大原麗子 渡瀬恒彦に関するニュース

5年で離婚した大原麗子さん 「嫌いで別れたわけではない」

NEWSポストセブン / 2017年08月30日11時00分

2009年8月に流れた女優・大原麗子さん(享年62)の突然の訃報、それも死後3日経ってから発見されたという悲しい最期は日本中を驚かせた。 それから8年──。大原のデビュー当時からのマネージャーで、亡くなる直前まで寄り添っていた佐藤嘉余子氏(81)が、大原さんの2人の夫との結婚生活について初めて口を開いた。大原さんの最初の結婚相手は、今年3月に死去した渡瀬恒 [全文を読む]

大原麗子さん 今まで明かされなかった大物歌手とのロマンス

NEWSポストセブン / 2017年09月01日16時00分

2009年8月に流れた女優・大原麗子さん(享年62)の突然の訃報、それも死後3日経ってから発見されたという悲しい最期は日本中を驚かせた。あれから8年──。大原さんのデビュー当時からのマネージャーで、亡くなる直前まで寄り添っていた佐藤嘉余子氏(81)が、これまで明かされなかった大原さんのロマンスについて初めて明かす。 * * * 舟木さんはシャイだから(舟木 [全文を読む]

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

『仁義なき戦い』シリーズなどのヤクザ映画やアクション映画で活躍し、73年にはトップ女優・大原麗子と結婚(のちに離婚)。数多くの作品に出演し、主役でも脇役でも光る俳優といわれた。 3月2日に行われた出演ドラマ『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系)の制作発表を欠席していた渡瀬さん。このとき関係者は「スケジュールの都合」と説明したが、体調不良がささやかれてい [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(2)タバコの火は自分でつける

アサ芸プラス / 2016年11月01日05時57分

04年には、かつての妻である大原麗子の共演希望を聞き入れ、大原にとって最後のテレビ出演をかなえてあげた。 そんな渡瀬にとって、体調不良で十津川警部役を降りるのは無念なことであろう。 [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、野生的な麗子が魅力的だった

アサ芸プラス / 2013年03月19日10時00分

65年に東映の専属となった麗子は、端役ながら多くの撮影をこなした。高倉健の「網走番外地」シリーズや、梅宮辰夫の「不良番長」シリーズにも何度か顔を出している。 映画監督の内藤誠は「網走」ではチーフ助監督として、「番長」では監督として若き日の麗子と向き合っている。特に「網走」は長期の北海道ロケとなるため、会話する機会も多かった。 「麗子から『野獣会』の話を聞い [全文を読む]

大原麗子さんの霊をイタコに憑依させたTBSの企画に批判殺到!

アサジョ / 2017年07月24日18時14分

7月19日に放送されたバラエティ番組「生き物にサンキュー&世界の怖い夜 合体3時間SP」(TBS系)の中で、2009年に自宅で孤独死した女優・大原麗子さんの魂をイタコが降霊するという企画が流され物議を醸している。「イタコとは、死者の魂を能力者の身体に降ろし、故人の代わりに死者の想いを語る降霊術のこと。番組には最後のイタコと呼ばれる女性が登場し、大原さんの弟 [全文を読む]

VOD初配信!を含む、HBC(北海道放送)と脚本家・倉本聰が描いた珠玉の名作ドラマ『HBCドラマ傑作選』がビデオマーケットにてついに配信開始!

PR TIMES / 2017年06月05日15時30分

【そのほかの初回配信作品】(いずれも倉本聰脚本/カッコ内は初回放送日) 1.「聖夜」(1973年12月16日) VOD初配信 主演 小倉一郎 仁科亜季子 2.「あぁ!新世界」(1975年2月2日) VOD初配信 主演 フランキー堺 南田洋子 3.「ひとり」(1976年11月14日) VOD初配信 主演 船越英二 大原麗子 4.「時計」(1977年11月1 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん 闘病中駆けつけていた元妻・大原麗子さんの法要

WEB女性自身 / 2017年03月25日06時00分

渡瀬さんが医師から胆のうがんを発症していることを告知される直前の15年8月2日、元妻で女優・大原麗子さん(享年62)の7回忌法要にその姿があった。 「その日は夏の盛りで、とても暑い日でね。参列者はみんな大汗をかくような日だったんですが、とくに渡瀬さんは顔色が悪くて体調が悪そうだったので、あれ、と思ったんです。後から聞くと、あのときにはもう、がんに侵されて [全文を読む]

渡瀬恒彦の芸能界最強伝説 スタントマン使わず複雑骨折も

NEWSポストセブン / 2016年05月26日07時00分

危険なロケでも基本的にスタントマンを使わず演じ切り、映画『北陸代理戦争』の撮影ではジープの下敷きになり、複雑骨折で全治2か月の重傷を負うなど、数々の“武勇伝”を持つ男です」(前出・ベテラン芸能記者) 私生活では、1973年9月に当時大人気だった女優・大原麗子さん(享年62)と結婚したが、4年半で離婚。その翌年、一般人女性と結婚し、1男1女をもうけた。 昨年 [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

女優の大原麗子さんもなかなかの恋愛遍歴をお持ちです。1973年に渡瀬恒彦さん、1980年に森進一さんと結婚し、84年に離婚されています。そしてその森さん、1986年には森昌子さんと再婚し、2005年に離婚されています。実にアクティブ。 そしてもっとも結婚歴がアクティブなのが、やはり安全地帯の玉置浩二さんでしょう。なんと事実婚を含めると5回。最初こそ一般女 [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”

アサ芸プラス / 2015年08月06日17時57分

長く愛された大原麗子(享年62)に、いったいどんな心身の変化があったのか──。「親友」が回想激白する。「もう七回忌ですか? あまりにもいろんなことがあったから、そんなにたったとは思わなかった‥‥」 女優・鹿沼絵里は、ありし日の大原の写真を見ながらため息をつく。 鹿沼は日活映画の名作に出演し、共演を機に俳優・古尾谷雅人と結婚。それが大原と親しくなったきっかけ [全文を読む]

フォーカス