最強 渡瀬恒彦に関するニュース

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

さすが“芸能界ケンカ最強”ともいわれる人だと思いましたよ」(同) 渡瀬さんはもともとサラリーマンだったが、兄の渡哲也がスターだった頃、関係者に口説かれ、1969年に俳優デビュー。『仁義なき戦い』シリーズなどのヤクザ映画やアクション映画で活躍し、73年にはトップ女優・大原麗子と結婚(のちに離婚)。数多くの作品に出演し、主役でも脇役でも光る俳優といわれた。 3 [全文を読む]

芸能界最強はホントに本宮泰風? 大木凡人と山本晋也の“ケンカ都市伝説”とは

日刊サイゾー / 2017年08月26日19時00分

18日、俳優の中野英雄が『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演し、「芸能人最強の男は本宮泰風」だと述べた。本宮は、原田龍二の実弟であり、松本明子の夫としても知られる。剣道、総合格闘技、ボクシングをこなし、中野いわく「(他の芸能人とは)レベルが全然違う」という。 「芸能人最強の男は誰か」は、常に話題となるテーマだ。哀川翔、柳葉敏郎らを輩出した一世風靡セピ [全文を読む]

“足立区のワル兄弟”原田龍二と本宮泰風「芸能界最強説」に証言続々!

日刊サイゾー / 2017年08月25日19時00分

ほかにもオール巨人や氷室京介など、役者界、音楽界、お笑い界といった幅広いジャンルで“最強説”はささやかれ続けている。 これらの風評には“自称”と“他称”の2種がある。渡瀬や宇梶は前者にカテゴライズされるだろうし、一方で率先して過去のやんちゃエピソードを披露する芸能人も存在する。しかし、いまやネット社会。近しかった者による証言や証拠(画像など)により、真偽不 [全文を読む]

渡瀬恒彦「ケンカ最強伝説」の真実とは

日刊大衆 / 2017年04月04日07時35分

「2002年から始まる『十津川警部』シリーズの第24弾『伊豆の海に消えた女』でも、トラックの前に回り込んで車をスピンさせて止まるというカーアクションを、当時50代後半の渡瀬が自らの運転でこなしたといいますから、驚くしかありませんよ」(同) そんな数々の伝説を残した渡瀬さんだが、語りぐさとなっているのが“芸能界ケンカ最強伝説”だろう。「本人はケンカの強さを吹 [全文を読む]

芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

渡瀬の“芸能界最強伝説”は今も語り継がれている。「元プロ格闘家をKOした」「本物のヤクザが“アイツにはかなわない”と認めた」など、様々な武勇伝が残っているものの、いずれも“伝説”の域を出ない。 しかし、ドラマ『まひる野』(1977年、フジテレビ系)以来、映画『戦国自衛隊』(1979年)など数々の作品で渡せと共演し、家族ぐるみで交流を続けてきた40年来の親友 [全文を読む]

渡瀬恒彦を襲った胆のうガンの「怖い原因」

アサ芸プラス / 2017年03月24日05時59分

(谷川渓)関連記事:渡瀬恒彦死去で改めて語られる「芸能界最強」壮絶エピソード http://www.asagei.com/excerpt/77437 [全文を読む]

渡瀬恒彦死去で改めて語られる「芸能界最強」壮絶エピソード

アサ芸プラス / 2017年03月17日17時59分

映画「仁義なき戦い」シリーズやドラマ「十津川警部」シリーズで知られている渡瀬だが「アクションシーンもスタントマンを立てずに自身で演じる、芸能界最強伝説を持つ男としても有名でした」という芸能関係者が彼の武勇伝を語る。「12年4月に亡くなった安岡力也は元プロキックボクサーで立派な体格をしていました。しかし渡瀬が安岡を駐車場に呼び出して“半殺し”にしたことはあま [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうがんは「小康状態」も新作ドラマ進行中

NEWSポストセブン / 2017年01月19日07時00分

腕っぷしでも芸能界最強といわれるほど屈強な渡瀬さんですから、周囲が“今は少し休んで”と言っても、聞くような人ではありません。実は今、新しい仕事に取り組んでいる真っ最中です。闘病しながらですが、意気軒昂ですよ」 [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(1)キャリアの段差をぶち壊せ!

