仕事 兵庫県に関するニュース

【シゴトを知ろう】司法書士 編

進路のミカタ / 2017年09月11日12時01分

今回は、司法書士の石野晃士さんに仕事の内容について伺いました。■主な業務は個人・法人の登記手続き。司法書士会の仕事も Q1. 仕事概要と1日のスケジュールを教えてください。 司法書士としての仕事は多岐にわたりますが、現在私が多く取り扱っているのは、個人の不動産登記や、相続関連の業務、会社設立に関わる商業登記などです。司法書士としての仕事の他に、全国の司法書 [全文を読む]

「即決即断」は、知力・気力・体力から生まれる

プレジデントオンライン / 2017年04月20日09時15分

仕事においても、上司から頼まれた仕事への取り組みが遅い人はまずダメです。そのような人は仕事に真剣に取り組んでおらず、ダラダラと仕事をし、上司への報告もしません。すぐにやる習慣が身に付いていないからでしょう。 上司から仕事を頼まれたら、必死になって一気呵成に仕事に取り組む、その日のうちに取りかかることが大事です。判断がつかない場合には、一人で悩まずすぐに上 [全文を読む]

「働くママ」から議員へ。Uターンして感じる地元の「息苦しさ」とは

政治山 / 2016年03月11日11時50分

私の仕事が決まってからUターンしてもらいました。男性だから一家を支えないといけないなんて決まっていないということに初めて気が付き、1人目の子どもが生後2カ月の時に私自身が再就職活動を始め、神戸市の会社に就職が決まり、そこで約5年間働くことになりました。授乳しながらの就職活動で、胸が張ってとても辛かったのを思い出します(笑)。2人目を26歳の時に授かり、今は [全文を読む]

2位の料理より! 夫が「妻と入れ替わってもしたくないこと」1位の家事は…

BizLady / 2017年08月23日22時00分

その理由を聞くと、「1日中仕事はしたくない。責任が重い」 (60代女性・東京都)「あっという間に家がぐちゃぐちゃになりそう」 (30代女性・兵庫県)「家事は無理。どこに何があるのかわからない」 (40代男性・埼玉県)「仕事に追われたほうが気が楽 」(30代男性・東京都)と、お互いの仕事や家事が大変だからやりたくない、できないという声が挙がっていました。では [全文を読む]

【ダイハツビジネスサポートセンター】平成28年度ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰の受賞が内定しました

PR TIMES / 2016年10月24日13時52分

株式会社ダイハツビジネスサポートセンター(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:岡野 博志)は「平成28年度 ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰」を受賞することが内定いたしました。 これは、兵庫県雇用対策三者会議(連合兵庫/兵庫県経営者協会/兵庫県)が多様な働き方の導入や、仕事と家庭生活の両立促進等「仕事と生活のバランス」の実現のために、先進的な取り組みを [全文を読む]

【30代働く女性に大調査】激務・肌ケア・リア充の均衡を保つには?

Woman Insight / 2016年04月13日12時30分

30代になると20代の頃に比べて、「女子会で朝まで盛り上がると翌日肌がボロボロ……」 「仕事が忙しい日に突然デートの予定が入ると、顔がどんより疲れきっている」なんていう、自分の“キレイ”に危機感を感じる状況が増えたと実感している人、多いのではないでしょうか? (C)Shutterstock そんな“キレイのピンチ”の実態を調査するべく、30代の働く女性合計 [全文を読む]

将来、「働かないオジサン」にならないために、会社と自分が今やるべきこと

週プレNEWS / 2014年06月17日06時00分

「こっちは安月給でコキ使われているのに、ほとんど仕事もしていないオジサンがなんであんな高い給料をもらってんの?」 そんな不満が若いサラリーマンの間で高まっている。偉そうな肩書だけは持っているけど、ちっとも働かないオジサンたち。 会社にとっても若い社員にとっても悩みの種である「働かないオジサン」がなぜ生まれ、クビにもならないのか? 日本のサラリーマン社会の摩 [全文を読む]

