市町村 兵庫県に関するニュース

【岡山県】近畿で一番人気!移住したい県=岡山県。8月は、「兵庫県・岡山県 合同移住相談会in大阪」を開催!!

PR TIMES / 2017年08月01日10時10分

また、平成28年度に県内27市町村の住民票異動窓口で行った任意のアンケート調査によると、岡山県を選んだ理由は「災害が少ない」ことや「気候が温暖」なことが圧倒的多数を占めていました。暮らしやすい環境が、人気を集めています。 また、このアンケート調査によると、岡山県への移住者の移住前の居住地は、大阪府がトップで、263世帯が移住されています。 兵庫県との合同移 [全文を読む]

【岡山県】近畿で一番人気!移住したい県=岡山県。今年度最初!過去最大規模!「来て!見て!晴れの国おかやま 移住・定住フェア」大阪で開催!!

PR TIMES / 2017年07月10日10時10分

今回のフェアは、県内の21市町村のほか、就職、就農、住まい、起業などの相談ブースに加えて、新たに、「企業紹介コーナー」と「先輩移住者相談ブース」を設置。過去最大規模となる38の相談ブースで、移住に向けての疑問や不安に何でもお答えいたします。当日は、岡山フルーツ試食コーナーも設置。くだもの王国岡山から、とれたての「ぶどう」と「もも」を持参します。ご家族お揃い [全文を読む]

【岡山県】移住で噂の岡山県!7月の移住イベントは・・・お待たせしました!! 今年度最初!過去最大!「来て!見て!晴れの国おかやま 移住・定住フェア」&毎月定例の「ナイター相談デスク」です。

PR TIMES / 2017年06月26日10時10分

今回のフェアは、県内の24市町村のほか、地域おこし協力隊、就職、就農、住まい、起業などの相談ブースに加えて、新たに、「企業紹介コーナー」と「先輩移住者相談ブース」を設置。過去最多となる38の相談ブースで、移住に向けての疑問や不安に何でもお答えいたします。当日は、岡山フルーツ試食コーナーも設置。くだもの王国岡山から、とれたての「ぶどう」と「もも」を持参します [全文を読む]

高知県幡多(はた)地区6市町村とアンテナショップ活用に関する連携協定 ~複数の市町村と連携してのバルオープンは日本初~

@Press / 2017年02月13日13時30分

株式会社ワールド・ワン(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役:河野 圭一)と幡多地区6市町村は、連携協定締結式を2月17日に行います。 2015年度には幡多地区6市町村の内の一つの土佐清水市と株式会社ワールド・ワンは連携協定を締結しており、その後、同社は土佐清水市食材等を中心に提供する居酒屋「土佐清水ワールド」をオープン、2年間で3店舗開店と順調に規模拡大 [全文を読む]

移住者続出!「住みたい田舎ベストランキング」1位は兵庫&鳥取のアノ町

Woman Insight / 2016年01月09日18時30分

そこで今回は株式会社宝島社が発行する『田舎暮らしの本』が行っている「住みたい田舎ベストランキング」をチェック! 「いつか地方でのんびり暮らしたい」と思っている人はもちろん、旅先のプランニングとしても参考にしてみてくださいね!! 定住促進に積極的な市町村を対象に、「移住者歓迎度」「移住者支援制度の充実度」「移住者受け入れ実績」「老後の医療介護体制」「子育て [全文を読む]

あの天空の城で有名な田舎が1位に! 「2016年版 住みたい田舎ベストランキング」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月10日15時00分

回答市町村数も前回の295から574とほぼ倍増。順位に大きな変化がありました。エリアごとのランキングも興味深い結果になっています。地方移住の最新動向の把握に、ぜひ本特集をお役立てください」 編集長・柳順一 田舎暮らしが気になっているが、移住先選びは難しいもの。同書で各市町村の特徴をチェックして、夢の田舎暮らしを実現する日に備えてみてはいかがだろうか。 ■調 [全文を読む]

【田舎暮らしの本】2016年版「住みたい田舎」ベストランキング発表!兵庫県朝来市、鳥取県岩美町が同率1位を獲得!

PR TIMES / 2015年12月29日10時33分

今年も大変動!過去最多の574市町村が参加 雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する『田舎暮らしの本』は、2015年12月29日(火)発売の2月号で、「2016年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表します。 [画像1: http://prtimes.jp/i/5069/280/resiz [全文を読む]

移住希望ランキング、長野、富山、新潟、北海道はなぜ人気が高いか

まぐまぐニュース! / 2017年09月13日10時30分

注目度が高い長野、富山、新潟、北海道 総務省が発表した「平成28年度における移住相談に関する調査結果」によると、2016年度に都道府県や市町村が受け付けた移住に関する相談は、計約21万3400件。これは前年度より約7万1,000件増えた結果となりました。この結果からもわかるように、いまだ移住への関心の高まっているようです。 都道府県別では、中でも最も多かっ [全文を読む]

浅草≪まるごとにっぽん≫にて、全国19市町村合同イベント「おすすめふるさと夏祭り」を開催!期間:2017年7月15日(土)~17日(月・祝)

PR TIMES / 2017年06月30日15時43分

「かき氷グランプリ」「夏祭りステージ」などで、この夏、浅草でご当地を体験!地方の魅力を発信している浅草の商業施設≪まるごとにっぽん≫では、館内3階・市町村PRブース「【Event space】おすすめふるさと」※に出展している19自治体の地域の魅力をさまざまなコンテンツによって体験できる夏祭りイベント「おすすめふるさと夏祭り」を7月15日(土)~17日(月 [全文を読む]

★岡山の旬のフルーツも召し上がれ★ 今年度最初で最後!名古屋で「おかやま移住・定住フェア」開催!

