スキャンダル 熊切あさ美に関するニュース

熊切あさ美、矢口真里とスキャンダルコンビ結成!? 何かと話題のふたりは息ピッタリ

メンズサイゾー / 2015年11月02日21時15分

スキャンダルのイメージが強く、今回の番組にもそれがあったために呼ばれたふたり。しかし、当然ながらいつまでも同じネタで起用されるほど、バラエティの世界は甘くない。長い芸歴を持つふたりも、そんなことは承知しているハズで、今のうちに新しいきっかけをつかみたいところだろう。番組中、熊切は、矢口とはスキャンダルの質が違うことをアピールしたが、ネット上の視聴者からは [全文を読む]

立ち直りで明暗!“お騒がせ女”矢口真里と熊切あさ美の決定的な差とは

おたぽる / 2015年09月25日09時00分

ともにスキャンダルを経て“お騒がせタレント”のイメージが定着してしまった元・モーニング娘。の矢口真里と、元・チェキッ娘で“崖っぷちアイドル”こと熊切あさ美。 前者は夫のいぬ間に自宅不倫して世間の猛バッシングにさらされ、後者は今春に片岡愛之助と泥沼の破局騒動を繰り広げた。 熊切の場合は、愛之助の“ポイ捨て”が原因であることから同情も禁じえないが、矢口同様“ワ [全文を読む]

ベッキー『しくじり先生』出演の期待高まる!?

日刊大衆 / 2016年12月05日12時00分

「一回スキャンダルがあった人はロンハーあたり出やすそう」「絶対無理だろうけど、徹子の部屋とか出てほしい!」「全力坂で走ったらちょっと見直す……けど特番はないか」など、『金曜ロンドンハーツ』『徹子の部屋』といったテレビ朝日の人気番組に、ベッキーが出演するのではないかというコメントがSNSを中心に上がった。 しかし、中でも一番多かったのは、「これは確実にしくじ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】熊切あさ美“健康美”と“天然”が魅力 森田先生も絶賛「心身共にとてもお元気」

TechinsightJapan / 2016年10月03日13時25分

それから間もない8月18日に女性週刊誌でヤクルト・山田哲人選手とのスキャンダルが報じられ、その言葉が偽りでないことが分かった。 彼女は破局騒動でマイナスなイメージを見せたかに思えたが、その後は誘ってくれる男性が増えたという。9月28日放送の『余談大賞2016』(TBS系)でプロ野球選手との交際報道について追及された熊切は「あれはお友達の1人です」と答えてい [全文を読む]

隠し子や熊切問題が未解決?藤原紀香を悩ます”結婚後の火種”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日13時05分

そんな幸せの絶頂にいる二人だが、結婚発表後に明らかになった“隠し子騒動”など、片岡の女性絡みのスキャンダルが相次いで報道され、メディアを騒がせてきた。特にタレントの熊切あさ美(36)との破局に関しては注目を集めたのが記憶に新しい。 まさに“悲劇のヒロイン”となった熊切だが、先日にはプロ野球・ヤクルトスワローズの山田哲人内野手(24)との熱愛が報じられ話題 [全文を読む]

熊切あさ美を超えたのは?「幸せになってほしい芸能人」ランキング

しらべぇ / 2016年05月12日07時00分

芸能界においても、さまざまなスキャンダルが起こり、一方的な嫉妬が世間から寄せられることも少なくない。しかし、中には種々の理由で「幸せになってほしい...」と思われる芸能人も存在する。しらべぇ編集部では全国の1354名に「風見しんご」「熊切あさ美」「後藤真希」「加護亜依」「奥菜恵」の5択から選んでもらった。■第5位:加護亜依(5.7%)最下位は加護亜依。モー [全文を読む]