「主婦休みの日」の認知度アップに向けた取り組み『妄想アンケート』を実施

イクシル / 2017年05月26日17時13分

アンケート結果①もし夫・妻と入れ替わることができるとしたら入れ替わりたい?★入れ替わりたくない理由は?(一部)・一日中仕事はしたくない。責任が重い (60代女性・東京都)・あっという間に家がぐちゃぐちゃになりそう (30代女性・兵庫県)★入れ替わってみたい理由は? (一部)・何もせずにゴロゴロしてみたい (40代女性・大阪府)・家事は女がやるもんだという夫 [全文を読む]

【最新調査】移住を考えるフリーランスの心の内は?

PR TIMES / 2016年07月30日10時46分

【調査概要】調査時期:2016年7月4日~7月19日調査対象:移住を考慮していると回答した首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、愛知県、関西圏(大阪府、兵庫県、京都府)、福岡県在住のフリーランス対象者数:750名調査企画・分析・レポート:株式会社ふろしきや http://www.furoshiki-ya.co.jp/調査協力:株式会社クラウドワークス [全文を読む]

独ケルン集団暴行事件が象徴する2016年の欧州情勢|May_Romaコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年01月12日17時00分

医療、金融、ITといった知識産業の仕事は大盛況であり、日本の同程度のスペックが要求される仕事の数倍の報酬を稼ぎだす人も珍しくありません。しかし、そのような仕事にありつけるのはごく一部です。新卒採用という仕組みがないため、高卒、文系新卒は時給いくらで、昇進も昇給の見込みもない「デッドエンドジョブ」につくほかありません。欧州南部のほうは仕事がないため、オラン [全文を読む]

電撃卒業した話題の天木じゅんが挑発グラビアで再始動!「今の私はいつ消えてもおかしくないから…新しい一歩を踏み出さなきゃと」

週プレNEWS / 2015年06月12日18時00分

仕事欲はあっても、恋愛欲はないってことかな。 天木 恋愛欲がないわけじゃないんです。でも出会いがなくて悩んじゃうというか(笑)。でも出会いに挑戦していきたいですけど。ほんとないんですよね。リアルに干物女だと思います。 ―女優の肥やしに恋愛はしないとダメじゃないですか~! じゃあ、そんな、じゅんちゃんの異性のタイプは? 天木 年上で、あと女のコに慣れてな [全文を読む]

<20・30代独身男女の意識調査> 男女ともに2人に1人以上が職場恋愛に興味をもっている

PR TIMES / 2014年02月19日09時44分

」(男性/20代半ば/千葉県)・「ドキドキ感を味わえそう」(男性/30代後半/大阪府)・「一緒の悩みを共有できる」(男性/20代半ば/京都府)・「プライベートだけではなく、仕事上の人格がみれるから。」(男性/20代後半/東京都)・「2人だけの合図とか作ってみたい(*≧m≦) 」(男性/20代後半/東京都)・「いつも身近にいる人と恋愛するのはときめきがあるか [全文を読む]

移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか

まぐまぐニュース! / 2017年09月13日10時30分

都市に縛られず、地方でも仕事ができる「テレワーク」という働き方を推奨しているのが、富士見町(ふじみまち)です。 町の人口維持のため、移住、定住の増加を促進するために始まった「富士見町テレワークタウン計画」では、「移住&テレワーク」応援プロジェクトを実施しています。 今年4月より、富士見町へ移住を希望し、コワーキングスペースを使って働きたいという移住希望者の [全文を読む]

翻訳者に「未来」はあるか?『翻訳というおしごと』12月8日発売

PR TIMES / 2016年12月08日11時35分

[画像: http://prtimes.jp/i/888/877/resize/d888-877-280583-0.jpg ] 「外国語を生かせる仕事」として、根強い人気を誇る翻訳業。そもそも翻訳とは、どんな仕事なのか。そして、これからの翻訳者には何が求められるのか。自動翻訳などの技術が進化する中、翻訳者には「未来」はあるのか。実務、映像、出版の翻訳者1 [全文を読む]

