方法 竹内結子に関するニュース

13.9%……視聴率回復の『A LIFE~愛しき人~』木村拓哉より“マサオ”浅野忠信に要注目!?

日刊サイゾー / 2017年02月13日21時00分

腫瘍が難しいところにあり、沖田が手術の方法を見つけられないでいるからです。脳外科はマサオの専門ですが、「家族は切れない」という理由で沖田に執刀医を任せています。 沖田は、オペの方法が見つかるまで告知をするつもりはありません。しかし、焦るマサオは「もう俺が切るよ!」と言い出しました。「俺だってオペのことは考えてるんだよ!」 そう怒鳴りながら、自分で考えたオペ [全文を読む]

竹内結子の映画『残穢』でも話題の不動産「事故物件」の実態! 住宅ロンダリングに騙されない方法とは

リテラ / 2016年02月20日12時00分

山本周五郎賞を獲得した小野不由美によるホラー小説『残穢』(新潮社)が、中村義洋監督、キャストに竹内結子、橋本愛を迎えて映画化され話題を呼んでいる。 その映画『残穢 -住んではいけない部屋-』のテーマは「事故物件」。怪奇現象が起こるアパートの過去を探っていくうちにさまざまな恐怖に巻き込まれていくというストーリーだ。 もともとは不動産関係者の間で使われている専 [全文を読む]

視聴率15%に到達も……TBS『A LIFE~愛しき人~』木村拓哉の“ワンパターン”による行き詰まり顕著に

日刊サイゾー / 2017年02月20日21時00分

第1話から繰り返し語られるのは、主人公・沖田(木村拓哉)が元カノ・深冬(竹内結子)の脳腫瘍の手術をすることになり、その難しい場所にある腫瘍を手術する方法が見つけられないという苦悩です。 しかし、この苦悩は「何をどうすれば見つかるのか」というきっかけすら視聴者側には何も想像がつかないので、結果として「ドラマの都合で、いつでもいい」「天才・沖田が見つけたときが [全文を読む]

木村拓哉『A LIFE』、13.9%に再上昇! 「うっとうしい」と竹内結子にイライラの声続出

サイゾーウーマン / 2017年02月13日14時51分

深冬の夫・壮大は、手術方法がいまだ見つけられない沖田を責めるも、沖田を頼るしかない状況に苛立つ姿が描かれた。 「浅野演じる壮大は、『怒ってる姿がおかしい』『情緒不安定すぎる』と視聴者やネット上でツッコミを受けている人物です。第5話でも、冒頭から深冬の病院に駆けつけようと壮大が猛ダッシュしており、『初っ端から情緒不安定キター!』とツッコミの声が上がりました。 [全文を読む]

ドラマ『A LIFE』 キムタクを輝かせる「不倫」の効果とは?

しらべぇ / 2017年01月29日17時00分

・合わせて読みたい→TBS『A LIFE』木村拓哉の演技が「キムタクになってしまう」のは誰のせい?(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年2月19日~2016年2月21日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日対象:全国 [全文を読む]

竹内結子“目テン”ナレーターに「得した気分(笑)」

Smartザテレビジョン / 2016年09月03日06時00分

養殖プロジェクトの始動や、収穫したジャガイモを科学的においしく食べる方法の紹介などを送る。 [全文を読む]

西島秀俊と竹内結子「黒沢清監督の現場は催眠術にかけられたよう」

Movie Walker / 2016年06月17日16時00分

黒沢組初登板となった竹内は、黒沢監督の演出方法について「『康子さんは、夢を見ているような感じで』とアドバイスをいただいたんですが、監督が教えてくださるお芝居のタイミングにふわっと乗りかかっていたら、いつの間にか『はい、カット』と終わっていて。監督は決して誰にも大きな声を上げないし、あのゆったりとしたしゃべり方なので、催眠術にかけられていたんじゃないかと思っ [全文を読む]

雨上がり・宮迫博之に複数女性との不倫疑惑 「奥さんを裏切った」と厳しい声も

しらべぇ / 2017年08月08日20時00分

・合わせて読みたい→宮迫博之、明石家さんまから受けたトラウマが「地獄すぎる」と話題に(文/しらべぇ編集部・らむたそ)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数) [全文を読む]

ドラマの「キャストがいい」テレビ局ランキング 視聴率とも近い結果に?

しらべぇ / 2017年04月12日11時30分

・合わせて読みたい→21時台ドラマはもう時代遅れ?「リアルタイム無理」な人は半数(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数) [全文を読む]

沖田(木村拓哉)よりも、壮大(浅野忠信)の行く末が気になる。最終回を控える『A LIFE~愛する人~』/第9話レビュー

messy / 2017年03月14日00時30分

もっと早く手術方法を見つけていたら、と後悔する沖田。一方、これまで「家族のオペはできない」と深冬の手術を沖田に任せていた壮大が、父親の手術を成功させた沖田の姿をみて一転、「深冬は自分で切る」と言い出す。「手に入らないならいっそのこと失くしてしまえばいい」と、沖田と親しげにする深冬の手術が失敗することを願っているようですらあった壮大だが、深冬への愛情の深さを [全文を読む]