PR TIMES / 2017年06月09日10時10分

平成28年度に県内27市町村の住民票異動窓口で行った任意のアンケート調査によると、「災害が少ない」ことや「気候が温暖」なことが圧倒的多数を占めていました。暮らしやすい環境が、人気を集めています。 また、このアンケート調査では、岡山県への移住者の移住前の居住地は、大阪府、広島県、兵庫県、東京都、神奈川県の順となっており、愛知県からも、約70世帯、約100人が [全文を読む]

神戸に地域と連結協定を結んだ「産直バル」が3月3日オープン オープン当日は土佐清水市長が来賓!

@Press / 2017年02月23日13時00分

神戸三宮に地方活性化型飲食店を19店舗展開する、株式会社ワールド・ワン(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役:河野 圭一)は、2017年2月に高知県幡多地域(6市町村)と連結協定を結び、このたび幡多地域の食材を使った産直バル『土佐清水ワールド幡多バル』(所在地:神戸市中央区)を2017年3月3日(金)にオープンいたします。地域と連結協定を結んでの店舗オープ [全文を読む]

兵庫県 認知症の人を地域で支える「認知症ケアネット」推進

認知症ねっと / 2016年07月07日09時24分

「認知症ケアパス」ではなく「認知症ケアネット」厚生労働省が策定した「認知症施策推進5か年計画」、通称「オレンジプラン」では、認知症患者の状態に応じた対応を当事者や家族が行えるように、その指針を作成することを求めており、各市町村はこの計画に則り、「認知症ケアパス」を作成している。この兵庫県の「認知症ケアネット」も、認知症になっても安心して住み慣れた地域に暮ら [全文を読む]

ビズリーチ、経産省から福島県の被災地域の人材確保支援を受託

@Press / 2016年06月27日12時15分

================================■事業目的と概要================================福島求人支援チームは避難指示等の対象である福島県の被災12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村及び飯舘村)の事業者等を対象に、地域内外の人材と事業者をマッ [全文を読む]

QRコードで身元確認を行っている市町村まとめ

認知症ねっと / 2016年04月13日14時25分

(画像は各自治体HPより) ▼関連記事 全国各地の自治体の認知症受け入れ準備まとめ [全文を読む]

ふるさと創生支援組織「地域マーケティングラボ」を開設 地方自治体の可能性を商品開発や物流機能等で支援

PR TIMES / 2015年07月23日15時25分

■実績例【 兵庫県新生児子育て支援(ギフトカタログ)事業を受託 】内容:兵庫県内企業の製品や県内産品等を中心としたベビー用品、子育て支援に役立つギフトカタログを作成し、各市町村がカタログを配布して、利用。第1子、第2子には1万円相当、第3子以降は3万円相当商品をカタログから選べる。[画像: http://prtimes.jp/i/12759/76/resi [全文を読む]

大阪国際大学グローバルビジネス学部が、6月5日(金)から外部講師を招いて「地方行政論」リレー公開講座を開催

PR TIMES / 2015年05月27日16時48分

6月 5日(金) 「門真市における教育行政の現状と課題について」 講師:門真市保険収納課・前生涯学習課 上田 修弘 氏 6月 12日(金) 「防災行政を通じた国・広域連合・都道府県・市町村のあり方について」 講師:兵庫県防災企画課広域企画室 大橋 雅史 氏 6月19日(金) 「兵庫県における情報政策の展開について」 講師:兵庫県情報企画課 福田 靖久 氏 [全文を読む]

豪雨災害による被害で活用できる公的支援

JIJICO / 2014年08月27日10時00分

こういった自然災害の際には、「10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村」などといった一定の要件を満たせば「被災者生活再建支援法」という法律が適用され、対象者は一定の支援を受けることができます。今月中旬の記録的豪雨により被害を受けた丹波市については、本法の適用が決まっております。 支援の対象となる被災世帯は、①住宅が全壊した世帯、②住宅が半壊又は住宅の敷地 [全文を読む]

地方創生に鳥たちが頑張る! 自治体コラボの「いいとことりっぷ」がかわいい

マイナビニュース / 2017年08月25日15時53分

全ての「いいとことりっぷ」は、各市町村の「いいとこ」と鳥を組み合わせたデザインとなっている。「神戸オードリー」「佐世保リンダ」「松本ライトニング」など、47都道府県から選ばれた47自治体のキャラクターを今後、1日1体ずつ発表していく。その後も引き続き、フェリシモと井上氏とで全国の市町村(現在約1,700自治体)のオリジナルキャラクターを続々と登場させてい [全文を読む]

クルマの有料道路:泣ける常識は笑える非常識:静かなるシンクロ

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2017年06月06日09時00分

なお、料金については、国土交通省、市町村、NEXCO、地方道路公社など個別に運営する団体が建設費や維持費などを勘案し、設定しています。 別に誰も知ったこっちゃないやろうけど、参考程度に割と有名な観光用の有料道路をいくつか挙げとくね。(おい、そういうことを言うなって、興味ある人もごく一部おるかもしれへんやないか、そりゃニッチやけど、ニッチがないと王道もない [全文を読む]

大阪府主催「移住フェア(OSAKA「E」FESTIVAL)」を東京(池袋)で開催します!

PR TIMES / 2017年02月14日13時59分

関西+九州・山口の魅力を詰め込んだ大阪府の本気のイベントに乞うご期待ください! [画像: https://prtimes.jp/i/13485/60/resize/d13485-60-920942-0.jpg ] 1.イベント名 OSAKA「E」FESTIVAL (大阪かっこいいフェスティバル) 2.日時 平成29年2月19日(日曜日) 正午から午後6時 [全文を読む]

フォーカス