佐々木俊尚氏が読み解く「2020年エンジニアショックは起こるのか?」 <PR>

ITライフハック / 2016年05月02日10時00分

リモートで仕事をしていて、会社の机にはタブレットが置いてあり、その画面には自宅にいる知人が映っている。会議などの時にはタブレット経由で参加するのだとか。ノマドや在宅勤務といったそれぞれのニーズも増えてきているし、チャットツールなどの環境も整ってきていることも要因として考えられるだろう。菅原氏は実際に自社でもクラウドソーシングのような物も使っているのだそうだ [全文を読む]

<20・30代独身男女の意識調査>結婚後、約8割が「共働き」を希望

PR TIMES / 2014年05月30日17時05分

女性の社会進出、仕事の多忙化、お見合いや職場結婚といった出会いのインフラの崩壊など、様々な要因により婚姻率は低下し、ひいては少子化をもたらします。マッチアラームでは、独身男女の恋愛・結婚に関するアンケート調査を実施し、結果を分析・公表することにより、日本の恋愛・結婚事情の改善に貢献することを目指しております。<調査概要>集計期間:2014年5月29日~5月 [全文を読む]

語っていいとも! 第43回ゲスト・レイザーラモンHG「奥さんとのペアヌードもありかなって…」

週プレNEWS / 2017年07月30日12時00分

それこそ結婚前は僕が全盛期の時だったんで仕事やめてもらって。まぁ亭主関白まではいかないですけど、精神的、金銭的にも優位だったんですね。結構、偉そうだったと思います。 それが怪我して1年くらい働けなかったんで、収入もゼロになって。ほんまにそこで変わりましたね、考えが。 ―最初は亭主関白要素もあったんですね。ある意味、わかりやすいというか。男のほうが弱ると、と [全文を読む]

「ズルして儲かる」不動産業界の現状とは? 斬新なサービスと人材活用で常識を打破するダイヤモンドメディアの挑戦

週プレNEWS / 2017年07月23日10時00分

上京してから“不動産×IT”の業界で仕事をしてきて、自分の会社を立ち上げて…。そんな中でシンプルにLMSそのものに魅力を感じましたし、何よりこれまで私を育ててくださった不動産業界の方々へ恩返しができるサービスだと強く感じたので参画を決めました」 篠田さん「前職では外資系の生命保険会社の営業をしていて、毎日、夢中で仕事をしていましたが、日々、数字に追われる [全文を読む]

見たことのないような美しさ!海外で人気の繊細で美しいゼリーアート(TM)の世界を!!新講座「ゼリーアート(TM)認定講師講座」が8月に開講

@Press / 2017年07月21日12時00分

■レッスンスケジュール・ご予約 芦屋本部・名古屋・福岡 http://cuicui.resv.jp/reserve/calendar.php 自由が丘本部 http://salone-ze.resv.jp/reserve/calendar.php ■一般社団法人日本サロネーゼ協会 代表理事 桔梗 有香子 「好きなことを仕事にできる輝く女性を創りだす」を理 [全文を読む]

イチロー×宮内義彦 ビッグ対談「しんどいときに、どう乗り越えるか」

プレジデントオンライン / 2017年03月17日08時15分

それでも自分の仕事をしっかりやる姿勢は、さすがだと思ったね。 【イチロー】レギュラーで出ていない今の立場は、なかなかしんどいです。ラインアップに名前がある日は、その日の試合のために結果を残すことはもちろん、次の日の仕事をもらうために結果を出す。でも、4本打っても次の日に名前がないこともある。まるで日雇い仕事のようなメンタリティーで、追い込まれた夢ばかり見て [全文を読む]

フォーカス