2015年上半期“輝く!有名人スキャンダル大賞!”「熊切あさ美はいい子だけど…」

アサ芸プラス / 2015年08月16日09時57分

そろそろ上半期のスキャンダル大賞を決めましょうか?水 校長だなあ。もう二度と出てこないからね。「校長先生、絶好調」という、子供たちが言う定番のダジャレがあるんだけど、この事件で禁止になったからね。宇 学校で禁止? 逆に何かを浮かび上がらせてしまってるような気がするけど。吉 僕はニューカマーとして、岡田斗司夫を推したいですね。玉 やっぱり上重アナかな。うらや [全文を読む]

熊切あさ美はスナックのママになるべき!? 人気占い師が助言

NEWSポストセブン / 2015年06月14日07時00分

あと、紀香さんはスキャンダルに巻き込まれやすい星でもあるんですよ。──なるほど。たとえば、熊切あさ美さんが出てきて「愛之助さんとは別れていません」なんて号泣会見をするなんていうのは、巻き込まれている感じがしちゃいます。竹田:そうそう。いま現在の紀香さんの星回りを見ると、ガッツリ巻き込まれ中っていう感じになってます(笑い)。特に、熊切さんの話なんていうのは、 [全文を読む]

「愛之助も利用されているだけ」男性スキャンダルを利用して芸能界を渡り歩く“崖っぷち”熊切あさ美の狡猾さ

日刊サイゾー / 2013年02月19日11時00分

08年にホリプロを退社し、その後、現在まで芸能プロ3社を渡り歩いたが、結局、バラエティ番組に呼ばれるのは男性スキャンダル絡み。今回は愛之助の方がかなり入れあげていて、しばらく交際が続きそうなので、またまたバラエティからお呼びがかかりそう」(テレビ関係者) 熊切の男性スキャンダル史といえば、07年5月に5億円の“裏金”疑惑で話題になった元プロ野球の那須野巧投 [全文を読む]

矢口「好感度対決」で、熊切に惨敗!

日刊大衆 / 2017年02月04日10時00分

この日、矢口と熊切は、どちらがより多く「彼氏に近づけたくない」「別れるときにめんどくさい」「親友になれそう」「もう許す(スキャンダルを)」と世間に思われているかを競い合った。 どれもが好感度に関わる調査だけに、矢口は「久しぶりにゴールデンタイム(の番組)に出てるんですけど、汗が尋常じゃないんです。今まで深夜枠ネット枠で、叩かれない場所でやってる」と、その緊 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】矢口真里の“あの事件” 「もう許す」は20% それでも女性支持が高いワケ

TechinsightJapan / 2017年01月31日21時20分

20~40代独身男性に聞いた「結婚したくないのはどっち?」では「矢口64人」「熊切36人」という結果で、やはり不倫スキャンダルで世間を騒がせた矢口真里は「また浮気しそう」と警戒する男性が多いようだ。一方、20~40代男性に聞いた「別れる時、めんどくさいのはどっち?」では「矢口21人」「熊切79人」となり、熊切あさ美のテレビで涙したりSNSに投稿を繰り返す [全文を読む]

もはや「炎上芸人」熊切あさ美の現在過去未来とは!?

日刊大衆 / 2017年01月07日16時00分

愛之助とのスキャンダル後、バラエティ番組にしばしばお呼びがかかるようになった熊切は、そのたびに“ぶっちゃけ発言”で結果を残す。『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)では「恨みがないとは言えない」「幸せになってほしいとは絶対思えない」などナイスなコメントを連発し、西のバラエティ界の女帝、上沼恵美子(61)から「私が守ったる」という言葉を引き出すことに成功する [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】熊切あさ美に“ベテラン感” 加藤紗里にメッセージ「底を見た時、全て幸せに感じられる」

TechinsightJapan / 2016年10月18日19時13分

自身も様々な中傷やスキャンダルを乗り越えてきた熊切あさ美だけに、そう語る姿勢には貫録さえ感じられた。 10月17日放送のバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)で熊切あさ美と加藤紗里が共演した。話題としては加藤の“にわかカープ女子”疑惑が取り上げられたが、存在感を見せつけたのは熊切だった。 韓国出身の言語学者でホリプロに所属する金慶珠は、加藤紗里の言動 [全文を読む]