アサ芸プラス / 2016年10月31日05時57分

これに大学時代は空手二段という腕前も手伝い、たびたび「芸能界ケンカ最強説」が流れる。 成瀬は、そんな伝説を裏づける現場に遭遇した。「文太さんの酒グセの悪さは有名で、これに怒った渡瀬さんが『お前、帰れ!』と一喝。さらに『ただし、先輩なんだから金は置いてけよ』と財布を出させていたね」 東映名物の“波しぶき”にも似た荒々しさである。 [全文を読む]

春ドラマ「視聴率女王」に天海祐希が輝いた「スキャンダラスな理由」!

アサ芸プラス / 2017年06月21日09時59分

警察内部の権力闘争を描き、対立する姿を描いているため、画面からピリピリした緊張感が感じられ、逆によかったのかもしれませんが」(前出・テレビ誌記者) 3位は内藤剛志主演の「警視庁 捜査一課長 ヒラから成り上がった最強の刑事!」(テレビ朝日系)。4位は渡瀬恒彦さんの遺作「警視庁捜査一課9係 Season12」(テレビ朝日系)。5位は波瑠主演の「あなたのことはそ [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(2)弘樹のイメチェンを図れ!

アサ芸プラス / 2016年10月18日05時57分

のちに松方が「世界最強の脱獄アクター」と評されるシリーズ第1作「脱獄広島殺人囚」(74年)であった。東映の狙いはただ一点、これまでにない新しい題材だった。「公開が12月7日ということは、正月映画の前の穴埋め的な時期。ところが、これが予想外の大ヒットになって、東映の内部でも驚きの声が上がった。松方弘樹という色気も華もあるキャラクターが、ようやく客を呼べる題材 [全文を読む]

渡瀬恒彦の芸能界最強伝説 スタントマン使わず複雑骨折も

NEWSポストセブン / 2016年05月26日07時00分

先輩の松方弘樹さんや梅宮辰夫さんらが『恒彦とはけんかしないようにした』と明かすほどの豪傑で、“芸能界最強伝説”の持ち主。危険なロケでも基本的にスタントマンを使わず演じ切り、映画『北陸代理戦争』の撮影ではジープの下敷きになり、複雑骨折で全治2か月の重傷を負うなど、数々の“武勇伝”を持つ男です」(前出・ベテラン芸能記者) 私生活では、1973年9月に当時大人気 [全文を読む]

嵐・松本『99.9』が今年No.1視聴率獲得、ジャニドラ絶好調! 4月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年04月26日13時00分

脚本は、SMAP・木村拓哉主演『HERO』(フジテレビ系)や、沢村一樹主演の人気シリーズ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)などを手掛けた福田靖氏が担当している。 次に低視聴率により下位となった作品を見ていくと、ワースト3位は松下奈緒の主演作『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)。初回は当初4月14日に放送される予定だったが、熊 [全文を読む]

もう飽きた!キムタク&福山雅治の「抱かれたい男」ワンツーはあと何年続く?

アサ芸プラス / 2015年09月02日09時59分

これにはくりぃむしちゅーの有田が「福山さん最強だね、どこへ行っても抱けるんだね!」と発言して笑いを取っていたが、視聴者からは「色ボケばばあ」などの厳しいツッコミ以外に、「そう言っとけば大丈夫みたいな空気ないか?」「ウチの69歳の母ちゃんもこの2人以外は知らない!」「このワンツーに飽きた」など、冷めた声が多かったのが特徴だ。「3位が渡瀬恒彦で4位が石原裕次郎 [全文を読む]

フォーカス