マネックス証券 楽天証券に関するニュース

大手オンライン証券初、米国株取引で特定口座の利用が可能に

PR TIMES / 2013年11月15日15時23分

~確定申告負担を軽減し、個人投資家のグローバル投資を支援~マネックス証券株式会社(以下、「マネックス証券」)は、2013年12月16日(月)(予定)より、大手オンライン証券で初めて(注1)米国株取引において特定口座の利用が可能になりますので、お知らせいたします。 マネックス証券は、2012年11月28日より、グループ会社である米国オンライン証券、Trade [全文を読む]

「教育資金贈与サポート」開始のお知らせ

PR TIMES / 2013年05月13日15時29分

~主要証券初「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置」に対応~ マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2013 年6月3日(月)より「教育資金贈与サポート」の提供を開始いたしますので、下記の通りお知らせいたします。 「教育資金贈与サポート」は、平成25 年度税制改正における税制上の新しい優遇措置として創設された「教育資金の一括贈与に係る贈与 [全文を読む]

2017年7月31日(月)より主要オンライン証券最安水準へ!中国株取引手数料引き下げのお知らせ

PR TIMES / 2017年07月14日15時00分

~あわせて取引手数料が実質無料になる入庫キャンペーンを実施中~ マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝屋敏彦、以下「マネックス証券」)は、2017年7月31日(月)(予定)より、中国株取引の国内取引手数料を約定金額(香港ドル)の0.25%に引き下げ、手数料に上限を設けることを決定しましたので、お知らせいたします。加えて、現地諸経費を原 [全文を読む]

Yahoo!ファイナンスの米国株情報ページに初心者向けコンテンツ「はじめての米国株」を提供~あわせて外国株取引口座開設キャンペーンを実施します~

PR TIMES / 2015年08月03日10時45分

マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、ヤフー株式会社(以下「ヤフー」)が2015 年8 月3日(月)からYahoo!ファイナンスで掲載する米国株の総合的な情報ページにおいて、米国株投資をわかりやすく解説する情報コンテンツ「はじめての米国株」を提供いたします。また、今回の提供開始を記念した外国株取引口座開設キャンペーンを実施いたしますので、あわ [全文を読む]

豪州におけるFX事業の取得に関するお知らせ

PR TIMES / 2016年08月05日16時23分

※1 大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)の比較において(楽天証券調べ) ※2 一般社団法人金融先物取引業協会公表の2016年6月月次取引金額(円金額)を参考 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担 [全文を読む]

日経225先物・オプション取引 手数料改定のお知らせ

PR TIMES / 2015年01月08日16時10分

※大手ネット証券とは、楽天証券、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券の5社のことを指します。 <改定後の手数料体系(2015年1月16日(金)ナイトセッションから)> ■日経225先物取引 ・ラージ:278円(税込300.24円)/ 1枚 ・ミニ:38円(税込41.04円)/ 1枚 ※手数料合計額に1円未満の端数が生じた場合は、切り捨 [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小のお知らせ ~「米ドル/円」スプレッドを0.3銭に標準化~

PR TIMES / 2014年10月20日10時25分

以上 ※SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社 ■2014年11月3日以降のスプレッド体系 米ドル/円 0.5銭(通常スプレッド)⇒ 0.3銭(11月3日以降の通常スプレッド) ※上記は通常時のスプレッドです。相場環境の急変時などはスプレッドが広がる可能性があります。詳細は後述の【スプレッドの例外について】をご参照くださ [全文を読む]

海外株式における特定口座対応のお知らせ

PR TIMES / 2014年10月15日20時42分

※大手ネット証券5社とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券のことを指します。 以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかか [全文を読む]

“NISA利用率No.1を達成” 2015年もNISA口座の国内株式売買手数料が0円!

PR TIMES / 2014年09月12日16時30分

※1:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券 ※2:2014年8月末調査時点(株式会社QUICK・一般社団法人 金融財政事情研究会調べ)稼働率等の詳細に関するお問い合わせはQUICKまでお願いいたします。 ―概要― ■国内株式(現物)手数料0円 2015年のNISA口座内での国内株式(現物)取引の買付および売却時の手数料を一律 [全文を読む]

主要オンライン証券初!投信積立の手数料が実質無料に 「ゼロ投信つみたて」開始のお知らせ

PR TIMES / 2017年09月12日16時11分

~投資信託の積立買付にかかる申込手数料を恒久的に実質無料に~ マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝屋敏彦、以下「マネックス証券」)は、2017 年9月1日(金)積立買付分(約定日ベース)より、投資信託の積立買付にかかる申込手数料を恒久的に実質無料とする「ゼロ投信つみたて」プログラムを開始しますのでお知らせいたします。 投資信託の積立 [全文を読む]