山田哲人 熊切あさ美の他にアイドルOや女子アナTの名浮上

NEWSポストセブン / 2016年08月31日16時00分

チームが下位に低迷し、山田が怪我で登録抹消中のスキャンダルだったこともガッカリ感を倍増させました」(同前) 撮影■山崎力夫 ※週刊ポスト2016年9月9日号 [全文を読む]

熊切あさ美をフルスイング!ヤクルト山田哲人のまさかの凡打にファンが悲鳴

アサ芸プラス / 2016年08月22日09時59分

この1年で実力も知名度も収入も実力も大幅アップ、日本最強のバッターと称される山田だが、これまで表立った女性スキャンダルとは無縁だった。ファンもあまり気にしていなかったというのが実情だ。ところがだ──。「女性セブン」が、タレントの熊切あさ美が山田の自宅マンションに通う姿をキャッチ。まさかの「女」に、ファンをはじめ世間が騒然としている。「まだ24歳。いまや日ハ [全文を読む]

藤原紀香との結婚も“お近づき作戦”!? 片岡愛之助の「バーニングへの憧れ」が痛すぎる!

日刊サイゾー / 2016年05月29日09時00分

彼が所属する松竹は、マスコミにニラみが利くわけでもないし、スキャンダル潰しも行わない。それが不満で、コワモテで知られるバーニングに憧れを持つようになったんです」(同) 妻の紀香は、周防氏の寵愛を受けていることで有名。ゲスの勘繰りかもしれないが、愛之助が紀香とスピード結婚を決めたのは「バーニングとお近付きになりたいからでは?」と見る向きもある。 前出の週刊誌 [全文を読む]

ベッキー、不倫相手の川谷といまだ交際継続か…ベッキーを叩き潰す妻の「周到な復讐」

Business Journal / 2016年01月19日07時00分

ベッキーの初スキャンダルから1週間がたち、マスコミ関係者の間では「これでベッキーの芸能人生が絶たれる」とまで噂されていた記事が、14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された――。 同記事では、ベッキーと不倫関係にあるとされる「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の妻Aさんへのインタビューのほか、実はベッキーと川谷はいまだに別れてはおらず水面下で連絡を取り続けて [全文を読む]

神木隆之介&志田未来の熱愛、異例の祝福ムードに包まれる

デイリーニュースオンライン / 2015年12月04日17時00分

スキャンダルとはほぼ無縁だったふたりだけに、近年の芸能界では異様な“祝福ムード”となっているようだ。 ふたりの出逢いは、06年に放送されたテレビドラマ『探偵学園Q』(日本テレビ系)での共演とされる。それから9年越しの熱愛発覚という運びとなった。そもそもふたりは同じ堀越高等学校の同級生で、在学中から仲が良いと周囲からは知られていた。 「このまま入籍したってい [全文を読む]

尾上松也が前田敦子の存在を“完全スルー”「第二の熊切あさ美」の声も

デイリーニュースオンライン / 2015年11月04日16時00分

「歌舞伎役者の女性関係を巡るトラブルはありふれた話だけに、前田に関しても不要なスキャンダルで名前を出されるケースが今後も相次ぐはずです。ただ、尾上と同じ歌舞伎役者の片岡が、熊切と女優・藤原紀香(44)との三角関係のような騒動を巻き起こしたインパクトが強かったため、ネットでは『愛之助&紀香よりかは断然、好感度は良いけどね』と、尾上と前田を見守る者もいるよう [全文を読む]

熊切あさ美が矢口真里と番組共演で"苦言"「やられた側とやっちゃった側」

デイリーニュースオンライン / 2015年11月02日16時00分

スキャンダル騒動を経てのバラエティ出演に、対象的な意見が多く寄せられています」(スポーツ紙記者) なお、ロケでは座敷わらしの姿は確認できなかったが、ラップ音など存在を感じることができた熊切に対し、矢口は熟睡してそれすらも聞き逃してしまった。座敷わらしも、幸せを運ぶ順番が分かっていたということだろうか……。 (文/一樹守) [全文を読む]

フォーカス