14.5%! 好調続くTBS『A LIFE~愛しき人~』超トゥーマッチなマサオと“ドロドロ不倫劇”の行く末

日刊サイゾー / 2017年02月27日21時00分

深冬は重篤な脳腫瘍を患っていて、天才・沖田でも後遺症の出ない手術の方法が見つけられない状態。深冬は、神経が傷ついて障害が残ってもいいから、早くスパッと切ってもらうことにしました。障害が残ればマサオに「負担をかけてしまうことになる」けど、手術を受けさせてほしいと願い出たのです。 マサオは、まったく納得がいきません。沖田を呼び出し、「あきらめるのか!」「俺は認 [全文を読む]

木村拓哉の”目の演技”に絶賛の声も「A LIFE」第7話は微減14.5%

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日20時00分

以前勤めていたシアトルの病院から「効果的な治療法はない」との絶望的なメールが届くも、あきらめるものかと来る日も来る日も手術の方法を考案し続けた沖田。 シアトルから再び届いたメールには、「初心に帰れ」の一言が。ふと机の上の心臓模型に目をやると、そこに一瞬脳のイメージが重なります。目を見開いてそれを見つめる沖田。その両目には、見る見るうちにあふれんばかりの涙が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】浅野忠信、『A LIFE』での“怪演”に反響「怖いです」「落ち着いてください」

TechinsightJapan / 2017年02月22日08時00分

壮大に父親とのそうしたトラウマがあることが明らかとなるなか、自身の脳腫瘍に不安をつのらせた深冬は病院で執刀方法を模索する沖田のもとを訪れていた。取り乱す彼女を安心させようと沖田が抱きしめるところを、壮大が偶然目撃してしまう。だが、怒鳴りこんだり声をかけることもなくその場を去る壮大だった。 浅野が放送直後に『浅野忠信 tadanobu_asano Inst [全文を読む]

松山ケンイチの無駄づかい?木村拓哉「A LIFE」13.9%と微減した第3話

デイリーニュースオンライン / 2017年01月30日21時01分

論文を調べてオペの方法を自力で見つけて患者を救った!と沖田に自慢したら、「その(論文に書かれている)オペやったの僕だから」と事もなげに言われてしまったり。笑えるキャラがドラマの中ではいいスパイスになっていることは否定しませんが、松山ケンイチをキャスティングして、やりたかったことがこれなんでしょうか。 今回は外科部長(及川光博)も、周囲の医師に「沖田派じゃな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ドラマ『A LIFE』で平泉成が“菓子職人”役 柄本明、田中泯もいぶし銀の輝き

TechinsightJapan / 2017年01月23日14時50分

命を取りとめた森本に沖田一光(木村)が痺れを治すために再手術を提案、その方法を絵に描きながら一生懸命に説明する。受け入れた森本は沖田に「寿司屋のセガレっ、あんたも職人なんだな」と声をかけた。 沖田の父親で寿司屋を営む沖田一心を演じるのは田中泯だ。世界から評価されるダンサーであり、2000年代からドラマや映画作品にも出演している。映画『永遠の0』(2013年 [全文を読む]

キムタク新ドラマ、医師から批判噴出「あり得ない」「誤解や混乱広まる恐れ」

Business Journal / 2017年01月17日06時00分

また、劇中ではデルニド(=心筋保護液)を使うことに医師たちから反対の声があがっていましたが、デルニドを使うかどうかは別にして、コンノ法は1975年に当時東京女子医科大学の教授だった今野草二氏が発表した方法なので、前例はあります」 [全文を読む]

14.2%スタートのTBS『A LIFE~愛しき人~』木村拓哉が見せた“意外すぎる成長”とは?

日刊サイゾー / 2017年01月16日21時00分

周囲は「オペしなければもっと生きられた」「どうせダメだから実験的オペか」「もうそっとしといてやれ」などなど言いますが、沖田は再手術の方法を考え抜き、深冬の許可を得て再びメスを入れ、院長の命を救うことに成功しました。 このあたりの医療シーン、聞いたこともない専門用語がひたすらに羅列され、ほとんど説明されません。しかし、医療監修に順天堂大学医学部附属順天堂医院 [全文を読む]

SMAP・木村拓哉の暴落する”潜在視聴率”にTBSが戦々恐々

デイリーニュースオンライン / 2016年10月07日10時05分

沈没を回避する方法はあるのだろうか。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

誉田哲也氏最新作は、「ジウ」×「姫川玲子」の衝撃のコラボ作品!動機も真実も闇に堕ちる戦慄のノワールサイドとは

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月06日11時10分

犯罪や殺人がなくならないのは、理不尽な事態への解決方法が見つからなかった結果だろう。不条理な世の中とはいえ、現実世界では、違法な手段に手を染めることなど許されることではないが、小説の世界くらいは、闇の世界に心躍らせてはいけないだろうか。 『硝子の太陽N ノワール』は、誉田哲也氏の2大ヒットシリーズの衝撃的なコラボ作品。竹内結子主演「ストロベリーナイト」とし [全文を読む]

ジャニーズ強し!嵐・SMAP・TOKIO 大幅ランクアップ。 マイボイスコムと読売広告社の最新調査研究

PR TIMES / 2016年03月23日15時33分

・高感度層が注目する「次世代タレント」は、ディーン・フジオカ、菅田将暉など・その他高感度層の注目タレントとして、桜井日奈子、町田啓太、清野菜名 などの名前があがった◆タレントイメージ調査2016 概要−調査方法: マイボイスコム・キキミミパネルを利用したインターネット調査−調査対象: 全国20~60代の男女−総回収数: 3000サンプル ※日本の性年代別・ [全文を読む]

フォーカス