全国公開。新たなステージを拓(ひら)き、変貌した一糸まと [全文を読む]

安達祐実、映画でついにフルヌード! 30代での新境地開拓へ…

メンズサイゾー / 2014年03月04日12時00分

演技をする上で服を着ている、着てないは関係ない」と女優魂あふれるコメントをしている。 安達といえば、デビュー30周年を迎えた昨年、初のセミヌード写真集『私生活』(集英社)を出版。手で胸元を隠した“手ブラ”ショットやお尻の割れ目が見える写真など、ネット上では「へたなグラドルよりいいカラダしてる」「これで30代には見えない」と絶賛する声が上がった。一部では、さ [全文を読む]

「女囚セブン」剛力彩芽の棒演技をカバーする脚本と脇役の力

アサジョ / 2017年04月28日18時15分

4月21日にスタートした深夜ドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日系)が初回視聴率7.5%を記録した。主演を務める剛力彩芽はこの1年、深夜ドラマに出ずっぱりで、7.5%という数字はそれらのどのドラマよりも高い。「この設定ならゴールデンタイムでもイイ線まで行けたのにもったいないですよ。このドラマの脚本担当である西荻弓絵は主演俳優に合ったキャラクター作りに定評があり [全文を読む]

「毎日白眼になりそうwww」「含蓄あるお言葉と叱咤激励の連続…おそろしい!」月影先生の日めくりカレンダーに絶賛の声!!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月26日11時30分

ごく普通の少女に見えるマヤだったが、一度目にした芝居や映画の内容を完璧に記憶し、まるでその役が憑依したような迫真の演技をするという類まれな才能を秘めていた。マヤの才能に気付いた月影は、自身が上演権を持つ「紅天女」を演じられる女優に育てようと指導するのだが――。 まるでスポ根漫画のような激しい特訓、そしてマヤの恐るべき才能の開花が描かれた同作には「一度読み始 [全文を読む]

フォーカス