楽天FX 3通貨ペアのスプレッドを縮小・固定化

PR TIMES / 2016年05月06日16時44分

■2016年5月9日以降のスプレッド体系 [表: http://prtimes.jp/data/corp/11088/table/103_1.jpg ] ※1 例外あり ※2 2016年4月26日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) 【スプレッ [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小キャンペーンに2通貨ペアを追加!「ユーロ/米ドル」0.9pips⇒0.4pips, 「英ポンド/米ドル」1.9pips⇒1.0pips

PR TIMES / 2016年02月04日16時02分

※2016年1月21日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) ■□ キャンペーン概要 □■ ■キャンペーン対象通貨 「ユーロ/米ドル」、「英ポンド/米ドル」 ■キャンペーン期間 2016年2月8日(月)AM7:00 ~ 2016年3月1日(火)A [全文を読む]

楽天FXスプレッド縮小キャンペーン実施のお知らせ「ユーロ/円」1.1銭⇒0.5銭「英ポンド/円」1.9銭⇒1.0銭

PR TIMES / 2016年01月07日17時19分

※2016年1月5日時点における大手ネット証券6社(SBI証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)との比較において(当社調べ) ■□ キャンペーン概要 □■ ■キャンペーン期間 ・2016年1月12日(火)AM7:00 ~ 2016年1月30日(土)AM6:55 ■キャンペーン内容 ・期間中、ユーロ/円のスプレッ [全文を読む]

2015年5月25日(月)の初取引日から「日経225 Weeklyオプション」取引サービス開始

PR TIMES / 2015年04月03日17時29分

以上 ※楽天証券、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券の5社を指します。 【参考1】楽天証券の日経225 Weeklyオプション 取引手数料 ■取引手数料は、従来のオプション取引と同様 売買代金の0.18%(税込0.1944%)[最低手数料: 180円(税込194.4円)] ・自動権利行使・権利割当は、上記の手数料がかかります ・自動 [全文を読む]

2013 年9 月23 日(月)より米国株取引手数料を改定

PR TIMES / 2013年08月26日17時56分

~最低手数料 5.25 米ドルより~マネックス証券株式会社(以下、「マネックス証券」)は、2013 年9 月23 日(月)(米国東部標準日付ベース、以下同様)約定分の取引より、米国株式の国内取引手数料(以下、「米国株取引手数料」)を改定いたしますので、お知らせいたします。現行の手数料体系では、前月の取引回数(約定回数)により当月の手数料が決まっていましたが [全文を読む]

大手ネット証券初 いよいよサービス開始!上海A株取扱いスタート

PR TIMES / 2016年02月29日09時41分

※大手ネット証券:楽天証券、SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券■□ 「上海A株」サービス概要 □■■サービス開始日2016年3月14日(予定)■取扱い銘柄(予定)上場株式:250銘柄主な銘柄:ピンアン・インシュランス(Ping An Insurance)シャンハイ・インターナショナル・エアポート (Shanghai Int’l Air [全文を読む]

「貸株サービス」開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年12月01日11時07分

※大手ネット証券とは、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の5社を指します。※2014年11月29日時点のボーナス金利銘柄数は274銘柄。――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――< 貸株サービスの概要 >■取扱い対象銘柄:国内取引所に上場している銘柄・ほふり非取扱い銘柄、東証外国株市場銘 [全文を読む]

FX自動売買プラットフォーム「MetaTrader 4」提供開始のお知らせ

PR TIMES / 2016年05月11日17時24分

※大手ネット証券とはSBI証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、当社の6社 以上 【手数料等およびリスクの説明について】 楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる [全文を読む]

株式投資も、日本を飛び出し米国へ。~粋だと思うよ、アメリカ株。~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月11日09時00分

マネックス証券 日本で外国株投資に対応する証券会社3社のうち、最もアメリカ株の取引に力を入れているのがマネックス証券です。 取扱銘柄はおよそ3,000、取引手数料は最低5ドルからで、リアルタイムチャートや各種分析ツール、日本語サポートツールも備わっています。 また、3社の中では唯一、時間外取引(※現地時間8:00~9:30間のプレ・マーケットと、16: [全文を読む]

【証券会社のイメージに関するアンケート調査】顧客対応がよい証券会社は「野村證券」がトップとなるも、「いずれもない」が7割強。手数料が安い証券会社でも「いずれもない」が7割弱

PR TIMES / 2015年07月08日09時55分

「SBI証券」「野村證券」が各1割強で上位2位、以下「楽天証券」「マネックス証券」「大和証券」の順で続きます。男性30・40代では「SBI証券」の比率が高く、50代以上では「野村證券」がトップです。◆信頼感や安心感がある証券会社、顧客対応がよい証券会社最も信頼性や安心感があると思う証券会社を聞いたところ、「野村證券」(18.5%)がトップ、2位の「SBI証 [全文を読む]

フォーカス